こりんごムーブメント

生きていく上で何が大事かを悟る瞬間。

投稿日:

 

 

人生なんとか、せにゃあかん!

 

今、何が大事かって気付かされる。

 

怖いのは、気づいても動けないことだ!

 




 

月曜日。

コロナワクチンを打った翌日。

 

事前の警告通り、

でも予想外で、

 

副作用の高熱出たっ!

 

 

ワクチン副作用
コロナワクチン騒動!(2回目接種後の副作用は?)

    「こりんごっ! ジャパンが、コロナワクチン捨てたわよっ!」     えぇぇぇぇぇぇ!(゚Д゚;)     今や、ワクチンが足りなくて ...

続きを見る

 

これからワクチン打つ人が心配しないように、

副作用は出ない人もいるらしいし、

アタシの場合も、翌日1日だけで、

次の日は、何事もなかったかのように回復です。

 




 

そんな月曜日に、メールが届いてて、

 

ダンス友達からのグループメールだった。

 

ワクチンの副作用で、

何通も来てたのに気づかなかったが、

 

「He is gone.」

彼が逝ってしまった。

 

おいちょっと待てよっ!

 




 

メールを遡れば、

 

今、彼は、エマージェンシールームに移動した。

 

彼にメッセージを伝えたい人は、

この番号にボイスメール残して!

 

彼は、星になりました。

 

そんなメールが時間刻みで残っていた。

 

実はダンス友達の一人が、

2019年の秋ごろ、

末期の癌を宣告されていた。

 

いつかこの日が来てしまうのは、

皆、理解をせざる得なかったが、

 

そんな日は来ないと誰だって思いたい。

 




 

その彼が、逝ってしまっただって?

どうやって信じたらいいのさ?

 

アタシは、これまで副作用で熱が出ていたせいか、

その現実を受け入れられなかったのか、

熱に押されて、感情が崩れるようなことはなかった。

 

まるで、まだ不現実みたいな感覚で。

 




 

翌日の火曜日。

 

ワクチンの副作用による熱はすっかり下がり出勤。

 

たっぷりの睡眠で体調がいいくらいだった。

 

となると、鈍っていた感情も研ぎ澄まされて、

 

恐れていた悲報ともう一度向き合う。

 

He is gone.

 

その現実は変わらなかった。

 

徐々に、Facebookでも、彼の死が公にされて、

メモリアルなポストで溢れかえる。

 

自分の悲しい意志と連結する前に、涙が溢れた。

 




 

人の死への悲しみを超えた、

全てのことで、泣いても泣き切れない状態だった。

 

そのわけは・・・。

 

闘病生活を自宅と病院で繰り返す彼を、

彼の体調のいい時に、

友達が代わる代わる見舞っていたが、

 

2020年にコロナがパンデミックとなり、

それも出来なくなり、

 

Zoomミーティングで、

グループチャットが始まった。

 

と言っても、彼の体調や、

みんなの都合を考えれば、

頻繁には行われなかったが、

 

久々に、また彼を囲んだZoomミーティングが開催されることになった。

 




 

Meeting starts at 5pm on Feb 6 (Saturday)

2月6日(土)午後5時より!

 

あぁぁ、土曜日かぁ〜

仕事中だよ〜

 

今回は、参加出来なそうだ〜

 

この時は、彼の限られた時間のことなど忘れてて、

いや、彼が逝ってしまうなんてこと微塵にも思わなかった。

 




 

仕事中に、彼にいつも通りのテンションで、

メッセージまで送っていたのだ!

 

 

しかも、思いっきり、いつも通りに、

メッセージの文法間違ってるし。

 

I can’t make your zoom meeting. が正解。

 

これが彼への最後のメッセージとなってしまっただなんて・・・

 

彼が逝ってしまうと分かっていたら、

絶対に参加しただろう。

 

仕事なんていつでも出来るのに、

なぜ、あの時、ミーティングに参加しなかったんだ!

 

アタシの職業柄、仕事中断は無理ではあるが、

大事な友達との永遠の別れだよ、

どっちが大事やねんっ!

