高齢妊活

47歳、採卵を取るか、お金をとるか?(宇宙旅行行ってる場合じゃなかった!)

投稿日:2021-07-22 08:38 更新日:

 

 

浪漫飛行?

 

アマゾンCEOが、民間宇宙旅行を成功させたってね。

 

金持ちはいいなぁって、一般市民は嫉妬しちゃうお話は、

アメブロで吐いてますので、どうぞ!

 

 




 

さて、金持ちだろうが、貧乏だろうが、

 

どんな決断を下しても、

それがベストだと信じよう。

 

だってそれがベストだと思って決断したわけだから。

 

とは言え、

 

「後々、後悔したくないから!」

 

と言う理由であれば、

 

その決断が変わってくることがあるなと。

 




 

さて、47歳の妊活劇に入りますけれど。

 

毎回のサイクルで問題が発生して、

毎回のサイクルで究極の選択を迫られているワタクシ。

 

今回のサイクルは、何が起こったのか?

 

前回のサイクルでも、やっと下した決断で、

7分割した受精卵を凍結に至ったわけですが、

 

決断
47歳の受精卵と移植劇の結末

    どんなに迷っても、 決断出来なくても、   時間は流れ、迷いは必然に決定されていくものだと・・・       では、お待たせ致しまし ...

続きを見る

 

今回は、どんな決断下さなきゃならんのか?

 




 

新鮮色胚移植を狙って行ったのに、

前2周期とも凍結に終わると言う結末。

 

と言うのも、子宮内膜炎の抗生物質が、

3種類とも効かず、

炎症の残る内膜に移植出来なかったのだ!

 

もう抗生物質も効かないのならば、

子宮内膜の炎症を切除しよう!

 

と言うことになって、

 

「次の生理が来たら連絡して下さい!

生理の終わりくらいに、手術のスケジュールいれます。」

 

と言われていた。

 




 

8月は、旅行に行くので、

(宇宙旅行ではない。)

 

3月から、毎月、採卵やってたし、

高齢ながらも、結構な注射を打ったから、

 

年齢的には、休んでる場合じゃないんだけれど、

心も体も夏休みで、来月はアラスカへ!

 

 

あわよくば、ハネムーンベイビー!

なんて、浮かれポンチだったのよ。

 




 

そんなプラン立ててたのですが、

ちょっとスケジュールが気になるよね?

 

「あの〜、手術の後は、どのくらい性生活を見合わせた方がいいですか?」

 

「一週間くらいですね。」

 

つまり、生理が終わったら、手術で、

術後、一週間は交われないから、

排卵見逃しちゃうかもしれない!

 




 

しかも、スケジュールから行くと、

来月早々、排卵で、翌週からリセット。

 

 

あっ!

 

思いっきりアラスカ旅行中に生理かよっ!

 

ハネムーンベイビー、終わったな・・・😭

 

アラスカンベイビーの夢、散りました。(ノД`)

 




 

そして、今回はバースコントロールピルで調整もされておらず、

 

日曜日に、24日で生理となりました。

 

やっぱり高齢、

薬でコントロールされないと、

生理早く来ちゃうね〜。

 

どう言うわけか、生理初日から、

いつもよりガンガン出血してるし🩸( ̄∀ ̄)

 

2日目も、いつも通り多めの出血の上、

血の塊がドロっと出てましたよ。

 

これって良くないらしいけど?

 

これで、子宮内膜炎も一緒に剥がれ落ちてくれる事を望むよ。

 



 

早速、ナースに生理来ました報告。

 

「了解しました、

多分、手術は来週の月曜日になると思いますが、

確定したら、連絡しますね。

 

それで、今週期は、内膜炎切除をしますが、

 

移植もしますか?

それとも、採卵周期にしますか?」

 

 

 

えっ?!(΄◉◞౪◟◉`)

 

 

手術から、ヒールまでは一週間くらいかかるって言ってたのに、

移植とかしていいの?

