高齢妊活

2度目の移植、1個初期胚新鮮移植に望む。

投稿日:2020-07-18 11:04 更新日:

 

 

遂に2度目の移植に臨みますよ!

 




 

染色体の異常が心配される高齢ですから、

安全に胚盤胞(5日)まで育てて、

着床前診断も受けたいところですが、

 

クリニック側も、本当は、

3つも4つもまとめて移植したかったらしいのですが、

 

(多分、だから今回、凍結移植前提で投薬ミスが起こったのだろう。)

 

しかし、超高齢の卵胞ちゃんは、

毎月、育つ卵胞が少ない上に、

採卵出来る卵胞は、もっと少なくなって、

受精して3日まで成長するとなると、

そこまで行くのは、限りなく減ってくる。

 

もう、時間のない46歳ですから、

 

3日まで育ってくれた卵胞が1つでもあったことだけでもありがたい!

 




 

とにかく移植しなければ、

次のステップの着床、妊娠に進めないわけで、

 

頑張って3日まで体外で育った1つの受精卵ちゃんを、

今度は、アタシの体内で育ててあげたい!

 

高齢ですから、染色体の異常で着床し辛かったり、

流産の可能性は、遥かに高いわけですが、

 

そう言った不利な条件はもう前提で、

それでも、前に進まなきゃ!

 




 

あ、ちぇっ!

移植当時の朝、クリニックのおやつは空でも、

 

 

今日は、おやつ占いに迷わされない!!!

 




 

移植の予約は午前11:50分。

 

今日の移植の担当ドクターは、

前回、サクッとスムーズに移植してくれた女医の L 先生で、よかった~。

 

移植の後に、午後2時までには出勤しなくちゃいけないので、

大抵、移植時間は、採卵の人が優先なのか、

後回しにされて、予定が遅れるんだよね。

 

少しでも予定通りに行くよう、

移植の30分前に行くべきところを、

1時間も早くにクリニックに出かけたんだけど、

 

なんか、この日は、あの広い待合室に座れないくらい、混み合ってた。

(ソーシャルディスタンスを取っているのもあるが。)

 

つまりさ、移植の予定が、きっと遅れるよ・・・。

 

案の定、移植の予定の午前11時50分を過ぎても、

まだ待合室で待ってる・・・。

 

「すみません、予約は11:50amなんですが、

もう、12時ですけど、まだでしょうか?」

 

受付に聞いてみると、直ぐに処置室に電話をしてくれ、

 

「あと2分待ってください!」

 

それから、10分くらい待って、やっと呼び出された。

 




 

なんか、見慣れないナースだなと思いながら、

そのナースにIVFルームまでエスコートされる。

 

いつも、処置前のナース面談に、

いつものベテランナースが待っていて、

見慣れないナースを見守もっていた。

 

あぁ、新米ナースの研修か。

 

コロナが一時的に収まったとたん、

新しいソノグラム研修生や、研修医、研修ナースと、

人材が増えて、益々、儲かってるのかな?

 

新米ナースが、慣れない手つきで緊張を隠しながら、

移植前の説明と同意を行う。

 

「では、今回はDay3で、新鮮胚移植ですね。

こちらが、貴方の7分割したエンブリオ(胚)です。」

 

おおお!!!!

 

 

あら、前回の2つ凍結と1つ新鮮胚よりも、

見た目の形がイマイチか?

 

しかも、凍結は8分割までしてたし・・・

 

それでも、やっぱ愛おしいわ~。

 




 

「あの、7分割って大丈夫でしょうか?」

 

新米ナースは、予定外の質問に、

隣のベテランナースに助けを求めるように先輩に目を向けた。

 

「Day3での移植は、6分割から10分割してれば大丈夫よ。

7分割は、全く問題ないです。」

 

ベテラン先輩ナースが、サクッと答えてくれた。

 

まぁ、今更、7分割ダメですとは言えないよね。

 

そして、今日の移植手術の同意書にサインをして、

 

いざ!

 

もう採卵は8回もしたし、

移植は2回目だから、更衣室のロッカーも、

手術着も、説明なくてもサッサっと対応できるベテラン患者である。

 

 




 

待合室には、先にアジア人の女性が待っていた。

 

これまで、いつもコーナーの同じ椅子に座っていたのだが、

そのアジア人の彼女が、その隣の椅子に座っていたので、

なるべく距離の取れる、向かいの壁に並ぶ椅子に座った。

 

そのアジア人女性は目を閉じて静かに待っていたが、

 




 

 

あっ!