 




 

彼は、ダンス仲間で、同世代。

同じ時代に、同じ場所、同じ時間、

同じ経験を分ちあった友達。

 

ダンスしてても、違う場所や、違う時代、

違うコミュニティでだったら、

そこには共通点も違えば、出会うこともなく、

縁もゆかりもない他人で終わる。

 




 

話し飛ぶけど、同じ時に同じく妊活をしている人も、

ご縁だよね~。

 

もっと大きなスケールだと、

同じ時代に生きていることもご縁だから、

 

この世の誰もが他人ってことはないのかもしれないが、

 




 

彼は神経科医のドクターで、

知的過ぎて難しいことを語る男だった。

 

ダンスをしていなかったら、

まず彼に出会うことはなかっただろうな。

 

頭がよ過ぎて、知的な話し方が時に、

誤解を招きやすいところもあったが、

本当は、とっても心の優しい人だった。

 

心の優しい人なんて、言葉にすると薄っぺらくて伝わらないから、

そんな風に書くのも嫌だったけど、

 

どんなハートの持ち主かと言うと、

 

アタシは、ちょっと体調に不備が出て、

変なところにしこりを見つけると、

 

「これ癌かもしれない~!」

 

と医者の彼に連絡して泣きついていた。

 

いつも、親身に話を聞いて、

明確に、それは癌じゃないよと笑って答えてくれた彼。

 




 

アタシがまだ、永住権が取れず、

ビザの奴隷で、経済的に苦しい時があって、

心配かけたこともあったな。

 

その名残で、

 

彼が癌の告知を受けた時、

わざわざ電話して来てくれたのに、

 

アタシ、携帯料金を払い忘れててさ、

電話繋がらなかったんだよね。😓

 

まさか、彼からの知らせが、癌の告知だなんて知らなかったアタシは、

 

「ごめん、ごめん!

携帯のBill 払い忘れてたっ!笑」

 

「大丈夫か?

俺が払ってやろうか?」

 

なんて、末期の診断を受けていた彼を、

心配させる始末のアタシで・・・。😖

 




 

しかも、去年、アタシが逆流性食道炎になった時、

飲み込めなくて、もう胃腸科医に今すぐ行きたくて、

でも、どの胃腸科行ったらいいかわからず、

Facebookにお勧めの胃腸科知りませんかのポストを出したら、

 

闘病中で、入院が決定した彼だったのに、

そのポストを見て、心配して、

病院から電話して来てくれたんだよ!

 

アタシの食道炎なんて、

薬局で売ってる薬飲めば治るくらいものなのに、

 

もっと重たい病と闘う彼に、

またもや心配かけちゃって、

 

アタシは、いつまでたってもトラブルメーカーだったんだよね。

 




 

彼のCaregiverをしていた、お友達に、

 

「彼に心配かけさせたくないのに、

こんな時まで、心配させちゃって申し訳ないよ。」

 

と相談したら、

 

「こりんごちゃん、彼は、逆に、最後まで頼ってもらえることが嬉しいから、

病気のことを気にせず、

今までのように彼を頼って欲しい。」

 

と言われた。

 

じんと来たね。

 

人はさ、誰かに必要とされていると思うと、

生きている意味を感じるもんね。

 

だけどさ、じゃあ、アタシは、彼に何をしてやれた?

 




 

土曜日の、彼との最後のミーティングに、

仕事で参加出来なかったアタシ、

 

まさか、彼との最後のミーティングになるなんて思ってなかったし、

それが最後と分かっていたら、

マジで仕事だろうが何とか参加しただろうけれど、

 

そんなのは、起こってみなくちゃ分からないじゃない?

 

でも、このことがキッカケで、

ものすごく考えた。

 

アタシは、生きるために働いているんだけれど、

何か、大切なものを犠牲にしてまで働いているんじゃないか?

 

コロナでパンデミックになってから、

リモートワークが主流になったでしょ?

 

あれはさ、まさに時代の流れと言うか、

 

自分が大切なものを守りながら働けるスタイルにユニバースが仕向けてくれたのかな?

