NYこりんご歯科医院

歯医者で治療した後に歯が痛くなる?!(どうしたらいいの?)

投稿日:2021-08-06 10:36 更新日:

 

 

この世には、摩訶不思議なことって存在する。

 

自分の専門分野でも、

どうにも出来ないことにぶつかると、

もう祈ることしか出来ない。

 




 

さて、久々の、こりんご歯科医院オープン。

 

 

歯の治療をした後で、

歯が痛くなることありませんか?

 

特に痛みのなかった歯だったのに、

 

「虫歯ありますね、治しましょう。」

 

って歯医者に言われて、

 

虫歯治療したら、

治療後に余計に痛む!

 

だったら治療しなけりゃよかった!

 

とクレームをつける患者さんいます。

 

これ歯科では、結構あるあるなのよ。

 




 

原因は、

 

 

寝た子を起こしたから。w

 

 

何それ?

 

ほら、やっと眠りかけた子供を、

うっかり起こしちゃうと、

ギャン泣きするでしょ?

 




 

まぁ、本当は、いろんなケースがあるんだけれど、

 

例えば、詰め物の高さが合ってないとか、

金属やレジンは熱を通しやすいのでしみるとか、

 

これらは、高さの調整したり、

しばらく様子見てもらうとかするんだけれど、

 

実は、治療には、リスクもあること知っていただきたい。

 




 

例えば、虫歯を削ってレジン充填(白い詰め物)した後、

虫歯の大きさ、削った量にもよるけど、

結構、神経まで近かったりすると、

削った時の振動や熱が伝導して神経を過敏にしたりするのよ。

 

あの歯医者さんが使ってるキュイーンって削る奴、

タービンって言うんだけれど、

分速30万〜50万回転と言う高速で回ってて、

それで削るから、摩擦熱が出てくるわけね。

 

そんな摩擦熱を抑えるために、

タービンヘッドから冷却のための水が出てるのよ。

(それをアタシらアシスタントがゴーゴー吸ってあげるわけね。)

 

でも1分間に50万回転もしてるタービンで削られるわけですから、

冷却してても、振動や熱が完全に防げるわけではない。

 




 

本当に1mmの世界なんで、

削りながら、神経にうっかり到達しちゃうと、

もうそこから細菌が入って、神経が細菌感染

要神経治療なんて最悪なパターンもあるし、

 

神経まで運良く行かなくても、

治療の熱や振動で神経は過敏にさらされ、

場合によってはそのストレスで死んじゃう場合もなくはない。

 

これはね、本当に腕のいい歯医者に詰め物してもらわないと、

ウッカリ神経まで削りすぎちゃって、

神経治療になってしまうケースもマジなきにしもあらず、

 

でも歯科医師に、その医師の腕を棚に上げ、

虫歯が深かったので、

と言われれば、そう納得するしかない。

 




 

だから、アタシ、今1本虫歯あるんだけれど、

それが怖くて治してないのよ。( ̄∀ ̄)

 

(レントゲンに、こんなに大きく写ってるので、実際はもっと大きい虫歯なはず!)

 




 

痛みはまだ出てないし、

フッ素入り歯磨き粉やデンタルフロスで、

徹底管理してるけど、

 

放って置いたら悪化するだけだから、

皆さん、虫歯は、ちゃんと治しましょうね。

 

アタシは、その虫歯の大きさをレントゲンで定期的にチェックして、

まだ症状も出ていないので保留してます。

 

だってやると決断したら、

神経治療になるかもしれないリスクも覚悟しなくちゃだから。

 

その覚悟まだ出来てない。

 




 

ここで神経治療になったり、

治療の削った振動や熱で、痛みが出ると、

 

業界人だったら、その痛みの原因やメカニズムを知ってるので、対処のしようもあるが、

 

一般人だったら、治したのに納得いかない!

ってガタガタ騒ぎたいよね。( ̄∀ ̄)

 

では、皆様に細やかながら、

ワタクシの経験をこれまでの知識を元にシェアしていくわ!

 




 

去年の暮れ、右上の一番奥の歯の詰め物がかけた!

 

あのねアンカーの一番奥の歯って、

結構、力かかるので、

かけたりするリスク大きいよ。

こちら、3年前に奥歯かけた記事。

 

 

この時も、見事に、右下アンカーの歯がかけたね。

 

 




 

元々、白いレジン充填されてた歯だったんだけど、

やっぱ奥歯はプラスティックの詰め物じゃ耐久性弱い。

(この時は、自分の歯がかけちゃったけど)

 

今や、白いメタルと呼ばれるジルコニアを入れるチョイスもあるけれど、

 

アタシはやっぱり、

 

ジャジャン!

 

 

ゴールド入れたわけね。

 

貴方、今をときめくオリンピックだって、

ゴールドメダルが一番でしょ?

 

ゴールドがいい理由は、

上記のリブログを読んでね。

 




 

ということで、今回の上の奥歯も、

もちろんゴールド入れました!

