世界のニュース

引き寄せたデモ行進!人は変われる!国民の声と行動は届く!(ジョージフロイド氏のプロテストの成果!)

投稿日:2020-06-05 01:32 更新日:

 

文化の違いを感じる。

 

そして、その違いを肌で感じれば、

自分の心も開いて、変わる。

 

ただ頭で理解しただけじゃ受け入れらてなくて、

肌で感じない理解出来ないんだと。

 

謎は解けた!

 




 

現在、アメリカから、世界中に広がりを見せている、ジョージフロイドさんプロテスト。

 

ただ日本では、この報道が、

そこまで大々的にされていないと聞いた。

 

うん、そりゃそうだね、

日本は島国だから、

肌の色の違いで差別されると言う人種差別がないものね。

 

報道する側も、受け取る側も、

こちらに住んでいて、

そう言った問題に直面している人とは温度差が違うわけだ。

 

かく言うアタシだって、

アメリカに住んでいれど、

日本で生まれて日本で育ちましたから、

 

もちろん、日本にいた時よりは、

こっちに来てから、

実際に人種差別ってあるんだって気付かされたけど、

 

つうか、アタシが差別される側のマイノリティなんですけどね。

 




 

コロナウィルスでアジア人差別とかあったじゃない?

 

ここへ来て、そのコロナも収束してないのに、

ジョージフロイドさんの件で、

アメリカでは根強い黒人人種差別のプロテストが始まった。

 

うん、人種差別は いけない事だって分かってる。

 

だけど、肌の色で差別される事のない日本で生まれ育ったアタシですから、

 

NYに住んで18年ですけれど、

NYって人種の坩堝だし、

超リベラルで、ダイバーシティだし、

 

人種差別が悪いと頭で理解してても、

そこまで、気付いてなかったと思う。

 

歴史でアメリカ南北戦争を勉強しても、

キング牧師の人種差別のご活躍を歴史で知っても、

 

それは、全部、頭で理解してた事だから、

 

今回の件だって、酷い事件だ!

って思っても、

その思いを声に上げよう!

抗議しよう!

そんな風には正直 考えなかったし、

 

抗議デモ集会や、マーチがあんなに大規模で行われていたことに、

アメリカって行動派だなって、

感心して見てたくらいで、

 

参加しようとかは思っていなかった。

 

アメリカに住んでいるのに、

まだ異文化を見ているようだった。

 




 

プロテストに参加しないのは、

コロナウィルスの感染が怖いとか言ってたんだけど、

 

コロナウィルスが無かったとしても、

参加してなかったと思う。

 

夕べ、ジョンさんが、こんな事を言った。

 

「俺、#BlackLivesMatter の団体に寄付しようかなって思ってる。

こんな時なのに、俺は毎日仕事で、

マーチに参加出来ない。

週末は、仕事の疲れで、とってもプロテストに参加する元気がないし、

なんかギルティー感じちゃう。

申し訳ないから、せめて募金でもって思って。」

 

えっ、アタシなんて、自宅待機で、

デモに参加する時間めっちゃあるのに・・・

 

「でもコロナウィルスが心配じゃない?」

 

そんな偽善ぶって、

まるでコロナのせいで自分は参加しないと言い訳してるみたいだ。

 

「そうなんだよね、ソーシャルディスタンスが全然ないからね。

俺、ヘルスケアで働いてるから、

感染には十分注意しなくちゃだしな。」

 

そっか、ジョンさんはプロテスト参加したいんだ。

 

アタシは、ここでもまだプロテストを理解していなかった。

 

まぁ、コロナの心配もなく、ジョンさんと一緒だったら、

デモ行進参加してもいいかな?

新しい経験だ!

程度に考えていた。

 




 

元々、デモ行進なんてアクションの盛んでない日本で育ったから、

 

騒ぎ立てない、周りに迷惑かけない!

そんな風にしつけられて来たから、

アタシたち日本人って、

声を上げることに躊躇する民族だったりしない?

