高齢妊活

5%の可能性。超高齢妊活、ドクターの言い訳と患者の捉え方。

投稿日:2020-11-16 09:17 更新日:

 

46歳、超高齢妊活者、

あと1ヶ月弱で、47歳になります。

 




 

さぁ、頑張っていこう~!

と言う人もいれば、

 

もう、ダメかも?

って思う人いるよね。

 

気持ちの問題だから、って言うけれど、

こんな風に思う高齢妊活者は多いはず。

 

病は気からだから、頑張っていこう~!

 




 

ですが・・・

 

ひょっとすると、46歳最後の卵胞採卵かもしれないのに・・・

 

アタシ、今回、

 

 

自然サイクルで臨みますっ!

 

 

えぇぇぇぇぇ!( ゚Д゚)

 

もう、諦めたんですか?

 




 

いえね、実は、胃カメラ決定したんです!

 

10月に胃カメラを飲むように、

胃腸科の先生に言われていたんですけれど、

 

胃カメラ飲める?
胃カメラ飲めるか飲めないか?その2(アメリカの厄介な保険、Detactuble編)

    9月の終わりに子宮内ポリープ除去のため内視鏡をしたばかりで、 10月、今度は、胃カメラを飲む羽目に。     立て続けに内視鏡・・・   問題 ...

続きを見る

 

アメリカの厄介な保険制度と、

アタシの保険がショボすぎて、先送りになってたんです。

 

だって、保険あるのに、胃カメラ飲むのに、

2500ドル前後かかるでしょうって言われて、

(年間のディダクタブルが高く設定された保険なので、

自己負担金が高くなっている。)

 

ほぼ、採卵と培養費(2750ドル)と一緒の値段!

 




 

ところが不思議なのよ。

 

採卵と培養費には、このお金を惜しみなく払えるのに、

胃カメラ飲むのには躊躇している自分がいて・・・

 

自分の健康よりも、

子孫繁栄の方がプライオリティー高いのかなぁなんて。

 

でも、自分自身が健康でなかったら、

子孫繁栄なんて出来ないんですけれど。

(超高齢の場合、健康であっても子孫繁栄が難しいのに。)

 

しかし、子孫繁栄のためにはお金は惜しまない!

 

とは言え、毎回30万円近いお金ですからね、

惜しまないで使っていたら、底を尽きるもんですよ。

 




 

と言うことで、勘違いした妊活思考回路を冷静に考え直して、

 

ほら、飛行機乗ってて、(コロナ以降、乗れなくて寂し~)

緊急事態の時、酸素マスクは、まず大人の自分が先に着用してから、

子供の酸素マスクを着けてあげる規定でしょ?

 

あれは、子供を優先に助けても、

自分が死んでしまったら、

子供のケアが出来ずに道連れで死んでしまわないように、

先に、自分のマスクを着けて、子供のケアをする。

 

(早く、マスクを着けて子供を守りたい!←そこかよっ!)

 

と言うことで、アタシもまず自分の健康を優先にし、

自分の身体に異常がないかをチェックしてから、

卵胞ちゃんに酸素マスクして育てるわ!(酸素マスク?)

 

ぶっちゃけ、この胃カメラ検診は、

逆流性食道炎の症状が見られたので、

異常がないかのチェックをするためのものなんだけれども、

 

薬飲んだら、症状もよくなったし、

胃カメラ、大金欠けて飲まなくてもいいかな?

とも思ったのだが、

 

ほら、9月に、大丈夫かもしれないけれど、

念のために、子宮内内視鏡で、問題ないかチェックしてみましょうって、

 

ホリープ発見されたからね!

 

だから、今回も、食道に問題あるかないかのチェックを、

念のために行います。

 




 

さて、胃カメラは、

 

12月8日に大決定!

 

現在は、胃カメラを飲む4日以内にコロナテストを受けてからじゃないと、

胃カメラも飲めないんだそうよ。

 

で、胃カメラは、無事に決定したんですけれど、

今月の採卵、どうするの?

 

もう、高齢妊活は、取れる卵は、取れるうちに取っておいた方がいい!

と、一般的には言われていますが・・・

 

アタシだって、出来れば、そうしたいんですけれど、

 

人生って、現実の壁があるね~。

 

採卵もして、胃カメラも飲んだら、

60万円近く、すっ飛ぶわっ!

 

アタシの年収いくらだよっ!

