高齢妊活

47歳、やっと移植に到達

投稿日:2021-01-15 12:09 更新日:

 

 

障害があればある程、

それ乗り切った時の安堵感や達成感は半端ない!

 




 

もう移植にたどり着けないんじゃないかという大騒ぎの後、

 

移植させてくれ!
47歳、胚移植直前の悲劇!(妊娠ピークと高齢妊活の衝撃な現状も公開!)

    ホント、マジ瞑想とかしたい。     むちゃくちゃ迷走した、 身を削った胚移植への道だった。   そもそも、採卵も、吸ったもんだしてて、 &n ...

続きを見る

 

パートナージョンさんの同意書は、

移植のギリギリ間際に奇跡的に届き、

 

仕事は完全遅刻、クビを覚悟での、

 

執念で移植に至りました。😅

 




 

激混みだったクリニックは、

嵐が過ぎ去ったように静まり返り、

 

遂にアタシの3回目の移植が始まる。

 

まずは、ナースの説明。

 

「今日は、Day3での新鮮初期胚移植で、

これで残りの胚はありません。

こちらが今朝Day3で8分割なった胚です。」

 

いや〜ん!!!😍

 

 

いつ見ても、我がエンブリオは愛おしいわ〜。

 




 

D3 8B x 1 って書いてあって、

 

多分、3日目、8分割のグレードB、1つってことでしょう。

 

いつも新鮮初期胚は、7分割だったから、

(凍結したのは8分割になったことあるが)

 

グレードBでも、申し分なしっ!

 

ちょっと分割がクッキリ現れてない部分があるので、

 

 

それでグレードBかなと思ったんだけど、

 

このクッキリしていないところは、

胚盤胞になる前のコンパクションになりかけるかもしれないとのことだった。

 




 

もう47歳、上出来、上出来!

 

そりゃね、胚盤胞でもない、

PGS(着床前診断)もしない、

しかも、たった1つを、

子宮内膜ギリギリ8.5mmに移植ですから、

 

前途多難ですよ!

 

 




 

もう、待ち時間もなく。

 

いや、またされ過ぎて。予約時間変更されたから、

これでまた待たされたら、訴えてやる!(誰に?)

 

直ぐに診察台に促され、

 

エンブリオよ〜、

我に戻りたまへ〜!

 

みたいな、余裕はなくて、

オペレーションルームの時計を気にする。

 

2:33pm

 

全てが上手くいけば、2:40pmには終わって、

なんとか仕事に3時には戻れる!

 

神聖なる胚移植の時に、

そんな現実的なことを、

思っていた こりんごである。




 

でも、仕事あっての妊活ですから、

アタシのエンブリオも理解はしてくれていると思う。

 

今日、移植の担当は、女医のドクターLである。

 

彼女はテキパキと処置を済ますタイプだが、

テキパキと腕がいいのかは、比例するのか分からない。

 

いつものことだが、

もうドクターも、毎日同じ作業で、

採卵移植を繰り返しやっているのであろうから、

患者への対応も、全て台本のように流れて行くんだろうね。

 

院長に比べたら、とてもナイスな対応ではあるが、

そこに温かみを感じない。

 




 

Thank you so much.

 

You are welcome.

 

この会話ですら、なんだろうか、

仮面のような気がする。

 

ただ、ともあれ、胚をアタシの子宮に戻してくれるのはドクターであるから、

感謝の思いはある。

(戻すだけで1500ドル(15万円)ですけれど。)

 




 

「とっても内膜いい感じよ。」

 

と淡々と言うドクターに、

 

どんな感じで、いい感じなのか?

内膜の厚みはどのくらいか?

 

聞きたかったが、

今更、内膜の厚みや形を聞いたところで、

 

移植するには変わりないから、

無駄に質問しても意味はないかなと、

黙って Thank you と言うしかなかった。

 




 

目の前のスクリーンに、培養士がシャーレから卵を吸い上げて、

その吸い上げたシリンジをドクターに手渡しした。

 

毎回思うが、高度生殖医療なんだけど、

実にアナログで・・・

 

今度は、自分の右にあるソノグラムモニターで、

ドクターがシリンジから、卵をピュっと押し出して、

ふわ〜っと、1つのゴマ粒が内膜らしきものの上に降り立った。

 

「Beautiful!」

 

とドクターが言うのだが、

 

どのあたりがビューティフルなのか分からず、

 

ただ移植されたと言うことは美しきことであります。

 




 

移植は、キッカリ5分以内には終了。

 

ナースにリカバリールームのリカバリーチェアーの案内されたが、

 

「すみません、特にリカバリーいらないです。

もう着替えてもよろしいでしょうか?」

 

「いいわよ〜

でも、着替えたら、ここに戻って来て。」

 

ナースからの、説明も、通院が長くなると短くなりますよ。

何度も同じ内容を聞いてますからね。

 




 

どういうわけか、まだ、公開していなかったこのブログ、

中途半端に、既に公開されていてビックリしましたが、

 

無事に、3回目の新鮮初期胚移植、終了いたしました!

 

妊娠判定は、12日後だそうですよ。

では、次回は、移植後の生活など、お届けします。

 




 

予定外に、勝手にブログ更新されたので、

本日の動画の用意がありませんが、

引き続き、NYこりんごラジオのYouTubeチャンネルもよろしくね。

 

そのチャンネルも、やっとYouTubeのサブスクライバーが500人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

でも、まだ半分の道のり・・・

コツコツ行くわよ!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.