高齢妊活

卵を買いに行こう!(卵子提供の苦難)

投稿日:2022-02-10 11:37 更新日:

 

 

 

今、インフレで、物価が上昇中。

卵の値段も上がったわよ、奥さん!

 

 

違う、今日は、その卵じゃないのw

 




 

48歳、超高齢妊活。

 

約3年間の体外受精を経て、

結果を出せず、

体外受精を卒業することを決意しました。

 

しかしですね、このタイミングで、

出来ることはやったので、

その決断も後悔はないんですが、

 

まさか、卵子提供までは やらないなと、

去年までは思っていた自分が、

 

心境の変化で、

 

卵子提供に進むことになりました!

(時間ないのに、ここまで来るのに時間かかったw)

 




 

日本にいる超高齢妊活の方たちは、

日本国内での卵子提供はハードルが高く、

 

海外在住のこりんごさん、

NYなんて、卵子提供のエージェントや

オプションがいっぱいあるんでしょうねと、

羨ましく思う方もいらっしゃるかと思うんですが、

 

これがですね、すっとこどっこいで、

アタシも、せっかくNYにいて、

卵子提供もすぐに出来ると思っていたんですよ。

 

まさか、こんなに苦労があるなんて・・・

 

今日は、それも綴るわ。

 




 

まずは、あれだけ自分の卵

DNAにこだわっていたワタクシ、

 

卵子提供してまで子供はいらないかな、

なんて思っていたアタシですよ!

 

(いや、多分、その前に妊娠すると思ってたんでしょうね。)

 

でも、人の気持ちって、

時間や状況、そう言うもので変わったりするものね。

 

どうせ卵子提供に進むなら、

もっと早く決断すれば良かったのに!

 

と、思われるかもしれないが、

 

47歳までは、なんとか自分の卵でイケる!

ってマジで思っていたので、

 

その時の自分の気持ちって、

無視できないものよ。

 

自分が納得してないから、

まず、卵子提供の決断なんて、

絶対に出来ないんだよね。

 




 

でも47歳でもイケるって言う現実は、

現在じゃなかった。

 

(全然イケなかったw

知ってたけどw)

 

そして、現実を受け入れた時に、

新たな決断って出来るもんで、

 

卵子提供でもいいかも?

なんて思えたのよ。

 

これを、卵子提供しようかどうしようか?

って迷ってる時は出来ないもんだね。

 




 

そして、そんな決断すると、

そう言う時は、ユニバースも後押ししてくれて、

 

実際に卵子提供で子供を授かった人にお会いしたり、

 

感動
48歳、妊活、次の手段は?

    人が与える影響は大きい!   出会った人で、人生の方向性が変わることだってある!         日本から戻って来て、 一 ...

続きを見る

 

これから卵子提供に臨む勇者達から

メッセージを頂き、めっちゃ励まされたよね。

 




 

去年、最後の移植で散ってから、

もう体外受精は無理だと、はっきり感じ、

 

そこから諦めるかとおもいきや、

卵子提供がチラつくようになったんです。

 

ですがね、人生ってタイミングなんだよ。

 

ちょうど、その半年前に、

気持ち固まらぬまま、卵子提供も念のため、

リサーチしてたんだよね。

 

あの時は、まだ卵子提供が半信半疑で、

どうしようって迷ってた時だったので、

 

クリニックのドナーリストを眺めながらも、

非現実的に見てたんで、

 

ドナー探し
卵子提供ドナー探し難航中!

    運命ってあるのかな?     さて、卵子提供のブログが、 予想外に反響を呼びまして、   「私もドナーを調べ始めました!」   と言 ...

続きを見る

 

気に入った卵があったのに、

もちろん踏み出せず。

 




 

その後、やっぱり自分を信じて、

PRPのコンサルテーションなんか受けたけど、

 

PRP
47歳の再生医療PRPコンサルテーションは、どんでん返しどころの話ではない!

    Truth hurts.   真実は、辛いものである。   でも、この辛い経験が、 未来の決断を後押しする。   47歳の気づきと目覚め。 & ...

続きを見る

 

PRPでは、卵胞が増えるかもしれないが、

卵子のクオリティーが良くなるわけではないと、

 

キッパリ言われた上に、

やっぱり卵子提供を勧められたのだ!

