とんでもアメリカ生活 高齢妊活

不妊治療2周年記念!(妊婦さん達へのメッセージ)

投稿日:2020-09-18 08:35 更新日:

 

 

9月は、不妊治療アニバーサリーなのよ。

 

 

懐かしいね〜。

2年前の9月15日に、初めて不妊治療の門を叩いたんだね。

 

当時44歳。

妊活界の右に左もわからず、

ただ、クリニックからの膨大なインフォメーションに、溺れて流されてたあの頃。

 




 

マジ、浅はかなくらい、可愛い妊活初心者、

でも44歳。😅

 

 

ステップアップの体外受精は、

その8か月後の45歳になってからと、

これまた出遅れてね~。笑

 

過去のブログを読むと、

まるで不妊治療の知識のない若葉ちゃんである初々しい自分!

 

自分も成長したもんだと、

目を細めて、当時を振り返える、

 

 

って、おいっ!

 

目、細めてる場合じゃねぇ〜ぞっ!!!

 

 




 

出だし遅れたのに、

(44歳からのスタート、しかもIUI 笑)

 

もう47歳目の前だっつぅ〜にっ!!!

 

あぁ、アタシ、どう流れていくんだろうか?

(あ、流れるなんて、縁起が悪い!)

 

Anyway、

 

今日は、不妊治療クリニックアニバーサリーなので、

 

久々に、こりんご歯科医院オープンしちゃう!

 

(なんで?)

 




 

実は、妊婦さんから歯科治療の相談メッセージが届きました。

 

「はじめまして。

私、高齢妊婦、インプラント、初NYのハル(仮名)と申します。

これらの検索でこりんごさんにたどり着きました。

NYのドクター選びについてアドバイスいただけませんか?」

 

アタシのブログって、

  • 高齢妊娠
  • インプラント
  • NY

そんなワードでみんな流れて来るのね〜。

 

妊娠、妊娠って、

この願望が文字に現れてるんで、

グーグルで引っ掛けてしまってすみません。

でも、まだ高齢妊活中です。

 




 

しかし、インプラントのドクターって、

胚移植のドクターか?

歯のインプラントのドクターか?

 

以前にも、別の方から、

妊活のクリニック探しで相談に乗って欲しい

と言うメッセージもらうこともあったんだけど、

 

アタシのブログ読者なら、

これまで、アタシは、自分でいろんなクリニックに、

コンサルテーションに行ってドクターを選んでいることは知っているはずで、

(それは1年半前の出来事だけど。)

 

まして、アタシ、専門家じゃないので、

そう言った相談が一番困るんだな。

 

だって、クリニック選びって、

自分に合ってるから、他の人にも合うとは限らないし、

年齢や、AMH、治療方針、みんな違うわけだから、

 

本当に、こればっかりは、自分で選ぶしかない!

 

もしくは、素人じゃなくて、

専門家に相談した方がいいから、

不妊治療クリニックのドクターの相談だったら、

NY不妊相談センターStork Talks の山野辺千沙さんを紹介しているのだが、

 




 

ハルさんは、

 

「高齢妊婦です。」

 

と言っている。

 

妊活ブログを発信しているアタシに、

妊婦さんが相談して来るって、どう言うことか?

 




 

「すみません、胚移植の不妊治療クリニックのドクターでしょうか?

歯のインプラントを入れる口腔外科医でしょうか?」

 

「デンタルインプラントと、

前歯のポーセレンの治療のことで悩んでいます。

 

1、既にインプラントは歯を抜いて骨まで入れました。

妊婦なんですが、歯を6本も抜いたので驚いたのと、

NYの歯医者さんについての知識が全くなくて、

このまま、ここで治療を続けていいのか心配になりまして。

 

2、上の前歯12本をオールセラミックにしたいのです。

こりんごさんのように綺麗な歯でなく、歯がボロボロなので😢

あればおすすめの医院を教えてほしいです。」

 

 

 

えぇぇぇ!!!( ゚Д゚)

 

 

ちょ、ちょ、ちょっと待ってっ!

 

妊婦さんだよね?!

 

なんで妊娠中に6本も歯を抜くねんっ!

 

多分、アタシのブログ読者ではないのであろうが、

妊婦さんだから、放っておけない!

 




 

アタシ、妊活ブログだけれど、

 

妊活卒業生で、妊婦になっても引き続きブログを読んでくれている大事な読者の貴方も、

アタシのブログ読者じゃないけど、高齢妊活、妊娠のワードで、たまたま流れて来た妊婦さんも、

 

 

全国の妊婦さん、よく聞いて!

 

 

妊娠中に出来る歯科治療は、

 

 

応急処置と歯科クリーニングのみです!!!

 




 

痛みがあったり、出産まで待てない処置は、

産婦人科医と密に連絡を取り合って、

安定期に処置します。

 

歯科クリーニングは、アメリカ(ウチのクリニック)では、

セカンドトライメスターの13週〜14週と、

安定期の終わりの28週の2回を勧めてるよ。

 

日本だと、安定期の5ヶ月~7ヶ月の間にクリーニングを勧めている感じだった。

 




 

妊娠するとご存知に通り、

ホルモンバランスの変化と、つわりなどで、

妊娠性歯肉炎を起こしやすいのよ!

