高齢妊活

NYで子供を持つこと、パンデミックでも不妊治療を継続するべきか?

投稿日:

 

 

世界の危機。

 

コロナウィルスのパンデミックで、

日々、深刻化していき、

日常生活が非日常化している今日この頃。

 

外出禁止、自宅待機が命じられて、

極力、家にこもっておりますが。

 




 

なんと、このタイミングで、排卵真近!

 

46歳、もう待ったなしで、不妊治療クリニックに通院しているわけですが、

 

まだ外出禁止命令が出る前に、

ウチのパートナーのジョンさんが、心配して、

 

不妊治療は、パンデミックが収まるまで中断しようと言う提案を出しましたが、

 

 

コロナか卵胞か?
国家非常事態宣言発令!コロナ収束が先か、卵胞生産終結が先か?

    ちょっと〜、 今日もコロナウィルス関連記事で申し訳ないんですが、   なんせ、ナショナルエマージェンシー出ちゃったので・・・。   はい、国家非常事態宣 ...

続きを見る

 

コロナウィルスが終息する前に、

アタシの卵胞が尽きてしまうかもしれないからと、

 

不妊治療中断は却下されましたね。

 




 

ところが、ここ数週間のニューヨークの感染者数、

死亡者数の跳ね上がりが半端なく、

 

無論、感染防止の外出禁止禁が発令され、

街はロックダウン!

 

皆さんが、心配されるよう、

ニューヨークの感染拡大が、

毎日すごいスピードで広がってゆき、

 

昨日見たニュースでは、

クイーンズのエルムハースト病院で、

1日に死者が13人も出たと!

The New York Times

 

遂にクイーンズは、ブルックリンを抜いて、

一番感染者の多いエリアになりました。

 

今、病院の収容ベッドの増加確保に政府は力を入れているけれど、

 

なんと、9/11 同時多発テロ以来、

遂に仮設安置所まで設けられたって、

CNN.co.jp

 

これだけ感染者や死者が増えると、

市民の不安は増すばかりだが、

 

看護する側のドクターやナースに負担が益々増え、

 

ウチのジョンさんもヘルスケアで働いてるので、

感染患者が増えるほど、忙しくなるという状態で、毎日残業!

 

結構、疲労困憊気味です。

 

アタシも、また急患が出たので、今日も出勤!

 

全然、自宅待機出来ず、

外出禁止が嘘のよう。

 

それでも、毎日激務を こなす医師やナースに比べれば、

急患対応くらいこなさなきゃね。

 

本日に、医療従事者の方々には頭が下がります。

 




 

病院で使うマクスやグローブ、ガウンが足りなくて、

NYCのとある病院では、ゴミ袋をガウンの代わりに着ていたことが明らかになったよね。

 

しかもコロナウィルス患者を担当していたその病院の看護師さん(49)が、

感染してしまって死亡したニュースも衝撃的だった!

New York Post

 

ちなみに、ワタクシの、N95は、使い回しでございます。

 

 




 

こんな状況化で、ジョンさんが、

また不妊治療の提案を持ちかけてきた!

 

「あのさ、受精卵の移植、

先延ばした方がいいんじゃない?

移植しちゃったら、妊娠しちゃうでしょ?」

 

えっ、何言っちゃってんのジョンさん!

 

「いや、移植しても、着床する確率は極めて低いのよ。

だから、そんなに簡単に移植しても妊娠しないんだよ。」

 

どうやら、ジョンさんの妊活知識は、かなり低く、

受精卵が3日まで行ったら、ほぼ成功!

移植さえすれば妊娠!

 

と思っていたようだ。

(虫が良すぎる!)

 

出来れば5日まで育てて、

胚盤胞に持っていきたいのよ。

 

でも、それすら出来ない老化の現実。

 

まぁ、これまで3日まで育たないことが多かったから、

この試練さえ乗り越えれば!

って思っちゃうんだろうけど、

 

「今、妊娠したら、病院に行かなくちゃいけないし、

でも今や、病院はコロナウィルス患者でいっぱいだ!

