高齢妊活

47歳の再生医療PRPコンサルテーションは、どんでん返しどころの話ではない!

投稿日:

 

 

Truth hurts.

 

真実は、辛いものである。

 

でも、この辛い経験が、

未来の決断を後押しする。

 

47歳の気づきと目覚め。

 




 

では、昨日の続きで、

再生医療が不妊治療にも使われ始めてるけど、

 

再生医療、PRPって何?

って話ししたよね。

 

再生医療PRP
再生医療PRPを不妊治療に!(PRPって何?)

    アンチエイジング。 若返りは、人間の欲望から始まる追求である。   不可能を可能に! 永遠のテーマかも。     ちょっと希望だけは忘れずに。 ...

続きを見る

 

PRPで、子宮の再生と言うよりは、

活性化を目指す治療って感じでして、

 

ともあれ、もう47歳!

 

打てる手があるなら、

なんでも打ちたい!

 




 

噂のPRPのコンサルテーション、

行って来ました!!!

 

ちょ、ちょっと見てよ!

 

 

何この豪華なビルディング!

 

まぁ、ここはオフィスビルであって、

この建物全部が不妊治療クリニックってわけではないんだけれど、

 

こんなビルのロビーだと、

テンションあがっちゃうよね?

 

 




 

さて、この不妊治療のPRPであるが、

まだ新しい治療でもあり、

歴史が浅いため、推奨していない先生も多いです。

 

NYCのクリニックでも、今は、

 

Rejuvenating Fertility Center と、

 

今回、コンサルテーションにやって来た、

 

 

Global Fertility & Genetics

 

くらいしか、やってないのではなかろうか?

 

(他にやっているクリニックがあったら知らせてね。)

 

いや、元々、PRPをやるドクターが提携して、

両者のクリニックで行っていたらしい。

 




 

ただアメリカの保険は厄介なので、

保険が使えるクリニックが限定されてしまう。

 

最初は、RFCの、Dr.Merhi のコンサルテーションを予約したが、

保険が効かず、キャンセル。

 

そんな時、タイミングよく、

NYこりんごラジオでインタビューさせて頂いた、

 

第209回
第209回NYこりんごラジオ(NY不妊治療コーディネーター岡本朋子さん)

  第209回NYこりんごラジオ、只今オンエアされましたっ!   第209回NYこりんごラジオ     4月最後の放送、 日本の皆様、ゴールデンウィーク直前! ...

続きを見る

 

不妊治療コーディネーター岡本朋子さんが働く、

Global Fertility & Genetics.で、

保険対応でコンサルテーションが出来ると!

 

 

とりあえず、PRPをやりやらないにしろ、

情報収集のためコンサルテーションに行って来た。

 

 




 

午前10:30の予約だったので、

多分、不妊治療の初回は、

膨大な問診票を書かされだろうから、

15分くらい前には着きたかった律儀な日本人。

 

しかし地下鉄が遅れて、

予約時間ピッタリに到着。

 

不妊治療クリニックは、どこに行っても、

空間を大事に、エステサロン並みにデザインされている。

 

 




 

予想通り、何枚もの問診票と誓約書にサインさせられ、

 

後から気付いたんですけれど、

 

ここのクリニック、今時

 

 

検温しないのね。( ̄∀ ̄)

 

(まだパンデミック収束してないと思うけど。)

 

しかもね、先週、採卵翌日に熱出して、

今日の予約前にコロナ検査して来てくれって言っていた割に、

 

コロナテスト
まさかのコロナ検査、胚移植はどうなるのか?

    夢見る頃は、遠にすぎて・・・       さて、無事に12回目の採卵を終えた47歳のこりんご。     前回、最悪なホルモ ...

続きを見る

 

検温もしないし、

せっかく受けたコロナテストの結果も聞かれなかった。

 

コロナ対策、緩くない?

 

だったらコロナ検査わざわざしなくてもよかったんじゃん?

