高齢妊活

46歳、IVFなタイミング法!(カラダからのサインを逃すな!)

投稿日:

 

貴方のカラダに聞いてごらん?

貴方のココロに聞いてごらん?

 

不思議なほど、やっぱ人間って動物だ!

 

人間は賢すぎて、思考が働き過ぎて、

本来の自然のサインを聞き逃がしがちだ。

 

鈍感なアタシが目の当たりにした事実。

 




 

40代も半ばを過ぎると、

めっきり性欲がなくなっていた。

 

そんなアタシが、珍しく、

この週末ムラムラとしていた。

 

土曜日の朝、シャワーを浴びていたら、

ものすごくノビのいい透明なおりものが、

いつも以上にガンガン出ていた。

 

まるで、何かを欲しているようだった。

 

日曜日は、性欲をハッキリと感じて、

久々に、妊活のタイミングで義務的に交渉をするのではなく、

単に快楽として したいなぁ、と思うほどだった。

 




 

ただ、人間の老化って恐ろしい。

 

日曜日は、パークに行って、久々に友達とピクニック!

 

 

よく歩き、よく遊び、

よく太陽にも当たったので、

 

家に帰って来たらグッタリ。

 

日光に当たり過ぎると、本当に体力消耗しやすくなってて、

夕方帰宅すると、

昼寝と言うよりは、夕方寝?

 

もう、ご飯もろくなもの食べずに、

ずっとゴロゴロしていた。

 

そう言えば性欲あったけど、

明日、不妊治療クリニックにモニタリングだし、

 

今日は疲れたからいいか〜。

 

と、性欲を放置してしまった。

 

滅多に起こることにない大事な性欲だったのに、

この時は、後で後悔することになるとは思ってもいなかった。

 




 

翌日の月曜日。

 

レイバーディで祝日。

 

あれ?

 

基礎体温が、36.63と中途半端に上がってるんですが?

普通、36.35 前後から、36.75 〜36.8くらいまで一気に上がるのに、

何、この中温期は?

 

あぁ、老化かなって、

(何でも異変があると老化のせいにしてしまう悪いクセ)

 

とりあえず、普段通りにクリニックに通院。

 




 

ホリデーだから、おやつとかグレードアップしてるかも?

 

 

 

してねぇ〜よっ!

 

チェッ、

ゴールドフィッシュかぁ。

 

 

アタシ的にはグレードダウン。

出来れば、クッキーとかチョコレートの方がよかったと、

無料おやつにケチをつける。笑

 




 

今回のサイクルは、すったもんだしていた。

 

移植に失敗して、1ヶ月お休みしての復帰だったが、

急に内視鏡の検査をしようと持ち掛けて来たクリニック。

 

ポリープを2年前に除去したが、

ポリープは再発することもあるし、

移植も2回、陰性で終わってるから、

ここで子宮内のチェックをしておくのはいいアイデアだ。

 

ところが、またまたクリニックの混乱。

 

主治医は9月第一週に内視鏡をしないと遅すぎると言っているのに、

内視鏡専門医は、第二週に予約取りましょう。

と言っている。

 

どっちやねんと、患者は混乱。

 

なんで、そんな事になっているかは、

こちらの記事に書きましたけど、

 

内視鏡の困惑
不運を開運に。(精神シフトな不妊治療)

    ラッキーだった。 運が良かった。   人生は、その運で回っていること暫し。     どんなに天才でも、才能あっても、 お金持ちでも、ルックスよ ...

続きを見る

 

内視鏡の専門医のコーディネーターに抗議!

 

「主治医からは9/10では遅過ぎると言われているんですが?」

 

「では月曜日の内膜次第で、決めましょう。」

 

って事になっていた。

 




 

一週間前の時点で、すでに内膜は7.5mmでしたから、

一週間後にそれより薄いってことはないだろうし、

もうEndosee(内視鏡)出来ないだろうなと思っていた。

 

つまり、初期胚移植のアタシですからね、

採卵可能卵胞は1個だし、

1個を大金かけてまで凍結出来ないし、

内視鏡出来ないのなら、

その一個が3日まで育っても、

子宮内のチェックする前に移植するのは勿体無い!

つまり、今回のサイクルはスキップせざるを得ない。

 

高齢で、1つでも卵無駄に出来ないのに・・・、

 

って、もうEndosee(内視鏡)出来ないと確定している自分よ。😅

 




 

主治医の言うように、Endosee(内視鏡)を、

なんで先週やってくれなかったんだよ!

