あぁ、Japan! こりんごムーブメント

各国のコロナ水際対策と、アンチコメントから他人への思いやりを考える。

投稿日:2021-12-16 08:38 更新日:

 

 

今、コロナでなかなか旅行しずらい時期ではありますが、

 

自分の誕生日にプエルトリコに行って来ました!

 

 




 

プエルトリコを選んだのは、

もちろんNYからは国内旅行としてるカリブ海の島だからです。

 

地図で見ても、

 

 

隣のキューバやドミニカ共和国の方が

アメリカに近いですが、

 

どちらも海外旅行になっちゃうけど、

プエルトリコはアメリカの管轄領土なので、

国内旅行になるのよ。

 




 

だから、カリブ海の他の島に行ったら、

アメリカに帰って来る時、

24時間以内のコロナ検査が必須になって来ちゃうんだけど、

 

プエルトリコだったら、

国内旅行で、もちろんパスポートもいらないし、

コロナ検査も必要なし!

 

これでカリブ海を楽しめちゃうのよ!

 

 




 

そうそう、正月に日本に帰るけれど、

これは、帰省ですが、列記とした海外旅行なので、

やっぱりアメリカに戻って来る時は、

24時間以内のコロナ検査が必須!

 

もちろん日本入国する時は、

ワクチン接種の有無に関わらず、

コロナ陰性証明や隔離が必要なんだけれど、

 

あ、これに関して、

ある読者様からキツイコメント頂きました。

(しかもアタシの誕生日に😓)

 




 

今は、コロナで、旅行や帰省するのに、

いろんな規制がかかってるよね。

 

それで、アタシの正月帰国も、

14日の自宅隔離を承知で帰国を決めたんだケド、

 

オミクロン株出現によって、

3日間の強制隔離が決定して、ガッカリしてたよね。

 

しかも同じ機内にオミクロン陽性者がいたら、

濃厚接触で14日間の強制隔離になるというようなことまで、

 

規制が強化されるたびに、

ギャーギャー言ってたわけですがw

 

もう海外在住者にとっては、

毎日変わる水際対策にピリピリ、ハラハラしてるわけよ。

 




 

日に日に追加されてゆく、オミクロン隔離指定地域。

 

 

外務省からのメール開くたびにため息でちゃう。

 

あぁ、遂に、テキサスも、アリゾナも追加されて、

 

オミクロン感染者が出ているけれど、

まだ追加されていないお隣のニュージャージーや、

フロリダの人も、いつ追加されるかハラハラだよね。

 

NYに住む日本人のコロナ関連のFacebookグループでも、

毎日、情報交換が頻繁にされてるわけね。

 

こう言うハラハラは、日本に住んでいる人には理解出来ないだろうな。

 




 

そんな中で、アタシの帰国も刻一刻と迫る中、

規制が、本当に変わっていくので、

入国出来るのか、家族に会えるのか?

そんな不安を抱えながらの日々なわけよ。

 

そんな状況を、自分のブログにも綴ってたわけですが、

 

それを読んだ、ある読者様からこんなコメントを頂いた。

 

「大騒ぎし過ぎ

隔離に関して大騒ぎでお正月がー!

と文句言われてますが、

この時期に帰国する事で、

日本ではお正月無しに、

感染のリスクを背負いながら隔離対応で働く人が居るのも事実です

仕事だから仕方ないですか?

何日も使って大騒ぎで文句書いてるのを違和感を覚えながら見てました。

最前線で水際対策で対応してる人、

その家族も居るという事、少しは考えて欲しいです。」

 




 

 

えっ?!?!

 

 

自分や自分の家族のことを考える前に、

マジで日本の空港でお正月返上で働く人のことを真っ先に考えなくちゃいけないの?

 

アタシは、日本国民のために働く政治家か外交官か?

はたまたスーパーヒーローでいなくちゃいけないの?

 

そうしなかったら自分勝手と呼ばれなきゃいけないの?

 

このコメントを誕生日にもらって、ショックだったわ。

 




 

アタシが、特定の人の悪口を言っているならば、

批判されるに値するですけれど、

 

自分のボヤキを自分のブログで綴って、

それを勝手に読みつづてけいる読者様から、

 

正直、なんでこんなこと言われなきゃならんのだ!

と思ったんですけれど、

 

この方は、jibunkatte@というメアドだったので、

これは、どう考えても、アタシへコメントするために、

メアドまで新しく取得してコメント下さってるってことで、

そこまでして、どうしても、

そのコメントをアタシに伝えたかったってわけじゃん?

