とんでもアメリカ生活

遂にハネムーンか?(コロナ禍の米国内旅行規制緩和とNYマスク緩和。)

投稿日:2021-05-21 06:38 更新日:

 

 

また元の世界に戻る・・・

と言うよりは、

 

新しい世界に順応していく。

 




 

世界がコロナに襲われた2020年。

 

いろんな規制に縛られて、

人々は疲れ果てたとか言ってるんだけれど、

 

命守るためだからさ。

 




 

先週の13日、CDC(米国疾病対策センター)は、

コロナワクチン完了者は、

特定の場所以外では、

マスク不要と発表しました。

 

それを受けて、昨日からNY州でも、

マスク不要が始まりました。

 

 

マジ、みんなマスク外してた!

 




 

アタシも、既にワクチン接種済みなんですが、

 

 

ちょっとしばらくはマスク外さない。

 

だって、絶対にワクチン打ってない人も、マスク外すでしょ?

 

って言うか、誰がワクチン接種済みかなんてわからないし、

 

特にNYですから、

人を見たらドロボーと思え根性が培われてしまい、

自分の身は自分で守れ!

 

うかつに他人を信じない人になりました。w

 




 

さて、そんな用心深いワタクシではありますが、

 

 

遂にNY州を脱出!!!

 

(夜逃げではありません。)

 




 

コロナ禍で、NY州から一歩も出ていなかったワタクシ、

 

コロナピーク時は、NYCから出て行ってしまった人が多かった中でも、

 

誰も乗らない地下鉄を乗ってマンハッタンに通勤していたアタシですから。

 

用心深いのに、生きていくためには働かなくてはならなかった。

 

一応エッセンシャルワーカー!( ̄(工) ̄)

 




 

コロナのピークも収まり、

人々が、旅行なんかに出かけはじめていても、

 

あれだけ旅行好きだったのに、

 

1年以上、NY州内に缶詰で、

飛行機にも乗れず・・・

 

と言うのも、用心深いワタクシに、

さらに輪をかけて、

ウチのジョンさんが、最強の用心深い男でして、

 

「パンデミックが終わらない限り、

飛行機には乗らないっ!」

 

とか言ってたんです。

 

つうか、パンデミックは終わらねぇ~から!

 




 

コロナウイルスとは、

これからも共存して生きていくんだと思いますよ。

 

エイズがこの世から撲滅してないのと同様で、

インフルエンザが毎年、手を変え品を変えやって来るのとも一緒で、

 

つまり、ジョンさんのロジックから言ったら、

 

一生、飛行機に乗れねぇ~じゃねぇか!

 




 

ジョンさんは、州内旅行ですら、

 

何かあったら直ぐにキャンセル出来るよう、

全て、返金可能なホテルやプランしか受け入れないと言っていた。

 

アウトサイドダイニングでの食事ですらNGだった男です。

 




 

しかし、長引くコロナ禍で、

遂に先月4月2日に、CDCが、コロナワクチン接種者への恩恵で、

 

ワクチンを打っていれば、アメリカ国内旅行は、

コロナテストも隔離も不要と発表したのだ!

 

ほら、ちょっと旅行に行くのに、

行きも帰りもコロナテストして、

隔離しなくちゃって、有給たりねぇ~からっ!

 

ってことで、旅行なんか手軽に行けなかったんですよ。

 

それがですね、

テストも隔離も必要なして、国内旅行OKになったわけで、

 

これは大きな前進じゃないですか?

 




 

そして、

 

「そろそろ旅行でも行こっか?」

 

あの、用心深いジョンさんがそう漏らしたので、

これは、奴の気が変わらぬうちに、

プランを立てねばっ!

 

「どこ行く、どこ行く?!」

 

「ただし国内旅行ね。

海外はまだ駄目だよ。」

 

1年以上も、飛行機に乗って他州や他国に旅行に行ってなかったので、

その反動が返って来て、

どこに行けばいいか決まらないっw

 




 

前にも言ったが、ジョンさんは、

一度行って気に入った場所に、

何度も行きたがるが安全家で、

 

アタシは、まだ行ったことのないところに行きたがる、

冒険家なのである。

 

あれこれと迷っていたら、

 




 

「アラスカなんてどう?」

 

 

アラスカっ?!?!

