高齢妊活

排卵前にチャイナタウンへ(漢方医5回目の診断)

投稿日:2021-02-08 02:11 更新日:

 

 

月曜日に大雪が降ったニューヨーク。

 

やっと雪解け化と思いきや、

日曜日の今日、また雪降ったっ!😓

 

 




 

月曜日のスノーストームの

3日後にチャイナタウンへ行って来た。

 

まだ雪の残るチャイナタウン。

 

 

まだ雪の残るチャイナタウン。

 

 

まだ雪の残るチャイナタウン。

 

って、繰り返すけど、

カート引いてる人が多くねぇ?笑。

 

 

これ、チャイナタウンのトレンドだから。笑

 




 

さて、チャイナタウンと言えば、

 

ここですよ!

 

 

えっ?どこですか?

 

はい、チャイナタウンの漢方薬局!

 

 

また来ましたよ!

不妊漢方コンサルテーション、5回目。

 




 

薬局の前のストリートでは、

まもなくやって来るチャイニーズニューイヤーのグッツを売ってるみたいよ。

 

 

朝一番で行ったら、

ドクターの方が遅刻してた!笑

(雪だからね〜)

 




 

「いや〜、雪で遅れてしまったよ、

すまないね。」

 

「大丈夫ですよ。」

 

「日本は、こんなの寒くないんでしょ?」

 

「そうですね、

でも北の日本、北海道辺りは、寒いですよ。」

 

あら、こんなたわいもない会話が出来、

先生との距離も近くなりましたよ。

 




 

「私は広東省の出身だから、

寒いのは苦手だよ。」

 

「じゃあ、先生、なんでわざわざ寒いニューヨークに来たんですか?」

 

何も考えずに、単純に聞いてしなったのだが、

 

ドクター、一旦止まって、遠くを見つめる。

 

あ、なんか、聞いちゃいけないサブジェクトだったのか?

 

ほら、移民には、人に言えない事情を抱えた人だっているから。

 




 

そして、多くは語らず、

 

「父がニューヨークにいたので、

家族でニューヨークに来たんです。」

 

なんか、背中に背負った哀愁が見えた気がして、

影ある先生も、カッコいいぞ。

 

(勝手な想像で、本当は、何も影ある過去の事情などないかもしれない事、悪しからず。)

 




 

そして、先生の準備も整い、

また脈を測られる。

 

 

「先生、今、卵胞刺激注射と、卵育てる薬飲んでます。

明日まで飲んで、土曜日に不妊治療クリニックでモニタリングです。」

 

「今回は、キャンセルした方がいいんじゃないですか?」

 

 

えっ?!(´⊙ω⊙`)

 

 

「今、何とおっしゃいましたか?」

 




 

「キャンセルって・・・?

体外受精をキャンセルってことですか?」

 

先生は、はっきりと答えず、

 

アタシが、年齢的に体外受精をキャンセルするわけないという姿勢であることを知っているので、

 

時間に余裕があったら、

漢方薬3ヶ月くらい飲んでから、

ってオプションもあるけれど、

 

今は、キャンセルしてる場合じゃないよねって流れをアタシが作っていたので、

 

そこは、曖昧に話が終わったが、

 

今思えば、この先生が、今回キャンセルを促したことが、

後になって点が線となって繋がるとは、

この時は、思ってもいなかった。

 




 

「では、またホルモンバランスを整える漢方を出しておきましょう。

10日分くらいでいいかな?」

 

「先生、採卵が、まもなくですが、

この漢方を10日分で、飲み切ったらまた来院すればいいですか?」

 

「次、卵を戻すのはいつですか?」

 

「採卵から5日後です。

でも、卵が5日育つのは至難の業で、

移植に至らない可能性が高いです。」

 

「では、卵を戻したら、その時はまた来てください。

着床維持させる漢方に変えますから。

 

もし、移植しなかった場合は、

今日出す漢方を飲み続けてください。」

 

「でも、先生、10日分しか出てないので、

移植にならなかった場合は、

10日分じゃ足りないですけれど。」

 

「その時は、漢方だけ取りに来ればいいですよ。」

 

「分かりました。

では、無事に移植になれば、その時は来ますね。」

 




 

「移植にならなかった場合は、

引き続き同じ漢方を飲み続けますが、

その場合は、いつ再来院すればいいですか?」

 

「生理が終わったころでいいですよ。」

 

「了解です。

多分、採卵は来週あたりだと思います。

それまでは、今日出される漢方を飲むんですね。」

 

「あれ、採卵は、来週なの?

でも、君の周期は21日だったよね?」

 

「12月は21日周期でしたけれど、

先月1月は、IVFもやったので30日周期で来たんですよ。」

 

「今週の土曜日にクリニックに行って卵取るんでしょ?」

 

「いえ、まだ明日まで卵胞刺激注射と薬 飲んでるので、

土曜日は、そのモニタリングです。

その日に採卵するわけではありません。」

 

「でも、周期サイクルから行けば、

明日、明後日が排卵のはずだけれど?」

 

「いえ、土曜日はモニタリングだけです、

その日の血液検査でのホルモン数値によって、

はっきりとした予定が決まると思いますが、

 

今週末にはトリガーショットを打って、

採卵は、来週のはじめくらいだと予測されます。」

 

先生は、やや混乱していた。

 




 

カレンダーを何度も見ながら頭を抱える先生。

 

 

先生が混乱してるのに、

アタシは、このカレンダーを見て、

 

今年、丑年だよね? 寅年だっけ?

 

そんなポイントのズレたとことを思いつつ

違った意味でカレンダーを不思議に見てた。

 

先生の見解からは、もう、土曜日が排卵でいいくらいらしく、

 

確かに、アタシの排卵アプリなんかは、

もう、金曜日辺りが排卵ピークを示していたほどで、

でも、アプリは過去の情報から弾き出した予測なので、

 

血液検査やソノグラムで測定判定する不妊治療以外は、

目安程度で見るべきで、

 

しかも、まだ卵胞刺激の薬投与中だし、

トリガーショットだって打ってないから、

絶対に土曜日の採卵はありえない。

 




 

「本当に、採卵は、来週の頭あたりなのですか?」

 

「明後日の血液検査次第ですが、

明日まで卵胞刺激注射打ってますし、

血液検査次第で、その土曜日にトリガーショットを打ては、

月曜日が採卵だと思います。」

 

この時、先生は、来週あたりに採卵になることが、

どうも納得いかないがらも、

 

「分かりました、来週のはじめが採卵(排卵)ならば、

今回は、あと4日ほど、卵子の質をよくする漢方を飲んでもらって、

その後、バランスを整える漢方にしましょう。」

 

と言うことで、また2種類の漢方を調合していただきました。

 

 




 

そして、翌々日の土曜日に、

不妊治療クリニックでのモニタリングで、

とんでもない事態が起こるとは・・・、

 

では次回、2月のサイクル、まもなく排卵!

採卵に向けて、えっ、そんなこともあるんだな報告いたします。

 




 

ニューヨークは、また雪降ってます。

 

これから、コロナワクチンの2度目の接種に行ってくるんだけれど、

こちらも、接種前から、ガタガタ問題起きてます。

 

報告することが多すぎて、ブログが間に合わない~。

 




 

では、本日の動画は、

先週の大雪から5日後のニューヨーク。

 

 

なのに、また雪降っちゃったね~。

 

YouTubeのサブスクライバーが遂に560人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

でも、まだ半分の道のり・・・

コツコツ行くわよ!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.