こりんごムーブメント とんでもアメリカ生活

コロナで変わる人々の生活と心境

投稿日:2020-08-08 09:36 更新日:

 

コロナで人が変わる?

 

長い自宅待機期間が続きまして、

こんな時期ですから、解雇された人や、

コロナという見えない敵、見えない行先に、

精神的に鬱になる人も多かったのではないかと思います。

 




 

友達は、コロナで失業し、

失業保険とコロナ給付を受け取り、

失業する前よりも給付で収入が上がった人の一人です。

 

アタシは、こんな時期に、

減給で感染リスクを背負って働いていたので、

 

そう言った人々を羨ましく思っていました。

 

特に、ウチの同僚は、一時解雇だったので、

健康保険などのベネフィットは受けつつ、

コロナ給付が切れたら復帰と言う形だったので、

 

アタシは、その同僚の分まで、減給で働いてるのに、

同僚は働かずして収入が増えていると思うと、

どうにも納得いきませんでした。

 

ただ、人と比較するな、

人は人、自分は自分、

この世は、不平等だけど、

納得行かなかったら自分で切り開け!

 

そう言い聞かせて乗り切って来ましたよ。

 




 

おっと、話が逸れそうだったけど、

さっきの友達の話で、

 

コロナで失業して、

働いている時よりも給付の方が収入が上がっていた友達は、

 

なんと、働かなくても今まで以上の収入が入っていたのに、

そんな待遇を蹴って、今までより安い給料のところで働き始めたんだって!

 

今のご時世、仕事が見つかるだけでもありがたいんだろうけど、

国からの給付をもらえるだけもらっておくと言う手もあったのに、

あえて安い待遇も良くない仕事を始めたんだそうよ。

 

このアメリカのコロナ失業保険給付は、

通常の失業保険以外に、連邦から毎週600ドルが支給されてたのよ。

毎週ですよ!

 

それで、汗水垂らして働くのが馬鹿馬鹿しいと、

労働者の労働意欲を萎えさせると言う問題も上がっていたようだ。

 

そんな給付を蹴ってまでも、

賃金の安い仕事をし始めた友達に、何故かと聞いてみると、

 

彼のアパートは、ベースメント(半地下)で、

コロナで自宅待機とて、

日の当たらない半地下で、暮らすって、

精神的によくなかったらしい。

 

人間は、ソーシャルクリエイチャーだからね。

 




 

お金より、外で働きたい、何かしたい思いでいっぱいだったらしい。

 

半地下のアパートに、4ヶ月も籠っているのはキツイよね。

 

そう、ニューヨークの家賃は高いので、

半地下に住んでいたり、

1つの部屋にたくさんのルームメイトと暮らしたり、

そういう状況の人は沢山いる。

 

1つの狭いアパートに、沢山のルームメイトやファミリーで暮らす、3蜜は免れられず、

そんな比較的、貧困層の人たちのコロナ感染率が高かった問題もあったよね。

 

コロナで収入が減り、家賃を払えなくなった人も多かったよね。

 

お金持ちは、コロナを恐れ郊外に避難して言ったけれど、

若い人たちは、経済的な事も含め、

NYを離れ田舎に帰ってしまう人も多かった。

 

ウチの歯科医院は、マンハッタンのミッドタウンにあるんだけれど、

若い患者さんは、ほとんど親元に帰って行った人が多かったよ。

 

ニューヨークで暮らすって、そう簡単じゃない。

 




 

NY州では、家賃のサポートもあったが、

 

 

スゴイよね、アメリカの給付対応の速さ!

 

ただアタシは、減給されたのに、

ジョンさんはコロナで残業が増え給料が増えたので、

ウチは、NY州の家賃サポート受けられなかったよ。(涙)

 

給料は減るのに、

失業保険はもらえないわ、(解雇されてないからね。)

家賃のサポートは受けられないわ、(ジョンが原因)

帰る実家もないわ。(あるけど日本帰国じゃん!)

 

何の保証も受けられなかったアタシ・・・。

 




 

Anyway,

 

友達は、お金よりも精神面で、働き始めたらしい。

そういう人もいるんだね。

 

そして、7月の末に、ついに連邦から支払われていた

600ドルのコロナ失業特別給付は打ち切りになった。

 

そして、今週から、ウチのオフィスの同僚が復帰して来た。

 

4ヶ月も、休んでいた同僚で、

 

空白の4ヶ月、

あのヤカマシ、セルフィッシュな彼がカムバックして来るわけで、

なんか、めんどくせぇ~なって思ってたのよ。

 




 

そしたら、なんと!

 

「こりんご元気だった?

ボーイフレンドも無事でいる?

病気しなかった?」

 

めっちゃ優しくなってた!

 

まぁ、4ヶ月も休んでて、

復帰そうそう、デカイ態度も取れないだろし、

また、少しずつ慣れて、日常生活に戻るのかな?

 




 

ともあれ、久々に職場に復帰した彼は、

なんだか、働く喜びを感じているようにすら見えた。

 

アタシなんて、働くことが当たり前だから、

そんな風な感動すらないけれどね、

 

逆に、いつか独立したい思いが日に日に募るよ。笑

 




 

コロナで、大きく生活も、気持ちも変わった人が多いと思うけれど、

 

もちろんね、コロナのせいで、

犯罪率なんかも上がったって聞いてるし、

失業者も増え、精神疾患に病む人や、

自殺を考える人も出たりして、

いい事ばかりではないんだけれど、

 

こんなご時世でも、ポジティブに心も環境も変わっている人がいる事実。

 

アタシは、このコロナの時代に、

何かを変えるチャンスを与えてもらっているのに、

まだ変わりきれていない自分に歯がゆい思いです。

 




 

では、本日の動画は、

もう家事しないぞっ!

 

 

妊活早寝のために、和食作り置き配達サービス を利用し始めました!

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

NYや海外で活躍する日本人の皆様のインタビューの他に、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子や、

自宅待機の様子など、毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

    

 

 

-こりんごムーブメント, とんでもアメリカ生活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.