世界のニュース

日本の政治対策とN 95の誤解!(コロナウィルス対策)

投稿日:2020-02-29 01:26 更新日:

 

 

あらら、また日本、凄い決断しちゃったね。

 

Japan Shocks Parents by moving to close all schools over coronavirus 

 

日本全国の学校休校!?

 

阿部さん、そう来たかよっ!

 

全然、日本の政治対策わからんわっ。

 




 

あれだけ、世界から、日本の対応の遅さを指摘されてて、

 

ここへきて、いきなり、全国の学校クローズって・・・。

 

急だなっ!😅

 

「子供たちの健康と安全を第一に考えて」

 

と言っていた阿部さんの言葉、

 

響かねぇ~!

 

思いつきちゃうのって思っちゃう。

 

さすがに、海外のメディアも、

その日本の政策、心配してるし、

オリンピック開催危機のプレッシャーバレバレだよ。

 

海外在住者としては、

いろんな、こちらの人からの意見を受けて、

 

日本、何やってんの?

賢い人たちからは、political suicideだよね。

 

(政治家の失敗で、政権を失う。政党自殺)

 

と突っ込まれたりしまして、

 

ややEmbarrassing よ。😓

 

日本に住む国民は、そりゃ混乱するし、

これじゃ不満も出るわなぁ。

 




 

確かに、この時点で、何もしないよりは、

何か政策打ち出すべきだけど、

 

この取ってつけた感が日本の政治を象徴していると言うか、

 

この、取ってつけたような、早急な判断力を、

何故にもっと、ウィルスが拡散する前に、

早くに違った形で示さなかったのか?

 

ってね、外野はヤンヤヤンヤ言えるけど、

 

政治経済、世界情勢が絡んだら、

日本気質は、ここぞと言う時に躊躇しやすくて、

とんでもないアクションを起こしてしまうのは、

 

アタシも日本人なんで、なんか理解出来ると言うか・・・😓

 




 

ウチのジョンさん、速攻でこのニュースTextして来たよ。

 

全国の学校がクローズって、

 

どんだけ日本ヤバイねんっ!

 

ってみんな思っちゃうよね。

 

(本当にヤバイのかもしれないが、

情報として流れてこないし、

どのくらいヤバイのか政府も把握してないと見た。)

 

こんな状態なので、

アタシの日本行きは、もう十中八九キャンセルだよね~。

 

まだ微かな望みを見守るアタシとはウラハラに、

 

あれだけ日本に行きたがっていたジョンさんは、

今やベガスも、東海岸ですら国内旅行に行きたくないと言う始末で、

 




 

それどころか、

 

「ベイビー!

N95がバックオーダーで大騒ぎだよ!

これしか確保出来なかった!」

 

え、N95って何?

 

これは!

 

コンストラクションワーカーがよくしている、

 

しかも同時多発テロが起こった後、

ストリートで配られた、

あのマスクではないか!

 




 

「明日から、これをして出勤してね!」

 

「えっ、こんなゴッツイマスクしてたら目立つし、

まだ誰も地下鉄でマスクしてる人なんていないよ!」

 

「こんなにコロナウィルスが蔓延してて、

ついに、ニューヨーク州のナッソーカウンティにも感染者が出たんだよ!

 

(注意、NYSでの感染者は、実際は定かではありません。)

 

着実にアメリカでも蔓延しつつあるんだ!

 

こんな時だから、誰もマスクをとがめやしないさ!

 

自分の身は自分で守る!」

 

そうですけれど、

 

ジョンさんは車で出勤だからいいけど、

アタシは公共交通機関を利用してるので、

 

アメリカのマスク文化は、

アジアのものとは違うわけで、

 

そんなマスクしてたら、

伝染病にでも罹ったのかと誤解される。

 

今やコロナウィルスの蔓延で、

そこまで白い目では見られないだろうが、

 

予防の観点でマスクを着用する習慣が定着していないのだ。

 

まだ地下鉄では、ほとんどの人がマスクをしていない状況で、

 

 

ちょっとそのマスクは・・・。😓

 

 

どうよ?

 




 

「パブリックトランスポテーション使ってるからこそ、マスクしてっ!」

 

「でも、それはちょっと大袈裟じゃないか?

マジで、地下鉄誰もマスクなんかしてないよ。」

 

「チャイナタウンや、フラッシング(クイーンズのチャイナタウン)では、ほとんどの人が着用してるよ!」

 

それはチャイナタウンだから、アジアのマスクの習慣があるからいいけど、

 

「そんなにしたくないなら強制はしないけど、

N95が買えなかった同僚もいるから、

ベイビーが使わないなら、必要な人にあげようと思う。」

 

えっ、そんな事言われたら、

見捨てられた感で、

なんだか不安じゃないの!

 

 




 

つうか、ウチなんでこんなゴッツイマスクまであるの?

 

 

なんか、コレ・・・

 

 

違う惑星に出勤しそうだよ。😅

 

翌朝、ついに、N95をして出勤しなくてはならないのか?

 

「ベイビー、ごめんよ。

N95は、感染をStopさせるもので、

感染のPrevention(予防)用じゃないみたい。

だからさ、まだN95していかなくても大丈夫そうだ。

とりあえず、手洗いとうがいだけは、しっかりと!」

 

まだN95での出勤はしなくてもすみましたが、

 

 

一応、マフラーで(鼻出てて完璧じゃないですが)口は覆ってみました。

 

(こちらラッシュアワーではありません。)

 




 

朝起きたら、日本の高校時代の友達のグループチャットに30件ほどメッセージが入ってて、

 

「みんなの子供の学校はいつから休み?」

 

「ウチは明日からよ。」

 

「急すぎて困るよね〜。」

 

「今、トイレットペーパーとティッシュ買い込んでて、メッセージ気づくの遅くてごめん!」

 

「期末テストも中止かしら?」

 

「ウチは期末テストも昨日終わったよ。」

 

「卒業式も中止だったら可愛そう。」

 

そんなメッセージのやり取りがあった。

 




 

政治の影響が、実際の身近な国民に影響が出ていること、

 

高校時代の友達が、すっかりお母さんになっていたこと、

 

あぁ、アタシは、国とライフスタイルが全く違う世界に生きているのだなと、実感した。

 




 

コロナウィルスが収束するくらいには、

アタシの心も体も、妊活ジャーニーも、

変化を見せるかな。

 

 




 

本日のNYこりんごラジオ、過去放送ピックアップは、

最新放送、遂に、あのNYの起業家、

A-Group代表取締役社長の中川扶二夫さんの後半インタビューが、Youtube でも聴けるようになりました!

 

 

アメリカで夢を叶えたい人、必見よ!

 

 

 

 

    

 

 

-世界のニュース

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.