高齢妊活

崩れ行く希望と47歳高齢妊活の現実

投稿日:2021-01-24 11:26 更新日:

 

 

 

これ、悟りの境地か?

 

冷静に落ち着いて、取り乱すこともないのに、

何か道を切り開く為の模索すらしている。

 

まるで、今朝の、冷たいのに青空高く広がるブルックリンの空のようだ。

 

こんなに穏やかでキレイなのに、

その冷たい空気が肌を切る。

 

迷走する前に瞑想するか?

 




 

47歳、今年最初の体外受精。

すったもんだしながらも、

なんとか胚移植まで漕ぎ着けた。

 

今回のサイクルは、生理が21日と不順で始まり、

慌てチャイナタウンに駆け込んで、

漢方医に漢方を調合してもらったり、

 

高齢で、ほとんど薬なしで卵胞を育てることになったり、

 

関係ないが、コロナワクチンまで打つ羽目になり、

 

そんな危なっかしい、

でも47歳らしいサイクルではあったが、

 

なんと、2つ採卵が出来た。

 




 

採卵された卵胞のサイズも20mm前後で、申し分なく、

(20mm以上は、大き過ぎる。)

 

残念っながら、1つはアブノーマルな受精だったため破棄されたが、

もう一つは大健闘で8分割し、

もしかしたら胚盤胞にもなったかもしれないという出来だった。

 




 

漢方薬や、卵胞の分割状況から、

自分のみならず、読者の皆様や、

妊活でお世話になった知人たちまでも、

今回はイケるんじゃないかと、

期待が高まる。

 

しかも、12年に一度のビックチャンスと言う、

木星が、アタシの生まれた時の木星の位置に帰って来て、

とんでもないウェーブを巻き起こし、

無理とされていることもひっくり返す波が、

丁度、妊娠判定の時期に重なると言うことで、

 

これはまさに、

  • 科学的(卵胞分割状況)にも、
  • 医学的(西洋IVF&東洋漢方)にも、
  • ユニバース的にも、

まじイケるんちゃうの?

 

って期待高まらないはずはなかった。

 




 

移植までは、もう無我夢中で突っ走った分、

移植後は、大船に乗った気分で判定日を待った。

 

しかし、なんだろうか、大船に乗っているはずなのに、

47歳と言う現実が、

まさか、そんなことあるはずないと、

しばし思ってしまい泥舟化することもあったが、

 

大船だろうが、泥舟だろうが、

もう自分には、待つことしか出来なかった。

 




 

だから、何変わることなく、日々を過ごした。

 

いや、移植後の自分の体を優先させて、

少し甘やかせたと言うか、労った面もあった。

 

なんだか、毎日、どんなに寝ても眠い気がして、

 

これは、妊娠のサインに違いない!

と言って、何もせずに夜8時半には寝てしまったこともあった。

 

穏やかな日々が続いた。

 




 

順調に、基礎体温も高温を保ち、

何、この余裕と自信は?

 

と言う矢先、

 

判定日を3日前にして、

急に泥舟化が進行し始めて来た。

 




 

判定日3日前の朝。

 

あれ?

 

36.8度以上を保っていた基礎体温が、

86.75度まで下がってしまった。

 

これが、大船から泥舟に変わった瞬間であったが、

 

とはいえ、低温期とは、0.3度差あるので、

様子を見ていた。

 

しかし、その日の昼、

トイレに行って青ざめる。

 

拭ったトイレットペーパーが、

ほんのりピンク色!!!(゚Д゚;)

 

やっぱり来るのか?!?!

 




 

この日は、前回の生理から28日目である。

着床していなければ、流れ出したい時期と一致である。

 

ここで、自分弁護のために、いつも思うのは、

 

 

これ着床出血かもしれない!

 

 

しかし、そう思って着床出血したことは一度もない。

(いや、正確には着床すらしたことない。)

 

そもそも、妊娠した人で、着床出血があった人は、25%と低く、

妊婦さんの4人に1人、あるかないかの確率で、

通常、着床出血などない人が殆どなのに、

 

そんなに調子良く、着床出血になってくれるかいな?

 




 

崖っぷちから始まったサイクルではあったが、

 

卵胞の状態も悪くなく、

漢方の力も借りて(効果は3ヶ月以降ですが)

木星まで応援してくれてる、

 

こんなサイクルを逃したら、

もうこの先、妊娠なんてとっても無理だと、

不安が過ぎる。

 




 

翌日、妊娠判定日2日前のDay29

 

基礎体温が、また少し下がって36.70度

相変わらず、ピンクのおりものは、

今か今かと大量出血を待っている感じだった。

 

しかし、この確実に基礎体温が下がり切らずに、

真っ赤な出血が始まらないので、

どうしても、着床出血であって欲しいと祈る自分が出て来た。

 

判定日の前日に、フライング検査をするのを楽しみにしていたが、

 

確か、前回も、基礎体温が下がらず、

微妙な出血混じりのおりものが出ていて、思いっきり陰性だった。

あぁ、前回のフライングテストも、悲しかったよね~。

 

 

そう、基礎体温が下がらず、出血ガンとしてこないのは、

 

妊娠判定まで、プロゲステロンとエストロゲン投与によってコントロールされているからだ。

 

 




 

自然の自分のカラダは、

着床しなかった受精卵と、いらなくなった内膜を排出したいのに、

薬によってコントロールされているから、

 

基礎体温も下がらないし、出血もまだ始まらない。

 

しかし、これは時間の問題であることは、十分理解している。

 




 

判定日の前日 Day 30。

基礎体温は、引き続き36.70度。

 

まだハッキリと出血はしていないが、

ピンクのおりものは、多くなって来ている。

 

あぁ、また陰性と分かりながら、

妊娠判定のためクリニックに出向く無念さよ。

 

今回は、たくさんの方が、妊娠だと期待して下さったのに、

ホント、すみません・・・。

 




 

これまでも、陰性結果には慣れてはいるんですが、

今回は、ちょっと気持ちの持ちようが違う感じよ。

 

何か、悟った感があったのよ。

 

今までは、次こそは妊娠するって思っている自分がいたんだけれど、

 

なんて言うのかな、

47歳になったのもあって、

 

うむ、この気持ちは、まだ文章にまとめるのは難しい。

 

明日の、ダメ押し判定日で、

血液検査ではっきりさせて、

 

この気持ちの続きは、語ろうと思う。

 




 

ダブルショック受けたくないから、

家での陰性確定尿検査はしないよ。笑

 

明日が憂鬱でも、

明日は、必ずやって来るね・・・。

 

 

それでは、本日の動画は、

特に意味はないけれど、日常の、ちょっとしたマンハッタンでの様子です。

 

 

YouTubeのサブスクライバーが遂に500人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

でも、まだ半分の道のり・・・

コツコツ行くわよ!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.