高齢妊活

冷え込みキビシイNYに受け取った採卵結果。

投稿日:2019-11-14 01:51 更新日:

 

 

今朝は、とんでもなく冷え込んだニューヨーク。

 

 

25度なんて暖かいじゃん!

 

って思うかもしれないけど、

これ華氏ね。

 

摂氏だと、

 

マイナス4度だよ。((((;゚Д゚))))

 

 

冷え込むぅ~~~!

 

そんな冷え込みキビシイ水曜日。

 

大事な知らせが、こりんごに届くのである。

 

月曜日、無事に今年最後、45歳最後の採卵を成し遂げた こりんごでしたね。

 

最後の採卵
2019年 採卵納め。(45歳最後の採卵)

    やっとこの日に たどり着いた。   なんか、もう全て納めて今年を悔いなく終われる。 (まだ12月にも入ってませんよ。)   超高齢だと言うのに、2ヶ月も ...

続きを見る

 

採卵後というのは、皆、我が卵がどう育ってくれるのか、ドキドキハラハラするもんでしょうが、

 

不思議。

 

今回、アタシの気持ちは、予想以上に落ち着いていて、

 

今か今かとラボからのメールを待っていたりはしなかった。

 

これって、必ず受精すると言う自信なのか?

結果はどうあれ、採卵に満足しているのか?

 
 



 

前回8月の採卵では、モタついた処置に主席卵胞も取れず、

あぁ終わったなと確信があったので、

 

クリニックから培養報告メールで、

 

Day1にしてアブノーマルに受精したため破棄しました。

 

という悲しいメールをもらっても、

 

あ、やっぱりなと、そこまで落ち込まなかった。

 

しかし、今回は、2019年の集大成。

信頼の置けるドクターに採卵してもらったので、自分の中でも納得のいく採卵だった。

 

これでダメだったら仕方がないと思える納得さ。

 

しかし、期待していないと言いつつも、

やはり、クリニックからの報告メールはドキドキする。

 

採卵から1日目の昨日。

 

さぁ、無事に受精したのか?

 

 

うっ!

 

Day 0、2つとも成熟卵です。

Day 1、受精のサインを待っています。

 

まだ受精卵になっていないんだ。

 

まぁ、8月の時と比べたら、1日で破棄されずに済んだ、上出来と言っておこう。

 

翌日のアップデートが待ち遠しいが、

Day2で、6分割まで行けば移植が出来る。

 

移植のために、上から下からエステロゲンとプロゲステロンを摂取。

 

遂に、生まれて初めての移植を迎えるのかぁ。

 
 



 

そんな時、ふと、ラボからのメールきになることがあった

いつもは、顕微受精(ICSI)で受精させるのに、今回は、その旨が書いていなかった。

 

これ、6月に初めてやった採卵の結果。

 

そして、前の8月の結果も、すべでICSI で受精をさせてる、

 

ウチのクリニックは、顕微授精をノーチャージでやってくれるのだ。

 

タダだったら、ぜひやってもらいたいじゃない?

 

それで、培養士さんに、なぜ、今回は ICSIしなかったのか理由を聞かせていただけますかとメールを送る。

 

翌朝。

 

8時頃にクリニックからのメール。

 

今日のアップデートの報告で、翌日の移植が決定する。

ちょっとドキドキでメールを開くと。

 

「ICSI はしました。」

 

と一言。

 

つまり、ICSIは当たり前なので、あえてメールに書かなかったらしい。

 

それはよかった。

しかし、卵のアップデートがまだされていない。

 

まもなくランチライムになろうという頃。

 

遂に、クリニックからのアップデートのメールが届いた。

 

じっくり読みたいので、仕事の合間に焦ってみるのも 何なので、ランチタイムまで待とうとしたが・・・

 

いや、もう、結果が手元にあるとわかっていて、

ランチまで1時間も待てないっ!

 

忙しいのに、隙を見てメールを開く。

 
 



 

あっ!

 

 

Unfortunately...

残念ながら、

 

またわかりやすい出だしだな。

 

Day2で敗退・・・。

Day3まで、持ちこたえられなかった・・・。

 

うん、やっぱり自分の中では、今回ばかりは自信があったらしい。

 

移植まではイケるなと、思っていたので、

 

えっ、ウソでしょ?

って思った自分がいた。

 

さっきまで、

”これでダメだったら仕方がないと思える納得さ。”

 

とか言ってたけれど、全然納得してない。

 

自分って、とことんポジティブで、おめでたい人。

 

これまでも、45歳のキビシイ現実は、何度も味わって来たのに、

こうやって、また現実を突きつけられて、実年齢を知る。

 

なんか、気持ちはアラサーなんだけど、

もう、アラフォーも超えて、アラフィフなんですよ。

 

その無残な結果に、一時、呆然としてしまったが、

 

忙しい仕事中でよかった、

 

直ぐに、仕事に戻らなくてはいけないので、

採卵結果を悔やんでいる暇がなかった。

 

いや、まだ信じられなかったんだろ思う。

 

うそでしょ、あれだけ頑張ってたのに、

 

E2が500超える事なんでないのに、

やはり、あの数値は、成熟卵胞の目安にはなるけれど、

決して卵胞の質の良さを表しているんじゃないんだと気づかされる。

 
 



 

ご丁寧に、ナースからボイスメールまで残ってて、

 

「Unfortunately the two eggs didn't make it,

 

明日 予定されていた移植はキャンセルになります。

現在、使用しているエストロゲンとプロゲステロンは中止してください。

 

また、次回の生理3日後にいらしてください。」

 

クリニックは、簡単にリセット出来るけれどさ、

 

アタシは、今日という日が、今の自分の人生で一番若い日なのに、

 

明日は今日より、1日年を取って、

来月は、46歳になって、

 

卵の質は衰えるばかりなのに・・・

 

もう治療したって、妊娠なんかしないから不妊治療を辞めたら、

絶対に自然妊娠なんて無理だから、

 

妊活を諦めるということになるのか?

