高齢妊活

卵子提供ドナー探し難航中!

投稿日:2021-03-10 08:51 更新日:

 

 

運命ってあるのかな?

 




 

さて、卵子提供のブログが、

予想外に反響を呼びまして、

 

「私もドナーを調べ始めました!」

 

と言うメッセージを何通か頂きました。

 

やはり、卵子提供の話題は影響大ですねぇ。

 

なんか、聞きたいけど聞けない、

知りたいけれど知れない。

そんな世界だと思うので、

 

自分の配信が、何か誰かの役に立てば嬉しいわ。

 




 

ただ、センシティブな話題なだけに、

誤解を招く情報を流したら行けないので、

 

念を押して、お伝えしますが。

 

47歳ですが、まだ卵子提供をすると決断したわけではありません。

 

ですが、47歳の卵子が胚盤胞になり、

着床して妊娠する確率はかなり低くなっております。

 

一般で言ったら、あり得ないでしょ?

って思う人たちの声が多いのも、

否定出来ません。

 

ですから、それでも子供が欲しいのならば、

卵子提供は、一つのオプションになるのです。

 




 

とは言え、直ぐに決断出来るはずもなく。

 

経済的問題もありますが、

お金は、後でなんとでもなるとして、

 

精神的問題の方が大きいかも。

本当に、他人の卵を使ってまで妊娠したいのか?

 

こればかりは、後で、やっぱり無理だった!

なんて言えないからね。

 

でも、万が一、その決断を下した時に、

慌てて卵子提供を調べ始めるのではなくて、

 

(ただでさえ、妊活始めるの遅いわ、

卵子凍結の情報知らなかったわで、

結構、もっと早く知ってたら~って、

思うこともあったので、)

 

卵子提供については、

今からリサーチ始めました。

 




 

そして、もう一つ忠告。

 

若い子の卵さえ使えば、必ず妊娠出来る!

という保証はどこにもありません。

 

あくまで、40代の自分の卵を使うよりは、

妊娠の確率が上がると言うことだけであり、

 

ドナーエッグを使ったからと言って、

100%妊娠する保証は無いことを忘れないで下さい。

 

実際に、アタシがいいなと思ったドナーさんの卵を使って移植した方は、

残念ながら2人とも妊娠に至っておりませんでした。

 

(クリニックの方から、ドナーさんの卵の妊娠成績などの情報も聞けるので、

ぜひ検討中の方は、そこまで確認してみてね。)

 




 

それでは、前回、自分の気に入ったドナーさんの情報を知っての感想を述べたけど、

 

卵子提供ドナー
卵子提供の奥事情!(スター誕生ならぬ、ベイビー誕生なるか?)

      卵子提供を考える47歳こりんごです。   いえ、実際は、まだ卵子提供を 決断出来ていませんが、 情報収集のために、   こんなオプションも ...

続きを見る

 

今日はパートナーのジョンさんのが選んだドナーさんはどんな子だったか報告するわ!

 

(キャットカフェに行った猫好きなのに猫アレルギーの2人)

 

「ジョンさん、ここから、

卵を頂くたい女性を選んで下さい!」

 

「That’s so strange!」

なんか変な感じだ!

 

と言ってドナーリストに目を通すジョンさん。

 

これ、もしアタシと正反対のタイプのドナー選んじゃったら、

あんたのタイプって本当は、こんな子か?とか、

 

なんか胸元チラつかせてる子とか選んだら、

お前、どこ見てんだよっ!

卵しか貰えないんですけど?

 

ってツッコミたいかも。笑

 

ジョンさんもプレッシャーですよ。

自分のパートナー以外の女性を選ぶわけですから、

下手な選択出来ませんしね。w

 




 

「なんか、みんな化粧が厚かったり、

加工アプリ使ってて分からないけど、

 

う〜ん、

 

この子と、この子は自然な感じでいいんじゃない?」

 

「Wow!!!

アタシが選んだ子と一緒だっ!!!」

 

ジョンさん、選択誤らずに安堵の様子。笑

 




 

ドナーになる皆さん!

やっぱりナチュラル加工ナシの方が好感度アップよ!

 

実は、アタシもナチュラルさから、

ジョンさんが選んだ別のもう一人もOKだったが、

 

そちらは、血液型が違うのと、

顔の輪郭が、アタシと反対の丸顔でCute過ぎてパスした子であった。

 

しかし、アタシが気に入った子は、

前回のブログでも書いた通り、

パスしなくてはならなかったよね。

  • 残ってる凍結卵が足りない。
  • 彼女の卵で誰も妊娠に至っていない。

 

ということで、ジョンさんも選んだ、

もう一人のドナーさんの詳細も送ってもらうことにした。

 




 

もう一人のその子は、

  • 血液型が違う
  • 顔の輪郭が丸すぎる
  • 童顔で幼すぎる

これがネックで、パスしたのだが、

 

なんと、彼女のドナーになった理由がイカしていて、

思わずプラカード上がりそうだったっ!笑

 

(意味不明な人は、前回の記事読んでね。)

 

卵子提供ドナー
卵子提供の奥事情!(スター誕生ならぬ、ベイビー誕生なるか?)

