世界のニュース 高齢妊活

Chinese New Yearとコロナウィルスと採卵結果。

投稿日:2020-01-29 03:14 更新日:

 

 

そう言えば、只今、Chinese New Year だったのよね。

 

アタシは、そんな中国の新年の前日に、

今年最初の採卵祭りだったので、

 

すっかり忘れてました。

 

今年は、1月25日からChinese New Yearが始まったらしいんですけど、

 

その日は、クリニックから、採卵後のDay1の報告が届きましたよ。

 




 

不思議、いつもみたいなドキドキ感が少なめだった。

 

前回の採卵は、超イケる!

と自信満々で、撃沈したからね。

 

あんなにホルモン数値もよくて、

刺激剤も打って、

採卵もお気に入りのドクターにしてもらって、

 

完全に、新鮮胚移植に進めるって自信あったんです。

 

なのに惨敗!

 




 

今回はですね、

なんと言いましょうか?

 

ほら、LPSで、また10日後くらいに2回目の採卵が控えてると思うと、

 

これがダメでも次がある。

 

みたいな余裕があるのかな?

 

で、クリニックからチャイニーズニューイヤーの25日に、Day1の報告メールを仕事中に片手間で開く。

 

 

卵胞1、正常に受精されました。

卵胞2、まだ受精されておりません。

 

おお、多分、23mmが受精したかな?

 

でもね、前回の採卵も、2日目で成長が止まったんだよね。

 




 

でね、これは、どうやら成熟し過ぎが原因だったらしい。

 

もう少し、早く採卵してたら、

上手く育ったらしいのよ。

 

でもね、クリニックも、

採卵を朝一番でやってくれたから、

 

これを、深夜に採卵するのって無理じゃない?

 

一番最初の採卵は、3つ取れて、

その一つが3日まで育ったのよ。

 

それは、一番大きい22mmだった主席卵胞かと思っていたら、

 

なんと、一番最後に受精した、

一番小さい16mmが3日まで育ったらしい!

 

つまりね、成熟し過ぎもよくないらしいよ。

 




 

だからさ、今回、23mmちゃんは成熟し過ぎかなって心配。

 

14mmちゃんは、逆に未熟過ぎるんだろうけど、

 

もう、こればっかりは、採卵のタイミングとか、

培養士の腕に懸けるしかなくて、

 

もう自分ではどうすることも出来ず、

運に任せるしかないわけだ。

 




 

次回のアップデートは、凍結出来たらお知らせします。

 

って言ってるんだけど、

 

毎日報告してくれよ!

 

もう、どうせ運なら、

チャイニーズニューイヤーだし、

Year of Rat 🐀 子年だし、

 

おめでたいことに巻かれて、

子宝ゲン担ぎするかな。

 




 

 

そして月曜日。

 

Chinese New Yearってわけじゃないんですが、

 

ここに、本当に15年ぶりくらいに来ました!

 

 

ここはクイーンズのフラッシング!

 

中国をはじめ、

 

韓国、台湾と、

 

ニューヨークとは思えないアジアンエリアである。

 

マフラーで顔を覆っているのは、

 

決して寒いからじゃなく、

 

道ゆく人が皆マスク着用していまして、

 

これ、日本だったら普通の光景かもしれないんですが、

 

アメリカでマスクしてたら、

感染病者だと思われて敬遠されるんだよ。

 




 

Anyway,

 

今、中国発祥のコロナウィルスが蔓延してるから、

NYの中国フラッシングも、警告ムードが流れてましたよ。

 

コロナウィルスには要注意!

 

そして、無事にNYこりんごラジオの収録を終えて、

 

来てましたよ、前週の採卵のアップデート!

 

 

2つとも凍結されました。

えっ?!

 

なんだろうか、この結果を見て・・・

 

これまで採卵4回して来て、

過去3回の採卵数は6個。

 

ウチのたった1つしか3日まで育たなかったのに、

(しかも、その1つは、胚盤胞待ちだったので、5日まで育たず3日で破棄された。)

 

そんな状況で、今回は3日で凍結にしますと言った途端、

 

採卵した2つとも3日まで成長して凍結完了だなんて、

ちょっとリアリティーにかけると言うか、

 

嬉しいことなのに、

 

本当に3日まで育ったの?!

しかも2つも?!

 

と疑ってしまったのよ。

 

だって凍結決定で、凍結費3000ドル(32万円)だから、

 




 

まさかビジネスで凍結出来ましたって言ってないよねと、

 

つい医療機関で働いている自分は、

患者の知らない裏のダークな世界、

ドクターの金儲け闇市場みたいなものを目にしたこともあったから、

 

ニューヨークに住んでるし、

人を直ぐに信じない、疑ってかかるクセも付いたかも。

 

まぁ、心の中の細やかな純白天使が、

 

「信じるものは救われるよ!」

 

って囁いたんで、

 

まぁ、確かに、2つとも受精しませんでしたって結果だったら、

それもまた落ち込むし、

 

そんなネガティブなこと考えたらダメだよね。

 

 




 

それでは、㊗️初凍結、3000ドル!

 

今日は、これから、LPSで同周期に2度採卵するプランで、

 

前週の採卵後に、クロミッド倍量で残存卵胞を育てて来たので、

 

その結果を見にモニタリングに行ってくるよ。

 

どのくらい残存卵胞ちゃんたちが成長しているか、楽しみだな。

 

そして次回は・・・、

 

こんなにポジティブな46歳の妊活に、

 

絶望感が過ぎります。

((((;゚Д゚)))))))

 

現実を受け止めて・・・。

 




 

 

本日のNYこりんごラジオ、過去放送ピックアップは、

地域活動家の江波戸操吉さん!

 

この方、実は、NYの地下鉄を変えた人の一人なんですっ!

 

 

    

 

 

-世界のニュース, 高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.