 

すまん、上のゴールドの写真はないんだけど、

 

こんな感じで削って型をとて、

ゴールドオンレー入れました。

 

 




 

これを削った時、

隣の歯も、昔、レジン充填したんだけれど、

 

なんと、キッチリ詰められてなかったみたいで、

見てよ、

歯に穴が開いてる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

これは虫歯じゃないけれど、

キチンと詰め直した方がいいと言われていたのだが、

 

確かこの歯は、結構、深い虫歯で、

神経まで虫歯が到達するのを覚悟で削って詰めた歯なんだけれど、

奇跡的に、神経は無事保護された歯なんだよね。

 

それを、また寝た子を起こすようなことしたくないじゃん?

 

虫歯じゃなくて、ただの詰め損ないならば、

管理さえ上手くいけば虫歯にならんだろうと、

 

(穴になっているので、管理は難易度高いですよ!)

 




 

で一件落着かと思ったのだが、

 

右下ゴールドオンレーを入れた後、問題発生!

 

 

硬いものが噛めないっ!!!!

 

 

ある一定のアングルで硬い物を噛むと、

痛みが走る。

 

これ一般の人だったら、

新しい詰め物をして直したのに、

 

噛めないってどう言うことっ?!💢

 

ってイラっとするよね。

 




 

でも、アタシ、この業界長いからさ、

アナライズするわけよ。

 

噛み合わせの高さがあってないなら、

常に噛む時違和感でるはずなんだけど、

 

硬いものを一定のアングルで噛んだ時だけ痛むのよ。

つまり、噛み合わせの問題ではなさそうで、

 

痛みの感じからして、

神経の問題ではなさそうだが、

 

どこか一スポットが神経に触れるような痛みで、

まるで地雷を抱えてるみたいなのよ。

 

(まさにその地雷を踏まなければ痛まないわけで)

 

でも、いつその地雷を踏むかわからないから、

右で食事が出来ないっ!

 

めっちゃフラストレーションだっ!

 

しかし迂闊に痛いと歯医者に相談したら、

 

高さ調整して、ダメなら神経治療を勧められたりするだろう。

(神経の取っちゃえば、痛みのなくなるからね。)

 




 

一般の人は、痛いなら神経抜いた方がラクかも?

って思いがちだけれど、

 

神経は痛みや感覚のセンサーで、

それなくなったら、歯としては、鈍ってくるし、

神経を通して水分や栄養分を歯に送り届けてるので、

その供給が無くなれば、

歯はドライになってモロくなりやすいし、

色もグレーに変わってくるよ。

 

神経や歯は、むやみに抜くのお勧めしません!

 




 

一応、治療してくれた、ウチのボス(歯科医師)に聞いてみたら、

 

「俺も、そう言う歯あるよ。」

 

と言われた。

 

つまり我慢しろってことですね。( ̄∀ ̄)

 




 

で、結局、その歯どうしたの?

 

えぇ、

 

経過観察中です!( ̄∀ ̄)

 

時が解決してくれる!

 

そう思いたい・・・。

 




 

しかし、もう地雷を抱えたまま半年が過ぎ、

 

今だに、ガッツリ右で噛めない状況は変わらず、

だからと言って、左だけで噛んでたら、

左に負担をかけちゃうわけで、

アンバランスだよね。

 

もういい加減、半年もしてこの地雷が消えないとなると、

何か手を打たんと、

 

このまま、地雷を抱えながら生きていくのは、

食事が楽しめない、これは人生で結構大きな失点ですよ。

 

ただ治したはずの歯が痛いって、

歯医者に相談しても、

出来ることは限られてて、

 

入れたゴールドオンレーを剥ぎ取って、

再治療したところで、

どう転がるかはわからない。

まして最悪、神経治療なんてゴメンですよ!

 




 

今回ばかりは、さすがのアタシも、

原因を突き止められず、

いつもは、みんなの歯の相談に乗る方だが、

 

誰かデンタルプロフェッショナルにアドバイスいただきたいよ。

 




 

そして、思いついた!

 

そうだ、隣の歯に、詰め損ないの穴が開いていた、

あれを治したら、もしかしたら、

何かの接触や角度の変化で、

この噛む時の痛みが軽減しるかもしれない!

 

この歯も寝た子を起こしたくなかったので、

虫歯じゃないから放置していたけれど、

 

出来れば治した方がいい歯だし、

これで、いい転換で痛みが収まってくれたら!

 

それもこれもやってみなくちゃ分からないことなので、

 

どうせ何もしなくても痛いのならば、

何かして変化することを期待しよう!

 

と、先週、遂に、隣の歯の詰め直しをしましたよ!

 




 

そして無事に、その歯のレジン充填(詰め物)を終了。

 

「すっごい深くて、神経ギリギリだったから、

しばらく様子見てね。」

 

 

えっ?!(゚Д゚;)

 

 

「あれ、ただの穴を埋め直すためなのに、

なんで神経に近かったんですか?」

 

神経に近いって知ってたらやらなかったのに!

 

「穴から少し亀裂が入ってたから、

それをトラックして削ったから、

神経に近くなったんだ。」

 

とか言ってたんだけど、

 

そんな危ない橋渡るんだったらやらなきゃよかったと、

マジ後悔!

