とんでもアメリカ生活

健康診断と妊娠報告の誓い

投稿日:

 

 

では、昨日の続きで、

遂に健康診断始まります!

 

マジで、忍者屋敷で密会でもしそうなくらい、

人気(ひとけ)の無いクリニックで、

人目を避けて(ソーシャルディスタンスをとって)

誰にも合わないように、診察室に入って、

 

密会受診の様子は、昨日の記事から読んでね。

 

コロナ健康診断
コロナで延期してた事、この時期に健康診断受けられるか?

    コロナで先延ばしになってた事、 いろいろあると思うけれど、   いつから再開したらいいんだろうって。     NYCは、今週6/8から、 第一 ...

続きを見る

 




 

そして、ついに、お代官様(ドクター)のお出ましだ!

 

ワタクシのお気に入りのお代官様。笑

 

東京海上クリニックの桑間先生。

 

アタシ健康過ぎて、先生には、

年に一度しか会えなかったんですが、

 

なんと、去年は、膀胱炎になり、

また不妊治療の濡れ衣(ぬれぎぬ)書類を頂くために2回もお会い出来たんです。

(何、濡れ衣書類って?過去記事読んでね。)

 

腎盂炎になった
膀胱炎が悪化したっ!

    人間のカラダは、繋がっているんだ。   何か異変があったら、速やかに解決すべしっ!   これって健康だけじゃなくて、人生、行きて行く上で問題解決すべてに ...

続きを見る

 

膀胱炎で先生に会えるって嬉しいような、

嬉しくてないような。笑

 




 

実は、前回、先生に妊娠願掛けして頂いたんです。笑。

 

妊娠願掛け
乳ガン検診で妊娠祈願?!

    おかげさまをもちまして、第3回NY妊活クラブのイベントが無事に終了致しました!     とっても濃厚で充実したイベントになりましたよ。   早 ...

続きを見る

 

それで、今度の健康診断の時は、

妊娠の報告が出来る様に頑張りますっ!

って言ってたんだけど、

 

「先生、残念ながら、

良いご報告が出来なくて申し訳ありませんが、

まだ妊娠してません。😅」

 

「あぁ〜、そうですか。」

 

「せっかく先生に妊娠願掛けして頂き、

先生に言われてた、あのステーキも食べに行ったんですけど・・・。」

 

妊娠願掛けステーキ
トラディショナルじゃない感謝祭の過ごし方 in NYC

    Happy Thanksgiving!   アメリカは、昨日、感謝祭でございました。   今日は、Black Fridayで、ビックセールの日! 皆、ホ ...

続きを見る

 

「お、ステーキ食べに行ったんですね!

まだ分かりませんよ!

私の友達は、ステーキを食べに行って、

1年くらい経ってから妊娠しましたから!」

 

じゃあ、それステーキのご利益じゃなくねぇ?笑

と思いましたけど、

 

「ということは、去年の感謝祭に食べに行ったので、

あと5ヶ月くらいチャンスはありますね!」

 

「もちろんですよ!

じゃあ、今回の血液検査に、

妊娠に関係のある甲状腺の検査も入れておきますね!」

 

「あ、ありがとうございます!」

 

「うむ〜、

今、検査オーダー表に、Wolfgang’sのステーキを食べたのにまだ妊娠していないので、甲状腺を実施します。

と書いたんですが、これは我々しか理解出来ない検査必要理由ですよね?

ちょっと書き直しが必要ですね。」

 

「えっ?先生、マジでステーキのこと検査オーダーに書いたんですか?」

 

「書きましたよ!

でも、これじゃ意味不明なので、

ちょっと書き直しましょう。」

 

先生、オモロ過ぎる!

 




 

「コロナの抗体検査は、2ヶ月ほど前にやって、

抗体ナシだったんですが、

一応、医療関係で働いているので、

またやった方がいいですか?

と言うか、どのくらいの感覚でテスト受けるべきですか?

