That’s New York! とんでもアメリカ生活

コロナ禍のIVFな言い訳 その2。(泣く子も黙る最強の理由)

投稿日:2020-07-25 08:21 更新日:

 

 

アタシのIVF(対外受精)が、

いろんなところで言い訳に使われていたお話し。

 

決して嘘ではないんだけれど・・・

 




 

昨日の続きで、

 

IVFな言い訳
IVFな言い訳。(コロナ禍での交友やBlack lives matterについて)

    White lie って知ってる? 罪のない嘘。   言い訳って、嘘に入るのかな?   嘘でもないし、言い訳でもないんだけど・・・   なんか ...

続きを見る

 

コロナ以降、

友達と4ヶ月振りにハングアウトです!

 

NYは、だいぶ感染者や死者の数が減って来ておりますが、

他州では、NYを超えて感染が広がっている模様で、

 

まだまだアメリカはコロナ禍です。

 

ですから、感染が減っているニューヨークとて、

油断は禁物!

 

まだコロナは終わっちゃいない!

 




 

謹んで、

でも、楽しんで、

 

暮らしたいじゃない?

 

コロナ対策を緩めずに、

ソーシャルディスタンスをとって、

3蜜を避けて、

 

ルーフトップで、久々に友達とハングアウトです。

 




 

ところが、人間にはいろんなタイプがいるんです。

 

もしかしたら、昨日の記事を読んで、

こりんごちゃん達、ちょっと神経質過ぎやしない?

大袈裟じゃない?

って思った人もいるかな?

 

友達と外で会うくらい大丈夫でしょ?

 

そうやって、みんなが気を緩めた時に、

他州では、とんでもない感染率を叩き出しちゃったし、

 

特に若い人達!

 

NYのクオモ州知事も仰ってましたよ。

21歳から30歳の若い層での新規感染者が、ここ二週間で増えていると!

 

(CNBCより)

New York Gov. Andrew Cuomo says coronavirus infections among young people are on the rise.

 

日本も、最近、感染率が上がってるそうじゃないの?

 




 

だから、ジョンさんや、T君が、

完全にソーシャルディスタンスを取っての、

ルーフトップギャザリングをプランしたんだけれど、

 

中には、そんなのやり過ぎって思ったり、

全然、危機感のない人、

空気読めない人、

 

いろんな人がいるんです。

 

昨日のブログでも書いたんですが、

友達のJ君は、オープンマインドと言うか、

ソーシャルディスタンスとか全然気にしない人。

 

このコロナ禍でも、ブラインドデートに出かけたり、

いつもの習慣でハグやら、ハイファイブとかしちゃうタイプ。

 

悪い子ではないし、

全然、悪気でやっているわけじゃないのだが、

 

この世には、神経質な人もいれば、

気にしない人もいる。

 

その気にしない人側にいるだけ。

 




 

元々、T君とT君彼女、ジョンとこりんごの

4人でハングアウトのはずでしたが、

 

J君も参加すると言い出して、

 

それでは、全然、今回のハングアウトの意味がないから、

J君には、ウチらが帰る、午後8時くらいに来るようにと、

ホストのT君が手配してくれた。

 

ワイワイと4人でルーフトップで近況なんかをCatch up してたら、

 

 




 

T君の携帯にメッセージが、

 

「もう着いたから、アパートのビルのドアを開けてくれ!」

 

「Jのヤツが、もう来ちゃった!

8時に来いっていったのに、

まだ6時20分だぜ!」

 

「えっ、じゃあ、俺ら、もう帰ろうか?」

 

「Stay!

アイツには、8時に来いって言ってたのに、

早くに来たアイツが悪い。」

 

彼からのメッセージは無視して、

話に戻ろうとするが、

 

もう、やっぱりソーシャルディスタンスの目的が、

J君に、全然、伝わっていたなったことで、

もちきりだった。

 

彼は、アパートのチャイムを鳴らし続けていたようだが、

みな、ルーフトップにいたので、家の中のチャイムは聞こえないし、

 

しかし、ルーフトップから、ストリートを見下ろすと、

やはり、J君がアパートのエントランスの前で、立ち往生していた。

 

「アイツには、やっぱり、コロナも通じないな。」

 

「俺らは、帰るよ。

やっぱり、Jは、この調子だと、

ソーシャルディスタンスどころか、感染とか全然気にしてないもん。

 

俺らは、今、マイベイビー(こりんご)がお腹に卵を戻したばかりだから、

特に、気を付けなくちゃいけないし。」

 

あ、また、アタシのIVFが、理由に持ち出されてる。

 

確かに、それは、嘘ではないけどさ・・・。

 

 




 

とりあえず、どうするかと、ドアは開けずにいたのだが、

 

 

ドンドンドンドンっ!