 

IVFという西洋医学も、

漢方やら食生活、生活習慣の東洋医学も、

 

何でも試してきたつもりだけれど、

 

人間の定めである、老化にはかなわないのか・・・。

 

あぁ、途方に暮れるって、こういうことを言うのか?

 

暖かい暖房の利いたオフィスにいるのに、

窓の外の氷点下のような冷たい思い。

 

あぁ、アタシの採卵結果を知ってたかのような このNYの気温。

 

この寒くて死にそうな結果を聞いた後、

 

こりんごは、寒すぎて壊れた?

 

とんでもないことを考え始める。

 

落胆のリバウンドかのような、

突拍子もないアイデアを思いつく。

 
 



 

妊活中の人たちが、撃沈して、泣いても泣いても泣ききれない人、

どん底に突き落とされて這い上がれない人、

もう苦しくて逃げたい、諦めたいと思う人、

結果が出なくて、悔しくて、悲しくて、情けないと、

 

そんな風に思ってしまう人沢山いると思う。

 

気持ちわかるよ~。

 

アタシなんて、

 

「なんで受精しないわけ?」

 

って逆切れしそうだったもん。笑。

 

2019年の妊活集大成だったのに、

こんな風に撃沈で幕を下ろすなんて・・・

 

全然、予想してなかったよっ!

 

みんなが応援してくれるのに、

その期待にも答えられず、

 

妊活クラブまで立ち上げちゃってるんだけれど、

 

なんか、申し訳ないわ~。

 

でも、まだ、こんな風にブログを書ける余裕があってよかったよ。

 
 



 

結果を知った時、やっぱり、すぐにはブログ書く気になれなかった。

 

毎回そうなんだけれど、

 

残念な結果をもらうたびに、泣き崩れたりするほど落ち込みはせず、

自分、冷静過ぎやしないかって思うんだけれど、

 

でも、多分、これは、妊娠というゴールへのプロセスの一環かなって思ってるっぽい。

 

だから、これも通らざるをえない道だって。

 
 



 

あぁ、そう言えば、今週の日曜日は、

NY妊活クラブの第3回目のイベント開催だっ!

 

なんか、採卵撃沈という残念なニュースで、イベントに臨まなくちゃだけれど、

 

オーガナイザーとしては、ここでイベント盛り上げて、

みんなで妊娠するぞっ!

 

こりんごが撃沈の中、イベントはパワーアップしております。

 

 

公認ファスティングプラクティショナーで、加圧トレーナー Kunistyle株式会社代表の飯田くにこ さんが、ファスティングで妊活講座を開いてくれて、

 

体験コーナーでは、

くにこさんの、成長ホルモンを速攻で促す加圧トレーニングの体験か、

 

Wave Yoga創設者のヨガインストラクター 岡本奈巳さんのトータルボディーチェックが受けられます。

 

トータルボディーチェックの詳細は、こちら、

 

体験
そりゃ妊娠しないわ!(女性ホルモンの秘訣と妊活耳寄り情報)

    それじゃ、子供 生まれないわな・・・。   なるほどな夜でした。     45歳の妊活は、予想通り、そして期待以上に厳しいです・・・。 &nb ...

続きを見る

 

が受けられます。

 

そして、なんと、もうひと方、イベントに参加して下さいます!

 

NYシニアエンブリオロジスト(胚培養士)で、NY日本人不妊相談センターSTORK TALKSを設立した山野辺千沙さんが、妊活交流会に参加してくれます!

 

なかなか会えない胚培養士、専門家の意見も気軽に聞けちゃうチャンスっ!

 

これはてんこ盛り過ぎるっ!

(こりんごの採卵撃沈劇を語っている場合ではないっ!)

 

妊活中の方以外にも、

これから妊活を考えている人、

単に健康志向高い人、

 

どなたでも参加出来ます。

 

事前予約は特にないので、お友達やお知り合いを誘っての参加もOKです。

 

ぜひ、参加してね。

 

11月17日(日)@Suryaside Yoga (49-06 Skillman Ave, Woodside NY)

参加費 $20

 
 



 

それでは、本日のNYこりんごラジオ、過去放送ピックアップは、

シニアエンブリオロジストの山野辺千沙さん

 

そして、イベント講師の加圧トレーナー飯田くにこさん!

 

加圧トレーニングって、どんなのか体験もしてきました。

 

Wave Yogaの岡本奈巳さんのインタビューは、来週オンエアっ!

乞うご期待っ!

 

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.