 

(それは専門医のスケジュールの都合です。

患者の都合に合わせない、この合理さよ!)

 

もう、自分の中では、内視鏡出来ないだろうからって予測確定してたので、

今回は、卵胞刺激注射も打ちませんでしたよ。

 

だって首席卵胞が、既に一人勝ちしてましたから、

無駄に薬打つよりも、自然に育てて、

薬の節約したいし、

内視鏡不可のため、採卵もスキップで、

無駄な高額注射を打つことのバカバカしさよ。

 




 

さて、血液検査を終えて、ソノグラム検診に臨む。

 

一週間前の7mmちゃんは、

どのくらい大きくなっているかしら?

 

あ、今日は、ロシア人らしい豪快な、あのソノグラファーさんだ。

彼女は豪快過ぎて、前回、内膜の厚さテキトーに測ってたんだよね。

またテキトーに測らないでよ!

 

「右の卵胞は、21mmね。」

 

 

えっ!!!( ゚Д゚)

 

 

もう21mmって、まもなく排卵じゃねぇ?

 




 

「あの、21mmって、

もう、すぐ排卵ってことですか?!」

 

「そうね。

トリガーショット持ってる?」

 

「はぁ?

トリガーショットって・・・、

Endoseeはどうなるんですか?!」

 

「Endoseeなんか出来ないわよ、もう排卵だもの。」

 

何をバカなこと言ってるの貴方!

と言わんばかりに呆れていた。

 

冗談じゃないっ!

バカなこと言っているのはクリニック側である!

 




 

「オタクの内視鏡専門医が、

今週の木曜日がベストだから予約取るなんて言ってたんですよ!

でも、主治医は、今週の木曜日は遅すぎるって言ってたんです!

なんで、そんな迷うような事、言うんですかっ!」

 

バカな患者と思われたのもカチンとしたので、

ブチ切れてやった!

 

「But I knew it!!! こうなると思ってたわっ!

Endoseeのドクターのコーディネーター マリー(仮名)が、

ドクターが私のチャートを見て、

今週の木曜日がベストだから予約入れましょうって言ってきたんですよ!

アタシは、それじゃ遅すぎませんかって何度も聞いたのにっ!

そしたらマリーは、今日の内膜の様子で、決めましょうってぬかしやがったんです!

 

それが、Endoseeどころか、もう排卵だなんて!

 

で、肝心な内膜は何ミリですか?」

 

もう悲痛な声で尋ねる。

 




 

状況を把握したロシアンは、

クリニック側のミスに、すまなかったというような表情で、

 

「今、測ってるわ!」

 

ちゃんと測れよ、今回は状況が状況ですから!

 

「8.7mmよ。」

 

「それは、Endosee出来ない厚さって事ですよね?!」

 

「私の知識内では、出来ないはずよ。」

 

「じゃ、また今回も採卵スキップしなくちゃじゃないですか!」

 

「採卵だけして凍結したらどう?」

 

「1個だけの凍結なんて、お金かかり過ぎて無理です!」

 

焼け石に水を注いでしまったロシアン、

I understand (お気持ちお察しします)と言う顔をしていた。

 




 

「あ〜、また、こんなミスで採卵をスキップする事になるなんて!!!」

 

あまりの悲劇に、

手で顔を覆って絶望アクションをしてみた!

 

さすが、いつも豪快なロシアンソノグラファーも、

気の毒に思ったようで、

 

「ナース面談して、ナースと相談するべきよ。」

 

「いえ、ナースと話すより、コーディネーターのマリーと話したいです!」

 

「今日はホリデーだからマリーは出勤してないわ。」

 

 

えぇぇ!( ゚Д゚)

 

 




 

今日の内膜の厚さで、Endoseeのスケジュールを決めましょうって言ったのはマリーなのに、

アタシは、ホリデーでもモニタリングに来てるのにっ!

 

もう、この悲劇、予想どうりの上、

ここまで油に水をそそぐ対応で、

 

笑えて来たよ。(爆)

 




 

ぶっちゃけ、自分の中では、こうなることは予測できていたので、

薬も打たなかったし、

1個しか育ってないから、採卵するのもったいないなぁと思っていたので、

今回スキップして、Endosee をした後、次回のサイクルに賭けると吹っ切れていた。

 

それよりも、急に排卵級の大きさに育っていた卵胞ちゃんに驚いたけど、

薬も打たなかったのに、一週間で立派に育ったね~。💕

一週間前は7㎜だったから、本当に教科書どうりに1日2mmのペースで育ってくれたんだ!💕

 

って、そっちの方に感動してて、

実は喜んでいたくらいで。笑

 




 

しかし、

 

酷いわっ、私の採卵どうしてくれるんですかっ!

