とんでもアメリカ生活

コロナワクチンの葛藤 (COVID-19 ワクチン打つか打たないか?)

投稿日:2021-01-11 11:48 更新日:

 

 

アメリカでは、年末からコロナワクチンの接種が始まっています。

 

予定より、かなり遅れを取っているようですが、

 

優先順位で、病院で働くフロントライン(医療機関第一線で働く人)と、

シニアが優先で接種が行われていました。

 

(各州によって、接種出来る優先順位は違います。

NYの75歳以上のシニアは1/4からでした。)

 




 

アタシは、歯科医院勤務なんですが、

ウチのボス、デンティストは、

なぜ歯科業界は、こんなにもリスクを背負っているのに、

ワクチンが受けられないんだ!

とUpsetしていましたよ。

 

(こんなにもリスクを背負ってる仕事と言っている割には、

去年3月4月のピークの時も、出勤させられたんですけどね。)

 

アタシは、そんな開発されたばかりのワクチンを受けたくないよって慎重派で、

 

でも、もしアタシが、病院の第一線で働いていたら、

自分の身を守らなかったら、

人のケアなんて出来ないから、

やっぱりワクチンはを打っていたと思うし、

 

70を超えた我が母にも打たせたいって思う。

 




 

普通は、そう考えるよね。

 

でもね、そんなの偽善だ!

他人より自分!

 

って言う考えが現実に横行している現状。

 

現在、優先でワクチンを受けられるのは、

先にも言ったけれど、

病院の第一線で働く人と、シニアの人たち。

 

なのに、そういう人たちを先置いて、

メガミリオンの超大富豪たちが、

金と権力に物言わせ、

優先順位を無視して、

ワクチンの接種を受けている。

 

あぁ、ありがちなニュースだよって思ってたけど。

 

コロナピークの時も、

人工呼吸器が病院に足りなりない状況で、

富豪たちは、プライベート人工呼吸器を買い漁ってたからね。

 




 

で、もっと卑劣なニュースが出てた。

 

ニューヨークの不動産王が、

フロリダの老人ホームを経営してて、

そこに優先的にまわるお年寄りたちへのワクチンを、

自分たちだけで打っていたと言うではないか!

 

だからシニアの皆さんは、

徹夜でワクチン接種のために、

寝袋や椅子を持って来て長い列に並ぶ状況だったらしいよ。

 

もうさ、この世は、こう言う時代なんだよ。

 




 

悲しいけれど、

まぁ、自分が大富豪じゃないから、

そういう風に、金持ちは卑劣だ!

って思ってるけど、

 

自分が、金持ちだったら、

やっぱり自分が大事って思って、

金や権力にかこつけて、

同じようなことをやっているかもしれない。

 

結局、弱肉強食な世界かな。

 




 

そんなことを思っていた矢先、

 

NY州では、1月4日から、

ついに病院勤務ではないエッセンシャルワーカーたちにも、

ワクチン接種の優先枠が発表された。

 

その中には、歯科医院勤務のスタッフや、

ジョンさんのように薬を扱うヘルスケアも、

ワクチン接種が可能になったのだ。

 

ウチのボスは、真っ先に予約を取ったそうだ。

 

コロナワクチンが開発される前から、

ボスは、従業員全員にワクチンを打ってもらいたがっていた。

 

従業員の安全、と言うよりは、

従業員がコロナで倒れたら仕事にならないし、

院内感染起こされても困るからだ。

それは妥当な見解です。

 




 

やっと歯科医院勤務者も、ワクチンを打てる状況で、

 

「ワクチン接種の予約をしたぞ。

マイワイフと衛生士も予約済みだ。」

 

だから、こりんごもワクチン打てよ。

 

ってことらしい。

 

でも、ふと思ったのよ。

 

あれ、ボスの奥さん、

特にクリニックで働いてる訳じゃないけど、

ワクチン打てるの?

 

やっぱり、ボスだって家族の方が大事。

奥さんは、クリニックで働いてないけれど、

社員と言うことになっているので、

歯科医院スタッフとしてワクチンを打てるのであろう。

 




 

まだ、ワクチンが足りてないので、

打ちたいのに、打てない人がたくさんいる中、

そういうトリックで、ワクチンを打てる人もいる。

 

なんなら、アタシの打てる権利を、

本当に、打ちたい人に譲ってもいいくらい。

 

アタシは、そんな大急ぎで開発されたワクチンだから、

あと5年くらい経って、そのワクチンが立証されたら、打ってもいいかもしれないけど、

 

このパンデミック禍でも、マスクのお陰か、

コロナ以降、風邪も引いてないんだよね。

 

ジョンさん以外の人とは、会わないし、

出かける先は、職場、クリニック、スーパーくらい。

 

だから、自分で管理をキチンとすれば、

ワクチン打たずに、コロナを乗り切れるんじゃないか?

