高齢妊活

47歳、12回目の採卵へ

投稿日:2021-04-24 08:03 更新日:

 

 

ギャ〜!!!!

 

す、すみません!

Back to the future ですけれど、

 

昨日、アップロードしたブログ、

順番間違えて配信してしまったっ!

 




 

あまりの長文なブログなんで、

書き上がったブログを、

半分にして配信してるのに、

 

今回、後編を先にリリースしてしまう痛恨なミス!_| ̄|○

 

もう、起承転結バラバラですけれど、

採卵の様子の転結を先にお届けしてしまった後で、

もう結末、分かってしまって面白みもないですが、

 

移植方法の葛藤とか、

不妊治療のカップルの知識差とか、

不意の体調変化とか、

 

そんな事も語ってるので、

 

今更、採卵直前の前編ですが、

せっかく描いたので、読んでおくれよ!😭

 




 

では、白々しく、

 

47歳、採卵直前!

をお届けします!

 

(ドキドキだねぇ。( ̄∀ ̄)シラ〜)

 




 

期待高まるってこう言うことだ。

 

希望がなくちゃ、頑張れないものです。

 

(せっかく、こんなにカッコよく始まってたのに〜( ̄∀ ̄)シラジラ〜)

 




 

さて、遂に47歳、

12回目の採卵に突入です!

 

採卵前に、担当医も変更して、

 

採卵直前
2年間の不妊治療で、やっとまともな診察を受けたっ!

    採卵の翌日。 急に発熱と腹痛を伴い・・・   こんな時期は、まさかコロナ?   って焦るよね。       さて、昨日の続 ...

続きを見る

 

生食水ソノグラムで子宮内もチェックして、

内膜も10mm超えの12mm前後!

 

卵胞も、前日のソノグラムで19mm!

採卵日には20mmになっているだろうから、

 

アタシの中では大き過ぎず、小さ過ぎず、

パーフェクトサイズ!

 

しかも、ジョンさん、

この3週間、禁酒したので、

精子も元気であると期待が高まる。

 




 

朝一番で、ジョンさんと一緒にクリニックに参上!

 

 

しかし、採卵決定から、ずっと迷っていた。

 

Day3での初期胚移植か、

Day5での胚盤胞移植か、

 

年齢から考えれば、Day3での初期胚移植が妥当だが、

経済的なことを考えると、

無駄な移植で、大きな出費を抑えたい。

 

今回は、前回の最悪なホルモン数値と打って変わって、良好だし、

卵胞の大きさもパーフェクト!

その上、内膜が10mm超えて12mmである!

 

こんなに、いい条件は、なかなか揃わない。

 




 

ドクターと、内膜が12mmだから、

Day3で移植と決めたのに、

 

貧乏性と、今回は底から湧き上がる自信に押され、

 

Day5でも、イケるんちゃうか?

って思ったのである。

 

誰かに相談したいんだけれど、

 

とりあえず相方のジョンさんに相談してみたが、

 

なぜ、そこで迷っているのか理解してもらえず。

 

これは、この不妊治療の深い葛藤を、

英語でキチンと説明し切れていない自分と、

不妊治療を深く理解していないパートナーにありがちな、

カップルの問題点でもある。

 




 

ずっと決められず、

あぁ、泣いても笑っても7:50amには、

決断してる自分がいるんだよね。

 

未来の自分に、どっちにしたか聞きたいくらい悩んだ。

 

誰かに、一言、背中を押してもらえるだけで、

決められるのに。

 

それで、結局、ググるしかないのよね。

 




 

最終的に、排卵直前に、

背中を押す事になったリンクはこちら!

聖隷三方原病院(リプロダクション)

 

これは、あくまで一病院の方針だけれど、

それを読んで納得したので、

 

Day3での初期胚移植で行くぞっ!

 

やっと採卵直前に決められたのである。

 




 

採卵前は、排卵していないかのソノグラムチェックのみ。

 

3階に転院したが、

採卵などの手術は、全て4階で行われる。

 

なので4階で待機。

 

早朝5時半起きのジョンさん、

毎回、この角椅子でカカシ休眠。

 

 

直ぐに呼ばれて、ソノグラムチェック。

 

ゲッ!

 

またあのソノグラファー、アナ(仮名)の登場!

 

アナの、すごたらしい対応はこちら。

 

希望の芽を摘む
妊活を諦めさせる周りの状況。(不妊治療クリニックでの落胆)

      本人のヤル気があっても、 周りの環境が、それを削いでしまうことがある。   まるで希望の芽を摘み取るように・・・。     初め ...

続きを見る

 




 

アナは、着替えが終わってないのに、

ズカズカ診察室に入って来るタイプなので要注意!

 

今回も、お尻丸出しのところ入室して来た。

 

アナが右の主席卵胞を測定する。

 

内膜も測ってくれって頼まなきゃと思ってる瞬間に、

ソノグラム棒を膣から引き抜いた!

 

早っ!!(◎_◎;)

 

もう終了か?!

 

卵胞の大きさも測りもしないから、

数秒の出来事だった。

 




 

「卵胞、何ミリでした?

それと新鮮胚移植をするので、

内膜も測って欲しいんですが?」

 

「採卵前は、卵胞が排卵してないかの確認だけなので、

測定しないのよ!

Good luck!」

 

そう言い放って、部屋を出て行った。

 

Anna、お前〜、化けて出てやるっ!💢

 

でも、3階に転院したので、

もう、こう言ったザツなソノグラファーと会わなくて済むと思うと思うと、気もラクだっ!🐫

 




 

そして、遂に採卵へ!

 

ナース面談から、診察着に着替え、

いざ出陣!

 

 

ところが、もう12回も採卵をしている超ベテランなのに、

 

ソワソワ、ソワソワ・・・

ソワソワ、ソワソワ・・・

 

何なんだ、このソワソワ感は?

緊張しているのか?

 

初心、忘るべからずなのか?

 

多分、緊張なのか、トイレが近い!

 

もう、まもなく採卵の順番が回って来るのに、

 

またトイレに行きたくなった。

 




 

そしてトイレに行くと、

お腹からソワソワしていた思いが、

 

ドバッと、軟便として飛び取った!!!!(◎_◎;)

 

💩💩💩

 

えっ?

お腹下してるの?

 

ヤバいわぁ~。

 

もう、マジ間も無く採卵なのに、

 

さっきトイレに行ったばかりで、

また行きたくなって来た。

 

そして、第2波到来!

 

どうしよう、採卵中にお腹下してピーってなったら・・・ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

遂に、採卵の順番が回って来た。

 

こりんご、お漏らしせずに、採卵出来たのか?

次回に続く!

 




 

続くって・・・

続かなかったけど。

 

こんな、採卵直後の状態でした。

 

先に後編を読んじゃった人、

ブログ読みながら、

お腹の下しとか、Day3、Day5の悩み、

ちょっと不明だったと思いますが、

 

読んでくれてありがとうございます!

 

では、次回は、採卵から、移植への道です!

 




 

本日の動画は、

コロナワクチンを打った人は、

クリスピークリームのドーナツが無料を検証しに行って来たっ!

 

が・・・

 

 

こっちはアメブロで!

 

遂にYouTubeのサブスクライバーが

660人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと400人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.