世界のニュース 高齢妊活

精子バンクとRBG(米国最高裁判事の死から学ぶ)

投稿日:

 

 

アメリカでは、ショッキングなニュースが立て続けに・・・

 




 

まずは、妊活者としては、もう気が気でない、このニュース!

 

コチラ!

 

 

詳細の英語ニュースは、コチラ!

Daily Mail.com

 

本人が謝罪インタビューを受けて謝罪してるんだけれど、

それをポッドキャストで有料で聞けるのよ!

でも、お金出して、こんな人の謝罪聞きたくないよ。

 

 




 

これは、アタシにとっても、かなりショックな事件!

 

現在、妊活中だけれど、

 

アタシ、39歳の時、もちろん、まだ独身で、

当時、この人の子供を産みたいと思うパートナーもおらず、

でも、40までには子供産まないとヤバイでしょって焦りから、

精子バンクで精子を買って、

シングルマザーになろうと思っていたことがあった。

 

そう、あれは、2013年の事だったから、

この偽りの精子ドナーは2000年~2014年まで提供してたから、

アタシが、ドナー精子を希望していた年と一年被ってて、

マジ、他人ごとじゃないっ!

 




 

当時は、妊活の知識なんて、全然なくて、

卵子凍結するとか、不妊治療クリニックに相談するとか思いつかなくて、

精子バンクで精子を買ってシングルマザーになる選択肢しかないと思ってたのよ。

 

でもね、精子バンクで精子を買うのって、

なんか、条件だけで、種を選ぶって、どうよって思ってた。

 

いや、条件だけでもいいんだけれど、

もっと、生身の条件を見て選びたかった。

 

だって、精子だけ渡されても、

本当に、その精子が、その条件の人かなんてわからないし、

 

お見合い写真見ただけじゃ、相手のこと分からないでしょ?

だから、実際にお見合いするじゃない?

 

精子バンクで、精子ドナーの顔写真とか見て選べるのかは分からないけれど、

その精子ドナーとも、実際お見合い出来たらいいなって思ってた。

 

でも、それじゃ、精子ドナーのプライバシーの問題とか出てくるだろうから、

ビジネスにもならないのかもしれないけれど、

 




 

アタシにとっては、どんなにハーバード出の医者や弁護士でも、

高収入、高学歴、高身長と条件が出ていても、

 

実物を見ない限り信頼できないとなと、

 

きっとドナー精子は、値段も高いだろうと思ってたから、

精子バンクから精子を買う気にはならなかったんだけれど、

 

今、ドナー精子の値段調べたら、

大体、900ドル~1000ドル (10万円前後)なんだって、

 

うん、安くはないけど、高くもないんじゃん。

 




 

でも、やっぱり条件が良くても、

全く知らない人の精子って、

アタシにとっては、ハーバードだろうが東大だろうが、

どこの馬の骨か分からん!に値するわけよ。

 

でも、例えば、福山雅治の精子ですとか言われたら、

グラっとしちゃうし、笑

 

(いや、福山雅治のドナー精子って言われたら、逆に胡散臭いけど)

 

でも、本当に福山雅治の精子だったら、

2000ドルの価値が付いてても、検討しちゃうかも。

 

(もっと高く設定しないと福山に失礼じゃない?)

 




 

あぁ、やっぱり条件やブランドで、精子の値が上がるのは理解できる。

 

まぁ、実際には福山のドナー精子も存在しないし、

一般の精子バンクは、なんか信用できないと思って、

 

だから、ものすごく仲のいい友達だけれど、

恋愛対象にはならない大事な友達がいたのよね。

 

その子に、「精子くれないか?」って頼んでみたのよ!笑

 

彼は、顔も整ってて、頭もよく、高学歴で、人当たり良し、

性格も悪くないが、家庭には向かない、自由奔放なアメリカ人。

 

絶対に結婚願望もない、子供も欲しがらないタイプ。

この点は、精子ドナーとしては最高である!