 




 

あ、朋子さんの働くクリニックだから、

マイナスなことは言いたくないけど、

 

NYC中の不妊治療クリニックにコンサルテーションに行って、

 

行ったクリニック全てで、

ほぼ100%ミスがあったからね。

(全部、会計の間違えだけどさ。)

 

しかも、今通ってるクリニックの事なんか、

包み隠さず、病院の失態を書き記して来たし、

 

だから、いつも公平なブログなので、

 

このブログを、もし朋子さんが見てたら、

めっちゃ失礼かもしれないが、

これがサービス向上に繋がってくれたらいいなと、

 

お客様の声として書き記すわ。

 




 

しかし、問診だけで15分くらい掛かっちゃったけど、

 

確かアタシの予約の後に、

11時の患者さんの施術が入ってるって受付の人が予約取る時言ってたから、

ドクターとの面談は15分くらいになっちゃうのか?

 

ちょっと心配していると、

ナースがやって来て、

 

「貴方の名前は、どう発音するの?」

 

「こりんごです。」

 

「コリンゴね。

じゃあ、コリンゴ、カウンセリングルームへどうぞ!」

 

スゴイね、朋子さんが言っていた、

 

「大手のクリニックとは違って、

患者一人一人に寄り添う体制でおります!」

 

うん、きちんと名前を確認して、

名前で対応してくれた。

 




 

遂にPRPのスペシャリストがやって来た!

 

とってもフレンドリーに、

 

「君、とても見た目が若いね!

ビックリするくらい、

とても実年齢には見えないよ。」

 

「あぁ、ありがとうございます。

特にアジア人は年齢より若く見られる傾向にありますから。」

 

よく年齢より若く見られることはあって、

まぁ、そう言われて悪い気はしないが、

 

偉そうだけど、若く見えるって言われ慣れてる自分がいてさ。

 

しかも、自分自身も、47歳であること忘れてること多いよね。

 

気がつけば47歳だったんだ!

って、図々しい。( ̄∀ ̄)

 




 

そして、先生、軽く持ち上げたところで、

本題に入る。

 

「やはり、この年齢であれば、

 

 

ドナーエッグを勧めます。」

 

 

へっ?!(゚Д゚;)

 

あ、さっきの、「若いねぇ~君。」

は、この結論に突き落とす前のクッションだったのか?

 

いや、クッションにしては、

かなりのボディーブローで、

 

なまじ、若いねぇ~なんて、

言われてからの突き落としは、

 

余計にダメージ大きいですよ先生っ!w

 




 

PRPのコンサルテーションに来たのに、

早くも突きつけられた現実。

 

(マジ、速攻だったよ!w)

 

でも、本当に正直な先生だなと、関心もした。

 

あのね、金儲けを考えてたら、

 

こうやって、高齢妊活者が藁をもすがる思いでやって来て、

無理を承知で、いろんなことをやりたがるわけよ。

 

だから結果出なくても、ドクターは、

感謝されながら金儲け出来るわけね。

 




 

「IVFは、これまで何かいくらいやったのかな?」

 

「採卵を12回で、移植は3回です。」

 

「私は、全ての子供を望む女性が、

子供を抱けるようにサポートしたいんです。

だから、どうしても子供が欲しいと思うなら、

PRPをやるよりは、ドナーエッグを使うことを勧めます。

 

君の年齢と、身長、体重をここに入れて、

計算してみると、

 

ほら、妊娠の可能性は、4%

 

でも、これをドナーエッグにすると、

 

ほら、妊娠率が51%にまで上がるんだ!」

 

アタシ的には、自分の卵で、4%も可能性があったのかと、

ちょっと驚いたんだけれど、

 

ほら、1%かと思ってたから。

 

いや、1%も、4%も変わんねぇよって話だけれど。

 




 

でも、久々にこのリジェクト感を味わえてよかったよ。

 

あぁ、47歳の妊娠って限りなく不可能に近いんだって、

思い起こさせてくれたから。

 

今、自分の通うクリニックで、

毎月毎月、治療を続けてるけれど、

 

無理と分かっても、1%(4%に昇格)

の期待を背負って通院してるわけじゃん?

 

クリニック側も、患者が望むならって、

ビジネスも絡んで、毎月毎月ナ~ナ~なわけで、

 

でさ、いつしか、その1%の数字も忘れて、

毎回、採卵の繰り返しで進歩がなかったりするわけよ。

 

だから、時々、こうやって第三者に、

 

 

目を覚ませっ!

 

現実を見ろっ!

