高齢妊活

出会った人で人生は変わる(不妊治療担当医を変更するの巻)

投稿日:

 

 

人生は、出会った人で変わってくる。

 

人との出会いは大事。

 

その出会いが遅かれ早かれ、

運命に従うしかないのだが・・・

 




 

採卵前日。

 

途方に暮れていた自分。

 

これだけ最悪な状態が続いたから。

 

最悪な周期
最悪の中、希望の光は見えるのか?(46歳IVFジャーニーの行方)

  人生って、希望が無いと生きて行くの辛いじゃない?       46歳の不妊治療に希望はあるか?   あると信じてなかったら、 ここまで来れてないよ ...

続きを見る

 

もう、自分の生殖能力の老化や、

クリニックの対応を信じられなくなって来ていて、

 

転院は出来ないけれど、

担当医を変えたら?

 

ってアイデアが出てきましたね。

 




 

トリガーショットを打った翌日。

採卵の日程確定のために、血液検査のため

クリニックに出向いた。

 

あ、おやつ、あった!

 

 

今日は、ちょっといいことあるかも?

(今サイクル、ダメダメでしたからね。)

 

タイミングいいことに、オススメされたドクターOが、今日はいらっしゃると言うことで、

速攻、ドクター面談を申し込んだ!

 

しかも、アタシの採卵は、翌日に予定されてて、

その日は、ドクターOが採卵担当医と言う、

 

もう、ものすごくタイミングいい!

 

妊活は、タイミングが命でしょ?

(前回はスピードが命って言ってましたよ。)

 




 

採卵前は、通常、血液検査のみなのだが、

 

「こりんご、血液検査のあと、

今日はソノグラムも見るそうです。」

 

「え?でも、ドクター指示のメールには、

血液検査のみって書かれてましたけど?」

 

「でも、ソノグラムするようにと指示が出ていて。」

 

多分、内膜が薄くなったならないと騒ぎ立てたからかなと、

 

ソノグラムすると、毎回、保険の関係で、負担金38ドルかかるんだよね。

 

でも、採卵前に、内膜の厚み騒動があったから、測っておいてもいいかなと。

 




 

今日のソノグラム技師は、昨日検査してくれて、

前日に9mmだった内膜を、over 7 と測ったあの雑な人だ!

 

今日は、いつも以上に時間をかけて、内膜を測っている。

 

やっぱり昨日、雑に測り過ぎたからか?

 

随分、時間かけて、

 

「8.8mm〜9mmね。」

 

また1日で1ミリ変わってる!

 

なんやねん!

 




 

とりあえず、モニタリングを終えて、ドクター面談を待つ。

 

ドクターと話がしたい人は、朝の9時前に来院すれば、ドクターと立ち話が出来る。

 

8時半に、ドクター面談の希望を出したので、

ドクターと立ち話出来る予定なのだが、

9時を過ぎても、一向に名前呼ばれず、

 

9時過ぎに、コンサルタントらしき人が来て、

 

「お待たせしてしまって申し訳ありません、

ドクターは緊急オペに入ったので、

10分〜15分待ってもらうことになりますが、

大丈夫ですか?」

 

「はい、大丈夫です。」

 

9時過ぎたから時間切れで話出来ないかと思ったくらいだから、

10分待てばドクターと面談出来るなら全然OKよ!

 

そして、やっとドクターと立ち話が出来ると思いきや、

 

「こちらへ!」

 

なんと、カウンセリングルームに通された!

 

立ち話じゃないんだ。

 

つまり有料カウンセリングだった。😅

 

まぁ、いい、1年間お世話になったドクターを、ここで変えるわけだから、

有料カウンセリング受ける価値はある!

 




 

「Hi ドクターOです。」

 

めっちゃ英語聞き取りやすい!

 

本物の英語だ!

しかもO先生、顔小さいぃ〜!

 

(なんだ、その感想は?)

 

「これまで、ドクターLだったんだね、

あれ、その前は、ドクターZだったの?」

 

「あ、はい、ドクターZとは最初にお会いしたくらいで、

何故か、いつもドクターLが面倒みてくれてました。

ドクターLには大変お世話になったのですが、

今サイクルから、投薬のミスはあるは、

ありもしない凍結胚を移植するとか、

お忙しいのか、ミスが目立ちまして、

1年も治療していますから、ここで新しい先生からの目線で見てもらうのもいいかなと思って。」

 

「いや、それはあってはいけないミスだね。

心配しないでね、もうそう言ったミスはしないから!」

 

あぁ、頼もしい!

 




 

「君のゴールはなんだい?」

 

「え?ゴール?」

 

えっと1つでも多く卵胞が出来て採卵できること?

受精して移植まで行くこと?

 

「妊娠することがゴールだよね?」

 

あ、いっけねぇ〜

ゴール設定が低かった。

 




 

その後、グラフを見せてくれて、

 

「このグラフは卵子のクオリティのグラフです。

27歳の平均の卵胞は80%がノーマルで、

20%がアブノーマルです。

つまり10個採卵できたウチの8個はノーマルだから、

そのうちの2個以外のものを移植すれば妊娠に繋がるよね?

