こりんごムーブメント とんでもアメリカ生活

バレンタインデー、地味に結婚してしまうかもしれない葛藤。

投稿日:2021-02-17 09:05 更新日:

 

 

バレンタインデー。

愛を表現する日。

 

 

こんな真っ赤薔薇をジョンさんから頂いた〜💕

 

 

日本だと、女子から男子に告白の日だけどね。

アメリカでよかった〜。笑

 




 

では、バレンタインデーだから、

地味だけど、

派手に報告しようかなって・・・

 

このこりんごが、遂に、

 

 

結婚するぜっ!!!

 

 

マジでっ?!?!

 

バレンタインデーに入籍なんて、

ベタ過ぎないっ?

 

でも、今までも、結婚しそうでしなかった。

 

(またその類のオチじゃないですか?)

 




 

だってさ、結婚って、大変そうじゃん?

タダの紙切れで、メオトになっちゃうんだよ!

 

結婚したら、相手の人生も背負い込むんだよ、

重いよね〜。

 

よっぽど何かのキッカケがなかったら、

結婚なんてなかなか出来ない!

 

アタシは、47歳まで独身を通して来たから、

余計に気が重い。

 

マジ、よっぽどの理由やキッカケがない限り、

結婚なんてしませんよっ!

 




 

つうことで、アタシは、デキ婚ならぬ、

 

 

「授かり婚」

 

 

を狙っていたんですが、

 

子供出来たら、晴れて結婚だ!

これなら文句なしの納得婚!

 

なんですけれど・・・

 

授からねぇ〜。😓

 




 

2019年は、100万円

2020年は、200万円以上を

体外受精に注ぎ込んだのに、

 

授からない〜

 

もう、2021年に、つぎ込むお金がないんですよ・・・。

 

ウチの妹に言われました。

 

「そんなに確率の悪いものに、

何百万円もつぎ込むのやめなよっ!

もっと現実を見つめなよっ!」

 

身内はストレートだわぁ〜😓

 

でもこれ、体外受精をしていない人には理解出来ないよね。

 

身内だから、ビシっと言われちゃうけれど、

 

身内や他人に、なんと言われようと、

自分が納得しない限り、辞められないんです。

 

お金が続くまでは・・・。

 




 

あっ、金の切れ目が妊活の切れ目?!?!

 

体外受精を続けたくとも、

続けたいお金がないとなったら、

 

自分が納得ウンヌン言ってる場合じゃないっ!

 

クリニックだって、ビジネスですから、

金のない人の採卵なんかボランティアでしてくれない。

 

大金払ってたって、ザツなサービスですから、

お金払えない患者なんか引き受けませんよ。

 

と言うことで、遂に、こりんごの妊活も、

ここで終止符を打つのかと・・・

 




 

去年の11月に、なんとジョンさんの保険が、

IVF(体外受精)をカバーすることが発覚!

 

そこで、とんとん拍子にIVF結婚なるか?

 

IVF結婚
IVF結婚

    人生、思うようにいかないことの方が多い。   自分で道筋を立てても、 その道が、あっけなく閉ざされたり、 思わぬところから切り拓かれたり、   でも、そ ...

続きを見る

 

ってことでしたが、

 

(ジョンさんの保険を使うためには、

正式に結婚しないと使えない。)

 

しかし、翌月には、そのIVF結婚は、

保険が使えるドクターが退職したために使えなくなった・・・

 

IVF結婚破談
IVF結婚の崩壊!不妊治療クリニック再来!

    人生いろいろ、島倉千代子。 こぶし回らず、腰回す。   意味不明な出だしすみません。     人生ってなかなか上手くいかない。   ...

続きを見る

 

人生、甘くなかった・・・。

 




 

年が明けて、2021年、

新年度に、再びジョンさんの健康保険のベネフィットを調べてもらった。

 

「ベイビー、Good News!

ベイビーのクリニックのドクター4人全員、

俺の保険対応ドクターだって!」

 

えっ? 4人?全員?

 

確か、ウチのクリニックのドクターは、

6人いたはずですけれど、

担当医の、ドクター0が去年辞めて、

5人じゃないのか?

 

なんと、今年に入って、

また一人、ドクターが辞めたらしい!

 

何、このドクターの離職率は?!