 

って言ってもらえることは大事だよね。

 




 

PRPの専門医が、ドナーエッグを勧めるくらいですから、

アタシには、この処置、価値がないんだろうね。

 

アタシの担当医も、

PRPをあまり進めないって言ってたし。

 

だけど、せっかくPRPのコンサルテーションに来たんですから、

ちょっとくらいは、PRPの話もしましょうよ、先生。

 




 

「先生のお考えはご理解いたしました。

正直に言ってくださってありがとうございます。

 

PRPは、卵巣や子宮を活性化させると伺いましたが?」

 

「そうだけれど、PRPをやったからといって、

卵胞が急に20個も増えるってことはないんだよ。」

 

「それはそうですが、

現在、私は、2~3個の卵胞で、1個採卵できるくらいですから、

それが、4~5個に増えて’、2~3個採卵出来たら、

少なからず、可能性も上がったりするのかなと?」

 

「確かに、採卵出来る卵胞の数が増えれば、

確率は本当に多少は上がりますね。」

 




 

「私が、聞きたいことは、

PRPをやることで、子宮や卵巣の活性化に繋がるのは理解出来ました。

では、それで、卵胞のクオリティーも上がるのでしょうか?」

 

「残念ながら、クオリティーが良くなるものではありません。」

 

この一言で、コンサルテーションの全ては終わったようなもんだった。

 

「PRPをやれば、卵巣や子宮が活性化して、

卵の質もよくなるのかと思っていました!

だったら、おっしゃる通り、

私がPRPをやる意味はあまりありませんね。」

 

「意味がないとは言いませんが、

そうですね、AMHが低く卵がなかなか取れない若い患者でしたら、

元々の卵子のクオリティーは高いので、数さえ取れれば、

妊娠に至るのですが、

高齢の方の場合、既にクオリティーの老化のため、

例え、その卵がいくつか取れても、

卵子のクオリティーが原因で妊娠に至らないことがほとんどです。」

 

なるほど、再生医療を履き違えていた!

 




 

再生医療は、魔法じゃないもんね。

老いた子宮を若返らせるって、そんな都合にい話しないよね。

 

巷では、卵子若返りが騒がれているけれど、

 

考えてみたって、40代の肌が、

20代の頃の肌にはならないし、

 

ましてや、赤ちゃんのモチモチ肌になるのは無理でしょ?

 

それでも、ボトックスとか、

リフトアップの整形をする人もいるように、

 

妊活も、卵子提供を使えってことか・・・。

 

(あ、美容整形と、卵子提供一緒にしたら、

またクレームのコメント出るから気をつけろよっ!)

 

様は、自分の老化を、違った形で叶えるってことで、

整形手術とか、卵子提供で、その望みをかなえるわけだ。

 

これは、再生医療ではなくて、

代理医療って感じかな?

 




 

確かに老化で停滞した卵巣が、活性化したら、

なんだか卵胞が、いつもよりはたくさん取れるかもしれないけれど、

あくまで臓器の再生または活性なだけであって、

 

卵子のクオリティーをあげる処置ではないのだっ!

 

だから、若くして早期閉経気味だったり、

AMHが低くて採卵数が少ない若い患者さんにはとても適した処置だし、

 

また、高齢妊活者でも、既にクオリティーの高い卵子があって、

内膜が薄いとかの問題で着床しない人などには、効果的で、

 

ただ、クオリティーの低い卵を増やしたところで、

妊娠には及ばないということですよ。

 




 

「貴方が、赤ちゃんを抱けるまで、

私は、全力でサポートしますよ!」

 

と言って、ドクターは、

エッグドナーエージェントのリンクを何通も送ってくれた。

 

そう言えば、朋子さんも、インタビューで、

 

「子供を望む全ての女性が、

赤ちゃんを抱けるためにサポートいたします。」

 

って言っていた。

 

多分、このクリニックのモットーなのかもしれない。

 

でも、少し、アタシには重いサポートだなと思ったりもしてしまった。

 




 

「君、鍼とかもやってる?」

 

「ちょっと試しましたが、

それほど効果が感じられずに、辞めました。」

 

「この鍼師を紹介するよ!