でも、45歳になると、そのノーマルの割合が10%弱になってしまうんだ。

10個取れるうちの1つだけしかノーマル胚がないんだよ。

で、採卵出来る卵胞の数も2~3個だからね。

とてもチャレンジなことだよ。」

 

こういった統計の話は、去年いろんなクリニックに行った時、

いろいろと聞かされたよな。

1年経って、また、もっと分かりやすく説明してもらえてよかったよ。

しかも、1年経っちゃったから、もっと確率が下がっちゃってるわけで、

 

「でもね、これは、あくまで全体平均何だよ。

たとえばね、46歳でも、そのノーマル胚の割合が50%の人もいれば、

30歳なのに、20%の人だっているんだ。

 

だから、45歳、46歳で妊娠する人もいたり、

若いのになかなか妊娠しない人もいるだろ?」

 

あぁ、ポジティブにお話してくれるな、

でも、アタシがその50%の人かは分からないわけで、

 




 

「とってもチャレンジな治療になるんだけれど、

君は、このクリニックに1年以上通っているよね?

今、君の履歴にザッと目を通したけだから、

今すぐに、どんな治療がいいか、この場で提供は出来ないけれど、

 

今、初期移植を新鮮胚移植するプランだね。

この状態からは、決して悪くないと思う。

 

エンブリオは、初期胚は3日の8分割まで育てて、

胚盤胞は5日まで培養するでしょ?

 

胚盤胞になったものの方が、妊娠率は高いんだ。

 

初期胚は、たとえ分割のクオリティー、

見た目の分割の良さで、グレードAが出たとしても、

それは、あくまで見た目のクオリティーになるんだよ。

 

グレードAの初期胚を移植しても着床しないこともあるけれど、

グレードBやCのもので妊娠した人もいるんだよ。」

 

 

あぁぁぁ!

 

「前回、移植した初期胚は、見た目からグレードAだったぽいんですよ。

やっぱり見た目のグレードだけじゃ分からないんですね。」

 

「そうなんだよ。

だから、胚盤胞まで育てられたらいいんだけれど、

君の年齢からすると、なかなか胚盤胞まで育てるのはリスクがあるから、

初期胚を移植するプランは、悪くないと思うよ。

 

今日、今すぐに、どんなプランがいいかは言えないけれど、

過去のでデータをレビューして、

これまでやって来たことで、

何が君に合って、何が合わないのかを、見出さないとね。

 

それで、合わなかったものは捨てる、遭ったものは拾い上げる、

そうやって、新しい治療を考えていこうと思うよ。」

 

Wow! 何、この頼もしさ!

今まで、1年も通って来たけれど、

こんなにアタシのデーターを見ながら検討してくれ、

寄り添ってくれたドクターっていなかったでしょ?

 




 

今までのは、なんだったんだ?

まぁ、歴史を築いて、今に役立てるから、

無駄だったとは思わないけれど、

 

今までになかった、クリニックやドクターの、

患者に寄り添う姿勢を、初めて感じだよ。

 

この患者に寄り添う治療、

特に不妊治療には大事でしょ?

 

しかも、今まで、ドクターのチャイニーズアクセントと、

アタシのジャパニーズアクセントのバトルだったから、

 

ドクターOの 本物の英語が、

まるで日本語のように理解しやすいっ!

 

もっと早くに、ドクターチェンジすればよかったけれど、

不妊治療は、何事もタイミングで、

 

もう、そろそろ、この旅を終わらせる時期に、

あえて、この先生に出会わせてもらえたのかも?

 




 

「今回のサイクルは、いろんな面で混乱させられ、

またコンディションもよくないんです。

出だしのホルモン数値も悪く、

卵胞もいつもより少ない4つが2つにまで減ってしまって、

しかも、採卵可能なのは、多分1つで、

しかも内膜が、薄くなったり熱くなったりで、

 

今回のサイクルはスキップして、

来月から新たに出直しで、ドクターOの元で開始した方がいいでしょうか?」

 

「いや、今はホルモン数値も悪くないし、

内膜も綺麗だよ。

内膜の厚みは採卵前の2日間が重視されるんだけれど、

夕べトリガーショット打ったよね?

だから、今日のソノグラムはトリガーショットが影響して、

正確な数値は測れないんだけれど、何で今日ソノグラムしたの?

必要ないのに。」

 

ゲッ!

 

また、クリニックに、訳のわからん事させられてたっっ!

も~、頼むよ~。

 

「明日の採卵は、ホルンも数値や、内膜からすれば、

決して悪くないと思うので、やってもいいと思うけれど、

卵胞のクオリティーは、外からは見えないから、

本当に取ってみないと、どのEggが妊娠するかは判定しかねないんだ。

だから、取らないからには始まらないんだけれどね。」

 

「分かりました、

しかも、明日は、ドクターOが採卵担当だとお聞きしたので、

ぜひ、よろしくお願いします!」

 

「お、明日、採卵は私なんですね!

じゃあ、頑張ろうっ!」

 




 

本当に、もう、最悪な周期に、

救われた気がしました。

 

不妊治療で大事なのは、

クリニック選びと、ドクター選び。

 

ココが違うだけで、結果も精神的肉体的ダメージも、

大きく変わってくる。

 

自分の卵胞のクオリティーが良ければ、

多少、ダメダメクリニックや、惜しいドクターでも、

自分の生殖力で、妊娠はすると思うけれど、

 

アタシみたいに年齢で苦戦する人や、

卵胞のクオリティーがイマイチの人は、

 

もう、クリニックとドクターのさじ加減で変わってくるから。

 

では、いざ、採卵に臨むっっ!

 

人生は、山あり谷ありだよ。

 

では、採卵報告は、次回に続く・・・。

 




本日の、動画は、

先週の日曜日、トリガーショットを薬局に取りに行くときに、

人種差別抗議デモ行進と遭遇しました!

 

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

今、不要な外出禁止になったニューヨークの街の様子や、

自宅待機の様子など、毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.