とんでもアメリカ生活

消えたマスクの謎!(コロナウィルスの影響大!)

投稿日:

 

 

日に日にコロナウィルス感染者の数が増えていく一方ですが、

 

さて、マスクが世界的に不足してるようで、

 

その不足の理由ってなんだと思います?

 

コロナウィルスを恐れて、

多くの人が買い占めてるのもそうですが、

 

へぇ〜、そんな理由もあるのねって思った次第で。

 




 

ウチのオフィスも歯科医院なので、

デンタルマスクは必須アイテム、

 

ところが、こんな状況なので、

遂にマスクの在庫切れにブチ当たった。

 

ウチのオフィスでは、2種類のマスクをオーダーしてるの。

 

 

左は、アシスタントや衛生士が使う安いマスク。(50枚で3ドル)

右は、ドクターだけが使うマスク。(50枚で7ドル)

 

あのね、正直言って、

同じマスクなんだけど、

 

ドクターのは値段が倍以上するのね。

 

経費削減で安いマスクに変えましょうと、

5年前くらいに提案したんだけど、

 

だってほぼ同じマスクなのに値段だけが倍違うのよ。

 

なのに、ウチのドクター、マスクとグローブだけは高いの使いたいって言ってさ。

 

ほとんど同じマスクなのに、

ほらね?

 

 

ブランド品(上)か、ジェネティック(下)の違いだけで、全く一緒なのに〜。

 




 

ところが、今週辺りから、

 

ゲッ !

 

 

ちょっと〜、感染予防に使う商品は品切れ、

もしくはお届けに時間かかります。

場合によってはキャンセルになりますって、

 

コロナウィルスの影響出てる〜。😓

 

で、ウチらが使ってた 安いマスクが入荷不能になったのよ!

 

 

アタシ、先月、こんな状況になるんじゃないかと見越して、ちょっとだけ普段より多めにマスクをオーダーしたのね。

 

いや爆買いじゃないのよ。

 

いつもは1箱オーダーを3箱オーダーとか、そんな感じ、

 




 

でも、高い方のマスクは、まだ入荷されてて、

 

何故だろうって思ったら、

 

安いマスクは、ほら、

 

 

Made in China で、

 

高い方のマスクは、

 

 

Made in The USA 🇺🇸 って偉そうに書いてある。

 

なるほど!

これでカラクリ解けました!

 

同じマスクなのに値段が倍以上違うこと。

また、安い方だけ入荷しないわけ。

 




 

生産する場所が違えば、コストも余計にかかる!

アメリカで生産する方がコストがかかるから高いだけなんだよね。

 

だからクオリティもほぼ同じなのに、

値段だけが違うマスクをウチのボスは買い続けて、

 

まぁ、ウチのボスが経費を出すんだしと、

そんな馬鹿げた理由でも、このクソ高いマスクを、

ウチのブランド志向ボスのためにオーダーしてたのよ。

 

でも、今回のコロナウィルス騒動で、

こんな形で役立つなんて。

 

多分、Made in Chinaの商品は、

コロナウィルスの影響で入荷不可になったんだろうね。

 

その上、パニックピーポーが、マスクを買いあさり、

 

そりゃ品切れになるわな。

 




 

「やっぱり私の選んだマスクはクオリティが違う!」

 

と言わんばかりのボスで、

なんでも、Made in USAが一番で、過信してる人が多いよね。

 

ウチのボスは、典型的なそう言うアメリカびいき、過信するところがあるタイプで、

 

そんな所で、こんな時に、

アメリカ一番とか言ってる場合じゃなくて、

 

遅かれ早かれ、このまま世界中でマスクパニックが続いたら、

 

近いウチに、どちらのマスクも入荷出来なくなっちゃうよね。

 

歯医者に行って、マスクしてないデンティストに治療されたくないでしょ?

マスクより、手洗いうがいをしっかりすべきだと・・・

 

 




 

あと2箱しかないマスクなんですけれど・・・

 

「このマスク、今なら、eBeyに出せば、20ドルで売れちゃうよね。」

 

ジョーダンでも、そんなこと言わないで下さいよっ!

 

今後、いつオーダーストップされるかもしれないんだから、

転売なんてしてる場合じゃないっ!

 

こう言う、危機の時の足元を見て、

アクドイ商売する人が、世界中にいるんだろうね。

 

そしたら、タイムリーなニュースが!

 

Japan punish  reselling of masks for profit with year in prison, 1 million yen fine, or both.

 

日本では、3月15日以降、マスクを不当に転売したら、

1年牢屋行きか、100万円の罰金、

もしくは両方の刑に処されるんだって!

 

これはいいアイデアですよ。

ただね、マスクを本当に使うべきところで使えなくなるのはマズいなと。

 

医療関係者や、コンストラクションワーカーたちにとっては必需品なので。

 




 

実はさ、歯科医院では、消毒用アルコールも必要なんですけれど、

えぇ、それもオンラインストアでは在庫切れで、

 

もちろん、お店にも駆け込みましたが、

 

あらら、

 

 

やっぱあるわけないよね~。

もちろん、ハンドサニタイザーも全然なかった。

 

困ったわ~、

 

皆様、どうか医療関係者を優先に、

感染予防商品の購入をさせて下さい~!

 




 

本日のNYこりんごラジオ、過去放送ピックアップは、

サンフランシスコで、旅行会社と米国認定ナースの2足のわらじを履いていらっしゃる福田貴志さん。

 

 

コロナウィルスの影響で、旅行業界は大打撃だと思いますけれど、

医療従事者でもある福田さん、

どちらが傾いても、どちらでも活躍できるってスゴイですね。

 

    

 

 

-とんでもアメリカ生活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.