こりんごムーブメント

自分の意思表示と英語力!(身分や人種差別にアクション起こしていこう!)

投稿日:2020-06-15 07:31 更新日:

 

 

時の経つのは早いもので・・・

 

自粛生活も早3ヶ月が過ぎた。

 

今年の3月の日本帰国予定で、買ったお土産が、

昨日6月13日に、日本に渡ることなく、

 

 

賞味期限切れたっ!

 

 

 

あぁ、悲しくて、ヤケ喰いしちゃう?

 

(食うんかいっ!🤣)

 




 

そんなお土産クッキーの賞味期限が切れた土曜日は、

心身ともにキツイ日だったのよ。

 

土曜日も仕事だったんだけど、

 

今週の土曜日も、抗議デモの皆さんが、

マンハッタンをマーチしておりました!

 

 

ほら、アタシ、コロナピーク時から働いていたじゃない?

 

あの時は、急患対応で週に2〜3日出勤してたんだけど、

ウチのボス、とにかく、こんな状況でも稼ぎたいから、

来るもの拒まずで、緊急以外の対応もしてたのよ。

 

他の従業員は、一時解雇で失業保険をもらってたんだけど、

アタシは、中途半端に解雇されず、減給で働かされていた。

 

アタシも、抗議デモ起こしたいよっ!

 




 

でも、働く日数が少ないのに、減給だけで解雇されず、

ラッキーじゃないのって思われるんだけど。

 

コロナで解雇された人は、国の恩恵も受けて、

通常の失業保険をに比べると、

州からだけでなく、連邦からもダブルで支給されてたらしく、

働いていた時より、多く貰えていたらしい!

 

だったら、アタシも、リスクを背負って減給で働くより、

失業保険、欲しいわっ!

 




 

6月に入り、街は徐々に再開され、

患者も戻って来るようになって、

 

今は週4〜5日で働くようになった!

 

5日って言ったら、通常勤務と一緒じゃん!

それなのに。まだ時短だから、減給のままで、

 

マジ、失業保険、欲しいっ!

 

ウチのボスは、こちらから不満を訴えなければ改善はしない、

 

なんせ、このクリニックに勤務で7年になるが、

入社してから、4年間、一切の昇給をしてくれなかった。

 

詳細は、コチラ。

 

これは、何も言わない日本人のハンブルな性格につけ込んでのことであった。

 

さすがに4年も昇給ナシじゃ、

この物価の高いニューヨークで暮らせない。

つうか、4年も黙っていた自分も人が良すぎる!

 

で、やっと4年経って、給料の交渉したんだよ。

 

あれから、3年、また昇給なしで、

いい加減にしろよと思っていたころに、

 

コロナがやって来て、昇給どころか減給!

 

今まで、永住権取得のためビザ貧乏で鍛えられてたので、

こんなことは慣れっ子な自分がいて、我慢強くなっていたんだけど、

 

そんなとこ、我慢強く並んでえぇがなっ!

 




 

 

だから、今回も、ボスの言うままにしてたら、

 

減給なのに、フルで働かされ、

しかも、一時解雇されている事務員の仕事までさせらて、

いいように使われて、

 

アタシ、ボロ雑巾かよっ!

 

あぁ、アメリカの、底辺だったら、

なんらかのサポートがあるのに、

 

サポートされないギリギリの底辺で、

絞り散られて死んでいくのか?

 

やってらんねぇ〜よ!

 

とは言え、この日本人気質で、なかなか物申せない謙虚さ、

なんだろうか、平和に穏便に済ませたい

事なかれ主義が染み付いている。

 

アメリカに18年も住んでるのに、

そこは、まだ変われない。

 

いや、そんなこと言ってたら、アタシの生活は変わらない!

 

やっぱり抗議デモ起こすか?

 

今の生活嫌で、自分の好きな事で暮らしたい!

 

ってみんな思ってると思うけど、

これコロナの世界で、そう思うようになった人も、

もっと増えたろうね。

 

でも、確かに、それを実践出来ている人もいるけど、

 

そんな簡単には行かないじゃない?

 




 

アタシ、エンターテイメントや、

何かを発信することで生きて行きたいって、ずっと思ってるのに、

 

だからブログも毎日発信して、ラジオも始めた!

 

だけど、自分のビジネスセンスとか無い上、

またビジネスになりずらい事で生きて行きたいと言っちゃってるから、

 

いまだに、本職の歯科医院辞められないんだよね。

 

好きな事で生きて行く!

