世界のニュース 高齢妊活

ニューヨーク婦人科検診その2(高齢出産と帝王切開の質問したよ。)

投稿日:2020-11-06 09:29 更新日:

 

 

ちょっと~、

アメリカ大統領選、まだ決まってないんですけれど~。

 

大統領選、裏話は、コチラから!

 

 




 

では、昨日の続き!

 

採卵後、1日でアブノーマルに受精して破棄された我が卵胞ちゃんの健闘を讃え、

すぐ様、婦人科検診に出かけた!

 

もう妊娠も意識して、今回は産科も兼ねている、

しかも日本人女性の殆どが、お世話人っていると言う、

お産大名こと、安西先生のところに、

ゲンを担いて行って来たのだ!

 




 

前回の記事で書いた通り、

 

お産大名
ニューヨーク婦人科検診!(大統領選はどうなった?)

  アメリカ大統領選の投票日の翌日。   夕べは眠れなかった人も多いと思います。   アタシ、妊活中なんで、睡眠大事! 結果待たずに寝ましたけれど、   翌朝に ...

続きを見る

 

NYのお産大名、安西繊細は、

噂通りのお人柄で、

 

婦人科検診は、お天気の話から始まり、笑

 

地元ニュースで、アタシのオフィスの近くの高層ビルのクレーンがスピンしてストリート封鎖された話や、

 

 

仕事の話しと流れ、

 

いつ検診に流れ込むのか様子見ていた。

 




 

「特に変わりはないですか?」

 

「仕事ですか?」

 

「いえ、まぁ、

でも歯医者さんも大変でしょうね。」

 

「あ、私自身ですか?

私は、至って問題ありません。」

 

今、婦人科検診に入ったんだ!

 

 




 

「先生、特に問題を抱えていることはないんですが、

申し上げておかねばならないことがありまして、

 

あと一ヶ月ちょっとで47歳になります。

ですが、今、体外受精をしていまして、

2年くらいになります。

 

実は一昨日、採卵して来ました。」

 

ほほう、と言わんばかりに、冷静に話を聞きつつ、

コンピュータに情報を入力していた。

 




 

「とちらのクリニックですか?」

 

「NHです。」

 

「あぁ、NHですね。

私も、そちらのクリニックは存じ上げてますよ。

どうですか、NHは?」

 

「いや〜巨大クリニックなので、

患者一人一人に向き合えないと言うか、

機械的で流作業な感じです。」

 

「どこも一緒ですよ。」

 

「やっぱり、そうですか?

でも、NYUは、コンサルテーションで正直に、

43歳以上はドナーエッグを使えと言ってくれましたよ。

(つまり、44歳以上は受け入れたくない感じでしたが。)

 

まぁ、私の場合、46歳ですけれど、

まだ妊活2年で、始めたの44歳ですから、

どこのクリニックでもドナーエッグ勧められましたけどね。」

 

「確率から言えば、高齢になるほど厳しくなりますからねえ。

ただ、あの費用は高過ぎますよね。

もう少し良心的な値段設定はできないんですかね?」

 

「そうなんですよ!

だから、もう卵とお金、どっちが先に尽きるか心配です。」

 




 

「先生は、不妊治療はされないんですか?」

 

「私は、やりませんねぇ。」

 

「でも、先生、不妊治療やったら儲かりますよ!

 

産婦人科がお産失敗したらクレーム来るけど、

不妊治療上手くいかなくても、妊活患者は文句言えないんです。

 

年齢やら、卵子の質やらで自分のせいみたいな。

それでも文句言わずに(言ってるけど)

お金貢ぐんですよ!」

 

「お産は、成功して当たり前。

不妊治療は成功しなくて当たり前、

成功したらラッキーと言うスタンスがありますからね。」

 

「そうなんです。

私も、年齢と経済的なことで、

本当に考えなくてはいけないと思ってます。

いつまでクリニックを儲けさせるのかと・・・笑」

 

「もう少し、不妊治療費が安くなるのを願いますよ。」

 




 

「ところで先生、このような高齢者でも出産まで行けますかね?