それから、症状出てないんですけれど、PCR検査もやった方がいいんですかね?」

 

「うむ〜。

これね、抗体があるからと言って、

また罹らないという保証がないんですよ、

なんせ新型なので。

 

あれね、抗体検査で、抗体持ってても、

検査数値に上がってこない微妙な数値の人もいたりして、

 

これ、あくまで私の持論ですが、

抗体ナシと判断された人の中で、

結構、そう言えば味覚が一時なかったなとか、

ちょっと息苦しかったなとか、

心当たりある人多いんですよ。

 

だから気づかずにコロナに感染していたのに、

抗体なしと判断されてる人もいると思います。」

 

「あの、私、抗体検査は市が無料で提供していた検査を受けたんです。

指先をちょっと刺して、指紋採取くらいの血液検査だったんです。

でも医者でやってもらう公式の検査って、ちゃんと血液を十分採取して調べるから、

私みたいに無料の指先カット検査じゃ、結果のイマイチ正確じゃないんですかね?」

 

「いえ、そんなことはないです。

指先だけの検査でも、結果の正確度には、それほど大差はないんですよ。

 

ただね、政府が検査結果、検査結果と強く言っていますが、

その検査結果も、どうだろうかと思うんですよ。

一概に、検査して、必ず、その人が陰性、陽性と決めつけてもね、

 

PCR検査にしても、あれ検査結果出るの2日くらいかかるでしょ?

例えば、仕事復帰の美容師さんが、5時間くらいおきに検査を行なって、

陽性か陰性かを調べるなら、正確な数値でると思いますが、

そんなの無理ですもんね。

 

だから、陰性、陽性の数値って、

今出されているものもで、一時的に行政が調べた数値より、

町医者がなんとなく症状がある人を調べて

どのタイミングで検査したかの方が正確性はあると思うんですが、

 

これも、大きいものが実験を握る的な、

町医者が、担当している患者数は、

行政が一斉に行っているランダムの検査数にがかなわないのでね、

 

とうてい、町医者が何言ってやがるんだってことになりますけれど、

本当は、町医者が正しかったってことが、あるかもわかりませんよ。」

 

いつも、頭が賢すぎて面白い先生です。

 




 

「じゃあ、私、抗体検査もPCR検査も必要ないですかね?」

 

「一応、既に やっていますしね。

PCR検査も、検査した後で、街で無症状の人から菌をもらって、

検査後に感染していたら、意味はないですからね。」

 

「例えば、以前コロナに感染して回復した人から、

感染する心配ってありあすか?」

 

「厳密に言わないのならば、

Noで、感染しないです。」

 

「じゃあ、厳密に言うとYesで感染するかもしれないんですか?」

 

「たとえばね、ヘルペスとか、一旦治ったとしても、

免疫が下がったり、体調崩した時に、また出てくることあるでしょ?

その、たまたま出て来た時に、その人と濃厚なキスでもすれば、

感染する可能性はありますよね?」

 

あぁ、なるほど。

 




 

そして、触診に入る。

 

乳癌の触診検査。

 

「不審な物は見当たりませんね。」

 

「よかった、不審物なしですね!」

 

「不審物?そうですね、

見つかれば通報しますよ。」

 

シュールな返しがいいですね。

 

腸の直進検査。

 

「あれ、体重増加しましたか?」

 

「いえ、前回と同じにキープしてますが。」

 

「ふむ~、お腹周りがちょっとふくよかになっているので。」

 

「妊娠ですかね?笑

 

いや~、今年になって、体重は一緒なのに、

腹回りに脂肪がついていたのは気づいていました。」

 

「コロナ太りされている方多いですよ。」

 

「いや、コロナというよりは、年齢ですかね?

代謝が落ちて来てる感じで・・・。」

 

「年齢も、確かに ありますね。」

 

そうなのよ、ここ最近、腹回りがでっぷりして来て、

いわゆる、豆のようなオバサン体系になって来た。

 

そうだよな~、いつまでも少女だと思ってたけど、

 

卵子は老化するわ、下っ腹の皮下脂肪はため込むは・・・

イカン、これは、本格的に、対策を取らねばっ!

 




 

「来年は、妊娠すれど、脂肪は付けてこないようにします。」

 

「頑張ってください。」

 

そして、今年も、無事(?)に健康診断終了。

 

 

来年こそは、脂肪ばっかり付けないで、妊娠報告していたいわ~。

 




 

では、本日の動画は、

健康診断に行ってくるぞ動画です。

 

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

今、不要な外出禁止になったニューヨークの街の様子や、

自宅待機の様子など、毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 

 

    

 

 

-とんでもアメリカ生活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.