 

をキラキラして語っている人、

そんな成功している人を見て、

勘違いして自分もとか思っちゃうけど、

 

人生、そんなに甘くない!

 

まぁ、今の仕事の不満が、

また自分のやりたい事への活力になってるんだけどさ。

 

でもさ、さすがに、この不満を活力に変えてるだけで綺麗事言ってたって、

 

減給なのにフルで働いている自分は、

また自分のやりたい事に費やせる時間もお金も無くなってるのに、

逆にボスは、患者は増えてるのに、人件費は減ってるから、丸儲けじゃん!

 




 

日本の皆さんは、

こりんごちゃん、そんなに失業保険欲しいなら、

自分で辞職して保険貰えばって思うかもしれないけれど、

 

アメリカの失業保険って、日本と違って、

解雇されない限り、自主退社した場合は保険金もらえないのよ!

 

やっぱり、この不満、申し出よう!

 

遂に、アクション起こすか?!

 

しかし、やっぱり、なるべくならば、

波風立てずに、感情剥き出さず、

自分の不満をストレートに言いたいよね。

 

一時解雇された従業員は、働かないで失業保険が貰えてるのに!

とか、他の従業員と比べない方がいいとジョンさんからアドバイスもいただき、

 

ともかく、減給されても、生活コストは同じだが、

レントは毎年上がって行くこと、

 

患者が増えているのに、スタッフは減り、

アタシの給料もカットのまま、

 

給料の昇給が、また3年昇給してないのに、

コロナで減給、経済的に苦しいと、

あくまで現状を伝える、

 

これをさ、また英語で伝えるわけよ。

 




 

日常会話程度しか出来ないアタシは、

こう言ったネゴシエンションはさ、

遠慮して物申せないくせに、

 

遂に発言するぞって言う時が来ると、

なんつうの、英語力のせいで、

ストレートに強く言い過ぎちゃうと言う矛盾が発生するのよ。

 

例えば、

 

「申し訳ありませんが、生活が暮れしいので、

お給料を、少し上げていただけませんでしょうか?」

 

と、日本語でなら簡単にやんわりと言えることも、

 

英語力がない場合、

 

ギブミー モアー マニー!

 

(これ、ストレート過ぎるけど、

かりやすい例として挙げてみました。)

 

とか、言いかねないわけよ。

 

ほら、日常生活で、

 

これは、あまり好きではありません。を

I don't like it.とか、

 

これは必要ありません、を

I don't need it. とか、ストレートに言うと、

 

場合によっては、失礼に当たることもある。

 

そこで、ジョンさん、やんわりした言い方の英会話文を習って、

紙にまでかき出して、台本まで作ったのよ。

 




 

あ、ちょっと、その台本、見て見たい?

じゃあ、みんなで英会話レッスンしよう!

 

台本は、これだ!

 

I appreciate the raise you gave me in 2017.

but since then my rent has increased every year.

Now with this pandemic, I'm making less money every week.

It's hard to pay bills.

So, is it possible for me to get more money?

 

3年前に昇給して下さって感謝しております。(嫌味も込めて)

しかし、アパートの家賃は毎年上がりますし、

今は、コロナのパンデミックで、減給。

非常に、生活費の支払いに困っております。

もう少し給料を頂くことは可能でしょうか?

 

こういう、意外に簡単そうな英会話でも、

とっさとなると、出てこないもんよ。

 

しかも、シンプルに、ネガティブな事ばっかり言っちゃいそう。

 

You didn't give me the raise!

昇給をくれなかった。

 

No money, but more work!

働くだけで、金にならん!

 

I wish I could get unemployment.

失業保険もらえたらよかったのに。

 

こんな感じで、相手を逆なでするような言い方になってしまう。

 




 

あぁ、自分の英語力よ・・・

よく18年間、ニューヨークで暮らせたな。

 

いや、ニューヨークだったから暮らせたのかも、

他の地方に行ったら、暮らせてなかったかもね。

 

ということで、給料交渉の台本も出来たので、

土曜出勤に臨んだわけよ!

 

しかしね~、

計画って予定どうりに進まないモノね。

 

ウチのボスは上手だった・・・。

 




 

いつ、話を切り出そうかと思っていたのだが、

 

ボスの方から、

 

「来週、また患者の予約が増えたよ。」

 

「よかったですね。」

 

建て前的な返事をしたが、

つまり、もう、フル勤務ってことですよね。

 

さぁ、ここで、もう通常勤務で働くのだから、

減給撤回してくれと言えるチャンスだ!