 

しかも、仕事は弁護士だったから、法的手続きもきちんと取れそうな、

めちゃくちゃ精子ドナーになってもらうにはパーフェクトな友達がいたのよ。

 

アタシ、39歳の時は、まだ永住権の申請中の身だったから、

子供だけは、アメリカ国籍取れるように、

アメリカで出産すれば、アメリカ国籍ですけれど、

念のために、精子ドナーもアメリカ市民であることが条件だから、

めちゃくちゃいい友達持ってるなって、感謝したよ。笑

 




 

ほらね、精子ドナー使う時って、

めっちゃ、条件って気にするわけよ!

 

とは言え、

 

そのドナー友達には、

 

「いつか、本当に一緒に子供を作りたい相手が出てくるから!」

 

と、諭されたり、

 

自分の中でも、ドナー精子を使うことに、躊躇があったのか、

シングルマザーでNYで生きていけるか、そんな心配があったのか、

なかなか、一歩踏み出せないでいた。

 

結局、40歳になった時、永住権も取得出来ちゃって、

その後、ジョンさんに出会っちゃったんだよね。

 

だから、精子ドナーの件が流れちゃったんだけれど、

 




 

でね、そんな経験があったので、

アタシ、今回のニュースにもう、めちゃくちゃ反応してしまって!

 

39歳の時、精子バンクを考えた時、

条件のいい精子がいいけれど、

条件が高くなれば、精子の値段も上がるだろう。

福山雅治の精子に倍値付けてもいいように。

(もっと高めに設定してください。By アミューズ 福山の事務所)

 

だけど、その精子が、本当に福山の精子かなんて、

どうやって見分けるのか?

 

やっぱり、条件だけで、知らない人の精子は不安だ!

と、思った自分は間違いではなかった!

 




 

たまたま今回、精子バンク側のミスで、

精子ドナーの名前が漏れてしまって、

その精子を購入した人たちが、

精子ドナーがどんな人か気になってバックグラウンドを調べ上げたら、

条件の偽りがバレてしまってのである。

 

福山雅治の精子だと信じて精子を購入したのに、

福川雅吉が生まれたようなもんだ。

 

(もう、福山雅治を引っ張るのは、やめてください!)

 




 

今回の、この偽り条件の精子で生まれた子供は36人だそうで、

 

もちろん、お腹を痛めて産んだ雅吉だから、(雅吉も、やめてください!)

今更、思っていた精子と違うからって、その子に注がれる愛情は変わらないとて、

 

ビジネスとして、お金を支払っている限り、

それに見合ったサービスの提供がされていなかったとなれば、

当然のごとく、訴訟問題になっております。

 

今回、精子バンクが、精子ドナーのバックグラウンドチェックをしていなかったという事実が暴露されたわけだけど、

つまり、他の好条件精子だって、嘘の条件で売られている可能性は大いにある。

 




 

男は種を撒くだけだけど、

女は、その撒かれた種の強い種を選んで子供をみごもるわけで、

 

条件のいい精子を選んで子供を産むという行為は、

自然の本能だよ。

 

だから、精子バンクで、選りすぐりの精子を選ぶことだって、

それは、本能の一環だよ。

 

でも、今後、精子バンクを利用して、子供を産もうと考えている方、

こういった事件があったので、慎重に考えてみてください。

 




 

条件のいい精子は、お金で買えるけれど、

 

で、アタシも、子供を持つなら、

条件のいい精子で産みたいと思っていたけれど、

 

最終的に選んだ精子は、コチラで、

 

(どうですよ、このダイアモンドヘッドからの朝日に負けぬジョンさんスマイル。笑)

 

顔がいい? 高学歴? 高収入?