 

彼女、診察着の下に何も来ていないっ!!!

 

実は、採卵も、移植も、下半身は丸裸だが、

上着は着たまま術着を着ていいのに、

 

あぁ、思い出す。

アタシも、最初の採卵3回くらいは、

ナースが

「下だけ脱いで術着を着てください。」

って言ったのに、

よく聞き取れず、全裸で術着を着て採卵に臨んでいた。笑

 

きっと、このアジア人の彼女も、英語が聞き取れず、

全裸で術着来ちゃったのか?

それとも、ワンピースか何かだったので、全部脱ぐ羽目になったのか?

 




 

しかし、彼女には、その術着が大きすぎるのか、

腰ひもが、随分、下の方で結ばれている。

 

術着はフリーサイズだと思うけど、

アタシが、この術着を着ると、腰ひもは、胸の下あたりになるんだよね。

 

こんな感じ。

 

 

しかも、かなり短い丈である。

 

そのアジア人の女性は、膝下まで術着丈があったのに・・・。

 

まぁ、アタシは、日本人の割には、身長170㎝弱だから、

長身な方で、アメリカンサイズでもちょうどいいのだが、

 

アジア人にとっては、この術着は大きすぎるのかもしれない。

 

そして、アタシの後に、別のアジア人の女性がやって来たが、

やはり、彼女の腰ひもも、かなり下で結ばれていた。

 

チャイニーズ系列のクリニックなんですが、

術着のサイズはアメリカンで、

やっぱり、ここはアメリカのクリニックなんだなと実感した。

 

しかも、そのあと、黒人のスレンダーな脚の長い長身なモデル並みの女性が採卵待合室に来たのだが、

 

彼女の腰紐は、やっぱり胸の下で、膝出てたよね。

 

(移植前なのに、そんなどーでもいい事考えてた。笑)

 




 

アタシの移植時間は、もう30分も過ぎていたが、

先に、このアジア人の方が並んでるから、もっと遅くなるな・・・。

 

その方が呼ばれて、次はアタシの番だ、

多分、15分くらいで呼ばれると予測していた。

 

すると、ナースが、小声で、

 

「こりんご、ちょっと、こっちに来て。」

 

オペ室ではなく、オペ終了の出口からナースに呼び出された。

 

え?何何?

 




 

「次は、貴方の番なんだけれども、

担当医のドクターOが、貴方の移植をするので、

あと20~30分くらい待ってもらうことになるんだけれど大丈夫?」

 

「えっ?

あ~、あの~、

別に、私は、どの先生でも構いませんが?」

 

予定通り、女医のドクターLだと思ってたから、

時間通りに、ドクターLでお願いしたかったのだが、

 

「ドクターOが、貴方の移植をしたいと言っているのよ。」

 

あぁ、担当医ですものね・・・。

 

ドクターOは、自分の患者を大事にするらしいから、

まぁ、女医のドクターLでもよかったのだが、

担当医の申し出を拒むのも悪いしね。

 




 

「今、何時ですか?」

 

「12:35pmよ。」

 

「と言うことは、移植は午後1時くらいですかね?」

 

「このあと仕事なの?」

 

「はい、出来れば、1:15pmか、

遅くとも、1時半までには、ここを出たいのですが、」

 

「分かったは、そう伝えておく。」

 

そして、アタシの次に待っていたアジア人女性が先に呼ばれていった。

 

それから待つこと、数十分。

 

「Hi コリンゴ!!!!

Are you ready?!?」

 

いつもは、ナースが患者を迎えに来て、

採卵/移植室にエスコートしてくれるのだが、

 

なんと、ドクターO自ら迎えに来てくれた。

 

では、次回は、移植実況中継をリポートいたします。

 




 

本日の動画は、

ガーデニングとかしたことない女なんですが、

鉢植えを育てていまして、

ホームセンターに、鉢と堆肥を買いに行ったのですが・・・

 

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

NYや海外で活躍する日本人の皆様のインタビューの他に、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子や、

自宅待機の様子など、毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.