高齢妊活

48歳、妊活、次の手段は?

投稿日:2022-01-26 09:40 更新日:

 

 

人が与える影響は大きい!

 

出会った人で、人生の方向性が変わることだってある!

 

 




 

 

日本から戻って来て、

一週間があっという間に過ぎ去った。

 

気がつけ、もう1月も下旬で、

あと一週間しかない!

 

 

早っ!!!

 

 

さぁ、現実問題に向き合うぞ!

 




 

そしてやって来たところは、こちら!

 

 

あ、不妊治療クリニックですね。

 

おひさ〜。

 

ですが治療ではありませんよ!

 

もう48歳になってからは、

IVFをする気力がないと、

前回のブログで言ったよね。

 

48歳
眩しい母子手帳から考える事。(アラフィフの妊活の行方)

    将来を考えていないわけではない。   悟りの境地?     日本帰国で盛り上がっていたこりんごですが。 現実のNYに戻って来て、早一週間。 & ...

続きを見る

 




 

じゃあ、何しにやって来た?

 

えぇ、去年から片付いていない支払い請求問題。

 

納得いかないチャージがされていたんで、

不服申し立てしてたんですが、

 

全然、解決に至らず翌年まで持ち越してたんですよ。

 

それから、Tax Return (税金申告)のシーズンで、

去年支払いした医療費の支払い証明書をもらいに行ったんです。

 




 

しかし、担当者はランチタイムで席を外していると。

 

1:45pmごろだったんですが、

まだランチタイムとは・・・。

 

せっかく来たので待たせてもらうと、

30分待ったが、

いつまで経っても担当者は食事してるので、

 

この後、アタシは大事な用事があるので、

 

「もう待てません!

また出直しますが、2021年度分の、

支払い証明書だけは用意して下さい。」

 

とりあえず、支払い証明書だけもらって、

また支払いバトルは延期となった。

 




 

こんなこともあるから、

もうここで、これ以上、こじれるのも嫌で、

治療を続けなくてよかった。

 

あぁ、ここに、あしげく3年も通ったのに、

結果出なかったなぁ〜

 

 

アタシの友達たちは、ここで妊娠したけれど、

(みんな、30代、もしくは40前半だったもんな。)

 

妊娠せずに去った人も多いんだろうな。

 

今、ここで治療を続けている人たちに、

Good luckを送るよ。

 




 

結局、支払いの決着はつかぬまま、

アタシは、大事な約束へと向かう!

 

 

実は、同じクリニックで、卵子提供に踏み切り、

なんと、つい最近、無事に出産をされて、

玉のようなBabyを授かった方がいらっしゃるの!

 

その方に、お会いして、

卵子提供体験者のお話を聞きつつ、

 

その赤ちゃんともご対面で、

新生児パワーを注いでもらうと言う、

 

もうとっても大事な約束があったのだ!

 




 

日本から帰って来たばかりのアタシは、

もう、不妊治療には見切りをつけて、

 

子なし人生でも、楽しくジョンさんと暮らしていこう、

そういう風に傾いていたんだが、

 

実は年末に、

ちょっとミラクルな卵子提供にオファーがあって、

(あれ、この事、ブログしたっけ?)

 

でも、卵子提供って、

自分の卵で体外受精するよりも、

お金かかるのよ!!!

 

もう、老後を考えなきゃいけない年齢で、

そんな莫大な費用のかかる卵子提供に、

本当に踏み切るのか?

 




 

って悩んでる時に、

日本帰国したから、

 

やや時差ボケもあって、

 

卵子提供のこと、腰が重くなってたんですね。

 

それで、このタイミングで、

卵子提供体験者の方と実際に会ってお話し伺えるって、

もう、それは、めちゃありがたいこと!

 

アタシが、その方と、彼女のBabyと会って、

一体、どんな気持ちになるのか?

 




 

待ち合わせにカフェに現れた彼女とBaby!

(以後、Aさんとお呼びしよう。)

 

アタシが、Aさんと会ったのは確か2年くらい前だったが、

 

Wow!

 

一段と若返ってて、

お美しくなってる!!!!

 

これは、まさに子供を産んだ女性に見られる

出産Glow?