 




 

ここまで、卵子提供のお膳立てが こんなに揃っていても、

自分自身が納得してないから、

どんなに説得されても、

 

まだまだアタシの卵で行きます!

 

って、そこから、5回も連続で採卵して、

3つ貯卵し、最後の移植に踏み切って、

 

うん、ご存知の通り、その移植、

 

 

木端微塵!

 

 

流石に、ここまでやって、

やっと現実を受け入れたんですね。

 

(はい、時間もお金もかけましたw)

 




 

ところがね、

マジ、人生タイミングで、

 

やっぱり卵子提供で頑張りたいです!

って決めた時には、

 

半年前のドナーリストから、

もちろん、自分が気に入ってた卵は売り切れ!

 

(だから、その卵じゃないw)

 

それどころか、

ドナーの数が劇的に減っているではないか!

 




 

そりゃそうですよ。

貴方、パンデミック真っ最中でしたもの、

 

日本人のドナーさんが日本から来れない上に、

米国在住のドナーさんだって、

こんなパンデミック中に採卵なんてしたくないだろう。

 

売り手が少ないのに、

買い手が多い市場で、

 

完全に需要と供給のバランスが崩れ、

 

そんなんで、新しい卵が流通してないのである。

 

ちょっと、これって、現在の社会問題でもある、

サプライチェーンの流通問題で、

半導体不足で、車の新車が納車されないヤツと一緒じゃん!

 

流通問題
アメリカ人気スーパー「トレジョ」の異変から世界を考える。(商品の消えた理由)

    世界の流れを読まないと、 陥れられることがある。   情報も鵜呑みにしたらダメだけど。     昨日、仕事帰りのスーパーに寄ったんですよ。 & ...

続きを見る

 

労働者不足で、そう言った運搬、流通も滞って、

 

そうよ、こっちでは採卵するドナーさん不足!

 




 

自分のクリニックのドナーリストからドナーを探すのが、

一番経済的にも優しいし、簡単なのだが

 

(優しくても、170万円くらいする。)

 

遂に、エージェントを使うのか?

エージェントを使うと、エージェント費用がかさんで、

250万円から300万円くらいになってしまうのだ!

 

去年の暮れに、慌てて卵探しが始まって、

サンタクロースに、

卵を下さいって手紙書きそうだったよW

 




 

せっかくNYに住んでいるのに、

卵子提供が、こんなにも難航するとは・・・。

 

ところが、なんと、その12月は、

アタシの48歳の誕生日でもあったんだけれど、

 

その48歳で、IVF(体外受精)を諦めたアタシに、

スゴイ誕生日プレゼントがやって来たのっ!

 

マジ奇跡起きたと思った。

 




 

48歳になった誕生日の当日。

 

1通のメールを読者様から頂いた。

 

「こりんごさんの、卵子提供にお役に立てれば・・・」

 

 

Wooooooowwww!

 

 

なんと、アメリカ在住の30代前半の日本人の方からのオファーだった。

 




 

アタシのブログ、同世代の方、高齢妊活以外の人で読んでくれてはいれど、

卵子提供が出来る30代前後の方が、読んでいるなんて!

 

まず、ここから奇跡なんですが、

このアタシに、自分の卵を提供してもいいだなんて!!!

 

散々、クリニックやエージェントのリストを見まくって、

ピンとくるドナーさんが見つからなかった中、

 

この方の1通のメール、

わざわざ、ご経歴や身体情報も丁寧に送ってください、

インフォメーションは、もう申し分ないほど素晴らしい方!

 




 

そして、写真まで送って下さったのだが、

 

 

ズッキュンっ❤!

 

 

その写真を見て、アタシは飛び上がったよ!!!

 

何故か、飛び上がった後、椅子に正座してこのオファーに感謝したw

 

 

信じられない、自分の誕生日の日に、

こんなにパーフェクトな卵のオファーが、

向こうからやって来るなんて・・・

 

最高の誕生日プレゼントで、

サンタ早めに来てくれたのかって、

 

アタシの夢は、一歩前進したんですね。

 

 




 

ところが・・・

 

(嫌だわ、ここで逆説使うの。)

 

その方は、NYではなく、他州にお住まいなので、

NYに通院は不可。

 

なので、その方の住むエリアで、採卵してくれて、

アタシに移植してくれるクリニック探しが始まったのだが、

 

これが、意外に難航!