鍼でホルモンバランスや、

血流を流してくれるからお勧めだよ。」

 

と、鍼師を紹介してくれました。

 

みんな、ドクターからの紹介だと、

腕のいい技師だと思い込むけれど、

 

アタシも医療機関で働いているので、

実はドクターの紹介は、ビジネスが絡んでいるので、

一概に、そのドクターの腕の良さで勧めているわけではない。

 

単に、ドクター同士が知り合いで、

お互い患者を紹介しあっているか、

もしくはビジネスとして、紹介してくれたら紹介料が出たり、

何らかの特典がドクター同士に合っての、患者紹介なので、

 

その鍼師さんが、絶対に妊活に効く保証などない。

 

ただ、鍼も妊活にはいいというから、

保険が効くか調べてみるかな。

 




 

Anyway,

 

再生医療PRPのコンサルテーションに来て、

卵子提供を勧められるという、

 

予想外のコンサルテーションだったんですけれど、

 

何だろうか、自分の中で何かが吹っ切れたようだった。

 




 

そう、今後の近未来プランというか、

これまで、妊活にかけて来たお金は、

結果が出せなくても、全く後悔していないんだけれど、

 

これから、妊活にかけようとしているお金、

PRPだって、まだ保険適応外の処置で、25万円くらいする。

 

こういったお金を、未来のベイビーの為にと思って使ってきたが、

自分の為に使いたくなって来た。

 

自分が幸せであることが一番であって・・・

 

アタシの中で、妊活も、今の生活も、

あと半年の間で、大きく変えようと思っている。

 

なんだか、そう考えるとワクワクして来た!

 




 

そう、若い頃は、大きな冒険を思いっきりやって来た。

 

40手前くらいで守りの人生に入ったかもしれない!

 

47歳、結婚もしたし、不妊治療の保険にも入った!

その保険も、あと半年もしない間に尽きるだろうから、

 

アタシの卵巣には、PRPをしてあげられなかったけれど、

アタシ自身の人生を再生していこうと思い始めたのだっ!

 

そんなこと思ってたら、

 

PRPのドクターに匙を投げられ、

卵子提供を勧められている状況も、

 

全然、余裕で受け止められて、

 

あぁ、いい話し合いだったな、

とさえ思ってる。w

 




 

ありがとうございました!

 

とすっきりした気持ちで、カウンセリングルームを出て、

帰ろうとすると。

 

「こりんご!

まだコンサルテーションは終わってないわよっ!」

 

とナースに引き留められた。

 

えっ?

 

これ以上、何を話すのか?

 




 

「ソノグラム検診もしますよ。」

 

「あ、いえ、今日は、コンサルテーションだけでして、

検診等をすると、検査費が発生してしまうので・・・。」

 

「ソノグラム検診は、コンサルテーションに含まれています。

これをやらないと、PRPに適応するかドクターも判断できませんし。」

 

「いえ、ドクターからは、卵子提供を勧められましたし、

PRPやるわけでもないので、尚の事、検診は結構です。」

 

「あら、そうなの?」

 

ナースがドクターに訪ねると。

 




 

「PRPやらなくても、ソノグラム見てあげるよ。」

 

「でも、すみません、ソノグラムやると費用が出てしまうので、

PRPもやらないのに、無意味ですし、

やりたくないのですが。」

 

「費用は気にしないで!

子宮をチェックしてあげるから。」

 




 

実は、アタシは、過去に、コンサルテーションで、

ソノグラムも含まれてますと言われて、やったら、

後日、ソノグラムの請求書が届いた苦い経験があり、

 

 

とある大手大学病院と、その費用、約130ドルの為に、

弁護士沙汰にまでなって争った経験があるのだ!

 

(苦労して、大手大学病院に勝訴したけどね!)

 




 

それがトラウマとなって、

病院で検査すると言われたら、保険が効くかどうか、

メチャクチャ神経質になるのである。

 

ドクターが、「心配しないで~!」と言っても、

 

最後の最後まで、

「後日、請求書とか送ってこないですよね?」

と、聞きまくった。w

 




 

ソノグラム検診も、ドクターよく見てくれたよ~。

 

この話は、また長くなるので、

いつか時間があれば話したいけどね~。(お蔵行き決定?)

 

と言うことで、47歳の妊活。

 

PRPで、意外なコンサルテーションだったけれど、

新たな心の持ち方や、方向性が芽生えた良いコンサルとなりました!

 




 

では、本日の動画は、

 

今日は、子宮を活性化させるPRPのお話でしたけれど、

コロナで、町の活性化が奪われてしまった事実もあるよ~

 

 

血流と共に、人の流れも戻ってくるといいね~。

 




 

 

遂にYouTubeのサブスクライバーが

670人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと400人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.