高齢妊活

期待と希望と絶望の狭間で。

投稿日:2020-07-08 07:40 更新日:

 

期待って、いいこと?悪いこと?

 

期待するなってよく言うよね。

 

それって、結果が悪かった自分が傷つかないためだよね。

 

でもさ、期待するなって言われても、

本当に期待しない人なんているのかな?

 




 

46歳の妊活なんて、

毎月、期待の嵐なんですけど。笑。

 

でもね、とは言いつつ、

もう46歳だしなって、思ってる自分もいるんだよね。

 

ミラクルを信じて!

って、これは期待に入っちゃうのかな?

 

確かにさ、期待しないで、結果が良かったら、

まさに、棚から ぼた餅 で、凄く嬉しいと思うんだけれど、

 

もの凄く、頑張っていることならば、

その希望に向かって、大きな期待も抱いていいんじゃないかなって・・・

 

でも、結果が振るわなかったら、

傷つくのは自分よって・・・

 

いや、傷ついて、もっと強くなるもんじゃない?

 

嬉しかったら喜んで、悲しかったら泣いて、

感情あらわに、それ人間だしさ。

 




 

タダね、もう、こんな思いしたくない!

だから期待しない!

じゃなくて、

その時は、思ったまま辞めればいいんじゃないかって、

 

だって、結局、もうこんなつらい思いしたくない!って思っても、

微かな期待に、また不妊治療を繰り返している人いませんか?

 

あ、それ、アタシ、アタシ!笑。

 

もう、こんなつらい思いしたくない!とまでは思わないけれど。

 

期待しても、後悔はしたくないから、

体外受精、1回だけトライして、

ダメだったら諦めますって、言ってたくせに、

 

もう、7回も採卵し続けてるよね。笑。

 

人間って、面白いな。

 

やっぱり納得いくまでやらないと、

そりゃ後悔するもんね、

 

だったら期待はしても、後悔するなって感じかな。

 




 

なんだろう、アタシは、期待しつつも、現実を理解しているのか、

毎回、残念な結果にも、それほど落ち込まないんだよね。

 

つまりさ、結果が悪くて泣き崩れるほど、

期待してなかったのかなって・・・

 

でも、毎日、毎日、期待を抱いて生きてるわけね。

 

それでですね、

ここ最近、かなりすったもんだしている妊活。

 

年齢的にどんどん不利になって行くのに、

クリニックの手違いのオンパレードで、

 

もう、期待すら出来ない状況に追い込まれてるんですけれど・・・

 

それですら、希望と期待を強引に持ち続けて、

 

今回、Day4から、Day10まで、モニタリングもしないで、

生理が22日周期と早かった自分は、排卵してしまうのではないかと、

ハラハラしていたんですが、

 

で、主治医のドクターも信用せずに、

家で排卵検査まではじめ、基礎体温も豆にチェック。

どちらも、めっちゃ不確定な結果を出すんですが、

 

遂に、昨日、そのモニタリングに行って来たんですよ。

 




 

で、ですね、期待はしてなかったんですが、

 

やっぱり、クリニックのおやつなかったんですよ。

 

 

期待してないのに、空のバスケット見ると、

ちょっと残念って思う、

 

だったら、期待してワクワクしてた方が得だったかなって・・・。

 

でも、なんか、この空のバスケット、おやつ占い的には、

卵胞がないイメージを思い浮かべさせられ、

 

いかん!いかん!

 




 

さて、モニタリング開始。

血液検査を済ませ、ソノグラムに突入。

 

一週間前の検査では、卵胞が、3つしかなかった。

 

そしたら、ドクターに、46歳のクセに 卵胞が3つもあるなんてスゴイことです!

って年齢を自覚しろとばかりに3つの卵胞を喜べと言われたんですね。

 

でも、いままでは卵胞が5~6個あったアタシにしては、

なかなか3つと言う現実を受け入れられないわけですよ。

 

卵胞刺激注射を4日間打ち続けましたけれど、

この注射が、卵胞の数を増やすわけじゃないしな。

 

せめて、この3つの卵胞が、同じレベルで成長してくれるのを願い、

 

ソノグラムに臨む。

 




 

「はい、じゃあ、卵胞チェックするわね。」

 

すると、スクリーンに映し出された卵巣に、

大きな立派な卵胞が、ギッシリ何個も詰まっているではないか!

 

えっ、これ、他人の卵胞ですよねって、

すぐ分かるくらい、見事な卵胞がギッシリ!

 

そのスクリーンは、一瞬にして消え、

見覚えのある、静かな卵巣が現れた。

 

多分、さっきの卵巣は、アタシの前にソノグラムやった人の卵巣だろう。

(おいおい、プライバシー漏れ漏れやんっ!)

 

あぁ、若いと、あんなにもギッシリ卵巣に卵胞が詰まっているのか!

 

アタシの静かな卵巣を眺めながら、

現実を突き付けられる。

 

あぁ、もう期待すら出来なくて・・・

 

期待が出来るって、心に余裕があるってことだったんじゃんって、

今まで、アタシ、めっちゃ余裕だったんじゃん。

 

この静かな卵巣ちゃんに、どうやって期待したらいいのか?

 




 

「右は、6mmと5mmです。

左は、9.5mmと、あと小さいのが2つ見えますね。」

 

あら、3つだった卵胞に、新たに2つ追加されていた。

しかし、状況的には喜べない!

 

また、9.5mmの1つだけが、一人勝ちして育ってしまいそうだ、

5㎜と6㎜が、9.5mmに成長追いつくか心配だし、

まして、新しい2つは、とても Catch up 出来ないよな。

 

しかし、排卵してるかもしれないと騒いでいたアタシでしたが、

ドクターの言う通り、全然、排卵してませんでしたよ。笑

 

やっぱり、少しはドクターを信用すべきだなと反省。

 

「あの、内膜はどうですか?」

 

「6.5㎜ですね。」

 

6.5㎜かぁ。

 

まぁ、採卵までは、まだ数日ありそうだから、

それまでに、なんとかフワフワの肉厚内膜ちゃんに成長して欲しい。

 




 

あぁ、今日は七夕か🎋

 

星に願いをかけてみる?

期待するなと言うのなら、七夕の願いすら期待になるから、

 

でもさ、願わなきゃ敵わないし、

 

願うと期待するは、ちょっと意味合い違うしな。

 

乙姫と彦星のラブストーリーに、

みんな便乗して短冊に願いを!

 

アタシの願いは、そりゃ決まってますよ。

 

では、それは、逆輸送で、こりんごアメブロをチェックしてね。

 

 




 

本日の動画は、NYこりんごラジオ、最新放送、

July  4thの独立記念日にオンエアされた日本語通訳翻訳家のステイシースミスさん。

 

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、今、不要な外出禁止になったニューヨークの街の様子や、

自宅待機の様子など、毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

メッチャ高額のジョンさんのLINEスタンプ、

メゲズに販売中!(苦笑)

 

ジョンさんスタンプ 

 

手違いで、高額プライスを付けてしまって、

値段変更出来るらしいのですが、

こんなにボッタくり高額スタンプを購入してくれた人がいたので、

なんか、今更、定価変更しずらくなってしまいました・・・。

 

すみません。

そして、購入して下さった方、

本当に、ありがとうございます!

 

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.