大丈夫なのかウチのクリニック?

 




 

まぁいいさ、ともあれクリニック全員のドクターが、

ジョンさんの保険で使えるのは、かなりありがたい!

 

(前も言いましたが、アメリカでは、

保険は民間制で、自分の持っている保険によって、

使えるドクター、使える病院、使える処置が決まっています。

保険さえあれば、どこでも使える日本の素晴らしい医療保険とは異なります。)

 

さぁ、遂に、こりんごも、IVF結婚しますよっ!

 

ところが・・・

 




 

あの~、もう2月なんですけれど、

結婚の話し、どうなりましたか?

 

あ、やっぱそう言うオチ?

 

結婚するする言うだけで、

オオカミ女?

結婚しただけじゃ、

ジョンさんの保険は使えないのよ?

 

まず結婚して、正式な夫婦になったら、

ジョンさんの会社の保険に加入しなくてはいけないんですが、

 

その結婚の手続きは、

誰がするんですか?

 

アタシは、てっきりジョンさんがやってくれるかな~と思って、

ジョンさんは、アタシがやってるくれるかな~と、

 

お互いで、相手任せじゃダメじゃんっ!

 




 

ほら、2人とも、結婚したことないので、

こういった、厄介な手続きは後回しにしたいんだけれど、

 

1月は、大雪が降ったりで、

ジョンさんの仕事が激務だったり、

 

アタシは、アタシで、

なんか、ジョンの保険に加入したいがために、

 

結婚してよっ!

 

ってせがむことが、性格上、嫌だった。

 

せがんでまでも結婚して欲しわけじゃないっ!

 

なんて言う、厄介なアラフィフのプライドが出てしまって、

 

だけど、卵胞の時間は限られてるから、

結婚しなくちゃIVF出来ねぇんだぞっ!

 

 

そのプライド捨てろやっ!

 

 




 

「ジョンさん、また排卵が近いんですが、

結婚の件、保険の件は、どうしますか?」

 

「うん、今週末、結婚の手続き調べよう。」

 

平日は激務のジョンさん、

帰宅、ご飯、消灯で、他に何かをする時間がないのだ。

 

だから、週末しか、自分の時間を作れずに、

 

そんな激務だったら、

週末も、ちょっと手続きとか考えず、

ゆっくり休みたいじゃない?

 

そんなんで、この会話が、2~3週間続き・・・

2月になった。

 




 

結婚の手続きを調べる週末になるたびに、

 

やれ大雪が降った!

やれコロナワクチン接種だ!

やれスーパーボウルだ!

 

って、イベントが続き過ぎて、

厄介な結婚手続きは、うやむやになっていた。

 




 

ほらね、やっぱり誰かに頼ろうとするからダメなんた。

 

結婚だって、本来は、愛する二人がするものを、

IVFしたいがためにするなんて発想だから、

神様も、考え直せよお前って・・・

 

結婚なんてしなくても、

ジョンさんと楽しい毎日を過ごしていければそれだけでいい。

そこに、変なベネフィット(保険)が出て来たから、

 

なんて言うの、玉の輿に乗りたい女子みたいな気持ちなのかな?

 

いや、たかが保険のベネフィットで玉の輿って、

割に合わないけれど。

 




 

ともあれ、そう言った、

よこしまな考えだからダメなんだよ。

 

いやいや、そんな正統派な理由で諦めてる場合か?

 

アタシも、何が何でも結婚したいわけじゃないが、

 

だからね、アタシ、男勝りと言うか、

ジョンさんや、男子のキモチ側に立てるというか、

アタシが、男だったら、めんどくせぇ~なって思うと思うんだよね。

 

だから、ジョンさんにも、

 

 

早く結婚の手続きせぇやっ!💢

 

 

って強く言えなかった。

 

だから、弱く言ってみた。

(あ、でも言ったんだ。笑)

 




 

「ジョンさん、IVF目当てで結婚してくれなんて、

やっぱり気が進まないよね。

だから、手続きも進まないよね。

 

やっぱり結婚なんて気が重いし、

もういいよね。」

 

「今週末こそ、どうやって手続き取るか調べよう!」

 

「でも、今週末は、ワクチン2度目の接種だよ。」

 

あのね、アタシもジョンさんとの付き合い長いので、(7年)

