とんでもアメリカ生活

感染予防事変!(ボッタクられたアルコール)

投稿日:2020-03-15 08:19 更新日:

 

 

ここ連日コロナウィルスの記事ばかりで、

たまには明るいブログでもお届けしたいんですが、

 

日に日に感染が広がり、

状況が悪化していく中で、

 

昨日は、ナショナルエマージェンシーも発令され、アメリカ大騒ぎ。

 

ワタクシの住むNYCも大打撃!

 

ブロードウェイ、リンカーンセンター、カーネギーホール、ミュージアムはほぼクローズ。

 

観光地やレストラン、学校すらもクローズするところが出て来て、

 

あらゆるビジネスに打撃を与えているよね。

 




 

ウチのデンタルクリニックも、

コロナの結構な影響を受けておりますよ。

 

医療機関だから、ビジネスに左右されないって思いがちでしょ?

 

ところがね、今、トレンドワードともなっている、

 

「Social Distancing 」

 

えっと、日本語にすると、

他人との程よい距離と言うか、

パーソナルスペースを6フィート取るべきだと、

 

6フィートは、約1メートル82センチ。

 

そんなんで、パートナーと踊るダンスパーティも相次いでキャンセル。

 

このソーシャルディスタンスに怯えてか?

一般交通公共機関を避けてか?

 

歯医者でも、デンティストとアシスタントが、

余裕でパーソナルスペースよりも真近に、

顔の上に覆いかぶさる形で、

大口開けて治療するわけだから、

 

みんな、何故か、感染を恐れて、

毎日、キャンセルが相次ぎ、暇よ〜。

 

こっちは、マスクもグローブも装備してるんで、

虫歯や歯肉炎を放置するよりは、

衛生的には、予約のある人は、歯医者行った方がいいけど、

 

アタシらが、ウィルスをもらうことの方が怖いわ。

 




 

そんなんで、歯医者でもビジネスダメージ受けてますが、

 

覚えてる?

ちょうど一ヶ月前くらいだったよね、

 

3月末に日本帰国を予定してたんだけど、

コロナウィルスが蔓延してて、

感染も怖いけど、それより米国に戻って来れなくなるかもしれないことの方が怖いから、

有給を撤回したいとボスに申し出たら、

 

Why?
神様仏様はコロナウィルスとブラック企業を救えるか?

  昨日のコロナウィルスで帰国に迷う記事に、 たくさんのコメントありがとうございます!     なかなか母国を離れて暮らすと、 溢れ返るインターネット情報にしか頼れないの ...

続きを見る

 

激しく反対して、日本に行かせようとしていたボス。

 

有給の変更をさせたくないから、

強引に日本に行かせようとしてたよね。

 




 

ところが、今やコロナウィルスもパンデミックになっちゃって、

 

日本から帰って来たら、14日間の自己隔離が決定しちゃったので、

飛行機も無料キャンセル出来たし、

 

完全にアタシの日本行きは中止に

今や、ボスも、さすがに反対出来ず、

自分のバケーションもキャンセルの羽根に、

 

 




 

しかし、毎日、患者のキャンセルが出るたびに、

 

コロナウィルスは、科学的な根拠じゃなく、

メディアが大袈裟に報道しているせいだ!

こんな馬鹿げた事はない!

 

と、キャンセルする患者に腹を立てている。

 

コロナウィルスの騒動は、

 

「人間の恐れだ!」

 

と豪語している人に限って、

従業員の誰かが咳き込んだりすると、

 

「コロナじゃないだろうな!」

 

と、慌ててマスクを着ける。

 

なんだそれ?

 

まぁ、経営者だから仕方ないよね。

 




 

覚えているかしら?

 

マスクやアルコール不足にブチ当たっている状況でして、

 

マスク不足
消えたマスクの謎!(コロナウィルスの影響大!)

    日に日にコロナウィルス感染者の数が増えていく一方ですが、   さて、マスクが世界的に不足してるようで、   その不足の理由ってなんだと思います? &nb ...

続きを見る

 

しかし、マジで歯科医院ですから、

マスクもアルコールも必需品!

 

なんとか、マスクは、クオリティ落としたものを購入出来たんですが、

 

アルコールが、店に行っても、

オンラインでも品切れ、

 

マジ、ヤバイでっせと思っていたら、

 

ボスが、なんとかオンラインでアルコールを注文出来たと連絡が入った!

 

「よかった、これで、ちょっと一安心!

しばらくしのげますね。」

 

「いや、配達予定日が来週の水曜日なんだ。」

 

ゲッ 、じゃあ今週と来週の水曜日まで、

もう、滴りもしないアルコールで、

どうやって乗り切る?

 

すると、奇跡が起こった!

 




 

何か、重たい箱がオフィスの届き、

また歯科機材セールスのカタログか何かか?

と思って箱を開ければ、

 

あら〜開けてビックリ玉手箱!!!

 

 

アルコールが届いたわっ!!!

 

一週間も早く届くなんて!

 

喜んでボスに報告。

 

「今日、アルコール届きました!」

 

「お、早く届いたんだ、よかった!

 

しかし、この一箱で100ドルもしたんだ。」

 

 

えぇぇぇ!!!!

 

それボッタクリじゃないですかっ!

 

 

だって、通常だったら35ドルくらいよ!

それが100ドルって、

 

詐欺じゃねぇ〜かっ!

 

これ、コロナウィルスの事態を逆手に取ってる!

コロナウィルスの影響で、

いろんな業界で大打撃を被っているのに、

 

こう言う状況を逆手に取って儲けに走る人もいるんだよね。

 




 

これ、この前の記事でも書いたけど、

今、日本の法律で、3/15から、

マスクを不当に転売したら、100万円の罰金か、1年牢屋行き、もしくは両方。

 

アメリカでも、早くその法律作ってくれ〜!

 




 

では、次回は、国家非常事態宣言のあと、

パニクった人々が食料を買い漁って、

スーパーの棚から食料が消えたと言う、

 

それは、事実かを検証!

 

本日の、NYこりんごラジオは、

来週オンエアの放送の告知だっ!

 

 

オンエアお楽しみにっ!

 

 

 

 

 

 

    

 

 

-とんでもアメリカ生活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.