 

違和感を感じながらも、

何日もアタシのブログを読み続けるって、

 

これは、人間の怖いもの見たさとかなのか?

イヤよイヤよも好きのうちなのか?

 

アタシの日本帰国の不安に、違和感を感じるとは?

 

もしかして、この方自身が、

お正月返上で水際対策のために働かなくてはならないのか、

その方の家族がその状態なのかって、

 




 

本当に、人間の感情や受け取り方って、

千差万別で、その人の立たされている状況や、

感受性の違いで、こうも真逆の反応が生まれるんだなと、

 

なんか考え深かったよね。

 




 

今回の帰国に関しての記事で、

ほぼ共感をしてくれたのは、海外在住者の皆さん、

もしくは海外に家族のいる皆さんだった。

 

日本に住んでいる人には、

水際対策の厳しさが、

それほど現実味にはないと思うので、

お気の毒にと思われることはあったが、

 

それが違和感で、水際対策の最前線で働く人の気持ちを考えろ!

と言われるとは思ってもいなかった。

 




 

折下、コロナピーク時に、

みんながロックダウンで自宅待機している間も、

誰も乗らない地下鉄に乗って、

急患のために出勤していた、

かつてエッシェンシャルワーカーと言われていたアタシが、

日本の空港で働くエッセンシャルワーカーを蔑ろにしている!

と言うようなコメントにショックを受けたんだよね。

 




 

思いやりって難しいね。

 

実際に、その現場で、どのくらい大変な思いをしているかなんて、

その状況にならなければ分からないもんで、

 

だから異国で暮らす人が母国に帰国する大変さも、

その状況にいなきゃわからないし、

 

空港で水際対策に携わっている人がどのくらい大変かも、

その状況にいなきゃ本当に分からない。

 

そういう状況下で、何をどう思いやるのか?

そんなにアタシは完璧なヒーローではない。

 

自分の幸せを差し置いて、

まだお世話になっていない日本の空港で水際対策に携わっている人の苦労も知らないで、

どう思いやればいいのか?

 




 

何かを発信、発言すれば、

自分の価値観や状況と違う状況にいる人にとっては、

180度ひっくり返って受け取られることがある。

 

だから、政治家は、国民の不満を直に受けやすいかもしてないよね。

 

国を良くするって言って、良くならなければ、

その努力と関係なしに叩かれるだけだから。

 

まぁ、アタシなんて、政治家でもスーパーヒーローでもないので、

批判される次元が低いけどさ、

 

ガラスのハートだから、

やっぱりこう言う批判は傷つくね。

(しかも、よりによって誕生日に😓)

 




 

あ、かなり話し逸れたけど、

 

プエルトリコにバースデー旅行に行って、

プエルトリコの空港でも水際対策しっかりされてたんです。

 

 

完全防御服を着た係員がいまして、

 

やっぱりプエルトリコも島国ですからね。

ハワイ同様、入国(島)の際にはQRコードが必要なんです。

 




 

アメリカでは、クリスマスが正月と同じくらい大事で、

 

きっとここでも、

クリスマスバケーションに本土から遊びに来る人の対応を、

そのクリスマスの日に働いている人だっているわけで、

 

日本だけじゃない!

 

そう言った特別な日に働いている人もいるわけだ。

 

でもね、それは強制なわけじゃなくて、

それが嫌な人は転職したり、シフトを変えたり、

そう言うことも出来るわけで。

 

大人の事情で、それも出来ない人もいるだろうけど、

だからと言って、

 

バケーションを楽しむ人に向けて、

そんなところまで干渉して思いやらなければならない!

と指摘非難される事の方が違和感に感じてならない。

 

思いやりってものは、

誰かに言われてやるもんじゃないから。

 

アタシのブログを違和感を感じながらも読み続け、

あのコメントを下さった方にも、

何か、アタシの思いが伝わるといいな。

 




 

明日からは、もっと楽しいお話し、

プエルトリコ紀行のお土産ブログ書いていきますので、

お付き合いあれ〜!

本当に楽しかったのよ〜!🇵🇷

 

では、本日の動画は、

プエルトリコの水際対策と、

ワタクシのバースデーランチの模様をお届け!

 

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

 

    

 

 

-あぁ、Japan!, こりんごムーブメント

Copyright© NYこりんご , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.