 




 

と言うことで、金銭的な事で採卵をスキップせざるを得ないんだけれど、

 

これね、採卵をしないと決めた自分の気持ちを、

本当にその決断でいいのか問いただしてみると、

 

年齢的には、その決断、キャンセルしてる場合じゃないけれど、

キモチ的には、迷いはなく、キャンセルで納得していた。

 

と言うのは、実は、前回の採卵の反省が頭をよぎる。

 

ポリープ除去やら、クリニックのミスで3回も採卵をスキップしたので、

これ以上採卵をスキップ出来ない!

と言う焦りから、前回の採卵に踏み切ったのだが、

 

同時に、ストレスからか、逆流性食道炎にもなってて、

胃カメラ飲めるか飲めないかの騒ぎもしていた。

 

そんな状況で、バースコントロールピルで、採卵前のプレップを始めたが、

全然、効かずに、バースコントロールピル飲んでる最中から、生理になり、

基礎体温も、バラバラで、

しかも、Day9で、採卵に至ってしまった。

 

そんなに短い卵胞期で、卵ちゃんが育つのは難しいぜ!

 




 

だから、精神的、経済的に、落ち着いて、

基礎体温も、安定させて、採卵に臨みたいと、

 

いや、そんな悠長なこと言ってられる年齢ですかと問われれば、

Yes,とは言えないお年頃ですが、

 

もう、強引に、Yes!って言いました。笑

 

この決断を下した後、

気分的には晴れやか!

 

しかも、今日、お掃除してたら、

こんなものが出て来た!

 

 

これ、ジョンさんと日本に帰った時に、

ジョンさんが、100均で買ったお箸だっ!

 

 

ぜひ、招いてくれ~

 

と言うことで、今日から、早速、縁起箸、使うわよ!

(ジョンさんが、お土産用に買ったのに。もう時効だからOK)

 




 

ということで、年末に慌ただしく、

ワタクシの身体チェック!

  • 11月30日 マンモグラフィ検査
  • 12月3日胃カメラ前のコロナPCR検査
  • 12月8日胃カメラ検査

ガッチリと、検査スケジュールを入れまして、

採卵はスキップです。

 

そのことを、不妊治療クリニックの担当医にメールで連絡すると。

いつも、前向きポジティブの主治医ドクターOだったが、

ついにこんな返信をして来た。

 

We can have you come in to see how the follicles are growing

but please keep in mind despite careful monitoring and good timing,

age is still a significant factor.

I still think the likelihood of success with your own eggs is 5% range.

 

モニタリングに来てもらって、卵胞の成長を見ることは出来ます。

ですが、注意深くモニタリングして、タイミングを計っても、

年齢は、最大の要因です。

私は今でも、貴方本人の卵での成功の確率は5%だと思っています。

 

貴方、あたしゃ44歳から妊活始めてますから、

この手の助言は慣れっ子ですけど、

 

47歳を目の前に、また念を押してきましたね、ドクターOよ!

 




 

このメールにショックを受けたわけでもないんだけれど、

 

現実を患者に伝えて、それでもやるかは患者次第、

で、それでもやるなら協力しますよと言うクリニックの姿勢は、

そりゃ、的確ですし、ビジネスです。

 

一瞬、

 

「ダメもとでも、やるなら手伝いますよ。(ビジネスですし)」

 

って言うクリニックの対応に、ネガティブになりそうになったが、

 

とりあえず、今回は、採卵スキップしてよかったと確信できた。

 




 

そして、ドクターは、警告のつもりで、5%と言ったのだろうが、

アタシは、その5%を、

 

「結構、チャンスあるじゃん!」

 

と思ってしまった。笑

 

しかも、スキップ決めたら、肩の荷が下りた。笑

 

前回のIVF失敗を経て、

胃カメラをクリアした後、

(特に食道に問題ないことを祈って)

 

引き続き、妊活生活で体調を整え、

不妊治療クリニックは、ホルモンと卵胞のチェックのためだけに利用して、

 

いや、金があったら、もしくは医療費が安かったら、

毎回、採卵したいのが本心ですよ。

 

しかし、現実に出来る範囲で、

自分でベストだと思う時に採卵も手伝ってもらう、

 

あくまで、不妊治療クリニックに頼り切らない体制で臨もうと思います。

 




 

なので、自分で出来ることは、

24日の生理周期を、なんとか正常に戻したい!

冷え性の改善!

 

何か、アドバイスあれば、よろしくお願い致します。

 

そして、ワタクシからも、ビックな妊活情報をご提供!

 

次回の、NYこりんごラジオでは、

米国登録栄養士をお招きして、

 

 

食と、栄養と、妊活についてお話伺いました!

明日11月15日(NY時間朝)オンエア!

お聞き逃しなく!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.