高齢妊活

誕生日とコロナウィルスと人生の定めタイミング(3月29日ニューヨークの街の様子)

投稿日:2020-03-30 12:20 更新日:

 

 

3月29日。

本日は、ジョンさんの誕生日。

 

本当ならば、今頃、日本に到着で、

ジョンさんの誕生日を祝っていたはずだったのですが、

 

ご存知の通り、コロナウィルスのパンデミックにより、

日本帰国はキャンセルとなりました。

 

 




 

全世界で大小規模のイベントが全てキャンセルされてますからね、

仕方がないよね。

 

ところがね、こんな状況で、

たった一つ、キャンセルされないイベントがあったんです。

 

えっ、何、どのイベント?

 

 

46歳こりんごの、

 

第6回目の採卵、続行ですっ!

 

 

コロナウィルスのパンデミックがなかったら、

日本帰国も出来て、

ジョンさんの誕生日も日本でお祝いできたのですが、

 

もし、日本に帰国していたら、

今サイクルの採卵は見送りとなっていました。

 

人生というものは、本当にタイミングだなと。

 




 

今日は、ジョンさんの誕生日なのに、

朝から、クリニックにモニタリングに行って来たんですよ。

 

えぇ、外出禁止のニューヨークで、

ほぼ毎日外出してるこりんご。

 

ゴナールFを2日間追加投与で、

ギリギリまで卵胞を育ててくれたドクターの指示。

 

今日のモニタリングで、遂に採卵決定か?

 

クリニックは、日に日に、患者もスタッフも減っていく感じです。

 

そして、今日のパンデミックおやつは、

 

 

あら、Nutter Burrer Bites!

 

 

マスクしてるので、食べれないけど、

ジョンさん、大好きなスナックなので、

お誕生日だし、お持ち帰りしました。

 




 

さぁ、卵胞はどのくらい育ってるか?

 

2日前のモニタリングでは、

 

左は、17.5㎜、13.5㎜、12㎜、3㎜

右は、9.5㎜、5.5㎜、4㎜

 

だったんですよ。

 

さて、2日後には、どんな成長を見せてくれてるか?

 

「左は、18.5㎜、14.5㎜、

右は、12.5㎜、あとは10㎜以下が3つです。」

 

えっ? 左は2つだけですか?

 

なんか、一つ減ってるし、

モニタリングも、技師によっては見方が違うのか、

 

曖昧だよな~。

 

意外に、2日前より、急激に育ってないけれど、

いや、急激に育たなくてよかったよな。

 

だって、その場合、1つが一人で勝ち逃げしちゃうじゃない?

 

「内膜はどうでしょうか?

新鮮胚移植をするので、」

 

「9.9㎜、10㎜弱ってところね。」

 

おおおおっ!2日前まで7.4㎜でしたが、

いい感じに内膜厚くなってる~。

 

あとは、卵胞ちゃんが、3つくらい採卵できるといいんだけれど、

 

採卵真近なんだろうけれど、

この微妙な卵胞の大きさに、

ドクターは、どう指示出すのか待ち遠しかった。

 




 

外出禁止だし、

 

ニューヨークの感染者は、6万人にまもなく手が届く勢いで、

死者も、1000人にすぐ手が届くナンバー。

 

本当に、シリアスな状況なので、

モニタリング終わったら、速攻で家に帰ろう!

 

ところが、

 

アタシのクリニックは、コロンバスサークルの近くなんだけれど、

 

あれ?

何、この長い行列は?

 

えっ、もしかして?

 

並んでる人に、遠巻きに聞いてみた。

 

「これ、もしかして、Whole Foodsに行く列ですか?」

 

「そうです。」

 

 

えぇぇぇっ!

 

 

2日前に来た時は、ここのWhole Foodsは、

スタッフにコロナ感染者が出たため、一時閉店してたのよ。

 

2日間で、消毒クリーニングを完璧にやっての再オープンか?

 

今夜は、ジョンさんの誕生日だし、

バースデーケーキとか、

ディナーもスペシャルなもの作ってあげたいから、

 

Whole Foods寄って帰るか?

 

あっ、ショッピングバック忘れた!

 

しかも、なんか、2日前までクローズしてたのに、

今行くの、なんか怖いよね。

 

一応、ジョンさんに電話で聞いてみた。

 

「あのね、コロンバスサークルのWhole Foodsがオープンしてたのよ。

何か必要なものがあれば、寄って帰ろうか?」

 

「寄らなくていいっ!

真っすぐ家に帰って来てっ!

感染したら大変だっ!」

 

と、ジョンさんは、猛反対!

 

もともと、不妊治療の通院も心配してるくらいなので・・・。

 

ということで、コロンバスサークルのWhole Foodsが再オープンしていた様子を動画でお届けいたします。

 

 




 

それから、昨日の土曜日は、一歩も外に出なかったんですが、

 

ジョンさんの誕生日の前夜祭で、

ブラウニー焼いてみましたっ!

 

そちらの動画もどうぞっ!

 

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

現在のニューヨークの様子もほぼ毎日お届けしております。

 

ぜひ、チャンネル登録してね。

 




 

そして、ドクターの指示が来ましたっ!

 

 

あ、ホルモン数値、E2がちょっと低いよね。

これじゃ、成熟卵胞1つじゃない?

 

で、ビックリなのは、また今夜も、GanirelixとGonal Fを投与せよとのこと!

 

超高齢の治療には、高刺激は効かないと言われていたんだけれど、

 

投与量は少ないが、

6回もゴナールFを打つなんて、

 

なんだか、勝手に若くなった気分!

(ゴナールFは、若返りの薬ではありません。)

 

だって、高刺激の若い皆さんと、同じ薬を使えるから!

(それ、変な感想ですね。)

 




 

ともあれ、

 

だからニューヨーク、不要な外出禁止なのに、

また、明日も、モニタリングに行かなきゃだ~。

 

実はね、今日は、ジョンの誕生になのに、

 

日本の、ウチの母の親友が亡くなったの。

 

前回、ジョンと帰国した時に、

ジョンも、Obasan ってなついてたんだよね。

おばさんは、コロナではなく、持病が悪化して亡くなったそうですが、

 

しかも、同じ日に、志村けんさんも、

コロナウィルスでお亡くなりになったと・・・。

 

アタシ、8時だよ全員集合 見て育ったから、

そりゃ、ショックで・・・

 

あぁ、人間って、生まれて死ぬという定めは平等なんだけれど・・・

 

今、ニューヨークでは、沢山の方が、

コロナウィルスの犠牲になって亡くなっている。

 

皆様のご冥福を祈りつつ、

 

新たな生命の誕生を願って、

 

ジョンさんの誕生日、

普通の自宅待機になっちゃったけれど、

 

今夜もゴナールFを打って、

明日を迎えます!

 




 

 

本日のNYこりんごラジオ、過去放送ピックアップは、

明日オンエアの予告に変えさせていただきます!


建築デザイナーから和食作り置き配達サービスを設立した反町真理香さん!

 

外出禁止の今、ニューヨークではありがたいサービス!

My Happy Tummy Club

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.