高齢妊活

高齢妊活を続けているわけ。(妊活者の本音。)

投稿日:2020-11-07 01:29 更新日:

 

まさかって、起こるんだよね。

未来なんて、誰も予想出来ないから。

 




 

もう目が離せない今年の大統領選挙!

選挙投票日から、2日経っても、まだ決着つかず。

 

朝起きたら、赤く染まったスイングステイツの、

ジョージアとペンシルバニアが青に変わってた!

 

 

まだ決定じゃないけれど、

バイデンがリードしたよ。

 

万年レッドステイトの、あのジョージアが、ひっくり返るってスゴイことよ!

 

そして、昨日までの統計で行ったら、

ペンシルバニアは、ひっくり返らないって思ってたら、

ひっくり返り返ってた!

 

 

人生こう言うことってあるんだよ!

 




 

だから、高齢妊活者の皆さん、

そのまさかで、ひっくり返して行こう!

 

高齢妊活者のキモチについて、今日は語ろうかなと。

 

みんな、近いうちに妊娠すると信じて体外受精してるじゃない?

 

誰も、そんな大金とストレス使って、

妊娠しないけど、とりあえず、なんて気持ちではやってないと思う。

 

少なからず、アタシは、毎回、次は妊娠するって思って望んでる。

 




 

よくね妊活コーチとか、アドバイザーとかが、

妊娠しないのは、貴方の脳がブロックしてるから、

とか言うんだけれど、

 

確かに潜在意識を変えればって、

それも分かるけれども、

 

ブロックしてたのに妊娠した人もいれば、

毎回、妊娠すると思ってて妊娠しない人もいるじゃない?

 

潜在意識に問いかけて、ブロックを外しても、

子宮内ポリープがブロックしてることもあるし、

 

まぁ、心身ともにパーフェクトじゃないと妊娠しないってことか。

 




 

高齢妊活は、確かに年齢がネックとなる。

 

それでも、妊娠出来るって自信があったから、

体外受精に進んだけれど、

 

他の、高齢ブロガーさんも、

同じようなこと言ってたんだけど、

 

高齢妊活っていつまで続くの?

 

そんな質問に答えはない。

 

まして、自分でない他人が、

そんなこと気にする必要もない。

 

決めるのは本人だから。

 




 

経済的に続けられない人もいれば、

卵胞が消えて続けられない人もいるけど、

 

それでも、そこで終わりにするかは、

本人にしか決められないこと。

 




 

妊娠するって望んでるから、

自分の思い描いたゴールを迎えてないから、

次こそって、

 

それで、アタシ2年が過ぎたよね。😅

 

アタシ、44歳から妊活始めて、

45歳前には妊娠するって確信めいたものがあったんだよね~。

 

しかも、45歳過ぎたら厳しいよね~、

とか言っちゃってて、

 

その厳しい45歳なんか、とっくに過ぎてて、

もう47歳になっちゃうじゃんっ!

 

でもさ、普通、失敗したら、

成功するまで頑張ったりしない?

(これアタシだけ?)

 




 

でね、その成功って、必ずしも、夢叶えることだけじゃなくて、

頑張っている途中で、その成功の形が変わって来てたりするわけよ。

 

妊活の成功って、妊娠することだけれど、

(いや、本当は、出産までしないとですが・・・。)

 

成功って、自分が、どれだけ存分にそれに取り組めたか、

にもかかってくる!

 

と思ってる・・・。

 




 

アタシ、20代のはじめに、スキーを始めたら、

すごく短期間で上達したのよ。

 

本当に楽しくて、

毎日滑りたいって思ってた。

 

しかも、もし、毎日スキー出来たら、

プロになれるかもしれないんじゃないかと思って、

 

目指せ、オリンピックで、仕事辞めて、山にこもったことがあったのよ。

(えっ、マジか?! 若いって、こういうことだね~。笑)

 




 

当時、歯科衛生士で、地元の病院に努めてたのね、

歯科医院勤務じゃなくて病院だったから、かなり待遇良くてさ、

 

そんないいポジション蹴ってまで、

無謀な夢に賭けちゃっていいわけ?

とか、思わなかったわけでもないんだけれど、

 

辞表出してたよね。笑

 

ワンシーズン、存分に毎日スキーを滑り続けて、

本当に、幸せな毎日を過ごせた。

 

シーズンの終わりごろ、

雪解けとともに、プロスキーヤーになる情熱も解け始め、

 

えっ、仕事辞めてまでも、スキーを選んだのに、

プロにならないんかい!

 

って、そんな結果は、どうでもよくて、

 

毎日スキーしたいっ!