条件、全部ひっくり返した気がするけれど。笑

 

お金ではない何かで、

その条件ってひっくり返るもんだなと実感。笑

 




 

まぁ、人生って、タイミングだから、

その時の決断が、全てで、意味はあるから。

 

39歳の時に、ドナー精子に踏み切らなかったのも、

この精子に出会うためだったのかと、

後付けだけど、そう思う。

 

タイミングが遅すぎたんだけれど、

それにも意味があるのかなと、

 

46歳と9カ月の卵子が、老化で苦戦している。

 

ただ、今は、出来ることを頑張るんだけれど、

子供が出来ても、出来なくても、

 

それも未来に繋がってるんだろうな。

 




 

精子ドナーの話が出れば、

年齢的にも、ドナー卵子の話も出るわけよ。

 

46歳なんて、絶対にドナーエッグを使うことを勧められる年齢なんだけれども、

まだ、自分の中では、周りの意見だけでドナーエッグに移行できない自分がいてね。

 

妊活者は、いろんな思いで妊活を頑張っている。

 

本当に子供が好きで、妊娠して、出産して、母になりたい人は、

ドナーエッグは、素晴らしい選択だと思うよ。

 

ただ、今の自分には、母になりたいから。

何が何でも子供が欲しいから。

 

そういう理由で妊活しているわけではない。

 

子供は嫌いではないが、もう大大大好き!

ってわけでもない。

 

多分、人生に子供がいたら、一緒に成長出来てって、

楽しみは増えるだろうけれど、

 

子供がいなくても、自分の人生を謳歌は出来るであろう。

 




 

よく、ジョンさんの子供が欲しいなら、

ドナーエッグを使えばと、勧められるけれど、

 

ジョンの子供が欲しいのではない、

ジョンとアタシの子供が欲しいのである。

 

アタシは、このアメリカに、

自分と血のつながった家族を作りたいという思いから、

妊活がスタートしてて、その思いは変わってはいないのよ。

 

それじゃ、まるで、こりんご中心で、

ジョンさんの思いはどうなるんですか?

自分だけが子供欲しいので、妊活してるんですか?

って、自分勝手に聞こえるだろうが、

 

ジョンにも、アタシの卵子で貴方の子供を作れないかもしれないことは説明してある。

 

そして、ジョンだって、自分の子供が欲しければ、

他の若い女性と付き合うというチョイスもあるわけで、

 

しかし、ジョンさんは、子供が欲しいから、

アタシと付き合ってるわけではなくて、

 

子供がいなくても、一緒に生きていきたいって、

 

(あら、やだ、もう将来誓いあってるじゃないの!笑)

 




 

ジョンさんは、アダプションはいいけれど、エッグドナーは反対なのである。

 

ということで、現在は、両者一致でエッグドナーには踏み切っていない。

 

ただね、人間の感情なんて変わるものだから、

今、頑張って妊活してて、

今現在の自分のキモチは、こうであっても、

来年、再来年と、気持ちが変わって、

ドナーエッグを使っている未来の自分がいるかもしれない。

 

そう、39歳の時、ドナー精子を使うぞ!

と思っていた自分がいたように。

 




 

あ、今日は、精子ドナーの話だったのに、

随分、それたね。

 

アタシね、自分の妊活を、自分の記録の為に、

ブログでも公開してたんだけれど、

2年近くが経って、妊活の世界を少し見れた気がするし、

妊活に、アタシだけじゃなくて、

たくさんの人たちが一喜一憂して頑張ってることも知れた。

 

アタシが、自分の妊活を発信することで、

妊活者の皆さんが、共感してくれたり、情報提供してくれたり、

このブログがキッカケで、体外受精にステップアップしました!

