とんでもアメリカ生活 高齢妊活

国家非常事態宣言発令!コロナ収束が先か、卵胞生産終結が先か?

投稿日:2020-03-14 10:21 更新日:

 

 

ちょっと〜、

今日もコロナウィルス関連記事で申し訳ないんですが、

 

なんせ、ナショナルエマージェンシー出ちゃったので・・・。

 

はい、国家非常事態宣言が、本日の午後に、

トランプ大統領から発表されましたよ。

 


(ABC Newsより)

 

国家非常事態宣言は、コロナウイルス拡大防止と、

社会の混乱を抑えたいと仰ってるんですけれど・・・

 

いや、ナショナルエマージェンシーが出た時点で、

もう、国民の皆さんパニ食ったのか、

スーパーとか争奪戦で、食べ物ないみたいよ・・・。

 




 

やだ、アタシったら、のほほんと仕事して、

買い物もせず、帰宅しちゃったよ。

 

このコロナウィルス、いつ収束するの?

Who knows. 誰も知らないよね〜。

 

大統領は、暖かくなったら終息するって言ってたけれど、

ナショナルエマージェンシー発令かよっ!

 

連日、イベントのキャンセルや、施設のクローズで、

 

ニューヨークでは、昨日も言ったけれど、

ブロードウェイをはじめ、

リンカーンセンターも、カーネギーホールも、

ミュージアムも、学校も、クローズされてるみたいで、

 




 

でも、アタシ、まだ仕事してるよ〜。

 

歯科医院勤務だから、リモートで働けないのよ。

 

家で仕事出来る人、マジ羨ましい。

 

あ、ちなみに、家や、オフィス以外の好きなところで働くことを、

Work remotely って言うんだけれど、

 

日本語だと、テレワークって言うの?

なんで?

 

テレワークっていうと、

もしもし電話サービスみたいな感じだけどさ。

 




 

さて、アタシは職場に行かなくちゃ仕事にならないので、

NY市長が、地下鉄乗車は避けて下さいって言ってるんですが、

 

現実問題、避けられるわけないじゃん?

 

前の記事で、ウチのジョンさんが、

 

地下鉄出勤のアタシを心配して、マスクしろってメッセージ送って来たよね。

 

 

マスク着用困難?
郷にいても郷に従えない?(ついにパンデミックになったコロナウィルス)

    郷にいれば郷に従え。   でも、従わないのって、 結構、勇気のいることだなと。     連日報道されるコロナウィルス感染者の拡大。 &nbsp ...

続きを見る

 




 

そしたらさ、今朝は、こんなメッセージが出勤途中に送られて来た。

 

 

『コロナウィルスのパンデミックか落ち着くまで、

不妊治療クリニックに行くのも一時中断したらどうかな?」

 

 

えっ?

 

 

で、速攻、返事しました。

 

 

「パンデミックが収束する前に、

アタシ卵が尽きちゃうかもしれないから。」

 

そうだよ、だってこのコロナがいつ落ち着くかなんて、誰もわからないじゃない?

 

噂によれば、あと半年はかかるかもなんて、

 

46歳に、そんな猶予はない!

 

こんなタイミングで、

も~、2020年頼むよ~。

 




 

でもさ、確かに、クリニックだって、

たくさんの妊活者が集まる室内なので、

コロナウィルスの感染が無きにしも非ずだよね。

 

でも、アタシは、採卵をコロナウィルスが終息するまで待つ時間なんてマジないですし、

 

卵が尽きるか、コロナが尽きるか、

どっちが先かよって、

ジョーダンにもほどがあるけれど、

 

マジ、ジョーダンでもない話ですよ。

 




 

そんな中、昨日、またクリニックのドクターLから電話があった。

 

相変わらず、チャイニーズアクセントの英語が聞き取りずらいほど愛おしい。笑

 

「ドクターLです。

今回は、残念ながら3つとも受精して3日まで成長しませんでした。

次回のサイクルで、前回の凍結した胚を移植するか、

また採卵するか、どちらが希望か連絡してね。」

 

もちろん、採卵ですよ!

しかも、新鮮胚移植狙ってますからっ!

 

前回、そのようにナースに伝えたのに、

また伝達事項、伝わってねぇ~のか?

 




 

ということで、ナショナルエマージェンシー発令されてるんですが、

 

こりんご、コロナウィルスに負けずに、

次回も、採卵に臨みたいと思います!

 

ですので、今日も、マスクして出勤しました。

 

 

今日も、アタシひとりだけかと思いきや、

なんと、今日も、N95の上手がいました!

 

 

アタシは、まだN95へのステップアップに挑めないチキンです。

 




 

しかし、マスク女と、N95男の存在は、

周りの人にもプレッシャーを与えておりましたよ。

 

隣の人たち、慌てて、スカーフで口を押えて、怯えてた!

 

 

早く、みんなでマスクを堂々と出来る日が来るといいね。

 

いや、そんなこと考えずに、他人がしてなくても、

N95を平然と付けられる肝っ玉を持たねば!

 

では、皆様も、どうぞ、手洗いうがいをこまめに、

自己防衛に励んで下さい。

 




 

本日のNYこりんごラジオ、過去放送ピックアップは、

最新放送の、韓国エステ骨気専門エステティシャン諸橋こずえの

後編インタビューがYouTubeでも聞けるようになりました!

NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録もよろしく。

 

 

 

    

 

 

-とんでもアメリカ生活, 高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.