専門医は、私の状況をちゃんと見てたんですかっ!

マリーは何故、休みのくせに、そんな無責任なことを言うのかっ!

 

って、過剰にアクションを演じてみました。笑

 

クリニックの手落ちで、こんなことになったということを、

はっきり理解させるためには、このくらいやらんとね。

 

ロシアンも、さすがに申し訳なさMAXで、

 

「ナース面談しましょう!

私から、全ての状況を伝えておきますので、

とりあえず、待合室で待っていて。」

 

そうなだめられて、待合室で待つ。

 




 

しばらく待ってから、ロシアンが、飛んできて、

 

「こりんごっ!

全てをナースに話したんだけど、

この状況はナース面談では解決できないので、

ドクターにコンタクトを取るそうです!

ドクターが血液検査とソノグラムの状況を見て、

貴方にベストなオプションを提供するそうです!

だから心配しないで!」

 

「ベストなオプションって、

私は、2回移植を失敗してるので、移植の前に内視鏡やりたいこと、

経済的な事で、今回の1個の卵胞を凍結出来ないこと、

つまり、新鮮胚移植だから、今回のサイクルはEndoseeが出来ない限りスキップしかないってこと、

全て言ってくれました?」

 

「全て言ったわ、

その状況で、貴方にとってベストなオプションを提供するそうです!

だから、ナース面談をここでして、貴方の時間を無駄にしたくないので、

今日は家に帰って、ナースからのドクター指示のメールを待っててください。」

 

久々に、あのガサツなロシアンソノグラファーが、

丁重に対応して来てくれたよ。

 

「分かりました。

くれぐれも、頼みますよ!」

 

そう言って、クリニックを後にする。

 




 

アタシの中では、分かっていた結末だったけれど、

悲劇のヒロインを一部始終演じていた自分自身に笑えた・・・。笑

 

これ、喜劇じゃん。🤣

 

しかし、とっさに、

 

はっ、ヤバイっ!

笑っている場合ではないっ!

 

Endosee問題で、まさか排卵がこんなに急にやって来るとは思わなかったので、

変な話、採卵は、今週末か来週かと思ってた。

 

でも、もう排卵、今日か明日じゃないかっ!

 

ジョンさん、精子、出したらアカンっ!

(ジョンさん、定期的に自分で出してしまう。)

そんなオチで、それこそ喜劇!

 




 

ここで、ハッとしたよ・・・

 

前日の日曜日、久々に性欲が沸いたのは、

身体からの排卵のお知らせだったのかもしれない!

 

おりものが、もうWelcomeってくらい出てましたから、

 

あぁ、夕べ、疲れに負けず、

体のサインである性欲を優先させるべきだった。

 

昨日、自然の流れでやっていたら、

パーフェクトタイミングだったのに。

 

なんか、大きなチャンスを逃してしまったような思いです。

 

つうか、アタシ、不妊治療クリニックにIVF(体外受精)で通ってるのに、

めっちゃタイミング法じゃんね。

46歳なのに。笑

 

排卵しないか、ハラハラしながら帰宅しました。笑

 




 

まぁ、年齢が年齢なので、どうしても染色体問題もあるから、

自然だろうが、体外受精だろうが、

そこに行きつくと、辛いんですけれどね。

 

でも、それ考えちゃったら、全てを諦めなくちゃいけないので・・・。

 

ともあれ、今後は、もっと自分の体からのサインとか、逃さず、

ちゃんと、ケアだけじゃなくて、会話とかもしたいと思います。

 




 

それでは、本日の動画は、

 

コロナ以降、自宅のブルックリンと、

オフィスやクリニックのあるの、ミッドタウンしか移動したことありませんでしたが、

 

半年ぶりにチェルシーエリアに行って来ました。

先月、チェルシーは、ホームレスがテント貼って、

ストリートに溢れかえっているというニュースがありましたが・・・

 

ホームレス問題、ショッピングバック問題!

ぜひ見てね。

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

NYや海外で活躍する日本人の皆様のインタビューの他に、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子や、

自宅待機の様子など、毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.