 




 

削った刺激で神経にダメージが行きはしないかとハラハラだった。

こう言う時は、なまじ変な知識ない方が気楽に過ごせる。

 

神経ギリギリまで削っても、

もちろん、そこにダイレクトに詰めるわけではなくて、

まず、神経を保護するお薬を入れてから、レジン充填してますので、

ほとんどのケースで、神経ダメになったと言って来た人はいないのも知ってるんだけれど、

 

大抵、もうマジで神経ギリギリの時は、

即、神経治療勧められるから。

 

とりあえず、ドクターは、念のために、

 

「かなり虫歯が深かったので、

痛みが出たら神経治療になります。」

 

と、最悪なケースも伝えておくものである。

 




 

で、レジン充填した後は、

プラスティックは熱を通しやすいので、

 

「詰めた後、2~3日はしみることありますけれど、

それは通常の事なので、心配しないでください。

そのしみるのが、日に日に強くなるようでしたら、連絡してください。」

 

って、患者さんに補足している立場なのに、

 

詰めた翌日、違和感があって、

3日目くらいから、メッチャしみ始めたのよっ!

 




 

 

ギャ~!

 

 

これは、神経にダメージ食らったに違いないっ!

あぁ、神経治療だわっ!

 

変な知識に振り回されて、

素人さん以上に、ギャーギャー騒ぎ始めてしまいましたよ。w

 




 

「白い詰め物は熱を通しやすいので、

数日間は、しみたりしますが、

痛いがひどくならない限り様子を見てくださいね~、」

 

とかアドバイスする立場の自分よ。

落ち着けよ・・・。

 




 

フッ素塗布をいつも以上に多めに塗って、

もう、神経治療になった最悪のケースを考えて、

神経治療のドクターと治療費とか計算までし始めたよね。

 

だってさ~、冷たい水がメッチャしみて、

そのしみた鈍い痛みが数十分くらい続いているのよ。

 

これって、神経ダメージの兆候だったりするのよ。

 

歯って、しみても、一瞬だったら普通の事なんだけれど、

鈍い痛みがしばらく続くのは、よくない合図。

 




 

歯の痛みは、まず水にしみて、

神経が感染すると、お湯がしみてくる。

 

打診痛や、ジャンプしたりすると振動で痛かったり、

指で押したり叩いたりしていたいと、炎症を起こしてる証拠ね。

膿がこもってるから、圧迫されると痛いわけよ。

 




 

まだ、お湯にしみない、打診痛もない、

でも、冷たいものに染みて鈍い痛みが続く、

嫌だ~~~!!!

 

治療をしてくれたウチのボス(歯科医師)を恨めしく思ったりもしたよ。

 

妊活で忙しいのに、歯の治療が厄介になるなんて、

踏んだり蹴ったりだわっ!

 




 

そして、3日後。

 

あはは、あのしみる痛みは、完全に軽減!

 

だから、2~3日様子見ろって知ってたじゃん!

 

アタシの同僚の歯科衛生士は、

虫歯治療でかなり神経ギリギリまで削ったが、

どうしても、クラウンとか入れたくなかったので、

レジン充填をしたらしいんだけれど、

1年くらいしみてたって言ってたよ。

 

と言うことで、虫歯をレジン充填で、治療後にしみるという方、

レジンは熱を通しやすいから、治療後しみるのは、本当でした。www

 




 

治療後、しみるから、直ぐに神経治療してしまうんじゃなくて、

歯医者にクレームする前に、

2~3日とは言わず、もう少し長めに様子をみてもOK!

 

自分の治癒力を信じよう!

 




 

でも、まだ、あのゴールドオンレーは、角度によって噛めません。

この痛みの原因や対策を知っている人は、ぜひお知らせください!

 

これ以外の歯科問題やお悩みでしたら、大抵お答えできます。

 

NYこりんご歯科医院では、

歯のお悩み相談やってます。

  • アメリカでの歯の治療の悩み
  • アメリカので歯の保険の仕組み
  • 治療内容相談
  • その他コンサルテーション

歯科業界日米通算27年の経歴のワタクシが、

歯のお悩み受け付けます。

お悩み1件に付き$40でございます。

 

お問い合わせはコチラ。

dentalhelpny@gmail.com

(お支払いは、PayPalか、Zelleにて)

 

すみません、今まで無料相談に乗っていたのですが、

無料となると、相談者が殺到してお悩みにも真剣に向かい合えなくなってしまったので、

相談は、有料に変えさせていただきまし。

 

有料相談
お金と能力の回し方。(自己肯定感と自己自信を上げる!)

    ずっと誰かの役に立ちたいと思ってたんですよ。   誰に何をどうしたら役に立てるのかって、 迷いに迷ったこともある。   自分がしたことで、誰かが喜んでく ...

続きを見る

 




 

それでは、本日の動画は、ちょっと前の動画になりますが、

虫歯予防の鍵は、デンタルフロスですよっ!

 

では、デンタルフロスの裏技ビデオ再投稿しておきます!

 

 

そして、なんと遂にYouTubeのサブスクライバーが

760人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと240人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

    

 

 

-NYこりんご歯科医院

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.