どうやって妊婦の対応出来る?

それどころか、感染の心配の方が大きい!

Baby  Cakes (←こりんごのことです。)と、

お腹のベイビーに何かあったら、

 

I can’t lose you!!!!」

 

ぽか〜ん。

 

ジョンさん、ありがとう!

 

でも、妊娠もしてなければ、

着床どころか、

採卵もしてないんですけれど?

 

もう、移植したら妊娠気取り?

めっちゃネガティブそうでポジティブやん!

 




 

「ありがとね〜、

でも、いいですか、妊娠なんて、そう簡単にするもんじゃないんです。

いつも妊娠する気持ちでいることは大事ですが、

まして、アタシは高齢だから流産の可能性高いし。」

 

それよりも、着床するか?

いや受精するかの段階ですから、

 

そんな今妊娠したら、

なんて夢のまた夢の話で、

 

そうなるためには、もう時間との戦い!

 

この卵胞たちが老いて無くなるのは、

本当に、これぞ時間との戦いなのである!

 

だから、コロナの終息を待ってる時間はないのです!

 

だって、いつ収まるのかなんて、Who knows?でしょ?

 




 

「でも、この前、凍結した卵、

今回は移植しないんだよね?

今回は、採卵だけなんだよね?」

 

「あの凍結したのは移植しないけど、

今回は新鮮胚移植を狙ってるんで、

採卵して3日まで育ってくれたら移植になるよ。」

 

「えっ、こんな時だから、

凍結にした方がいいんじゃない?」

 

 

ジョーダンじゃないっ!

 

 

去年の6月から、5回も採卵して、

まだ、一度も移植に至ったことのないアタシ、

 

ドクターともよく相談して、

今サイクルは、新鮮胚移植出来るように、

 

薬も調整して、内膜の厚さの維持もしてきたというのに、

 

コロナ騒ぎで、はい、凍結にしましょうっ!

なんて、簡単にプランを変えられるかよっ!

 

つうか、変えられるけれど、

変えたくないよっ!

 

「新鮮胚移植で行きますよっ!」

 

キッパリっ!

 

またジョンさんの提案却下。

 




 

ニューヨークの感染拡大が、

物凄い速さで広がるように、

 

アタシの今週期の採卵までの進展も、

めちゃ早いっ!

 

外出禁止命令が出てるんですが、

モニタリングの嵐です。

 

火曜日にモニタリングに行った後、

 

ドクターの指示で、

な、な、なんと、

 

Follistim を追加で2日打ってください。

 

と、そんな、外出禁止中のアフタヌーンに、

そんな処置出されても、

 

もうFolistim 使い切ってないんですけれど?

 

こんな時、アタシは妊活クラブと言うグループを結成していてよかったよ!

 

Follistim と同じ効果の Gonal F を所持しているけど、

無事に妊娠されて使わないと言う人から、

速攻で購入させてもらった!

 

あぁ、コネクションって大事!

 

薬の売買、転売も、大きな声じゃ言えないことですが、

 

 

高額な薬の無駄を、

 

省きたいじゃないのっ!!!

 

 

大文字で主張かよ。

 




 

卵胞刺激注射を、75IUと少量だけど、

5日間も打つのは初めてだ!

 

超高齢で低刺激しかやったことなかったのに、

なかなかの刺激度ですよ。

 

その夜。

 

追加のゴナールFを、またジョンさんが、

俺の出番だとばかりに、しゃしゃり出て、

 

注射を打ってくれる準備をするんですが、

 

なにぶん、ジョンさんもコロナのせいで激務が続き、

もう、家に帰ってご飯食べると、

疲労が一気に出て来て体が休息を求めるらしい。

 

そんな中でも、ゴナールFを打ってくれると言うんだけれど、

 

「薬に気泡が入ってる、カートリッジを25に合わせて気泡抜きしなくちゃ!」

 

ピュピュっ!