 

歯の話になると長くなっちゃうけど、

簡単に話すと、

 

妊娠性歯肉炎は、低体重児や、早産の原因になることがあるのよ。

 

ともあれ、歯科治療は、精神的負担も かけないように、

緊急のもの以外は、出産以降にすることを勧めるのに、

 

ハルさんは、安定期だそうだが、

妊婦の歯を6本も抜くなんて!

 

そんなデンティストがいるなんてっ、

メッチャ驚きと言うか、ショックだったよね。

 




 

産婦人科医は、6本抜歯を許可したのか?

と伺ったら、

 

「一応、産婦人科医からの許可も出たので、

驚きながらも抜きました。」

 

 

えぇぇぇぇぇぇ!!!!

 

 

産婦人科医、許可したんかいっ!!!( ゚Д゚)

 

 




 

もう一度言う!

 

妊娠中に出来るデンタル処置は、

安定期の歯のクリーニングと、

本当に最小限の治療のみ!(応急処置のみ!)

 

確かに、前歯を6本も抜いたら、見た目も気になるから、

12本、オールセラミックの歯を入れたいんだろうけれど・・・

 

「いえ、説明が悪くてすみません。

抜いたのは奥歯6本です。

どうやら、日本でやった神経治療が上手く出ていなかったようで、

前歯は、審美的にやり替えたいのです。」

 

 

ぎょぇぇぇぇ!!!

 

 

奥歯抜いちゃったんかいっ!

出産時、奥歯なしで、どうやって力むんだっ!

 

なぜ、なぜ、なぜ、なぜ!!!

(なぜの嵐、By 吉沢秋絵 おニャン子クラブ)

 

なぜ妊婦の奥歯を6本も抜くんだっ!!!

 




 

抜歯って、最終手段なのよ!

確かに日本の神経治療は、一般歯科医がやるから、

イマイチな根管治療が多いのは確か。

 

それに比べて、アメリカは、全ての処置を専門医がやる。

根管治療は、ルートキャナルドンティストが、

難抜歯やインプラントは、オーラルサージョンが、

矯正治療は、オルソドンティストが、

虫歯の治療は、ジェネラルデンティスト (一般歯科医)が、

 

ともかく、どういった事情で抜かれてしまったのかは分からないが、

根管治療が、上手く行ってなくても再治療するとか、

出産後まで待てない理由とかあったのか?

 

ハルさんも、さすがに妊婦なのに6本も歯を抜かれ、

きっと、必死でググって、こりんごを探し出したのであろう。

 




 

日本人の、海外在住の皆様、

日本人は、相手を重んじる人種で、

特に、目上の人や、シニア、

そして先生、ドクターには敬意をもって、

服従してしまうところがあるけれど、

 

 

医者の言う事を鵜呑みにするなっ!

 

 

ドクターは、あくまで、提案者!

自分が納得いくまで、質問すれば、答えるのもドクター。

 

ドクターの言いなりに、じゃぁ、そうします。

って簡単に言っちゃう人が、日本人には多すぎるけれど、

 

それで、よく、デンティストにこう言われてやったんですが、

自分では納得いってないのに、歯科医師の言うがままに治療されて、

あとで、どうしたらいいですかと、

アタシのような第三者にアドバイスを求める人、

これまでも、結構いたのよ。

 




 

でもいいですか、アタシに質問じゃなくて、

ドクターに納得いくまで質問しても、全然、失礼に当たらないから、

どんどん、ドクターに Why? Why? How?って質問しまくってください。

 

それでも、納得いかない場合は、

アタシに聞くんじゃなくて、

別のドクターに、セカンドオピニオンをもらうことです。

 

2~3件のドクターにセカンドオピニオンをもらって、

そこから、自分の納得した答えを出すならいいけど、

 

1人のドクターに納得いかないまま治療させたらダメです!

 

ググる前に、セカンドオピニオン!

 




 

質問内容は違えど、

こんな処置をされて、困っています!

だから、いい先生を紹介して下さい。

 

という質問は、本当に多くて、

 

アタシ、そのドクターのアシストすれば、

大体、そのドクターの腕前とか分かるけれど、

 

NYC中のドクターのアシストしたわけじゃないから、

どこのドクターがいいかなんて、見てもいないで紹介できないのよ。

 

そこは、理解して欲しい。

 




 

とりあえず、今回のハルさんには、

 

前歯は、審美的な事なので、無事に出産するまでは、やり替えない方がいい。

正直、見た目の前歯より、出産の方が大事だ!

 

歯科治療なんて、妊婦さんにはストレスの何物でもないもの!

とにかく、無事に出産してくだされっ!

 

抜いてしまった歯については、もう元には戻せないけれど、

妊娠中に、インプラント手術なんて、やる先生がいたら、

どんなドクターなのか、こっちが教えて欲しい!

 

せめて、歯を抜く前に、連絡して来てほしかった・・・。

 

ハルさんが、無事に、出産出来ますように!

(ついでに、こりんごも、妊娠しますように!)

 




 

では、本日の動画は、

 

まだまたコロナは続くけど、

ご近所さんニュースで、日常問題をレポート!

 

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

NYや海外で活躍する日本人の皆様のインタビューの他に、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子や、

自宅待機の様子など、毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

    

 

 

-とんでもアメリカ生活, 高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.