高齢妊活

47歳、採卵前の大騒動!(乱れる心とホルモン数値)

投稿日:2021-01-10 11:12 更新日:

 

 

人生はタイミングって昨日のブログで言ってまして、

 

しかも、人生って急展開して行ったりするもので・・・、

 

突然ですけど、

今朝、採卵しました!

 

 

47歳、今年最初の採卵、通算10回目!

 




 

今回のサイクルは、ハラハラドキドキしながらも、

いつものサイクルよりは、卵胞ちゃんの頑張りが見られるサイクルだったんですよ。

 

ただ、おりものが、いつも以上に多くて、

もう排卵しちゃうんじゃないのって思っている矢先に、

 

仕事中にもかからず、

クリニックから、今すぐ Orilissa (排卵遅延剤)入れてっ!

って指示がありましたから、

 

これまでの詳細は、こちら。

 

投薬ほぼなしサイクル
薬で卵胞を育ててもらえないのか?!(47歳、最初のサイクル)

  人生ってタイミングだよね。   本当にそう思う。     47歳でタイミング法では、 妊娠難しいアタシが言うのもなんですが。😅   妊活も全てタイ ...

続きを見る

 

その翌日、もう排卵しちゃったかもと、

ハラハラしながらモニタリング行って来ました。

 




 

Day13の血液検査は、こんな感じ。

  • 右、5mm
  • 左、17mm, 14mm
  • 内膜、9.5mm

だったんですよ。

うん、E2が339なので、1個200として、

もうちょっと上がって欲しいけど、

LHが上がり始めたので、

慌てて Orilissa (排卵延期剤)を使わされて、

 

翌日のDay14、モニタリングで、卵胞チェック!

 

「大丈夫よ、まだあるわ!

左は、17mm、17mm.

内膜は、8.5mmね。」

 

よかった〜!

排卵してなかった!

 

「あれ、あの右は?」

 

「小さなの一つね。」

 

小さくても測ってくれよっ!

 

「内膜が、9.5mmだったのに、

縮んじゃったってことですか?」

 

「いいえ、8.5以上、9.5未満って感じ。」

 

何それ?

 




 

実は、この日Day14は忙しかった。

 

午前9時、クリニックのモニタリング、

午前10時、チャイナタウンへ漢方医の再診に、

午前11時は、特別薬局にトリガーショットをPick up.

 

特別薬局で、トリガーショットのオビドルを購入していると、

ジョンさんから急に電話が入る。

 

平日の真昼間に電話かけて来るなんて珍しい。

 

これも、明日、報告する、

今話題のアレに急展開したので、後日報告するわ!

 

チャイナタウンの再来院もオモロかったから、

報告したい〜!

 

ブログに間に合わない程、

2021年も突っ走ってるわ〜。

 




 

で、Day14の血液検査の結果が届いたんですが、

 

 

Day13で339 から、Day14で146?!?!

なんで E2が、半減してるわけ?!(滝汗)

 

LHが、前日の17.5に上がり始めてから、

今日、3.3と下がったのは、Orilissaの効果が出てているのだと納得できるけど、

 

なんで、なんで、E2まで下がるねんっ!!!

 

つまり、1個、排卵しちゃったってことか?!

 

それなのに、今夜トリガショット発令で、

明後日、採卵決定してる!

 

なに、今回も、1個採卵ってことか?!

いや、もうこの年齢なので、

1個取れるだけでもありがたいですけど、

 

たった1個の採卵で、30万円ですから・・・

もちろん、取れなくても30万円ですから・・・

 

せめて、2個取りたかったですよ・・・。

 




 

とりあえず、トリガーショットを打って、

翌朝、血液検査に出かける。

 

この血液検査の結果次第で、

翌日の採卵時間が決まるのである。

 

大抵、採卵前のモニタリングは、血液検査のみなのに、

 

「じゃあ、ソノグラム検診になるまでお待ちください。」

 

と言われ・・・

 

「え? 今日は、血液検査だけじゃないんですか?

明日、採卵なんですけれど?」

 

「いいえ、ソノグラムの指示が出ています。」

 

「でも、ナースから送られてきたメールには、

ソノグラムもするとは書いてありませんでしたよ。」

 

余分に検査して、余分な支払いしたくないですからね、

 

「でも、卵胞が1個しかないから、ソノグラムも見るのよ!」

 

なんか、ムキになって強い口調でそういう医療アシスタントさん。

だから、こっちもついムキになって、

 

 

「2つですっ!(; ・`д・´)」

 

 

って強く言い返した。笑

 

そう、卵胞が一つの場合は、採卵前日でも、

ソノグラムで排卵していないかをチェックするのである。

 

でも、2個以上の場合は、採卵前日ではソノグラムはせず、

採卵当日のみのチェックになる。

 




 

ムキになっていた医療アシスタントさん、

アタシの卵胞を勝手に1つと決めつけての暴言、

許しませんよっ!笑

 

「じゃあ、ちょっと確認してくるわ。」

 

そう言って、ソノグラファーに確認に行き、

戻って来たアシスタントさん、

 

「ほら、やっぱり貴方は今日ソノグラムをするって予定になっているわ!」

 

「何故ソノグラムが必要なんですかと聞いているんです。」

 

「知らないわよっ!

ただ必要なのよ!」

 

そんな説明じゃ患者納得しませんよ!

 

ただ必要って、金儲けのためですか?