 

出産後の女性は、リカバリーや、

その後も育児に追われて、

寝不足でゲッソリすると言うイメージがあったが、

 

いえいえ、そんな感じ全然ありませんよ。

なんなら、アタシの方が時差ボケでゲッソリ?w

 




 

「寝不足とかないんですか?」

 

「この子、よく寝てくれるんですよ!」

 

なんと、46歳での出産だったのに、

帝王切開もナシで、

超安産で、あっという間に生まれて来てくれたそう。

 

もうドクターも驚くほどだったとか。

 

だから、直ぐに仕事にも復帰出来たんだそうよ。

 

「なんて親孝行なBabyなんですか!」

 

「ホントですよね!」

 




 

高齢妊活で苦労した同士でもあったので、

真っ先にクリニックの愚痴大会!www

 

もう二度と関わりたくないクリニックでも、

Babyが生まれたら、

そんなことも帳消しに出来るって!笑

 

(アタシは、まだ絶対に帳消しに出来ないわw)

 




 

Aさんと彼女のBabyちゃんとの時間は本当に貴重で、

 

彼女からのアドバイスは、

めっちゃためになったので、

 

今、超高齢妊活で悩んでいる貴方にも、

もちろんシェアするわよ!

 




 

まず、Aさんに卵子提供に踏み切ったキッカケを聞いた。

 

何度もIVFをやってダメで、

ドクターからドナーエッグを勧められたそう、

 

「日本だったら、なかなか簡単には出来ないけれど、

アメリカに住んでて、

そういいオプションがあるのなら、

やってみようかなって思ったんです。」

 

確かに!

 

日本では、まだ卵子提供は、ポピュラーじゃないものね。

と言うか、日本の場合は、海外に行ってやらなきゃならない、

 

それが、たまたまアメリカに住んでることで、

卵子提供と言う恩恵を受けられるなら、

やらない手はない!

 




 

日本では、台湾辺りで出来るらしいね。

 

あと、アメリカになっちゃうけれど、

以前インタビューさせてもらった、

Ayano NYCのアヤノさんに相談も出来ますよ。

 

第200回
NYこりんごラジオ200回記念放送!(NY卵子提供プログラムの社長にインタビュー!Ayanoさん)

  NYこりんごラジオ、遂に200回目を迎えましたっ! 今回は、200回記念放送ですっ!   第200回NYこりんごラジオ(200回記念放送)     バレンタ ...

続きを見る

 

第201
第201回NYこりんごラジオ(Gayカップルへの卵子提供、NYで産み分け体外受精!卵子提供プログラム Ayano NYC LLC社長、Ayanoさん後編インタビュー)

  第201回NYこりんごラジオ、只今オンエアっ!   第201回NYこりんごラジオ   こちらは、先週の200回記念スペシャル放送の後編です!   &nbsp ...

続きを見る

 

(米国渡航しなくても、卵子提供受けられるシステム作ってくれてます!)

 




 

そして、卵子提供を受けると決めたら、

すぐに、始められるのかと思いきや、

 

卵子提供を受けるカップルも、

カウンセリングを受けなければならないんだそう。

 

なんやかんやと手続きで時間取られるそうなので、

決断は早い方がいいらしい。

 




 

で、ここで卵子提供さえ受ければ、

100%妊娠出産出来る保証があるわけではない!

 

高齢の自分の卵で妊娠の可能性って、

5%あるかないかでしょ?

 

これが若い卵の卵子提供だったら、

70%くらいに上がると言うだけ。

 

つまり、卵子提供を受ければ、

絶対に妊娠して、子供を授かれる保証はないのだ!

 

5%から70%だったら、

大きな確率の向上だけれど、

 

Aさんは、着床前診断でノーマルが出た受精卵を、

移植したのだが、着床しなかったと言う。

 




 

卵子提供と言っても、

ウチのクリニックは、卵6個売りなので、

それをパートナーの精子と掛け合わせ、

それが受精して、胚盤胞になって着床前診断にパスするかは、

結構、運だったりするらしい。

 

大金欠けても、たった2つしか、胚盤胞にならずに、

その2つも、ノーマルと、アブノーマルと言う判定。

 

そのノーマルで、妊娠陰性だったんですよ。

そんなに、卵子提供が簡単なものではないと、

思い知らされますね。

 

もうダメもとで、

アブノーマルと判定されていた残り最後の受精卵を移植、

 

そして、ミラクルは起こった!