      卵子提供を考える47歳こりんごです。   いえ、実際は、まだ卵子提供を 決断出来ていませんが、 情報収集のために、   こんなオプションも ...

続きを見る

 




 

そう、大抵のドナーさんのドナーになった理由は、

 

「誰かの為に役立ちたい!」

 

そんな正統派な理由ばっかりなんだけれど、

 

この子の理由がなんと、

 

「NYでしか出来ないことをやってみたいっ!」

 

という、なんとも正直なアドベンチャーな回答!

 




 

卵子提供は、一度に高額な報酬金が頂けるので、

やはり若い子であれば、その報酬が目的で卵子提供するのだろうけれど、

 

「早急に大金が欲しいから。」

 

なんて、さすがに正直に言えないところで、

自分の卵が、誰か困っているカップルの役に立てば、

と言う理由にたどり着くのだろうが、

 

日本では卵子提供が禁止されているから、

確かに、アメリカでしか出来ない体験ではある!

 

結構、この理由にシビレたアタシは、

プラカードを上げてしまったわけだ。

 

 

 

合格!

 

 




 

そして、この子の卵子での妊娠率成績を聞くために、

またクリニックに問い合わせる。

 

すると、

 

「8250は、採卵前のスクリーニングテストにパスしなかったので、

現在のサイクルでの採卵は、中止になりました。

と言うことで、8250の卵子は購入不可です。」

 

 

えぇぇっ?!(´⊙ω⊙`)

 

 

(ドナー番号は、実際の番号と異なります。)

 




 

採卵前のスクリーニングテストにパスせず、

採卵中止って、どう言うこと?!

 

卵が十分育たなかったってこと?!

いや、40代じゃあるまいし、

20代で、その可能性はないよね?

 

スクリーニングテストって、

アタシもIVFやる前に、検査あるけれど、

 

PCP(かかりつけ内科、又は婦人科)の健康証明や、心電図

これは、超高齢だからやらされる検査で、

45歳以下は不要な検査だから、

20代のドナーさんは必要なくて、

引っ掛かるはずがない。

 

あとは、血液検査で、

性病があるかとかのチェックだし、

 

 

はっ?!(゚д゚lll)

 

 

もしや、性病で引っかかったのか?!

 




 

制欲も旺盛な20代だもの、

その可能性は大だっ!

 

かなりショックが大きかった。

 

あんなに純粋で、イノセントな顔立ちで、

子供だと思っていたのに・・・

 

自分の娘が、海外留学で性病にかかったら、

いやドラック漬けになったとか、

 

もう想像の域を超えるっ!

(子供いないから、想像も付かんが。)

 




 

そりゃ、海外生活で、

アタシだって渡米当初は、

いろんな人とデートした、

 

でも性病だけは怖かったので、

不特定多数との交渉はさけ、

コンドームは必須!

 

つうか、あの頃は無知過ぎて、

コンドーム外したら、

直ぐ妊娠しちゃうと思ってたから、

 

人生で、コンドームなしでヤッた男は、

ジョンさんしかいないんだよね。

(違った意味で真面目じゃん!)

 

しかも、44歳で初の避妊なし!

(それはドン引くっ!)

 




 

「8350は、今サイクルの採卵はキャンセルで、

卵子の購入不可ということですが、

もうドナーとして戻って来ることはないと言うことですか?」

 

「8350は、今年いっぱいは採卵不可です。」

 

やっぱり性病だったのか?

その治療して、クリアになるのに1年くらいとみてるのか?

 

そこはクリニック側も、

プライバシーの侵害に当たるだろうから、

ハッキリきっぱり性病ですとは言わないだろうけど、

 

大金はたいて購入する側ですから、

そこは注意を払って、

もう、そのくらいの推測憶測するよね。

 




 

アタシが最初に選んだドナーちゃんは、

売り切れ御免で、残ってる凍結卵が足りなくて、

しかも日本在住のバックパッカーだから、

次の旅行まで採卵お預け。

コロナの規制で、旅行どころの話じゃないし、

 

2番目の子は、スクリーニングに引っかかり、

1年間、採卵出来ず・・・

 

いや、運良く、このドナーたちの卵が購入出来たとしても、

 

最初のドナー卵では、誰も妊娠してないし、

2番目は、性病の疑いかかる子だから、

 

購入には不安が残る。

 

卵子提供って、侮れない。

 

若い子の卵さえ買えば、

そんな簡単な問題じゃなかったよ。

 




 

立て続けに、選んだ気に入ったドナーさんがポシャって、

 

まるで、神やユニバースが、

今はタイミングじゃないよと導いているのか?!

 

まぁ、卵子提供に踏み切る決断が出来ていたのかと問われれば、

Yesとは言えない状況ではあったので、

 

なるべく様になったのか?

 




 

では、しばらく卵子提供サーチは中断。

 

次回は、こちらも中断していた、

IVF結婚のアップデート報告致します!

 

本日の動画は、人生タイミング!

乗ってた電車が、急に止まって、まさかの大遅刻!

 

 

遂にYouTubeのサブスクライバーが

590人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

でも、まだ半分の道のり・・・

コツコツ行くわよ!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.