って思いを叶えられたことにものすごく満足だった。

 




 

あの時、仕事も辞めず、スキーをしなかったら、

あぁ、あの時、スキーやってたら、

今頃はプロになってたかもしれないのに、

って、やらなかった後悔だけが残るんだよ。

(実際、やったからプロになれないって気がつけたし。)

 

その夢叶えるために、退職して、

失業保険もらいながら、スキー三昧したあと、

あっさり、また別の待遇いい病院に就職出来てさ~。

(これ、前の病院辞めてなかったら見つからなかったよ。)

 

しかも、ハローワーク通ってた時、

再就職しやすいようにって、手に職を付けるプロブラムがあって、

そのプログラムは国から補助金もらって技術や資格を取れたのよ。

 

国が学費出してくれるなら、使いたいじゃない?って

アタシが選んだのは、なんとなく、英会話カッコいいかも、

ってな安易でミーハーな選択。

 

そこから、海外にも目が向くようになったから、

あのスキー退職は、決して、夢かなわなかったわけじゃなくて、

 

好きなことして、しかも、何十倍にもなって、

違う形で夢が返って来たんだよね。

 




 

だからね、妊活に関しても、

後悔、残らないまでやろうかなと思ってる。

 

やらないより、やった方が、

自分が思っている形じゃないかもしれないけれど、

絶対に、得れるものあると思ってる。

 




 

何だろうね、また文字に表すと、誤解されるかもしれなくて、

批判的コメント来るかもしれないけれど、

 

みんなに、こりんごさん、めちゃくちゃ妊活頑張ってる!

って思われてるかもしれないんだけれど、

 

確かに、本人も頑張ってるとは思うけど・・・

 

どうしてそんなにポジティブでいられるんですか?

って、よく聞かれるんだよね?

 

別に、無理してポジティブに前向きに装ってるわけじゃないんだけれど、

 

ほんと、ゴメン、妊活本気で必死でやってる人に衝撃与えるけれど、

 

(誤解 発言、直前!)

 

 

アタシ、どうしても子供欲しいわけじゃないみたい。

 

 

えぇぇぇぇぇぇ!(゚Д゚;)

 

 

これ、かなり爆弾発言でしょ?

 




 

あんなに金かけて、時間かけて、ストレス抱いて、

子供欲しくないのに何で妊活してるんだよっ!

 

って、突っ込まれるよね。

 

子供欲しくないわけじゃないのよ。

 

だって子供いたら、絶対に自分が成長できるし、

もう、十分、自分の人生を楽しんだから、

子育てと言う名の、子供に学ぶ、子育てられを人生で経験出来たら、

とてもありがたいことだと思うんだよね。

 

妊活中なのに、ブログ毎日書いて、動画も上げて、

ラジオインタビューもやって、

それでフルタイムで働いてるわけだから、

もう、やることいっぱいあるわけよ。

 

だから、もし子供が出来なくても、

やりたいことって、きっとこれからもたくさん出てくるんだけれど、

 

子供がいたら、それは、また自分だけとは違う別な、

試練とか、忍耐とか、教訓とか、学びとか与えてもらえるわけじゃない?

 




 

アタシは、ドエムなのか、結構、ハードな道を歩みたがるわけよ。笑

 

再就職で、安泰していた、何の不満もなかったあの頃。

  • 将来安泰の職場ポジションを捨てて
  • 家族も友達も日本に残して、
  • 給料格下げ
  • 肩書格下げ(歯科衛生士から歯科助手)
  • 英語も話せず、

これで、28歳の時、渡米しました。笑

 

だって、困難な道の方が、歩んでて生きてる感じあるじゃない?

 




 

そんでもって、好奇心も旺盛だから、

女性しかなれない妊婦と言う体験、

 

貴方、一つの体の中に、2つの心臓があって、

2つの生命が一体化した状態って、

とてつもなく神秘的じゃない?

 

そんな体験、してみたいじゃないの!

 

(こういうことブログに書くと、

体験したいから妊娠するのかって怒られそうだけど。)

 

貴方のような人に、母親になる資格はありません!

とかも言われそうだよね。

 

親になる資格って誰が作ったの?

 

そう言うのって、実際に親になってから培われるんじゃないの?

 

だから、子供生まれた後に、

幼児虐待とかは、絶対的に親の資格なしで罪に問われるけれど、

 

妊娠もしていない人に、貴方は親になる資格がないって、

それはおかしな話だよね。

 




 

でも、今、ブログに書いて、自分自身を理解した。

なんで、こんなに妊活頑張れるのかな~って自分でも思ってたのよ。

 

だって、お金スゴイかかってんのよ。

 

読者が気にしてるから、ぶっちゃけるけど、

もう、300万円以上は余裕で超えてる~笑

 

子供いらないなら、そんな無理しないで~

とか、コメントしなくて大丈夫ですよ。

 

300万円以上つぎ込むということは、

やっぱり、子供欲しいってことでしょ~。笑

 




 

でも、お金の問題じゃなくて、

 

きっと子供が生まれたら、

苦労も喜びも、いろんなモノ与えてもらえて、

もっと人生勉強もさせてもらえるんだろうなって、

 

だから、妊活続けられてるんだと思うんだよね。

 

(いや、そろそろ、現実的に金銭面続かないぜ~。

卵胞も姿、なかなか現さなくなってきたし~。)

 




 

47歳になったら、さすがに、もう妊活も卒業かって?

いやいや、去年の今どきも、同じこと言ってたよね。笑

 

でも、43歳、47歳って、高齢妊活者の大きな壁だと思います。

(つうか、44からはじめたから、最初の壁、スルーしちゃってたけどね。笑)

 

あと2ヶ月弱で、今年も終わるし、

アタシも、47歳になっちゃうし、

今年の採卵チャンスは2回なんですが・・・

 

ここへ来て、アタシの妊活に、また波乱勃発!

 

えぇ、まさに、アメリア大統領選のように、

そうひっくり返るか?!

 

って展開に流れていきます・・・。

 

では、どんでん返しな妊活の行方は、近々、ご報告いたします。

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 

 




 

 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 

 




 

 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.