NYこりんごラジオ

第125回NYこりんごラジオ(卍(まんじ)とハーケンクロイツについて、NYフリーランス僧侶、中垣顕実法師 EP3)

投稿日:2019-10-21 10:20 更新日:

 

 

第125回NYこりんごラジオが、只今オンエアされましたっ!

 

インタビューの視聴はコチラをクリック!

先週、先々週に渡ってお伝えしてきた、NYフリーランス僧侶、中垣顕実法師のインタビュー!

 

遂に、本日最終話!

 




 

中垣法師の著書、「卍(まんじ)とハーケンクロイツ」についてお話伺いました!

 

 

実は、これは、大学の卒業論文だったそうです。

 

卍(まんじ)とは、ご存知の通り、日本ではお寺や神社のマークとして平和の象徴となっておりますが、

 

悪の象徴かのように世界的にも知られている、ナチスのマーク「ハーケンクロイツ」。

 

卍(まんじ)は、平和の象徴なのか? 悪の象徴なのか?

 

歴史を紐解き、中垣法師が語ってくださいました。

 




 

しかし、この本を出版するにも、どこの出版社も、ユダヤ教徒が大半を占めていたりしますから、本のタイトルがタイトルだけに、なかなか出版して下さる出版社が見つからなかったそうで、

 

先に書かれた英語版より、あとで和訳された日本語版の方が先に出版されるという・・。

 

出版までの苦労話も、じっくり伺ってあります。

(そちらは、ぜひ、ラジオで聞いてください!)

 

そして、遂に、出版先が見つかり、無事に英語版(オリジナル)も店頭に並び、

 

紀伊国屋書店ニューヨーク店でも、本の販売会/読書会

 

販売サイン会が行われました!

 

中垣法師、達筆です!

 




 

卍(まんじ)を平和の象徴、お寺や神社のマークとして使っている日本で、来年の2020年にオリンピックが開催されます。

 

海外で、ナチスのハーケンクロイツと悪の象徴のようにとらえている人たりに、どのように説明できるのか?

 

そのためにも、中垣法師の、大きなプロジェクトで、来年の夏、東京オリンピックまでに、この本をベースにしたドキュメンタリー映画の制作を終えたいと思っていらっしゃいます。

 

私たちも、説明が出来るよう、また自分たちも納得して、説明が出来るよう、ぜひラジオを聞いて、本も読んでみましょう!

卍とハーケンクロイツ―卍に隠された十字架と聖徳の光
卍とハーケンクロイツ―卍に隠された十字架と聖徳の光

また、来年の8月は、広島長崎原爆投下から75周年。

 

NY平和ファンデーションを設立し、広島平和大使、長崎平和特派員の中垣法師にとっては、とても重大で忙しい年になりそうです。

 

今回、中垣法師のインタビューは、第3弾に渡ってお伝えしてきましたが、

 

この「3」とう番号は、非常に仏教と深いつながりがあります。

仏教、3のルールとは?

 

歴史、世界平和、宗教、文化、一見すると堅苦しく重いサブジェクトになりがちですが、

分かりやすく軽快にお話しいただきまして、とっても身近なものに感じられます。

 

 




 

もっともっと、中垣法師のお話を聞きたい方は、

 

10月から新しく「平和ピース・サンガ」が、始まりました。(日本語)

仏教の教えを通して、自分を高めていき、

心身ともに平和な人生を歩むための叡智を習得する、そんな集まりだそうです。

 

11月19日、卍についてスティーブ・ヘラー教授と対話イベントも決定!

イベント情報、チケットはコチラ

Steven Heller, T.K. Nakagaki, and alum Anne Quito to discuss "The Swastika and Symbols of Hate"

 

今後の詳細は、中垣法師のホームページより!

 

特別に、インタビューのあと、お経をあげていただきましたっ!

 

中垣法師のインタビューの視聴はコチラをクリック!

ダウンダウンダウンダウンダウン

右矢印 第125回NYこりんごラジオ(卍(まんじ)とハーケンクロイツについて、NYフリーランス僧侶、中垣顕実法師 EP3)左矢印

 

 

 

    

 

 

-NYこりんごラジオ

Copyright© NYこりんご , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.