先生の患者さんに、こんな高齢者います?

高齢者のお産に立ち合ったことありますか?」

 

「ありますよ。

結構いますよ高齢の方。

でも45歳が最高齢かなぁ。」

 

「あ〜!45歳ですか!?」

 

やはり、46歳以上は、いばらの道ということだ・・・。

 




 

「じゃあ、私、先生の記録塗り替えて、

先生の初めての47歳出産患者になれるよう頑張ります!」

 

こりんご、しぶといのぉ~。

 

ははは。

と先生、照れ笑いなのか苦笑いなのか。笑

 

「先生、やっぱり高齢出産は帝王切開じゃないと無理ですかね?」

 

先生は帝王切開好きと噂もあったので、

思いっきり聞いてみた。

 

「いえ、そんなことはありませんよ。

その状況次第です。

若くても帝王切開の人もいますし、

一概に高齢だから帝王切開というわけではありません。」

 

おおお!

やっぱり噂は、ただの噂だった!

 




 

「それでは、先生の記録を塗り替えるためにも頑張りますので、

よろしくお願いします!」

 

とんでもない患者を引き受けてしまった安西先生。笑

 

先生の照れ笑いのような、苦笑いは続く。

 




 

「では、ホルモン剤とか、たくさん打たれてますか?」

 

「いえ、私は高齢すぎて、

薬に反応しないだろうと言うことで、低刺激法なんです。」

 

「あぁ、だからNHなんですね。

薬代が少し抑えられてよかったですね。」

 




 

「あ、9月の末に子宮内ポリープ除去しました。

それから2年前にも。」

 

「おや、病院で手術されたんですか?

となるとまた高額な費用がかかったでしょう?」

 

「最初の除去は病院でやったんですが、

とんでもない請求書が届きました。

 

2回目は、NHの院内で出来たのでCoPay(負担金だけで済みました。

全く同じ処置なのに、こんなに値段が違うだなんて、ビックリですよ!」

 

「あの仕組みも、ちょっとアメリカ信じられないですよね。」

 




 

「実は、私、逆流性食道炎になったため、

胃カメラも飲まなくちゃ行けないんですが、

これまた、超高額で・・・

私の保険のベネフィットが悪いので、

年間のディダクタブルが、めちゃくちゃ鬼のように高いんです。」

 

詳しくは、コチラの記事で。

 

アメリカの保険制度
胃カメラ飲めるか飲めないか?その2(アメリカの厄介な保険、Detactuble編)

    9月の終わりに子宮内ポリープ除去のため内視鏡をしたばかりで、 10月、今度は、胃カメラを飲む羽目に。     立て続けに内視鏡・・・   問題 ...

続きを見る

 

「ということで、新しいディダクタブルになったら、

胃カメラ飲んで、バカ高いディダクタブルを払って、

2021年度の医療費上限を払いきって、その年に出産!

出産費用もタダで、

47歳で最高齢出産で先生の記録も塗り替える!

これを目指してるわけですよ。笑」

 

先生の照れ笑い、いや、もう苦笑いに完全に変わってる。笑

 




 

45歳で、実際に、安西先生にNYでお産取り上げてもらっている人がいる事実は、

NY妊活クラブのアラフォーのメンバーの皆さんには励みになるよね。

 

では、45歳以上のみんなの励みになるよう。

47歳で安西先生にお産取り上げてもらえるように頑張るわ!

(つうか、まだ妊娠もしてないのに~。)

 




 

他の、高齢ブロガーさんも、同じようなこと言ってたんだけど、

 

アタシ、44歳から妊活始めて、

45歳前には妊娠するって確信めいたものがあったんだよね~。

 

しかも、45歳過ぎたら厳しいよね~、

なんてぬかしてやがったんだけど、

(いや、既に十分厳しい年齢だっちゅうの!)