 

なんと、自分で見つけたドナーさんは、

家族や親類、または、かなり親しい友人、

もしくは、エージェントに登録しているダナーでないと受け入れないと、

 

最初のクリニックで言われてしまった・・・。

 

凹む~。

 




 

なんとか、他のクリニックを探したが、

ウチのクリニックも含め、

 

自分で探したドナーさんの場合、

まずは、スクリーニングテストを受けて、

それで、問題なければ、採卵に進めるのだが、

 

そのスクリーニングテストが、5000ドル(約58万円)くらいするの!

 

もしも、このスクリーニングテストを受けて、

テストにパスしなかったら、58万円は無駄になる。

 

もちろん、この費用は、卵を買うバイヤーのアタシ負担。

 




 

見事、テストにパスすれば、

晴れてドナーさんの採卵に入れるが、

採卵や薬代で、200万円ほど、

 

そして、プラス、ドナーさんへの報酬金や交通費、

弁護士費用や保険も絡めると、

 

軽く300万円超えちゃった・・・(汗)

 

で、この300万円で、

確実に妊娠出来る保証があるわけではない。

 

(コワイデスネェ~)

 




 

一生のうちの300万円なんて、

大したことないよ!

 

お金なんて、また稼げばいいさ!

 

って気楽に言える年齢じゃなくて、

もう、働ける年数だった、あと15年から20年でしょ?

 

そんなこと言ったら、一般の読者は、呆れて、

そんな思いまでして妊娠したいのか!

もうやめとけっ!

って思うよね。

 

でも、そんな思いまでしても、妊娠したいらしいw

 

だって、体外受精にステップアップする時も、

そんな大金払えないって言ってて、

結局、3年間、400万円くらい使っちゃって、

 

ここへ来て、新たに300万円って、

アタシ、妊活の為に生きてるじゃんwww

 

(この件に関しては、妊活者以外の方からの、

否定的コメントは受理しないわよっ!笑)

 




 

でね、こういう時は、ジョンの車が壊れて、

15万円の出費とか、

 

ベネフィットが切れた保険のキャンセルが出来なくて、

年間、35万円の出費とか、

 

何、わざと経済苦を一気に持ってくるのかよって、

 

体外受精を卒業して、肩の荷が下りたはずですが、

経済的な負担は、相変わらずのしかかってるわwww

 




 

お金って大事よ。

 

人生、お金じゃない!

ってのは、結構、キレイごとかもなって思いたくなるほど、

 

お金がなくて、やりたいことが出来ないのってキツイ。

 

ほら、生きるためにはお金が必要で、みんな働いてるでしょ?

 

これ、実は、生きるためよりも、お金の為に働いちゃって、

イヤイヤ働いて、生きれる時間を無駄にしちゃって

バッドスパイラルだったりする人もいるよね。

 

アタシも、お金の為に現在は働いている。

(バッドスパイラルにどっぶり~w)

 

だから、やりたいことが制限されたりしてる。

 

ただでさえ制限されているうえに、

今度は、そのお金がなくて、やりたいことも出来ないって、

 

アタシ、人生、ドツボにハマってるじゃん・・・凹

 




 

お金より愛だ!

って、そうれは そうなんだけれど、

 

お金で愛は買えないって言うけれど、

いや、お金で買える愛もあるのだ!

 

えぇ、愛が詰まった卵子は300万円。笑

 

ゴメン、お金に狂って、

ちょっと人道的な道から外れる発言をしそうだから、

今日は、この辺にしておくは。

 




 

卵子提供の道。

どうなってしまうのか、自分でも予測不能。

 

ですが、自分の頭で進む道が分からなくなっても、

野生の本能で、動くときは動くので、

 

もう、その本能頼みwww

 




 

では、本日の動画は、

日本帰国で、東京観光!

表参道でヘアカットしたのよ。

 

その後、表参道を歩いたんですが、

凄いのね、東京って、喫煙所が1ブロックごとに設置されてて、

喫煙スポットなんて、礼儀正しい日本人っぽいけど、

どこも満員だったので驚いた!

 

結構、日本人はヘビースモーカーなのかしら?

 





NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.