 

 

 

ワタクシの乏しいアラスカのイメージ・・・。w

 

えぇやんっ!

 

アラスカっ!

アラスカにしよっ!

 




 

と言うことで、目的地が決まり、

上記のアラスカイメージからも分かる通り、

アラスカの事、何も知らないワタクシで、

 

アラスカリサーチが始まったわけですよ。

 

4月の時点で、8月のアラスカのエアチケットを調べたら、

 

なんと、399ドル!

 

激安やんっ!

 

なんか、アラスカって、

冬のイメージなんですが、

 

なんと、観光シーズンは、

夏なんですってよっ!!!

 




 

でさ、アラスカリサーチしてたら、

 

今月に入って、エアチケットが、

じわりじわりと上がり始めて来て、

 

一気に、480ドルくらいに跳ね上がった。

 

ヤバイ、先にエアチケットを抑えておかねばか?

 

いや、しかし、デカいアラスカ、

どこに観光に行くかによって、

フライトも変わってくるから、

 

とりあえず、アラスカの大まかな観光と滞在プランを立ててからでないと、

飛行機の予約が出来ない!

 




 

そうこうしていると、

 

夏がシーズンのアラスカ、

観光地のホテルが、

 

超強気の値段設定!ヽ( ̄д ̄;)ノ

 

 

うかうかしていたら、ホテルが先に埋まってしまう!

 

そんなんで、アタシは、仕事と、ラジオと、妊活と、

超忙しいところに、アラスカが加わって、

 

もう、また右手の湿疹が発症した。

(ストレスたまると右手の指だけ湿疹が出る女です。)

 




 

大体の旅行ルートが決まって、

さぁ、飛行機の予約を!

 

と言う時に・・・

 

旅行のプランは全部アタシに丸投げのジョンさんが、

 

満員の飛行機には乗りたくない、

直行便がいい、

席は二人掛けがいい、

返金できるチケットにして、

もしもの為に、激安チケットサイトは使わないで、航空会社から直接購入して、

あと機内では絶対にマスク外さない!

 

とか、言って来たわけですよ、

 




 

観光シーズンピーク時のアラスカで、

既に5月で席が埋まり始めてきているのに、

 

舐めてんのかお主!

 

お前のリクエストはすべて却下じゃっ!

 

アンタだけマスク、フライト8時間つけっぱなし結構!

アタシは、ドリンクとミールサービスは、ちゃんと頂く!

何なら、お前の分も食ってやるっ!

 

こんな感じですよ。w

 




 

「友達がさ、ワクチン打ったから、

フロリダから、ミネソタに帰省したら、

速攻インフルエンザに罹ったって言ってた。

 

やっぱり、機内は感染率高い!

 

俺は、アラスカに着いて体調不良だったら、

一切の観光プランに参加出来ないけど、

ガッカリしないでね。」

 

 

何で行く前から、

そんなにネガティブなんやっ!

 

病は気からやっ!

 

そんなんだったら、絶対に、

アラスカで病気になるわっ!

 

もう行かんでえぇよ、お前はっ!

 




 

しかし、ワタクシも、ジョンさんのワイフになりまして、

ジョンさんの操縦方法も知っているから、

ジョンに、思ったことを、そのままぶつけると、パニ来るので、

 

しかも、ジョンが行ってくれなかったら、

他に、一緒に旅行に行ってくれる人もいないので・・・。

 

やんわりと、

 

「そんなに、心配だったら、もう行くのやめる?

まじ、病は気からだから、そんなこと思ってたら、

本当にアラスカで病気になっちゃうよ。」

 

さすが、ワイフです。

 

(でも、ちょっと強めに言ったので、

ちょっとジョンが無言になっちゃった。)

 




 

現在、どこの航空会社のチケットも、返金不可が多いです。

なので、一番安いチケットじゃなくて、

返金できなくても、チケット変更できるものにアップグレードしました。

 

しかも、もう、500ドルくらいまで跳ね上がったチケットですが、

 

ジョンが、チケットは航空会社から直接買えと言っていたのに、

ついに、激安チケットサイトも覗きまして、

 

Expedia は、ちょっと使い勝手が悪かったが、

Kayak は、かなり良かった!

