That’s New York! 世界のニュース

コロナパンデミックによるアメリカ政府の対応。

投稿日:

 

新型コロナウィルス。

 

新型だけに、世界中がパニックに陥るのは仕方がない。

 




 

しかし、アメリカでの感染がものすごいスピードで広がっていまして、

 

特にニューヨークは、遂に、

アメリカで一番感染者が多い州になってしまいました。

(人口密度が他の州より多いから、仕方ないんだけどさ)

 

もう、街は、シャットダウンですよ。

 

すでに、シアターやミュージアム、

レストランやバーは、クローズされて、

 

たくさんの労働者が、職を失い、

本当に、大変な事態になっている中で、

 

その感染スピードと共に、

アメリカ政府の対応も、めっちゃスピーディー!

 

やる事、早いは、アメリカ!

 




 

 

昨日、遂に、コロナウィルスによる有給休暇の承認が下りました!

New York Times

 

中小企業の雇用者対応なんですけれど、

ウチの小さなオフィスも、この条件に当てはまりまして、

 

あれだけ渋っていたウチのボスですが、

 

コロナウィルス感染スピードと、事の変化の速さ!(NYからレストランが消えた日!)

    とんでもない勢いで、コロナウィルスの感染が広がっておりますが、   それに伴い、アメリカ連邦や州政府の対応も、 毎日アップデートされて、   遂にNY市 ...

続きを見る

 

国から有給の支払いがされるとわかったとたん、

 

ウチのボスも、オフィスのクローズを決定!

 

3月30日まで休診です。

しかも、従業員の我々にも、コロナ有給はきちんと支払われます。

 

アタシ、アメリカで18年働いでますけれど、

いつも税金ガッツリ搾り上げられて、

 

こんな恩恵を受けたことって初めて!

 




 

ここ数日、コロナ騒動で、アメリカ政府の動きが著しいですけれど、

 

今年の11月に大統領選を控えているトランプにとっては、

ここは、票集めのいい点数稼ぎになる!

 

それで、先日、アメリカ国民に現金を1000ドル支払うと発表してたけど、

The Washington Post

 

このニュースを見て、移民の皆様から、

Americansって書かれてるけれど、移民にも支払われるのか?

 

という疑問が飛び交ってたんですね。

 

そうなのよ、発表の仕方が、Americans(アメリカ人たちに)

と、あいまいで・・・、

 

アメリカで合法に働いている移民は、そこに含まれるのか?

 

アメリカは、もともと移民の国なのだから、

Americansなんて、あいまいにしないで、

 

納税者全員とか、アメリカに住む住民とか、

分かりやすい言い方にしてくれませんかね?

 

そのことを、ウチの同僚のゲイちゃん(アメリカ市民権保持の移民)

 

彼は、事あるごとに、都合の悪い時は、

アタシたちは移民だから!

って言うゲイなので、彼に、聞いてみた。

 

「Americansは、もちろん、アタシたちも含まれるわよ!

ちゃんと、合法に住んで働いている人たちのことを言うのよっ!」

 

と、都合のいい時だけは、Americanになっていました。

 




 

ともあれ、今回のアメリカ政府の、コロナウイルスのために、

自宅待機になった労働者に有給休暇を与えるという恩恵!

 

本当に、即座の決定でしたし、

(大統領選の前で、タイミング的にもよかったのかもしれませんが。)

 

オフィシャルで、こりんご(永住権保持者移民)にも、

コロナ有給休暇が与えられることになりました!

 

アメリカ市民権は、まだ取っていないので、

大統領選に投票できないけれど、

 

ありがたく恩恵だけは受け取らせていただきます。

 




 

そして、今朝、揉めていたニューヨークシャットダウンですが、

 

遂に、ニューヨーク州長が、自宅待機の命令を出しました!

CNN News

 

 

しかし、この命令にもあるように、

excluding essential services.

 

ニューヨークの全員が自宅待機で外出禁止したら、

完全に生活が回らないので、

 

Essential services. つまり、

医者や、ヘルスケア、スーパー、などで働く人は例外のようです。

 

その例外に、ヘルスケアで働くジョンさんも含まれており、

今朝、泣く泣くマスクして出勤していきましたよ。

 

今夜は、スペシャルディナーでも作って待っててあげようと思います。

 




 

では、次回は、コロナ有給休暇を、

いかに健やかで充実させて、自宅待機出来るか?

をお届けいたします。

 

 




 

 

本日のNYこりんごラジオ、過去放送ピックアップは、

 

今まさに、大ピンチを迎えておられる、

A-Groupの中川社長!

リーマンショックの時よりも厳しい事態だと言っておられました。

 

こちらの放送は、コロナウイルスが蔓延する前のインタビューですが、

 

ピンチはチャンスで乗り切ってこられた中川社長です!

このコロナウィルスのパンデミックも、きっと乗り越えていくことを祈っております!

 

前編インタビュー

 

後編インタビュー

    

 

 

-That’s New York!, 世界のニュース

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.