薬が飛び出す。

 

「まだ気泡が抜けない。」

 

ピュピュっ!

 

ピュピュっ!

 

「まだ気泡が・・・」

 

 

おいっ、コラァ〜!💢

 

その薬、いくらすると思ってんねんっ!💢💢

 

 

ピュピュ、ピュピュって無駄にしやがってっ!💢

 

ゴナールF、定価で買ったら500ドルくらいするんだからっ!💢

 

「だって気泡が!」

 

「ピュピュ薬出てるのに、

なんで気泡抜けないわけ?

気泡抜ける前に、薬なくなっちゃうじゃん!

注射を、何度も逆さにするからだよっ、

もう、この薬、無駄に出来る値段じゃないのよ!」

 

(コネでお値打ち価格で買ったけれど、

あれだけ無駄に薬が飛び散るところを見るの、居た堪れなかった。)

 

「俺は、指示通りにやってるし、

仕事も薬関係で、その専門分野だから、気泡はキチンと抜かないと!」

 

ジョンも、激務で気が立っていた、

 

しかし、不妊治療費はアタシ持ちなんだから、

黙っちゃいれねぇ!

 

「だったら、気泡だけ抜いて薬無駄にしないでよ!」

 

「じゃあ、自分で打つか?」

 

「えぇ、自分で打ちますとも!」

 

トントントンと気泡も抜いて、

 

ブスっ!

 

潔く、あっという間に、

薬も無駄せずショット完了!

 

一体、ジョンさんは・・・

面目丸つぶれ。

 




 

ただね、ジョンさんが、注射を打ってくれたがるのは、

とってもいいことなんだよ。

 

何も出来ないけれど、

俺も不妊治療に参加してます!

ってアピールなんだと思う。

 

(自分で打った方が早いんだけどね。)

 

翌日も、ジョンさん、メゲズに、

卵胞刺激注射、打ってくれましたよ。

 




 

今はね、漠然と、今やるべきこと、

身近なゴールを目指して突っ走ってる。

 

採卵何個取れるかな?

ちゃんと受精してくれるかな?

 

こんな目の前のことしか見えずに突っ走ってるんだけど・・・

 

だから、苦し紛れに打った、

ゴナールFの効果は出たか?

本日もまたモニタリングの こりんごです!

 

が・・・、

 

アメブロから流れて来てくれた人はもう知ってるだろうけれど、

 

そのモニタリングに行く前の朝に、

 

NYで、日系フリーペーパーを発行している社長さんのブログを読んだのよ。

 

 

このブログを読んで、アタシ、

漠然と、タイムリミットが来たから子供欲しいじゃなくて、

(タイムリミットってずいぶん過ぎてるけれどなっ。)

 

この街と、子供から、学ぶことがたくさんあるんだと、

今までとは違った角度で、子供を授かりたい思いが湧いて来た感じ。

 

こちらのブログでは、NYCの子供たちに食事を提供するプロブラムのことが掛かれてるんだけれど、

 

前に、誰かの記事で、やっぱり学校から支給される子供の食事の記事を読んだ時、

なんでも、学校で出される食事でなんとか栄養が取れている子供たちもいるんだって、

 

だから、このコロナのせいで、学校が休校になったら、

満足に食事が出来ない子供たちもいるんだそうで、

そこで、NYCは、学校休校中も、食事の提供をしているんだって!

 

まさか、食事がとれない子が、このNYCにいるなんて、

アタシは、平和ボケで考えもしなかったんだよね。

 

で、デブラシオ市長のツイッターで、

子供たちの食事の提供をし続けますってポストを見かけて、

NYC Department of Health School meals

 

その時は、ふ~ん、って感想しかなかったアタシ。

 

だって、独身だし、子供もいないから、

そういうニュースを見ても、ピンとこないわけよ。

 

だけど、政府が、国民に、1200ドルの小切手を送ってくれるというニュースには、

飛びついて、永住権保持者ももらえるのか?!