とすら思ったよ。

 




 

もっと家にいる時間が増えるというのは、

家族との時間が増えるってことだ。

 

ただ、今までのスタイルと違うから、

それに慣れるまでに問題が起ころかもしれないが、

 

コロナ離婚や、

コロナでソーシャライズ下手になったり、

 

やり方によって、ストレスにもなれば、

それが逆に好転することもある。

 

自分のスタイルを見つけてポジティブに働けるように。

 




 

アタシは、歯科医院勤務なので、

絶対的に、リモートワークは不可能。

 

去年の、ロックダウンで、コロナピーク時だって、

誰も乗らない地下鉄を乗り、

 

 

出勤したくらいだから。(゚Д゚;)

 

数年前から、どこででも働けるスタイル。

と言うまさにリモートワークが注目を浴びつつあったが、

ここに来て、コロナが、それを決定づけたんじゃないかな?

 




 

アタシは、このまま一生、

いろんなものを犠牲にして、

歯科医師に使えて終わるのか?

 

コロナで失業した人もいっぱいいる中、

仕事があるだけ有難いと思えっ!

なんて言うお叱りが聞こえて気そうだが、

 

自分の人生じゃん。

 

そこを、コロナでも食いっぱぐれず、

ギリギリ、アシスタントで生きていけることを幸せに思うのか、

 

リモートワーク出来ずに、

何か大事なことを犠牲にして、

時間を売り捌いて生きていくことに不服を持つのか、

 

これは、他人が決めることじゃない。

 

自分が決めること。

 

そして、その選択で、それを変えられるかも、

他人がしてくれることじゃない、

 

自分が動いて変えるしかない。

 




 

70を超えた日本の母が、

今、何かあった時に、

 

ただでさえコロナで帰国しずらいのに、

隔離だ、テストだと、

いなある有給だけではきっと帰国出来ない。

 

今、妊活中で、ミラクル起きて、

子供授かったら、

歯医者で働きながら子育てするの?

 

(それは妊娠してから心配して下さいだけど。w)

 

どこでも働ける自分を生み出さなくてわっ!!!

 

って、そんなに簡単に夢のような生活出来たら、

アタシ今頃、胡散臭いセミナーとか開いて、

本とか出版して、

それ実現してるよね〜。😓

 




 

悲しみに暮れつつも、

彼とのいい思い出しか思い浮かばない。

 

だから、彼がこの世にいないと思うと、

余計に悲しくなる。

 

心の整理のために、届かないのは承知で、

また彼にメッセージを書いてみた。

 

 

だって、最後のメッセージが、

あんなだったから。

 

 

 

はっ!!!∑(゚Д゚)

 

 

最後に届けたと思ったあのメッセージすら、

彼に届いてなかったかもしれない!

 




 

だって、これまでのやり取りしたメッセージが消えてるんだよね。

 

しかも、仲間のグループメールに、

彼にボイスメッセージを残したい人は、こちらへ、と記された電話番号はCaregiverちゃんの番号だった!

 

多分、容態が悪化していた彼の携帯は、

もうキャンセルされていたのかもしれない。

 

最後にミーティングにも参加出来ないわ、

メッセージすら残せずで、

 

めちゃ無念過ぎて泣くに泣けなかった。

(大泣きしたけど。😭)

 

もう、二度とこんな思いをしないように、

 

 

働き方改革だ!

 

 

なんか日本の厚生労働省みたいだけども。w

 




 

では、まずは、Youtube で広告収入得られるよう、

NYこりんごラジオYouTubeチャンネル、

サブスクライバー、あと430人!

チャンネル登録お願い致しますっ!!!🙏

 

新しい動画は編集中なので、

また今日も、コロナワクチンの副作用ビデオあげておくわ!

 

 

アタシは熱が出たけれど、

ウチのボスは、副作用出なかったってよ。

 

本当に、こればっかりは、個人差あるね。

 

YouTubeのサブスクライバーが遂に570人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

でも、まだ半分の道のり・・・

コツコツ行くわよ!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

    

 

 

-こりんごムーブメント

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.