こりんごムーブメント とんでもアメリカ生活

異文化コミュニケーション(食文化の違い)

投稿日:

 

 

発想の違いに驚く。

 

あぁ、異文化コミニュケーション。

 




 

和食作り置き配達サービスのMy Happy Tummy Clubを利用し始めて、

早いもので3週間目に突入です。

 

今週のメニューは、コチラ!

 

 

魚の味噌煮は、サバの味噌煮かなって予想していたら。

 

「とってもいいメカジキが入りまして、

ちょっと魚の量は少なめですが・・・。」

 

と配達に来てくださったオーナーの真理香さんが言う。

 

「メカジキだなんて、グレードアップな魚!

絶対、家じゃ料理できないし、

いや、メカジキなんか買わないしね。」

 




 

ジョンさんに、

 

「今日は、フィッシュだよ!」

 

「What kind of fish? 何魚?」

 

「It's MEKAJIKI !」

 

メカジキを、英語っぽくメカ~ジキ!

メにアクセント入れて読んでみましたが、

 

「What?  What is MEKAJIKI?」

 

メカジキは、もちろん英語ではありません。

 

すみません、海なし県で生まれ育ったので、

魚にはとんと疎いのです。

 

いえいえ、魚に疎いだけでなく、

英語もですけどね。

 




 

そんなアタシが知ってる英語と実物が一致する魚って、

  • サーモン(鮭)
  • ツナ(まぐろ)
  • マッカロー(鯖)
  • サディーン(いわし)
  • イール(うなぎ)

くらいです。

 

微妙に英語が一致しない魚が、

  • シーバス(すずき)
  • コッドフィッシュ(たら)

それに加えて、今回のメカジキ。

 

メカジキは、英語でSwordfish (ソードフィッシュ)

Codfish(たら)とSwordfish (カジキ)どっちがどっちだっけと迷います。

 

一番迷うのが、Yellowtail(イエローテール)

寿司屋や、必ずイエローテールは食べたいですけど、

イエローテールって、はまちだよね?

いや、ブリじゃない?って噂が。

 

Googleで調べると、はまちも、ブリもイエローテールなんだよね。

 

日本人なのに、はまちとぶりが同じ魚だったって今更知る!

 

ブリは成長魚だそうで、

ワカナ→ツバス・ヤズ→ハマチ→→メジロ→ブリ

 

めっちゃ、混乱魚じゃん!

でも、英語では、イエローテールで済ませるのでOK。(えっOK?)

 

もう、日本でも、NYでも、

寿司屋にすら行ってないことがバレバレですね。

 

(寿司、高すぎ~。しかも、今コロナ中。)

 




 

ちょっと、またズレたけど、メカジキは、ソードフィッシュ!

 

「Wow! I love Swordfish !」

 

ジョンさんは、ソードフィッシュ(メカジキ)とツナ(まぐろ)好きです。

 

あっ、そんなに騒いだ、夕食メカジキの写真、取り忘れたっ!!!

 

で、ここまで振っておいて、きょうは魚の話かなって思うでしょ?

 

ところがね、ジョンさんが、奇妙な事言い始めたのよ。

 




 

「What is the gray slimy thing with black dots in the soup?

あのスープに入ってる、グレーでヌルヌルした黒丸柄の物体は何?」

 

えっ、グレーで、ヌルヌルした黒丸柄の物体?

 

今週のスープは、豚汁なんですけれど、

そんな不気味なもの入ってましたっけ?

 




 

慌てて、スープを確認!

 

 

あぁぁぁぁぁぁ!!!

 

グレーで、ヌルヌルした黒丸柄の物体!!!!

マジ入ってたっ!

 

それ、コンニャクのことかよっ!!!

 

でも、もう一度、確認する!

 

 

確かに、グレーで、ヌルッとしてて、黒丸柄だっ!!!

 

アタシ、群馬県出身!