卵子凍結しました!そんなお知らせを聞くと、本当にうれしくて、

 

そう言うアタシも、読者の皆さんに励まされ、

体外受精にステップアップ出来たから、

 

キツいコメントもいただくけれど、

それも、逆に愛のムチだと思い込んで、

何クソで頑張れる、

 

だから、偉そうなんだけれども、

妊活者に有効なコミュニティーと言うか、

どういった形でもいいから、何か役に立ちたいというか、

何だろうか、めちゃくちゃ言葉に出来ないんだけれど、

 

ムクムクと、思うことがあったのよ。

 




 

そんなことを考えていたこの頃だったんだけれど、

 

そう、アメリカで、今、衝撃的なニュースがっ!

 

RBGの死去。

 

アメリカ最高裁判事の一人で、リベラル派で、女性や人種的少数派の権利向上に功績があり、

若者を中心に偶像視される存在だった RBGこと、ルーズ・ベイダー・ギンズバーグ。

 

彼女を失ったアメリカは、今、大変なことになってるのよ!

 




 

RBGが、どれほど偉大で、アメリカが、彼女を失ったことでどんな危機にあるのかは、

ハフポストさんが日本語でまとめてくれてるので、コチラで確認してね。

 

彼女の名言は、いろいろあるんだけれど、

この言葉に、もう、アタシ、ガツンと来たね。

 

 

「自分にとって大切なことに対して戦いなさい。

でも、それは他の人が自分に賛同してくれるようにリードしていくのよ!」

 

もう、この言葉が、そのまま、今のキモチを表してくれている。

 




 

妊活を、はじめは一人で戦っているような気がしていた。

 

妊活に、あまりにも無知だった自分が、

妊活を始めるには遅すぎる年齢で、

とにかく信じて前進していった。

 

そこに、同じような妊活者たちや、妊活卒業生、

たくさんの人が賛同してくれて、

たくさんのコメントや意見、アドバイスを頂けるようになった。

 

一人じゃないんだって、励まされたし、

 

アタシのブログを読んで、

自分もステップアップしました!と言うメッセージもいくつもいただき、

知らないうちに、誰かの背中を押せていたのが嬉しかった。

 




 

でも、自分の背中を押してくれたのは、

そう言った周りの賛同してくれた人たちだった。

 

妊活は、言うほど簡単じゃないし、

もう、これでもか、これでもかって、行く手を阻む。

 

そんなイバラの道を、少しでも柔らけられるような、

 

いや、アタシが、妊活者を全員妊娠させられる魔力とかあるわけじゃないし、

妊活者への公的考慮をしてあげられるような権力もないんだけれど、

 

だから何もしないんじゃなくて、

 

何かすら発信していくことで、

 

ちょっと検査受けてみようかな?

ちょっと食生活変えてみようかな?

 

そんな風に、誰かに、ちょっとの変化を与えられたら、

アタシの配信は、無駄ではなかったんじゃないかなと思うし、

 

なんか、めちゃめちゃ偉そうだけど、

RBGの教えに、全う出来てるんじゃないかなって。

 




 

これを、みんなが、そんな風に思って生きて行ったら、

すごくいい世界が出来上がっちゃうよね!

 

自分一人なんて、何もできないかもしれないし、

個人なんて本当にちっぽけだもん、

 

アタシだって、マジ、でかい事やりたいのに、

あまりに自分が小さすぎで出来ないこの歯がゆさ。

 

でも、はじめから、何か大きいことをやろうと思うから、

自分の小ささに打ちのめされちゃうんだよね。

 

自分が、大事にしていることから、

自分が、出来ることから、

 

はじめてみよう。

 

ありがとう、RBG。

 

今週の木曜日、内視鏡で子宮の中を検査してきます。

 




 

では、本日の動画は、

9月の日曜日、ウチのサンシャインと、

ちょっと、おでかけしてきましたよ。

 

 

妊活の皆様、妊活卒業生の妊婦の皆様、

デンタルフロスで、妊娠性歯周炎の予防しっかりと!

 

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

NYや海外で活躍する日本人の皆様のインタビューの他に、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子や、

自宅待機の様子など、毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

    

 

 

-世界のニュース, 高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.