 

ルーフトップの入り口のドアをガンガンと叩く音が響く。

 

J君だ。

 

アパートビルのエントランスのドアは開けなかったが、

多分、別のアパートのチャイムを鳴らし、ドアを開けてもらったか、

他の住人が、タイミングよく出入りした時に、J君もビルに入り込んだらしい、

 

夜の8時に来いと言ったのに、6時20分に来るは、

許可してないのに、ビルディングに入るは、

コロナ禍なのに、全然、ソーシャルディスタンスギャザリングの目的に気づいてないは、

 

みんなで、アイツ~!

と思いつつも、

 

That's J.

 

これが、J なんだよなと、分かっていたことでもあって、

 

うん、悪い子じゃないのよ。

 

ただ、空気とか、今の現状とか、

ややお構いなしの野蛮人。笑

 




 

 

ドンドンドンドンっ!!!!

 

ほら、もう、早くドア開けろ!

と言わんばかりに、

 

ドア開けなかったらぶち壊すぞって勢いで、

 

友達なのに怖い。

いや友達だけに怖いのかも?

 

困ったちゃんに、なすすべがない・・・

 




 

すると、今度は、

 

 

ビービービービーっ!!!

 

 

と、エマージェンシーアラートが鳴り始めた!

 

なんと、J君、緊急ボタンまで押しちゃったよっ!

 

もう、ウチラは、帰る支度をして、

遂に、J君を、ルーフトップに招き入れることになった。

 




 

「What's up guys!」

 

何事もなかったように、ルーフトップに入ってくるJ君。

 

そして、マスクはしていれど、顎にズリ下げられてる。(意味ない)

 

そして、ハグをしようとするJ君に、

 

「J, ハグは出来ないからっ!」

 

と、T君のガールフレンドに叱られる。

 

案の定、全然、コロナでの、禁止事項をいきなり破るJ君。笑

 




 

あまりに、軽快にコロナ対策をスパっと破ってくれるので、

なんだか、憎めないというか、笑けて来た。

 

で、ハグを拒否されたJ君は、

 

「じゃあ、ハイファイブ!」

 

「ハイファイブもダメだからっ!」

 

ずっと、怒こられっぱなし。笑

 

帰ろうとするジョンとアタシを見かけて、

 

「Wait!

ちょっと、待てよ、ジョンと、こりんごもう帰るのかよ!

ジョン、ハイファイブ!」

 

「J! ハイファイブもダメって言ってるだろ!」

 

「つうか、もう帰るのかよ!

まだ、6時半だぜっ!

8時まで時間があるから、あと1時間くらいいろよ、

俺、今、来たばっかりなのに!」

 

J君、やっぱり、完全に、このコロナでのソーシャルディスタンスハングアウトの意味を理解していなかった。(汗)

 




 

結局、ウチらは、予定よりも早くに帰ることになり、

 

ホストのT君も申し訳なさそうに、

そして問題児のJ君は、ややUpset (気分を害していた。)

 

なんとも、不発に終わったコロナ後、初の友達とのハングアウトだったんですが・・・😅

 

でも、早く家に帰れたので、エクササイズする時間も取れて、

寝る前は、足のマッサージもして消灯出来ました!

 




 

あれから、J君は、ウチらが先に帰ったこと、

かなり怒っていたらしい、

 

ジョンとこりんごが、8時に帰るから、

わざわざ早く来たのに、先に帰りやがった!

 

と・・・

 

しかし、本来、ウチらと、J君が被らないように、あえてスケジュールしたコロナ対策であったことなど、

J君には、理解出来ますまい。

 

それで、T君が、怒っているJ君を慰めるために、

 

「ジョンと、こりんごは、今、体外受精にトライしてて、

こりんごが、先日、卵をお腹に戻したんだ。

だから、今、なるべく慎重にしているんだよ。」

 

と、また、ここでもアタシのIVFが言い訳の使われ、

 




 

しかし、そう説明すると、

怒っていたJ君も、やっと理解して、

納得してくれたそうです。

 

いえね、IVFした後でも、普通の生活していいんですけどね。

 

IVF(体外受精)は、とってもパワーのある言い訳だなと。

 

では次回は、胚移植から、もう一週間経ったけど、どうよ?

 

を、お届けします。

 




 

本日の動画は、ないんですが、

来週のNYこりんごラジオの告知!

 

なんと、こりんごインスタライブなんてものに招かれました!

 

 

お友達の、

ヨガスタジオとフィットネススタジオ経営

アフタースクールプログラム団体代表

手帳ビューティライフダイアリーマスターアドバイザー

めっちゃ肩書きが長い平野香奈ちゃんのインスタライブの出演しちゃう!

 

今度は、こりんごがインタビューされる番!

 

ブログ15年、ラジオ配信3年の、

習慣力について聞かれるみたい〜!

 

答えられるかなぁ?

 

ぜひ、インスタもフォローして〜

@koringoradio

 

このライブは、後でYouTubeにも公開するよ〜。

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

NYや海外で活躍する日本人の皆様のインタビューの他に、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子や、

自宅待機の様子など、毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

    

 

 

-That’s New York!, とんでもアメリカ生活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.