 

まじでミラクルBaby誕生ですよ!

 

ですが、これも、Aさんが行動を起こしたから生まれた

奇跡です。

 

 




 

「こりんごさん!

私、こんな日が来るなんて、

想像もしてませんでした。

 

いや、これを目指して、ずっと妊活してたわけなんで、

おかしな話しですけれどね。」

 

分かる!

その気持ち!

 




 

よく、子供を授かったイメージでいないといけない!

とか言うけど、

 

そんなの、妊娠したことないのに、

イメージなんか出来るわけないよね。

 

しかも、高齢赴任治療は、どん底で彷徨ってて、

ホルモン数値やら、卵胞の数やら、内膜の厚み、

常に最低限で。

 

微かな光にしがみついてて、

着床とか、妊娠とか、

そのレベルに達する前に、

撃沈に突き落とされる。

 

だから、そんなレベルを想像するって無理な話で。

  • 卵胞が育たない、
  • 内膜が薄い、
  • 採卵が出来ない、
  • E2が上がらない、
  • FSHが下がらない、

そんな状況で、

どうやって妊娠している自分をイメージ出来るよ?

 

こんな状態にいたら、

誰だって妊娠している自分をイメージなんて出来ないよね。

 




 

さぁ、ここから、高齢妊活で悩める貴方!

聞き逃さないでね!

 

Aさんは、高齢出産だったのだが、

本当に幸運なことに、

帝王切開なしで楽々安産だった。

 

産婦人科医からも、

20代の患者さんより、スムーズなお産だったと、

お墨付きをもらったそうで、

 

健康状態も、体力も、若い人に負けてなかったと言う。

 

「それは、やっぱりこれまでの妊活で、

食事や運動、睡眠を気をつけていたおかげだと思うんです。」

 

 

全国の高齢妊活者の皆さん!!!!

 

今やっている妊活は、決して無駄にならないから!!!

 

諦めないで、続けて行こう!

 

たとえ卵子提供しなかったとしても、

健康促進で、生活習慣病を予防し、

 

長生きに繋がってるのよ!

 




 

そして、Aさんは、

な、な、な、なんと!!!

 

大事なBabyちゃんを、

こりんごに抱かせてくれました!

 

ガッチガチ!!!

 

不自然に固まるこりんごでしたwww

 

赤ちゃんという、無防備なほどに、

100%依存型生命体!

 

柔らかくて愛おしい重み。

 

これ、まさに幸せの塊、幸せの重み。

じ〜んとしちゃった。

 




 

しかし、AさんのBaby、マジ可愛いの、

はがむことなく、

ご機嫌ちゃんで、笑ってくれたわ!!!

 

 

ヤバイ!!!!

 

この天使が、全ての迷いを吹っ飛ばす!

 

DNAが繋がってないからとか、

年齢で、子供との時間が短いとか、

経済力がとか、

 

まして、アタシなんてブログで顔出し公開してるから、

悪意ある人から非反される世間体とか、

 

いろんな細かいこと、あったけど、

 

DNAが繋がってなくても、

臍の緒で9ヶ月も繋がってて、

 

年齢とか経済力とか、

周りの目とか、

 

そんなん大したことじゃないよ。

 

やっぱり迷ってたけど、

卵子提供、やる価値はある!!!

 




 

最後の極め付けは、

 

「私の、これまでの人生の中で、

この子が生まれて来たことが、

一番最高の出来事です!!!」

 

 

来たぁぁぁぁ〜!!!!

 

 

アタシ、まだ死ねないっ!!!!

 




 

Aさん、こんなワタクシと会って下さって、

貴重なお話しと、Babyちゃんとのご対面、

本当に、ありがとうございました!!!

 

 

とは言え、卵子提供をアメリカだから、簡単に受けられるかと言ったら、

そうは問屋が卸さない!

 

人生、そんなに簡単に、とんとん拍子で進んだら、

つまらないよね。

 

(面白くなくていいから、とんとん拍子でいってくれ!)

 

この問題は、まだまだ続く。

 




 

本日の動画は、

お正月の残ったお餅を使ったレシピ!

 

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.