 

(全員とは言いませんよ。

私は違う!って言う人、ここで批判の声上げないでね。)

 

そんな事言っても、どうせ変わりっこないし、

って思い込んでるところもある。

 

正直行って、アメリカで、これほど盛んに、

なんでも直ぐに声を上げてプロテストでアクションを取るアメリカを、

アタシは、いまだに、異文化と捉えていて、

 

これまで参加もせずに、はたから見ていたプロテスト、

トランプ大統領への抗議デモや

銃規制のデモ、

あんなに大々的に行われてたけど、

 

銃もなくならないし、

今でもトランプは大統領だし、

 

結局、抗議デモしたって、

無駄だよ的に思っていた。

 




 

なんでもやって見なくちゃ分からない!

当たって砕けろなアタシなのに、

 

そこだけは、めっちゃコンサバディブだった。

 

しかも、今回のプロテストは、

正統派な平和的プロテストが、

攻撃的な犯罪の暴動にまで発展してしまい、

 

おいおい、プロテスト逆効果じゃないか?

しかも、コロナウィルスの感染拡大も心配されるし、

 

そんな風に一歩引いて、この状況を見ていた。

 

あぁ、暴動が起こってる最中、

出勤するの嫌だな、

地下鉄乗りたくないなぁ、

って、コロナ + 余分な心配が増えたくらいに思ってた。

 

こんな、自分のことしか考えていない、

ニューヨークに住んでいるのに守りの自分。

 




 

ところが、夕べ、このニュースが飛び込んで来て、

アタシも気持ちは変わり始めた!

CNBC News

 

なんと、ジョージフロイドさんを死に追いやった元警官の刑が重くなり、

また、それに関与していた他の3人のポリスも、遂に逮捕されたのだ!

 

この一件が、ビデオに残されていたので、

事件として明るみに出たんだけれど、

そうじゃ無かったら、この事件はうやむやにされて、

ノウノウとその警官たちは日常の生活を送っていたのであろう。

 

たとえ、ビデオが公開されただけだったとしても、

主犯格の元警官は逮捕で、一番軽い第三級殺人罪、

他3名は逮捕すらされていなかった。

 

ここで、国民みんなが声を上げてプロテストを熱心に起こしたから、

 

遂に、他3名も逮捕起訴され、

主犯格の元警官には第二級殺人罪と刑が重くされた。

 

アタシは、このニュースを読んで、

とてつもなく熱い思いを感じた!

 




 

国民の声や行動が、キチンと届いてる!

一人じゃ世界は変わらないけれど、

その一人が集まって、声を上げ、

その一人一人の行動で、世界を変えることが出来る!

 

今まで、本当に失礼だが、

プロテストはパフォーマンスであって、

亡くなった人への追悼と、

怒りをぶちまける場所くらいに思ってた。

 

変わりっこない、

所詮、国は何らかの形で国民を牛耳り、

不当な結果で終わるんだろう、

そこに余分な暴動まで起こって、

 

これ、全て自分の思い違い!

 

みんながプロテストしなかったら、

あの警官たちは逮捕もされなかった!

 

 

変わりっこないって、

声も上げすに、何もしなかったら、

そりゃ、何も変わるわけないっ!

 




 

アタシは、抗議デモを、他人事のように見ていたんだけれど、

機会があったら、参加したいと思い始めてきた。

 

で、凄いのね、したいと思う気持ちって、

引き寄せの法則なのか?

 

参加したいと思っていた抗議デモ行進が、

向こうから遣って来たっ!

 

 

えっ?

それは、本日の動画でお見せしちゃう!

 




 

では、本日の動画は、

 

まだ、抗議デモを他人事のように見ていた、

うわべだけでデモに参加したいけど、

コロナウィルスが心配だし~とか言っていた、

6/2の自分と、ブルックリンの様子。

 

 

 

そして、プロテストの力を、

国民が声を上げてアクションを起こすことを、

うわべだけじゃなく、世界を変えられることを知った後、

 

プリテストに参加したいと思ったら、

プロテストに遭遇した6/4虫歯予防デー。

 

 

暴動に備えていたマンハッタン、ミッドタウンの様子もレポート!

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、インタビューの他にも、

今、不要な外出禁止になったニューヨークの街の様子や、

自宅待機の様子など、毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくだされっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 

 

    

 

 

-世界のニュース

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.