高齢妊活

再生医療PRPを不妊治療に!(PRPって何?)

投稿日:2021-05-01 07:13 更新日:

 

 

アンチエイジング。

若返りは、人間の欲望から始まる追求である。

 

不可能を可能に!

永遠のテーマかも。

 

 

ちょっと希望だけは忘れずに。

 




 

さて、本日のお題は、

 

 

不妊治療再生医療!

 

 

えっ、再生医療?

なんかジーザスみたいな医療だけれど、

 

(十字架にかけられたジーザス、

3日後に復活したからね。)

 




 

死んだ人が生き返るって言うのは、

流石に、医療を超えているけれど、

 

細胞が再生する。

 

そう言うのは医療ど真ん中だよね。

 

例えば、怪我した傷口とか、折れた骨とか、

いつかは再生するじゃない?

 

(個人の年齢や、傷の重度によって再生度も変わるけど。)

 




 

もっと言えば、美容業界も、

ターンオーバーで、

皮膚の再生を利用してるわけで、

 

よくさ、トカゲの尻尾は、

切れてもまた生えてくるとか、

 

生命の治癒力って話よ。

 




 

実は、歯科業界でも、

再生医療が使われてたりするのよ。

 

例えばね、骨移植や骨造成の時に用いられるんだけど、

うむ、もっと砕いて説明すると、

 

炎症なんかで歯を支えている骨が溶けてなくなったりするのよ。

 

骨吸収してしまった場合、

今までは、人工の骨を移植してたりしたんだけれど、

 

そこに、自分の血液を採取して、

遠心分離機にかけて、

血小板をギュギュっと濃縮した多血小板血漿を取り出し、

 

それを、骨吸収してしまったところに入れてあげると、

従来よりも、劇的に骨再生が早まるのよ!

 




 

この、多血小板血漿 (PRP・Platelet Rich Plasma)

 

決して、このPRPが、骨になるわけじゃないんだけれど、

 

分かりやすく言うと、

歯を抜いた後、穴空いてるでしょ?

 

その抜歯窩 (抜いた後の穴)に

血の塊が溜まって骨の再生はされるのよ。

 

(だから、歯を抜いた後、頻繁にうがいとかして、

その塊が流れちゃうと、なかなかヒールしない。)

 

分かりやすく言うと、怪我した時に出来る瘡蓋(カサブタ)ね。

あれ取っちゃうと、ヒール遅くなるでしょ?

 

で、歯を抜いた後の穴は、通常、数ヶ月かかって、

自然に塞がって行くんだけれど、(これ人間の治癒力)

 

ここにPRPとか入れると、

かなり塞がるの早まる。

 




 

だから、インプラントなんかを入れる人は、

 

今までは、なくなった骨の代わりに、

人工骨を移植してからインプラント入れてたけれど、

 

PRPを入れることで、自分の骨の再生が促され、

人工骨を使わなくても済んだりするわけね。

 

で、自分の血小板を使ってるから、

人工骨のように異物と判断されることもなく、

拒否反応もアレルギーの心配もない上、

骨の癒着も早い!

 

何度も言うけど、勘違いされがちだが、

この多血小板血漿PRPが、

新しい骨になるわけじゃなくて、

あくまで、骨の再生を促すものね。

 




 

その再生医療が、なんと不妊治療にも用いられるようになって、

 

今、不妊治療PRPが熱いっ!

って勝手に一人で盛り上がってたわけね。

 

ただ、歯科業界でも、新し物好きなデンティストが、

そう言う処置をやりたがっている風潮はあるかも?

 

ウチの歯科医院に非常勤で来てた神経治療のドクターが、

それやってたのよね。

 

でさ、業界変わると、全くど素人になっちゃうので、

このPRPが不妊医療に取り入れられてても、

イマイチ、デンタルのPRPと真っ先に結びつかなくてさ。

 




 

実はさ、確か、1年くらい前に、

ウチの不妊治療クリニックで、

他の先生とは違う治療をする先生がいたのよ。

 

  • オゾンサウナとか、
  • ovarian rejuvenation(子宮の若返り)

 

アタシも、子宮の若返り術を、

その先生から勧められたんだけど、

 

なんか胡散臭いなぁと思ってたし、

 

当時の担当医からは、

 

「まだ、やる必要はない。」

 

と言われたんだよね。

 

あの時は、若返り術が要らないくらい、

アタシの子宮は若いのかも?って勘違いしてた。w

 

ちなみに、オゾンサウナは無料チケットGetで試したのよ!

 

スゲェ~、胡散臭かったから、

衝撃のリポート読んでみてね!

 

 

 




 

その新しもの好き先生が、

遂に去年、独立して、大々的に不妊治療のPRPを始めていた。

 

妊活クラブのメンバーさんや、

高齢妊活者のお知り合いたちも、

PRPをやった人が何人かいて、

 

そう言った皆さんからの情報から、

 

自分の血液検査を採取して、

それを子宮や卵巣に流し込む処置であると認識した。

 

つまり結局は血流を良くするってことかと、

しばらく勘違いしていた。

 

(なぜ、歯科のPRPとシンクロさせて考えなかったのだろうか?)

 




 

とにかく、血液を子宮に送り込めば、PRPなんて必要ないじゃん?

って思って、エクササイズやウォーキングとか頑張っちゃったよね。

 

でもさ、子宮にちゃんと血液が流れ込んでいるかなんて分からないよね?

 

そんな時、妊活クラブのメンバーさんから吉報が!

 

着床前診断をパスした受精卵を、

何度移植しても着床に至らず、

 

ありとあらゆることをやり尽くしても、着床せず、

最後の望みをかけてPRPを行った!

 

そして、

 

なんと、ご懐妊っ!

 

 

(彼女の努力を知っていたからメッチャ嬉しかった~。)

 

この吉報を聞いて、

アタシも、速攻、PRPの専門医のコンサルテーションの予約しちゃったよ。w

 

あれだけ、胡散臭いって言ってた、

そのドクターのコンサルテーションですよ!w

 




 

ところが、アタシの保険では、

そのドクターのコンサルテーションが適応されず、

ただ話聞きに行くだけで、300ドルとか払えないな〜

って思ってた時に、

 

先日、NYこりんごラジオで、インタビューさせて頂いた、

 

第209回
第209回NYこりんごラジオ(NY不妊治療コーディネーター岡本朋子さん)

  第209回NYこりんごラジオ、只今オンエアされましたっ!   第209回NYこりんごラジオ     4月最後の放送、 日本の皆様、ゴールデンウィーク直前! ...

続きを見る

 

不妊治療コーディネーターの岡本朋子さんのクリニックでも、

PRPをやっていると言うことで、

 

しかも保険が使えるので、早速、予約を入れてもらったのだ!

 

では、噂のPRPのコンサルテーションの様子は、

次回報告するわっ!

 




 

本日の動画は、PRPなんてしなくても、

子宮への血流が良かったらいいんじゃないかって、

旅行中も、ミトコンウォークしてました!

 

 

遂にYouTubeのサブスクライバーが

670人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと400人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.