NYこりんごラジオ

第207回NYこりんごラジオ(NYウエディング事情。写真家/ウエディングプランナー、キヨコ・ホルバートさん)

投稿日:

 

 

第207回NYこりんごラジオ、只今オンエアされました!

 

 




 

先月、NYオンラインウエディングで結婚した、

ホストのワタクシ。

 

アメリカの結婚は初めての上、

コロナ禍でのオンライン結婚、

 

もう何が何だか分からず、

結婚記念日写真すら撮らずに、

勢いで行ってしまいましたが、

 

やっぱり人生の節目である結婚。

せめて記念写真くらい撮ればよかったと思ってます。

 




 

さて、本日のインタビューは、

なんともグッドタイミングなゲストです!

 

これからコロナ禍で結婚を考えている人も、

またコロナの逆境にめげそうな人も、

日米で、時代の逆境に立ち向かい続けた方のインタビュー!

 

写真家でウエディングプランナーのキヨコ・ホルバートさんです!

 

 




 

NYで25年以上の実績を誇る、

キロスタジオ代表のキヨコさん、

 

 

これまでに、1600組み近くのカップのウエディングをサポートして来ました。

 

そんなキヨコさんに、今回のコロナ禍での、

ウエディング状況などお伺いしました。

 

詳しくはインタビューでお聞きください。

 




 

さて、去年は、コロナパンデミックで、

一切のウエディングがキャンセルとなり、

キヨコさんにとっても、

一切の仕事がなくなりと言う事態に追い込まれました。

 

苦しい状況ではありますが、

キヨコさんには、これまでも、

どんな逆境にも屈しない経験がありました。

 

では、まずは、キヨコさんの経歴を伺ってみましょう。

 




 

現在、写真家でウエディングプランナーのキヨコさんですが、

日本でも、同じような職業についていたのかと思いきや、

全く別の経歴をお持ちでした。

 

時は70年代。

この時代には珍しく、女性でありながら、

理系の4年生大学に行ったキヨコさん。

 

将来は、研究者にでもなる道が開ます。

 

しかし、大学を卒業する頃に、

なんと時代はオイルショックにぶち当たり、

就職氷河期がやって来ます。

 




 

ただでさえ就職口が見つからない時代に、

女性で理系の4年生大卒者は、

どこの企業からも敬遠され、

煙たがられ、就職が出来ませんでした。

 

完全に自分の学歴を生かして研究者になる道は閉ざされ、

同じ状況の人は、ほとんど公務員か教員の道を進みました。

 

キヨコさんも、教員になる資格は持っていましたが、

 

キヨコさんの性格上、

公務員、教員といった教育の現場で、

一つの歯車になって働くことに抵抗を感じ、

 

これまでも自宅でやっていた、

自分の学習塾を大きくしていくことに専念します。

 




 

そんなキヨコさんが、

突如、NYに行くことになったキッカケとは?

 

20代の後半、

女性ならば、誰でも思う時がある。

 

「私、このまま人生終わっていいのか?」

 

ホストのワタクシも、まさにそう思った一人です。w

 

このキヨコさんのニューヨーク行きは、

ワタクシも大いに共感でございます!

 




 

そして、理系の大学を出ているキヨコさんですが、

NYの名門ファッション工科大FITに進学を決めます。

 

(FITに通うキヨコさん)

 

全く違うキャリアを、志した理輔は?

 

しかし、キヨコさんがNY留学を決めたのは、

今よりも、治安も悪く、犯罪都市NYで名高い80年代。

 

地下鉄は落書きだらけ、

ひったくりなども頻繁で、

ドラックディーラーや売春婦など、

まさに映画の中のあのニューヨーク。

 

まだ、日本人も今ほどいなかったそうです。

 

そんな時代のニューヨークでの

キヨコさんの留学生活など伺いました。

 




 

2~3年留学の予定だったキヨコさんですが、

ニューヨーク生活は、水を得た魚のような、

まさにNYと肌があったキヨコさん、

 

大学では、フォトグラフィーを専攻し、

インターンで、NYのスタジオなどでも働きはじめ、

 

 

着実に、ニューヨークで、基盤を固め、

 

日本に帰る気持ちなど一切なく、

それどころか、NYに住むべく様に人生が進んでいきます。

 

大学で知り合ったご主人と、卒業後に結婚!

 

ビデオグラファーのご主人ロバートさんと、

フォトグラファーのキヨコさんで、

お互いの名前を取って、

KIRO Studio を立ち上げます。

 

 




 

フォトクラファーとして活躍していたキヨコさんですが、

 

ウエディングプランナーになったキッカケは何でしょうか?

 

 

では、次回、後編インタビューで、

キヨコさんがウエディングプランナーになった理由を伺っています。

 

後編インタビューでは、その他に、

人生で、常に逆境にぶち当たって来たキヨコさん、

 

大学卒業後、70年代に起こったオイルショック、

アメリカ渡米後も、91年に起きた湾岸戦争、

2001年の9/11同時多発テロ

2008年のリーマンショック

2020年、新型コロナウィルス

 

常に、就職や、ビジネスを脅かされてきました。

 

そんな中での人生サバイバルについて、

いろいろ伺っていますので、

 

 

来週の後編インタビューもお楽しみにっ!

 




 

NYウエディングのお問い合わせはコチラ、

キロスタジオ まで。

 

 

キヨコ・ホルバートさん前編インタビューはコチラ!

 

 

 

iTunesから、無料購読でポットキャストでも聞けます。

NYこりんごラジオ「自由の女神になりたくて!」 - こりんご
[iTunes]NYこりんごラジオ「自由の女神になりたくて!」 - こりんご

 

YouTubeでも、動画でインタビュー見れますっ!

 

 

遂にYouTubeのサブスクライバーが

600人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと400人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

 

    

 

 

-NYこりんごラジオ

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.