(って、いつまでそれが続くのかは分からんが・・・。)

 




 

得に、今は、妊活中だし、

得体のしれないものを摂取したくない!

という思いもあったのだろう。

 

しかし、確かに、歯科医院なんて、

他の職場よりは感染リスクの高い仕事かもしれないし、

 

逆に妊活中に、コロナにかかってしまったら、

もう年齢で待ったなしなのに、

何サイクルか先延ばしにしなくてはならないかも?

 

ミラクルが起こって妊娠したとしても、

妊娠中はワクチンは打てないし、

母体感染なんてのも聞いた。

 

いま、アメリカでは、また信じられない感染率と、死者が出ている。

 

皆が打ちたいワクチンを、

優先で打ってもらえるって、

ありがたいことなんじゃないか?

 

ちょっとそんな迷いもあった。

 




 

排卵まもなくで、採卵の2日前の木曜日、

トリガーショットを受け取るために、

特別薬局に行くと、

 

採卵間近
47歳、採卵前の大騒動!(乱れる心とホルモン数値)

    人生はタイミングって昨日のブログで言ってまして、   しかも、人生って急展開して行ったりするもので・・・、   突然ですけど、 今朝、採卵しました! & ...

続きを見る

 

平日の真昼間、仕事中のジョンさんから電話があったのです。

 

そんなことはめったにない事なので、

これは非常事態に違いないと、

慌てて電話に出ると。

 

「今、コロナワクチンの予約を取ったから!

Babyの予約も一緒に取ろうか?

 

まだ特定な人たちしか受けられないうえに、

予約も、直ぐに埋まっちゃうみたいだ!

 

俺の職場でも、毎週誰かが感染してて、

2週間の隔離に入ってるから、

職場の同僚は、みんなワクチンの予約を取ったから、

俺も取ることにした!」

 

 

えぇぇぇ?!(゚Д゚;)

 




 

アタシは、コロナワクチンは打つ気はなかったのに、

一緒に暮らす自分のパートナーが打つとなったら、

なんか、やっぱり打つべきかしら?

 

しかも、ワクチン否定派だったのに、

ちょっと気持ちが揺らいでいたのも事実。

 

「強制で打たせるわけじゃないから、

Babyが嫌なら、予約は取らないけれど、

もし、打ちたいなら、ちょうど、同じワクチン接種場所で、

同じ時間帯くらいに、まだ一緒に予約取れるから、

俺が予約入れておいてあげる!」

 

「予約は、いつで、場所はどこ?」

 

「今週の日曜日で、クイーンズだ。」

 

えっ、そんなに早く予約出てたの?!

 




 

今、ワクチンは限られているようで、

ウチのボスですら、予約取るのに手間がかかって、

1/4に予約したのに、2週間先で、

来週の木曜日に、ハーレムで打つしかなかったと言っていたのに、

 

今週末の、しかもクイーンズで、

厄介な手続きも、オンラインで前もってしなくてはいけないのに、

 

それを、オンライン予約もジョンさんが代わりにやってくれるという、

その手間が省けるだけでなく、

ジョンさんと一緒に、ワクチンを打ちに行ける。

 

今、このチャンスを逃したら、

多分、アタシは、もうコロナワクチンを打つことはないと思う。

 




 

しかし、よりによって、今週の日曜日だなんて、

今夜トリガーショットを打つから、採卵は土曜日ですよ!

 

採卵の翌日のコロナワクチン打って、

その翌週に、胚が上手く育ったら移植なんですけれど、

 

ワクチンで、サイドエフェクトとか出たら、

移植も中止か?

 

もしくは、ワクチンが何か移植に影響を与えたりしないのか?

 

なんで、このタイミングで、

ワクチン接種のチャンスが、

 

こんな形で回って来るなんて!

 

とりあえず、予約は、キャンセルも出来るので、

予約を入れるだけは入れてもらった。

 

クリニックで、ワクチン接種は避けてくれと言われたら、

キャンセルしようと思っていた。

 




 

結局、採卵も無事に済んで、

クリニックのドクターからも、

コロナワクチンは問題なしと言われ、

 

また、その採卵については、後日ブログするけれど、

 

今日、日曜日に、コロナワクチンの接種して来ました!

 

 




 

その様子は、動画で報告しちゃうっ!

 

 

アメリカ人は、ワクチンを打ったことで、

精神的に安心を感じられる、

それで安心して暮らせると思う人が多いんだと思う。

 

不安を抱えて生きていくよりは、

それは合意的な考えではあると思うよ。

 

郷に入れば郷に従えな、こりんごでした。😅

 

やっとYouTubeのサブスクライバーが500人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

でも、まだ半分の道のり・・・

コツコツ行くわよ!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

    

 

 

-とんでもアメリカ生活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.