このアシスタントと話しても、ラチが明かない。

 

納得する理由を説明してくれればいいだけの事なのに、

よく分からないけど必要だって言われて、

はいそうですかって行きますかいな。

 

ソノグラム室に行って、ソノグラム技師さんに聞いて見る。

 




 

「あの~、明日、採卵なんですが、

今日も、ソノグラム検診するのでしょうか?」

 

「しますよ。

ルーム6でお待ちください。」

 

「何故、採卵前日にソノグラム検診するのでしょうか?」

 

「それはね、E2がちょっと下がってたので、

2つあった卵胞が、どちらか排卵してないかの確認のためです。」

 

「おおお!なるほど!

ぜひ、ソノグラム検診お願いします!」

 

ほらね、ちゃんと説明してくれれば、

患者は納得して、喜んで検診を受けたがりますよ。

 

医療人は、患者様に、キチンと分かりやすい説明をして下さいね。

 




 

1日でE2が半減してしまったのは、

排卵遅延剤の影響なのか?

それとも、1つ排卵してしまったのか?

 

「じゃあ、卵胞見て見るわね。」

 

めっちゃ緊張した。

たのむ、排卵してないでくれっ!

 

(先月は、無排卵だったのに。笑)

 

そして、スクリーンに卵巣が映し出されたっ!

 

 

あっ!!!!

 

 

「ちゃんと2つ、綺麗にありますね~!」

 

よかった~。

じゃあ、何でE2あんなに下がったのか?

 

ともあれ、これで明日の採卵予定卵胞は2つになった。

 

「内膜は、どのくらいですか?

新鮮胚移植するので、内膜も肝心です!」

 

「えっと、11.5mmです。」

 

「えっ!10ミリ越え?!」

 

すっごい嬉しいが、

このソノグラファーさん、ちょっと当てにならないんだよね。

期待しないでいておこう。

 

帰り際に、もう一度、移植の予定も確認してみる。

 




 

「あの、明日の土曜日が採卵なので、

移植は、3日後の火曜日ですよね?」

 

「えっと、ちょっと待ってね、

貴方のチャート見て見るわね。

 

あれ、貴方、5日目の胚盤胞待ちになってるけれど?」

 

 

えぇぇぇっ!(゚Д゚;)

 

 

そう言えば、2ヶ月前のサイクルで、

思い切って胚盤胞待ちにして下さいってお願いしたんだ!

 

胚盤胞狙い
遂に46歳、採卵直前の大決意!プラン変更!

    決断の嵐。   でも決められない事ってあるじゃない? それでも決断の期日だけは迫り来る。   何度、決断しても、 その決断が正しいのか分からず、 覆して ...

続きを見る

 

あの時は、今はなき、元主治医のドクターOが指示してくれてたが、

 

胚盤胞を狙っていた前回の採卵では、

 

5日の胚盤胞どころか、3日も待たずに、

見事に、1日で散ったんだよね。

 

こりゃ、胚盤胞なんて、無理だ!

47歳、3日まで分裂するだけで精いっぱい!

 

ってことで、勝手に3日の新鮮初期胚移植だと思い込んでたけれど、

 

主治医の退社後、何の引継ぎもなく、

患者との面談もなく、放置されたアタシの治療方針。

 

2ヶ月前のままで、続行されてたんだ!

 

さすが、ウチのクリニック、

連絡事項がザツ過ぎるっ!

 




 

「あの、私47歳で、

前回、胚盤胞待ちにチャレンジしたんですが、

1日で破棄されたんですよ。

だから、てっきり、ドクターも5日待ちは進めないかと思ってましたが、

どうなんでしょう?

これは、ドクターの判断で、5日待ちを勧めてるのですが?」

 

「あ~、それはちょっと・・・。」

 

ウチのクリニックですから、

そんな、一患者のプランなんか見てませんよね。

知るわけないですよね。

 

「ちょっとドクターと面接した方がいいと思うので、

ちょっと待合室で待ってて。」

 

しばらく待っていると・・・

 

「こりんご、

ごめんなさいね。

医院長は、今、ミーティングに入ってしまって、

この件は、ドクターに伝えておくから、

明日、採卵前にコンサルテーションするそうです。」

 

「えっ、採卵前のそんなギリギリに?」

 

まぁ、2ヶ月前も、採卵前に、急遽、胚盤胞待ちにしたんだよな。

 

もう、毎回、採卵では、ひと悶着あるこりんごです。

 




 

採卵前日、Day14の血液検査の結果は、

 

 

E2は、多少上がりましたけれど、

この数値、まだ低いよね?

 

でも、ソノグラムでは2つ卵胞があったので、

1個の卵胞に128と言う低さですよ。

これ、何か、問題あるのかな?

 

LHも上がり始めてるので、

なんとか、今日の採卵に漕ぎつけましたが・・・

 

一体、3日での新鮮初期胚移植なのか?

5日待っての胚盤胞なのか?

 

採卵日まで排卵せずに、2つ採卵出来たのか?

 

この採卵騒動に加えて、

また、新たな問題も降りかかって来たので、

 

そちらの報告をしつつ、

今日の採卵の報告を、なるべく早くしますね。

 




 

本日の動画は、大慌てで、去年(先月)の

誕生日旅行記のビデオアップしております。

 

 

やっとYouTubeのサブスクライバーが500人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

でも、まだ半分の道のり・・・

コツコツ行くわよ!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.