That’s New York! 高齢妊活

NYチャイナタウンと新年妊活の現状。

投稿日:2020-01-17 09:05 更新日:

 

 

昨日も、モニタリングに行って来ました。

我が卵胞たちの成長を見守ります。

 




 

その前に、愛用の当帰芍薬散が切れたので、

チャイナタウンに寄って来た。

 

チャイナタウンっていつも、スゴイエネルギーだよね。

 

これもいわゆる、ユニオンスクエアとかでやってるグリーンマーケットとかと一緒なんだけど、

 

 

なんか、グリーンマーケットと言うよりは、

青空市場みたいな?

 

 




 

でさ、気になるのが、これ!

 

これ!

 

どれ?

 

え、まだ気づきませんか?

これですよ!

 

 

なんか、みんなキャリーカート引いてるの!

 

これ、チャイナタウンのトレンドか何かかしら?

 

 




 

とりあえず、いつもの漢方屋さんに到着!

 

とにかく、物珍しいものがいっぱいあって、

 

ちょっと〜!

これってゴジベリー(クコの実)かしら?!

 

普通のより、ちょっと大きいけれど、特級って書いてあるから?

 

中国語漢字 読めずで、不明のまま。

 

 




 

 

そう言えば、読者の方に妊活にいいからと勧められて、毎日5粒くらい食べてたのに、

いつから食べなくなっちゃったんだろうか?

 

妊活にいいと言う食べ物、

結構続いたのに、いつからか摂取しなくなった物たち。

  • アボカド(途中、値段高騰で続かず)
  • マカ茶
  • ルイボスティー(お茶の習慣がない)
  • 麦茶(冬とともに終了)
  • ドライフィグ(トレジョが販売しなくなった)

 

一時期よりも、妊活熱が下がって来ていることを反省する。

 

早寝も1週間くらいしか続かなかった。

半身浴や湯船に浸かるは、アメリカでは推奨されておらず、

瞑想やメディテーションも続かず、

 

去年の自分って、結構 頑張ってたなぁって、

今年は、去年より1歳 年を重ねたので、

去年以上に頑張らなきゃ行けないのに、

 

なんだろか、必死で頑張る自分の必死感がなくなったと言うか、

いいんだか、悪いんだかで、45歳のうちに妊娠するぞってプレッシャーがなくなったんだと思う。

 

オイオイ、でも、今年こそ必死で行かないとマズくないか?😓

 

はい、今年の自分、反省してます。

 

 




 

 

で、反省してる側から、

今日から、カリフォルニアに行くので、

 

昨日、Day 6 で、再びモニタリングに行って来ました。

 

クリニックのおやつチェックは、

残念ながら終了してました。

 

モニタリングは、

 

あ、また、あのイマイチなソノグラム技師さんだ!😓

 

前回は、グリグリ押しの強い技師さんが、

 

「左右に小さいのが1つづつあります。」

 

と言っていたのだが、

 

今日の技師さんは、弱々しい棒使いで、

 

「左右に1個づつあるはずなんだけど、

左が8.5mmで、

右が〜、う〜ん、多分これかなぁ?

 

これかどうか分からないけれど、一応6mmね。

あとは血液検査で分かると思うから。」

 

 

えっ、なんだよ、その診断!

 

2個しかないのに、その1個は、多分って・・・

しかも多分なのに6mmって!

 

でもね、去年の自分だったら、こんな診断されたら、もう黙っちゃいられない勢いだったんですが、

 

今年の自分。

 

そっか、多分2個で、8.5mm と、多分 6mmね。

 

了解。

 

とあっさり受け入れられた。

 

 




 

「ちなみに、子宮内膜の厚みはどうですか?」

 

「今のところ6.5mmまで戻って来てます。」

 

Day6だから、まぁ順調に戻って来てますね。

 

多分、またクロミッド使うだろうから、

どのくらいまで薄くならずに回復するかですね。

 

 

こんな感じで、モニタリングも終わり、出勤。

 

午後にはナースから血液検査の結果と、

ドクター指示がメールで送られて来るのであるが、

 

 




 

な、な、なんと!

 

今年はまだ、その香港俳優風スマイルが眩しいドクターLにお目にかかっていないのだが、

 

直々に、彼から電話が来て、

メッセージが残されていたっ!!!

 

「Hi、コリンゴ。NHのドクターLです。

今日のモニタリングの結果をレビューしましたよ。

モニタリングで見たと思いますが、卵胞は2つです。

これを引き続きクロミッドで育てましょうね。

今週末はNYにいないそうですが、帰って来たら、またモニタリングに来て下さいね。

卵胞が育っていることを祈ってます。

アゲイン、ドクターLでした。」

 

あ〜、めっちゃ可愛いメッセージ💕😍💕

 

もう、この中国語アクセントの英語、みんなにも聞かせたいくらいよ!!!

 

なんか縁起いいわ〜。

 

実際は、1個かも知れず、

ドクターも卵胞が育つ事を祈ってるって言ってるくらいな状態で、

 

非常に厳しい状況なんですけどね。

 

しかも、これからナースから送られて来るメールで、血液検査の結果では、マジ喜んでる暇はないのだが、

 

 




 

そして、ナースからのメールが来た!

 

Dear こりんご

ドクターがレビューしました。

下記の指示に従って下さい。

 

1、クロミッドを1錠、5日間服用。

2、1/21にモニタリングに来てください。

 

以上。

 

おい、以上じゃねぇ〜そ!

血液検査の結果は、どうした!

 

また血液検査の結果が送られて来ず!

 

今年に入って2度目のモニタリングですけれど、

2回とも送って来ないから、今年からはリクエストしないと教えてくれないのかと思ったよ。

 

催促して、送ってもらいましたけど、

 

 




 

やっぱり現実は厳しいね〜。

 

こちら、1回目の結果。

Your result form 1/13
E2; 33
LH; 13
LH 4
P4 1.17

慌てて送って来たのでFSHをLHと間違えているっぽいが、

これがFSHだったらDay3で13は、高すぎるねぇ。😓

P4も、いつも0.9以下なのに、やや高いな。

 

そして、昨日の結果。

hello
fsh: 18
lh: 6
p4: 1.15

sorry the blood machine currently cannot pick up the estrogen level, we are trying to fix this as soon as possible.

 

ゲッ!

FSH18って、過去最高に高いやん!

で、E2は機械の調子が悪くて測定出来ないって、そんなんでレビュー出来るんか?

 

採卵間際な人たちに取ったら、ちょっとヤバイでしょ?

 

まぁ、こりんごの現実は、厳しいです。

 

一旦お休みすれば、リラックス出来て、いい成績出るかもって、

もうお休みしている場合じゃない年齢なんで、

ドクターが直接電話して来ようが、

縁起担ぎしようが、

 

数値は現実を語ります。😓

 




 

こんな状況なのに、これからカリフォルニアに飛ぶよ!

 

そう言えば、チャイナタウンで、

何、この真っ赤な暖簾はって思ってたんだけど、

 

チャイニーズニューイヤーが間も無くやって来るんだね〜。

 

チャイニーズニューイヤーに、ウチの香港俳優風ドクターLに、妊娠させてもらいたいわ〜。

あ、他力本願かよっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

-That’s New York!, 高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.