とんでもアメリカ生活

欲しいものは欲しいと言おう!(パリのお土産から学ぶ)

投稿日:2022-03-06 12:53 更新日:

 

 

 

ハッキリもの言う文化に、

謙遜、遠慮の文化が染み付いて、

必死にマインドチェンジ。

 

でも、遠慮文化に戻った時に、

ハッキリ物言い過ぎたらどうなるのか?

 




 

今日は文化の違いをヒシヒシ感じたことブログするわ。

 

アメリカは、ストレートに物事を表現する。

Yes, No ハッキリしてる。

 

日本は、真逆で、オブラートに包んだ表現をする。

よく言えば相手を重んじて、

悪く言えば、Yes, Noはハッキリさせず、

曖昧な表現をする。

 




 

どちらも、国の国民性であって、

良い悪いジャッジしているわけではないが、

 

愛情表現などをハッキリ言葉にするアメリカ人に、

それを言葉にしない日本人は憧れたり、

 

相手を重んじる日本人に、

優しさを感じるアメリカ人もいるだろう。

 

ただそれらは、場所によっては、

 

自己中心だとか、

煮え切らない態度!

 

と悪い面にも変わってしまう。

 




 

アタシは、日本生まれの日本育ち、

そして現在NY在住なんで、

この文化の違いに、まだまだ悩まされる。

 

アメリカにいるんですから、

遠慮して、物事ハッキリ言わないと、

本当に、損ばかりするんです。

 

給料の値上げ交渉なんて、

日本人はしないでしょ?

 

だから、アタシは、今の職場に入職して、

今年で9年目になりますけれど、

 

入職して最初の4年間、給与交渉しなかったら、

4年間、給料据え置きだったんです!

 

アメリカにお住まいの方なら、

WTFって思いますよね。( ̄∀ ̄)

 




 

そうやって、痛い目を見て、

やっと最低限の交渉は出来る様になったし、

 

嫌なことは嫌と、

まだ遠慮しつつも言える様にはなりました。

(時間かかり過ぎ!)

 

でも、まだまだ全然、

日本人マインドが抜けませんで、

 

今もまだ、その辺りで、すったもんだ中。

 

今回も、またそれで、いらんもの掴まされて、

危うく欲しいものを手に入れられないところでしたよ。

 




 

先日、ウチのボスが、

パリにバケーションに行ったんですよ。

 

旅行に行く前に、

 

「パリのお土産は何がいい?」

 

って聞いて来たんですね。

 

もうこの時点で、日本人だったら、

買って来てくれることに感謝で、

品物なんて何でも言いですよって思いますよね?

 




 

お土産とは、旅先で、誰かを思って、

旅の思い出をお裾分け、

ささやかな気持ちを送る。

 

それがお土産ってもんでしょ?

 

義理人情のジャパンでは、

逆に気を使いすぎて、

 

どこへ行っても、お土産を誰にでも買う習慣がありすぎる気はしなくはないが、

 

アメリカに来て、

日本ほど旅の土産は買わなくてもいいんだなとかも思った。

(自分の為に土産を買う人が多い。)

 




 

ともあれ、そのお土産で、

もらう人が、欲しい物をリクエストするだなんて、

失礼って思いますよね。

 

もちろん、スゴイ仲のいい友達とかだったり、

例えば、なかなか帰れない日本に帰るから、

日本から買って来て欲しい物あれば言ってね。

 

とか言うのだったら、

じゃあ、遠慮なくってこともあるけれど、

 

パリですよ!

しかも上司からですよ。

 




 

「お土産を買って来て頂けるだけで十分です。」

 

「でも、パリで何か欲しい物ない?

シャンプーとか、香水とか?」

 

「別にないです。

パリのものだったら何でもいいです。

 

「あ、じゃあ、マスタードとか好き?」

 

へっ?

マスタード?

 

そんな質問レアだし、

 

私、マスタード大好きなんです!!!

 

なんて人いる?

 




 

「ディジョンマスタードとか好き?」

 

「え、あぁ、まぁ、

嫌いじゃないですけど・・・」

 

「Ok!

こりんごへのパリのお土産は、もう決まったぞ。」

 

えっ!!!!

まさか?!?!

 

パリの土産、マスタードに決定?!?!

 




 

いえ、別に、いいんですよ、

お土産は気持ちの問題ですから!

 

何でもいいですと言ったのは自分だし・・・。

 

でも、せっかくだったら、

パリのチョコレートとかマカロンの方がよかったな。

 

なんて思ったりして・・・

 

だったらハッキリと、

マカロンがいいって言えばよかったのに・・・

 




 

そうやって、気持ちをハッキリと言わないから、

マカロンをらえるチャンスが、

マスタードになっちゃうわけよ。

 

でも、気持ちの問題ですから、

パリのお土産マスタード、

ありがたく頂こう。

 

そう思っていたんですよ。

 

ところが、ウチの同僚ゲイちゃんが、

 

「こりんご、パリ土産は何にしたの?」

 

「えっ、何って?」

 

お土産は、自分で選ぶものじゃなくて、

旅行に行った方が、

自分を思って選んで下さる物じゃないか!

 




 

「アタシは、シャンプーにしたわ!

パリでしか買えないやつ!」

 

 

えっ?!?!( ゚Д゚)

 

 

土産リクエストしたんかいな?!

 

この時、アタシは猛烈に、

遠慮して、欲しい物を言わなかった自分を後悔する。

 




 

マスタード欲しくない!

チョコレートがいい!

 

ディジョンマスタードじゃなくて、

パリの焼き菓子がいい!