 




 

「あの、切除したら、

また組織検査とかに出すんですよね?

その結果が出るまで、また何日もかかりますよね?

結果が出ないまま、移植してもいいんですか?」

 

「もし移植したかったら出来ますよ。」

 

いえいえ、もし移植したかったら出来ますよって、

そりゃ出来るでしょうけれど、

まだ完治してない、しかも検査結果も出ていない内膜に、

移植なんかしたら、検査する意味ないじゃんよっ!

 

もしかしたら、炎症部分は切除したから大丈夫って事なのか?

 




 

「あの、検査結果が出て、

全てがクリアになってから移植したいんですけれど。」

 

「了解です。

それでは、採卵はどうしますか?」

 

あっ、採卵は卵巣だから、

問題なく出来るってことですね。

 

でも、つまり、採卵しても、

内膜がクリアになってないから、

 

また凍結ってことですよね?

 

 

また金がかかるぅぅぅ〜(ノД`)

 

(宇宙旅行なんて、もってのほかっ!)

 




 

凍結代を、保険が払ってくれないので、

自腹出費になりまして、

採卵、培養、凍結で、ザッと45万円くらいかかる。(*´Д`*)

 

しかも予定外に、前2回の採卵を凍結してしまったので、

3周期続けて凍結って、一般市民には厳しいですし、

 

しかもね、胚盤胞でもない、

着床前診断もしていない、

初期胚を凍結するって、

 

アタシにとっても経済的負担と、

受精卵にとっても凍結の負担がかかって、

 

 

マジ過酷!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 




 

しかも、電話越しのナースが、

採卵するかしないか、

 

今決めろ!

 

みたいなプレッシャーで、

 

そんな決断を、即決しろと言うんですか?

 

お金の問題なかったら、

年齢が年齢だから、そりゃ採卵したいよ。

 

でも現実は、お金の問題あるわけで、

 

金は天下の回りもの!

って言うけれど、

 

そう言い聞かせて、早2年。

 

この2年間、お金回ってねぇ〜ぞっ!!!

 




 

どうする、どうする、どうする?

どうする、どうする、どうする?

 

 

「今回は、採卵、

 

しませんっ!」

 

 

あぁ、現実が、夢を打ち破った瞬間。

 

 




 

「了解しました。

では、そのようにドクターに伝えておきます。

それでは、See you next week.」

 

こんなに切羽詰まって決断したのに、

他人のナースにとっては、単なる一患者の決断で、

 

アタシが採卵しないと舵を切ったので、

もうそう言う流れに向かってしまった。

 




 

自分で決めた決断なんだけど・・・

 

採卵しなくていいのか?

本当に、しなくていいのか?

 

悶々と考え込む。

 




 

決断に後悔したくないなら、

採卵した方がいいんじゃないか?

 

採卵しなくても、自然妊娠を狙えるなら、

まだ気が楽なのだが、

 

(年齢的にタイミングで自然妊娠って不可ってわかっていても、)

 

今回は、そのタイミングすら狙えないんですよ。

 




 

生理は大体、6日くらいで終わるから、

一週間後の日曜日にと思ったが、

担当医は、日曜日は働いていないので、

月曜日になりましたよ。

 

出来れば、なるべく早く切除して欲しい!

上手くすれば、排卵までにヒールが間に合って、

精子を送り届けたいんですよ!

 

でも、生理が24日で来て、8日後に手術ですから、

ヒールするのに一週間って言ってたから、

 

排卵まで、絶対に間に合わない・・・。

 

だったら、やっぱり採卵しとくべきか?

 

 




 

と、こんな感じで、今月は悩みまくるんですね。( ̄∀ ̄)

 

そして、また妊活お悩み相談ライブ配信してしまいました!

 

 

普通、ホストが悩み相談に乗るものなのに、

皆さんに、悩みを相談してます。( ̄∀ ̄)

 

そして、なんと遂にYouTubeのサブスクライバーが

750人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと250人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.