一応、納税者だぞっ!

 

と、まぁ、必死に そのニュースに食い入ってみるわけね。

 

ちなみに、こちら、貴方も1200ドルの小切手もらえるかの、

条件と、いくらもらえるかの計算式まで出てるので、

アメリカにお住まいの方、Check it out!

Calculate how much you will get  from the $1200(or more)  coronavirus checks

 




 

ところで、各国で、コロナウィルスの経済的対策のために、

政府が国民に現金を出す案が出ているそうだけれど、

 

えっ、日本は、現金じゃなくて、

和牛の商品券を検討中なんだって?

J Cast より。

 

こんな時は、商品券よりも、現金欲しいよね?

 

時々、日本政府の対応は、正気ですかと問い詰めたくなる。

 

東京の、週末だけ外出禁止令も、

なんで、週末だけ?

 

感染予防のための外出禁止だったら、

週末だけじゃ、意味なくない?

 

って、まじ、そのポイントが読めないっ!

 

あ、また海外に住んでて、日本の悪口言うと、

批判のコメント来るから、

この辺にしておくけれど。

 

(批判コメント、トラウマになってるこりんごです。笑)

 




 

あ~、今日は、はじめから終わりまで、

全く持ってまとまりのないブログだったけれど・・・

 

では、外出禁止命令出てるのに、

不妊治療で通院のため外出したアタシが、

 

外出禁止の通院
外出禁止ニューヨークで不妊治療クリニックに通院中!

    ニューヨークがロックダウン(都市封鎖)され、 外出禁止(自宅待機)命令が先週の金曜日から発令され、 その日曜日から執行されたわけですが・・・     ワ ...

続きを見る

 

その街の様子を動画でお伝えするよ!

 

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルで、

ニューヨーク街の様子もお届けしております。

ぜひ、チャンネル登録よろしくね。

 

クリニックの帰りに、トレジョ(スーパーマーケット)にも立ち寄ったの!

 

そしたら、トレジョの店員さんがコロナに感染したらしく、

ユニオンスクエア店と、SOHO店が一時クローズになったって!

 

アタシは、6th Ave店に行ったんだけど、

 

でね、今日も、モニタリングに行って来たんだけれど、

 

コロンバスサークルのWhole Foodsも感染者出たらしく、クローズしてたっ!

 

もう、食料買い出しに行くのも、

ちょっと怖いよね。

 




 

では次回、コロナウィルス感染が広がる中、

 

ゴナールFによる、アタシの卵胞と、

子宮内膜の厚み報告を兼ねて、

 

ニューヨークの街と、

排卵直前レポートいたします。

 

こんな時期なので、

予告内容と変わることもございます!

 




 

本日のNYこりんごラジオ、

過去放送ピックアップは、

 

来週月曜日オンエアの予告に変えさせていただきます!

 

NYで外出禁止命令が出た今、

本当に、タイムリーなゲストの放送をお届けできて嬉しゅうございます!

 

建築デザイナーから和食作り置き配達サービスを設立した反町真理香さんのエピソード2!

 

 

エピソード2は、

結婚したがらない男が多いニューヨークで、

どう婚活を勧めていくのか、その秘話を公開!

 

ちなみに、先週オンエアされた、エピソード1はコチラ、

 

 

外出禁止命令が出てるので、

真里香さんの和食をデリバリーしてもらい、

家で、ゆっくり真里香さんのインタビュー聞き、

 

ついでに、他のNYや海外で活躍している人々のインタビューも、

じっくり聞いてね!!!

 

和食作り置き配達サービスを希望の方は詳細はコチラ

My Happy Tummy Club

 

 

インタビューは、もちろん、YouTubeチャンネルからも聞けますけれど、

iTunesで無料購読していただくと、

毎週インタビューが聞けちゃいます!

NYこりんごラジオ「自由の女神になりたくて!」 - こりんご
[iTunes]NYこりんごラジオ「自由の女神になりたくて!」 - こりんご

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.