こんしゃく名産地なのに、ジョンさんが日本に来た時、

こんにゃく食べさせ忘れたっ!!!

 




 

「これは、コンニャクって言います。

Do you like it? 好きかしら?」

 

「う~ん、なんか、味はしないけど、触感が・・・

甘くないジェローみたい。」

 

ということで、アメリカ人のジョンさんにとっては、

ゼリーが甘くないので、どうも変な感じらしいです。

 

いやいやいやいや、

コンニャクが甘かったら、逆に不気味ですがなっ!

 




 

そう言えば、群馬に帰った時、

マンナンライフの蒟蒻畑ゼリーを食べさせたことがあったが、

それも、微妙な反応してたな。

アメリカのように、毒々しい甘さでなかったからかもしれない。

 

今度、群馬に帰れたら,

(いつ帰れるんだよコロナウイルス!)

 

味噌田楽こんにゃく食べさせてみよう。

 

(クックパッドより)



 

そんな、衝撃のジョンさんのコンニャク事件を、Facebookに投稿したら、

 

日本人のボーイフレンドのいるアメリカ人の友達が、

コメントをくれたのだが、

 

そのコメントに、また驚くことがあった・・・

(こりんごの本名丸出しですけど。)

 

友達のコメントは、

 

「私たちは、豚汁にゴボウと大根は入れるけれど、

コンニャクはいれなかったわ。

でも、美味しかったわよ。」

 

アメリカ人なのに、豚汁を知っているうえで、

ゴボウと大根を入れるというツワモノにも感心したのだが、

 

 

豚汁!!!

 

 

これ、皆さん、なんて読みます?

 




 

彼女は、

 

Butajiru

 

と言っていた!!!

 

アタシ、群馬県出身は、豚汁のことを、

 

Tonjiru(とん汁)

 

って言うんですけれど?

 

ぶた汁と、とん汁・・・

 

これ、日本では、どういうことになってるの?!

 




 

もう、まさか、アメリカ人の口から、

Butajiru(ぶた汁)言われたから、

余計に衝撃が走ったわっ!

 

ぶた汁に悩まされて、

妊活中、夜の9時半には消灯なのに、

気になって眠れず、(寝ろよっ、気にするな!)

 

ググったら、どうやら、九州地方、北海道地方の人は、

ぶた汁って言うらしいね。

 

東京(関東エリア)や、大阪(関西エリア)の人は、

とん汁って言うらしい。

 




 

でもさ、そのコメントくれたアメリカ人のお友達の、

ボーイフレンドのお母様は、京都出身で「ぶた汁」と呼んでいたらしい。

 

京都はバリバリ関西じゃん!

 

アタシ、京都に観光に行って、「とん汁」ください!

って言ったら、通じないってこと?

 

コロナ前に、日本帰国で、九州旅行を計画してたんだけれど、

危うく、「とん汁ください!」って言うところだったよ!

これも、通じないんでしょ?

 

もう、そしたら、ポークミソスープ プリーズでいいかしら?

 

そんなんで、また眠れない。

(眠いんですが、気になって・・・。)

 




 

貴方の出身と、豚汁の呼び方、教えてください。

(いや、そんな調査始めたら、また寝れなくなるからやめろっ!)

 

じゃあ、今日も長くなったんで、

上手くまとめて、シラ~っと終わるわよ。笑。

 

今日は、異文化コミュニケーションと、食文化についても、

好奇心について、お伝えしました!

 

食文化は、奥深いね。

 




 

では、本日の動画は、

またまた使いパシリで、ミッドタウンの様子をお伝え!

コロナ以降、マンハッタンからオフィスや人々が流出して、

不動産物件が下がるなんて噂があったんですが、

それはどうなのかな~?

 

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

NYや海外で活躍する日本人の皆様のインタビューの他に、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子や、

自宅待機の様子など、毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

    

 

 

-こりんごムーブメント, とんでもアメリカ生活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.