ジョンさんの操縦術みたいなの把握してる。

 




 

ジョンさんは、新しいことに挑むのが苦手で、

分かりやすく言うと、冒険心が弱い。

 

旅行でも、レストランでも、

一度行ったところにまた行きたがる。

 

アタシは、逆に、旅行でも、レストランでも、

行ったことのないところに行きたいタイプ。

 

だから、2人の旅行の計画は、

アタシが立ててる。

 

そして、新しい体験をすると、

本当によかったと、彼の世界も広がるが、

自分から広げようとしない、

 

楽しかったから、またあそこに旅行に行こうよと・・・

 

同じじゃなくて、新しい、世界見に行こや~!

 




 

そんなジョンさんなので、

結婚という、新しい領域に踏み入れるのが、

ちょっと億劫なんだよね。

 

アタシが、リードして、結婚の手続きを取ってあげれば、

スムーズに行くことなんだけどさ、

 

これに関しては、アタシも、何故か、

自分から踏み込みたい領域じゃないもんだから、

 

ズルズルしてるわけね。

 




 

ただ、ズルズルしてても、

排卵はやって来る。

 

(この歳になると、排卵来ること自体、感謝なのかもしれんが。)

 

どうするよ、まだ結婚してない、

ジョンさんの保険に加入してない、

採卵、また自費の30万円か?

 

そんな風に迷ってたら、

神が下した採卵周期は、こうなった。

 

採卵か排卵か
排卵か採卵か?

    いいこともあれば、 悪いこともある。   これが人生か。     今年、2度目の体外受精に臨むんですけれど、   前回のサイクルが、 ...

続きを見る

 

ストレスか?

ホルモンバランスが崩れて、

トリガーショットも打たずに、採卵の指示が!

 

しかも、採卵の前に排卵している可能性があると言われ、

 

そんなリスクを背負った採卵したくないわっ!

ってキャンセルしたんだけれど、

 

正直、お金も用意できなかったからよかったのか?

 




 

え〜いっ、ウザイっ!

 

もう採卵もしないし、

結婚もしないっ!

 

そういう体制でいたら、

ジョンさんが男を見せた。

 

先日、コロナワクチンの2度目の接種に行って来て、

 

 

ここ、接種後のオブザベーションルームで、

 

 

ここで20分間、副作用が出ないか待機して、

副作用が出なかったら家に帰っていいんだけれど、

 

ほら、20分、ただぼんやりと様子を見てるだけだから、

ジョンさん、その時間を使って、

結婚の手続きを勧めてた。

 

 

(↑ 結婚手続き中のジョンさん。笑)

 




 

今は、ニューヨーク州では、コロナの影響で、

オンライン結婚が認められたのよ。

 

こんなアプリで簡単に申し込めるらしい。

 

 

コロナ離婚が増えたそうだけど、

コロナ結婚も、オンラインで簡単に出来るのね。

 

 

「出来たっ!」

 

「マジで?!」

 

 

副作用が出るか様子見の20分間に、

結婚の手続きを済ませた男!

 




 

しかし、双方の身元確認の為に、

本人IDを、スキャンして、

アプリケーションフォームに添付しなくてはいけないので、

そこだけは、週明け、ジョンさんのオフィスでスキャンしてくるとのことだった。

 

と言うことで、結婚までのステップ1は、

踏み出したようだが・・・

 

なんか、マリッジブルーじゃないけれど、

婚前ブルー?

 

アタシ、本当に結婚してしまうのか?

って、ちょっとタジタジしていた自分がいた。

 

アタシ、どんだけ結婚を恐れているのか?

 




 

では次回、コロナワクチン接種の翌週、

バレンタインデーに、遂に入籍出来るのか?!

 

バレンタインデーに、日本の家族に唖然報告と、

その結婚手続きのどんでん返しをご報告いたします。

 

それでは、本日の動画は、

とりあえず、バレンタインデーは、

地味に過ごした様子を動画でお届け。

 

 

ニューヨークのバレンタインデーなのに、

地味やな~。

 

 

YouTubeのサブスクライバーが遂に570人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

でも、まだ半分の道のり・・・

コツコツ行くわよ!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

    

 

 

-こりんごムーブメント, とんでもアメリカ生活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.