 

その45歳を過ぎても、

 

全然、妊娠してなかった!((((;゚Д゚))

 

先を見て、この歳になったらって思ってるのに、

その歳になると、まだイケルでしょ?

 

ってどこからその確信来るのか?

 

それどころか、妊活根性図太くなって、

46歳で妊活中、47歳で出産しますとか言っちゃって、

 

だから、44の時は45まで!

45になれば、46までって、

 

47になったら、そりゃ48までって言うよね。笑

 

何、この上限引き上げは?! (苦笑 アンザイ)

 

そりゃ実質、卵胞なくなったら打ち止め (←すまん下品な表現) なんだけど、

 

じゃあ、次回は、ここら辺の、

アラフィフの妊活継続か、卒業か?

 

この妊活者のキモチを、

また別でブログするわ!

 




 

そうそう、婦人科検診で、妊活者、妊婦に、

もう一つ参考になるかもしれないことをしぇあするわ。

 

ドクターとの診断が終わった後、

診察だったんだけど、

 

乳がんの触診と、子宮頸がんの検査で、

 

股を広げて子宮内の組織をちょっと取るついでに、

 

実は、アタシ、こんなことまでブログで公表しなくてもいいんだけど、

 

慢性の痔があるんだよね。

 

別に痛みも全くなくて、

何の問題もないんだけれど、

 

肛門の絞り口のヒレの一部がピロっと出てるのよ。

 

アタシ、便秘とかないから、多分、痛みが出ないのかもしれないんだけれど、

 

快調すぎて、1日3回以上便通もあるくらいよ。

 




 

だけど、時々、快便と共に、

ビックリするくらい鮮血が出てることがあって、

 

快調に出過ぎで、ピロピロが切れた?

 

昔、肛門科に行ったら、特に手術する程ではない、

痛みが出た時のためにと薬だけ処方されたんだけど、

痛み出ないから、薬も要らず、

でも手術してないから、ピロリンは常に

Helloって顔出してるのよ。

 

アタシ、快便過ぎるので、踏ん張って力んだことないんだけれど、

お産って、めっちゃ力むんでしょ?

 

アタシのピロコが、お産時に出血したら大変かしらと思って、

 

お産前に、痔の手術で、

Helloピロリンを切除した方がいいのかしら?

って思うわけですよ。

 




 

それで、先生が子宮頸がんの検査してる時、

 

上から下に向かって、

 

「先生〜!

私、痔もあるんですが、」

 

「そうですね、少し出てますね。」

 

「お産前に切除手術した方がいいですか?」

 

もう、出産する気満々やんっ!(苦笑)

 

「痔と、出産は、全く別です!」

 

「じゃあ、手術しなくてもいいってことですか?」

 

「痛みないなら、まぁ、

ご本人次第です。

ただ、出産のためには必要ないです。」

 

そうなんだ〜

 




 

出産前の安定期に、歯の簡単な治療やクリーニングは勧めるけど、

 

痔、関係ないんですってよ!笑

 

痔を患っている妊活者の皆さんに、

それはシェアしておこうと思って、

痔までブログ公開!(苦笑)

 

ピロリンが、手術なしで、内部に戻れる、

もしくは、普通の肛門になれる方法、

知っている人がいたら、情報提供よろしくお願いします。

 

ちなみに、2年前に、ウチにもウォシュレットやって来たよ~。

 

 

それでも、ピロリンは、Helloしたままです。

 




 

では、病は気から、

妊娠も気から、

 

ってことで、この際、とことん妊婦になること洗脳のため、

 

こちら頂いて来ました〜!

 

 

出産準備クラスの前に、

受精準備クラスで、卵子の質あげて、卵巣と子宮整えなくちゃだけど。

 

縁起くらい担がせて〜。笑

 




 

それでは、本日の動画は、

あらま、コロナ後初の旅行の思い出も、もう先月の事かぁ~。

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

    

 

 

-世界のニュース, 高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.