 

なんと、激安プライスを教えてくれるのだが、

購入は、直接、航空会社で買うようにと誘導される。

 




 

アタシは、デルタとアメリカン航空で、マイレージがあるので、

そこで調べていたのだが、どちらも、もう500ドル超えてて、

 

ところが、Kayak で調べたところ、

 

行きはデルタ、帰りはアメリカンと言うチケットがあった。

 

一般常識では、片道チケットは割高で販売されてると思いがちだが、

 

このケースは、本当に往復で買うより安くなるという、

まさかの抜け道があった!

 

なんと、希望のフライトで、400ドル!

 

 

来たぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~!

 




 

もう、本当に、飛行機のチケットを購入するの久々過ぎて、

まじ、1年ぶりだったから、ちょっと慌てふためいた。w

 

 

わがままジョンが、直行便がいいと言っていたのに、

コロナ禍で、8時間も密室にいられない!

と矛盾したことまで言い出して、

ストレッチや息抜きが必要だ!

 

とかも言っていたので、

 

だったらファーストクラスにアップグレード出来る

経済的余裕を見せてくださいよ!w

 




 

でも、そんなリクエストも答えちゃうワイフ!

 

行きは、直行便で、座席は2人掛けシートです。

帰りは、シカゴで乗り継ぎ、息抜きして下さい。

3人シートですが、私がミドルシートに座りましょう!

 

良く出来た嫁だわ~。

 




 

と言うことで、今年の夏、

 

アラスカが呼んでるぜっ!

 

あっ、多分、これ、

今年コロナ禍でオンライン結婚したウチラの、

 

NYオンライン結婚
NYオンライン結婚式(コロナ禍でどうやってセレモニーを開くのか?)

        NYは、異常気象か? って言うくらい気温が上がった3月の中旬。     摂氏で言うと21度ですぜ!   まだ、場所 ...

続きを見る

 

ハネムーンになります。

 

本当は、新婚旅行は、イタリアか、ブラジルに行きたかった・・・

 

でも、今の時期、ヨーロッパはちょっと厳しすぎるし、

まして、ブラジルなんて、もっとダメでしょ?

 

まぁ、国内ハネムーンでもいいよね。

 

母親の世代は、ハネムーンと言えば熱海だったから、

国際結婚したアタシのコロナ結婚は、

国内旅行のアラスカで十分っ!

 




 

日本在住の方で、コロナ禍に結婚された方、

コロナで新婚旅行になかなか行けない人は、

 

ニューヨークに新婚旅行で、ワクチン打ちに来るといいよ!

 

NYワクチンツアーなんてのがマジで出てますから!

旅好きの方も、チェックしてみてね。

 

詳細はこちら、あっとニューヨーク

 




 

あれ、でも、こりんごさん妊活中じゃ?

 

そんな旅行計画しちゃったら、

採卵サイクルに影響が出るんじゃ?

 

でも、可能性の低い体外受精に、

全てを投げ出せないよ。

 

ハネムーンベイビーを狙ってきます。w

(高齢、自然妊娠不可能と言うのも、病は気からだから。)

 




 

あ、アラスカにお住まいの日本人の方!

 

NYこりんごラジオに出演してみませんか?

 

自薦、他薦、問いません!

 

我こそは、アラスカの素晴らしさを語りたいと言う方!

もしくは、面白い経歴でアラスカに辿り着いた方!

 

ぜひインタビューさせて下さい!

 

ご連絡は、nykoringoradio@gmail.com まで!

 




 

では、本日の動画は、

オンラインウエディング後に行ったNY州内旅行、

みんなにハネムーンかと言われたが、

あくまで、あれは、ジョンさんの誕生日旅行です!

 

 

遂にYouTubeのサブスクライバーが

690人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと310人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

(ウザい?)

 




 

    

 

 

-とんでもアメリカ生活,

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.