 

「でもね、患者が戻ってきて増えて来たのは嬉しいのだが、

まだパンデミックは続いているから、

前のように、立て続けに予約は入れられない。

待合室に患者同士を一緒に待たせられない。」

 

「では、翌週に予約を振り分けますか?」

 

「月曜日も営業しようかなって思ってる。」

 

 

えっ?!

 

「月曜日って、ウチの休診日ですよね?」

 

「そう。

いっぺんに患者を入れないから、

月曜日もオープンして、振り分けようかと思う。」

 

「えっ、週に6日働くってことですか?!?!?!」

 

ビックリこいた、減給撤回どころか、

過剰労働虐げて来やがったっ!

 

「えっ、6日も営業するって、

他のスタッフを復活させるるってことですか?」

 

「いや、オフィスに、今までの従業員が戻ってきて、

患者も前のように戻って来たら、3蜜過ぎる。

それは避けたいと思う。」

 

「じゃあ、私が6日間働くってことですか?!」

 

「こりんごが、6日も働く必要はないよ。

他のスタッフを復活させて、それぞれ別の日に

3日づつくらい働いてもらおうかなと思ってる。」

 

あぁ、それいいアイデアじゃん、

週に3日だけなら、減給のままでも納得がいく、

 

これが、他のスタッフの分までカバーして、5~6日働かされるって、

アメリカにいながら、日本のブラック企業みたいなことになっているではないかっ!

 




 

「そのアイデアはいいですね。

実は、お話したいことがありました。

 

今週も、来週も、だいぶ患者様が戻ってこられて、

週にクリニックを4~5日オープン出来ていますけれど、

私は、アシスタントなのに、受付や事務処理までやっていますので、

これ以上、勤務日数が増えると、時短とは言え、ちょっと大変です。

なのに、お給料減給のままでは、ちょっと・・・」

 

さぁ、シチュエーションが、ちょっと変わって来たけれど、

せっかくの台本を、ここで使うぞっ!

 

と、思ったら。

 

「来週は、5日勤務だから、通常の給料払うね。」

 

「あ、ありがとうございます。」

 

アッサリと、交渉せずに、済んだ。

 

ボスは、賢い人だから、

アタシを、都合よく使っているのを知っていて、

不満の出る一歩手前までギリギリ使い倒す。

 

要は、何も言われなければ、

そのまま減給で使えばいいし、

何か言って来たら、対処すればいい感じなのだ。

 

分かってるならば、言う前に改善してくれよ!

と、思ってしまうのは日本人の悪いところね。

 




 

やっぱり、ちゃんと、自分の不満は延べないと通じないし、

理解してても、申し出ない限り、変わらない!

 

これって、今の、人種差別問題だってそうじゃん?

 

人種差別が人道的に行けないことだということは、

言われなくたって、誰でも分かっていることで、

 

分かっていても、声にあげて、行動を起こさないと、

世界を変えられないじゃない?

 

こんなところで、

アタシの給料と、人種差別問題を一緒にくくるのもなんだけどさ。笑。

 

つうことで、あれだけヤキモキしていた、労働条件。

 

ジョンさんの作ってくれた交渉台本を使うことなく、

アッサリ解決してしまった。

 




 

無茶苦茶悩んだのに、

なんか、些細なことで悩んで気を揉むよりも、

 

アクション起こして、解決した方が早いね。

 

ということで、

 

労働条件のストレスは、やや回避されましたが、

これと同等に悩んでいた、不妊治療。

 

今回のサイクルは、イマイチでして、

どうしようと、悶々と悩んでましたが、

 

もう、悩んでも仕方ないよな、

なるようにしかならないし、

 

ということで、次回は、仕事の次にストレスな、

妊活の決断をご報告いたします。

 

あ~、いろんなことにぶち当たって、

人生、生きてる感あるけど~、

 

もうちょっと、ラクに構えていきたいね~。

 




 

本日の動画は、土曜出勤の様子も交えて、

マンハッタンの様子をリポート。


NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

今、不要な外出禁止になったニューヨークの街の様子や、

自宅待機の様子など、毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくだされっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

    

 

 

-こりんごムーブメント

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.