 

あ〜あ〜、

今更、マスタード嫌だなんて言えないよね。

 




 

でも、ウチの同僚ゲイちゃんは、

自分が欲しいシャンプーのブランドまで指定して、

オンラインで、ボスに店まで指示してる。

 

さすが、ビューティーにうるさいゲイである。

 

アタシは、所詮マスタード。

人生もピリリと辛口、涙が出ちゃう (´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

自分の好きな物を、平気で上司にオーダーして、

ブランドとショップまで指定しているゲイちゃんを見て、

 

だったらアタシも、お土産リクエストしなくちゃ!

 

でなかったらマスタードを恨めしく頂くことになる。

 




 

でも、何が欲しい?

 

パリと言ったら、何を買って来てもらうべきなんだ?

 

もう、おフランス製のお上品なものが、

全然思い浮かばずw

 

パリジェンヌとか全然かすらない自分よwww

 

何かリクエストしなければ、

マジでマスタード決定だぞ!

 

よし、マカロンにしよう!

 

でも、今更、マカロン希望変更出来るか?

 

いや、ここは日本じゃない、アメリカや!

言ったもん勝ちやで!

 

ダメだったら、ディジョンマスタード上等www

 




 

よし勇気を出して、土産希望変更をボスに告げるぞ!

 

マスタードの代理のマカロンをリクエストしようと思った瞬間、

 

 

そうだっ!

 

 

やっと本当に欲しいお土産が思いついた!

 

フランス土産で欲しいもの!

 

 

石鹸!!!

 

Yes!!!

 

 

フランス製のソープにしよう!

 




 

実は、ウチのジョンさんが、石鹸好きで、

特に、ファンシーなソープをよく買ってくるの。

 

これ、去年、ジョンさんの誕生日で、

ラマハイクに行った時、

 

ラマハイク
ハネムーンじゃないのよっ誕生日旅行その1(NYでラマハイクへ行こう!)

    辛いことも、楽しいことも、 みんな過去の思い出になっちゃうんだねぇ。     ジョンさんの誕生日旅行に行ってました!     &nb ...

続きを見る

 

牧場のホームメイドソープ1個7ドルもするのに、

2つも買っちゃってさ。

 

 

アタシは、石鹸なんて、こだわりないんで、

薬用ミューズとかで全然OK。

 

(アメリカで売ってるか分からんがノリで言ったw)

 




 

だけどジョンさんは、

オーガニック石鹸とか、手作り石鹸とか、

優しい石鹸好き。

 

先日、お友達から、

サンフランシスコのナパバレーの

ワインソープを頂いたのよ。

 

もうジョンさん、アタシ以上に喜んじゃって、

 

そんなジョンさんなので、

 

先日のブログでも言ったけど、

 

石鹸?
スーパーボウルとバレンタインと国際結婚

    調子が狂う・・・   国際結婚度は、何ぞや?       実は、本日の日曜日、 スーパーボウルだったんです。   (これハ ...

続きを見る

 

バスルームに、何かおかしなものが置かれてたんですが、

 

 

あ、ジョンさんっ!!!

それ石鹸じゃねぇ〜からっwww!

 

 

日本から持って来た切り餅を、

石鹸と間違えるくらい、石鹸好きw

 

似てるけどね〜w

 




 

ですから、パリのお土産で、

パリの石鹸なんかもらえたら、

ジョンさん、めっちゃ喜ぶだろうな。

 

それで、ボスに交渉。

 

「先程のパリのお土産なんですが、

欲しいものが見つかりました。」

 

一瞬ボスは、

えっ、もうマスタードって決めてるんですけれど?

って言う顔をした。

 




 

「実はですね、ウチのジョンが、石鹸好きでして、

 

きっとパリなんて言ったら、素敵な香りで上品な、

アメリカでは手に入らないようなソープがあるんだろうなと思いまして、

 

よかったら、パリの石鹸を買って来て頂けないでしょうか?」

 

「おおお!

ジョンも石鹸好きなの?

私も石鹸好きでね、パリの石鹸屋にも行くつもりだから、

よし分かった、お土産は石鹸を買ってこよう。」

 

「ありがとうございます!

ジョンも喜びます!」

 

やっぱり欲しいものは、欲しいとハッキリ言おう!

 




 

そして、おフランスはパリのお上品なソープが届きました!

 

(仕事中、お土産頂きました!)

 

さすがパリ、綺麗な包装バックですね~。

 

そして、もちろん、ジョンさんも大喜び!

 

さぁ、パリの石鹸は、どんなかな?

 




 

嬉しそうに開けるジョンさん。

 

 

よかったね〜、

パリの石鹸だよ!

 

 

めっちゃ喜んでるwww

 

 

ディジョンマスタードだって嬉しいけれど、

やっぱり欲しい物リクエストしてよかった!

 

これからは、欲しいものは欲しいとはっきり言います!

 




 

ですが、ここアメリカだから、それ通じるんですけれど、

 

お心遣いを大事にする日本で、それやったら、

礼儀知らずとか、空気読めないとか、

顰蹙(ひんしゅく)買うんだろうね。

 

心が通じ合えてたら、言葉はいらないのかもしれないけれど、

アタシは、毎日、大好きって言われる方がいいな。

 

そして、ディジョンマスタードよりも、

素敵な石鹸もらえてよかったなと思ってる。

 

貴方は、どっち派ですか?

 




 

本日の動画は、

アタシのバースデートリップでプエルトリコに行ったんですが、

カジノに行きたいとハッキリ言ったジョンさんで、

自分もしっかり楽しんでたジョンさんですよ。

 

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

 

    

 

 

-とんでもアメリカ生活

Copyright© NYこりんご , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.