That’s New York! とんでもアメリカ生活

【唖然】NY就職面接ありえない事態に!

投稿日:2023-09-17 01:38 更新日:

 

 

妊娠33週目に入った49歳妊婦の こりんごです。

 

さて、産休に入るため、引き継ぎのアシスタントを探しているウチのオフィスでして、

 

 

昨日は、NYで日本語を話せる能力は希少と言うことと、

アメリカでの年齢による職業面接拒否は違法と言う話をしたよね。

 

求人
産休前の引き継ぎアシスタント NY Job Interview 就職面接事情

    遂に、妊娠33週に入った49歳こりんごです。   そろそろ、職場で、白衣からでも、 やっとお腹目立って来たかしら?       さて ...

続きを見る

 

 



 

今日は、日本語アシスタントが見つからないので、

遂に、日本語を条件から外して募集をかけての求人が始まりまして、

 

ボスは、毎週、求人のJob Interview (就職面接)を行っているんですが、

 

これがビックリ仰天な事態なんでございます。

 

日本人の皆さんが聞いたら、

マジでひっくり返るくらい仰天!

 

アメリカ人のジョンさんですら、

驚き呆れるくらいでしたから。

 

こんなのが、まかり通っちゃうアメリカ怖いです。

 

これニューヨークだからなのか、

最近の若者の傾向なのか?

 

アタシの常識も、日本の方の常識に比べたら、

かなりフリーダムでぶっ飛び過ぎてるようですが、

 

ほら、アタシ、社会人経験は30年近くあるじゃない?

だから、社会人としては、結構、律儀で真面目。

 

だって、アメリカなのに日本人マインドで、勤勉で文句も言わずに、給料交渉とか全然しないで、馬鹿みたいに忠実に働いちゃったからね。

 

日本人の我慢強さや、謙虚さに、足元見られて、仇となった感じだ。

 



 

就職面接に行く時、当たり前だけど、身なりを気にして、

多少なりとも猫被って、

採用されるための努力をすると思うのですが・・・

 

 

では、仰天Job Interview (就職面接)の数々の仰天ストーリーをシェアしよう。

 

これは、ウチのボスが、毎回、面接のあと絶望を味合わされての愚痴リポートからのシェアです。

 



 

朝9時に面接の予定が入っていたので、

ウチら従業員は、10時出勤になった。

 

「面接は、どうでしたか?」

 

「She didn’t show up!!!!

彼女、来なかったんだよ。😩」

 

「What?!?!?!」

 

何と、ドタキャンされたそうだ。

 

朝早くに、家族の緊急事態で、9時には間に合いません。

午後2時にしてもらえませんか?

 

と連絡が入ったそうだ。

 

そんな就職面接で、家族の都合で就職先に面接時間の変更リクエストする事態、日本人だったらあり得ないでしょ?

これってアメリカでは普通にアリなんですか?

 



 

と言うか、ウチのオフィスは、

小さな個人経営のスモールビジネスなんで、

大企業みたいに、職員がたくさんいて、

一人くらい休んでも仕事が回ると言う環境ではないのだ。

 

当日、具合が悪いから病欠取りますとか絶対に言えない、

病気でもSick Day を取れない環境なんですが、(それもどうよ?)

 

「まだ仕事もGetしてないうちから、こんなんじゃ無理だよね。」

 

と、ボスは嘆いた。

 

結局、この彼女は、ウチらが仕事を終えた後、リスケジュールで面接に来たらしいが、

それでも遅刻して来て、とてもヤル気があるとは思えない態度だったと言う。

 

ボスは、グーグルで彼女を検索すると、

もう、なりきりで金髪と胸を強調させた、パリスヒルトンみたいなパーティー写真がゾクゾクと出て来たそうである。

 



 

後日、別の2人の面接が行われた。

 

「面接どうでしたか?」

 

「First one didn’t show up.

He didn’t  even say anything.

最初の彼は、来なかった。

連絡すらして来なかった。」

 

「OMG?!?!?」

 

今回の人は、タチ悪く、何の連絡もなくNo Show ブッチしたらしい。

電話も繋がらず、メールにも返信して来ないらしい。

 

しかも、この人は男性で、男性が面接をすっぽかすって、

 

「では2人目の人はどうでしたか?」

 

「She came, but with MaDonald lunch bag.

Even she was late for 10 minutes.

来たよ。マクドナルドの袋持って面接に現れた。

しかも10分ほど遅刻して来た。」

 

 

WTF?!?!  (心の叫び)

 

「Unbelievable!!!」

 

何とランチに食べるために買ったと思われるマクドナルドの袋を持って面接に来たらしい!

しかも10分遅れで・・・

 

あり得ない!!!

遅刻だけでもマイナスなのに、

就職面接に、ランチのマック持参で来るって、

ランチミーティングかよっ!

 



 

「最近の若者の考えが分からない。

遅刻はして来たけど、ちゃんと面接に来たとはいえ、

マックの袋持参の上、

土曜日は働けませんって言い切ってた。」

 

だったら応募してくるな!

つうかマック食ってから来いよ。

 

そんなんで、その後も、何人かも面接のセットアップをしたものの、

 

地下鉄が動かなくなったとか、

子供が風邪ひいたとか、

土曜出勤は無理とか、

 

全然面接にならなかったそうだ。

 



 

そんな中で、唯一、まともな人がやってきた。

 

彼は面接時間の20分前にオフィスに到着。

 

小柄で年齢は60歳くらいのアジア系の気の良さそうなおじさんだった。

 

「〇〇と申します。

今日、午後1時から、ドクターとの面接の予約がありまして参りました。」

 

「分かりました。

では、時間になるまで、そちらにおかけになってお待ちください。」

 

時間厳守で、人あたりも良く、落ち着いた人だった。

 

これまでの、面接の仰天さを聞いていたので、

この人だったら大丈夫かもと直感した。

 



 

面接後。

 

「どうでしたか?」

 

「非常に真面目な人で、経験も十分にアリ、

信頼も出来る感じなんだけど・・・」

 

「え、何か問題なんですか?」

 

「ちょっと年齢が、たぶん60を超えてると思うんだよね。

もうまもなく定年かもしれない。

ウチのオフィスは、ただでさえ年齢層高いから、

(平均年齢57歳w)

もう少し若かったらパーフェクトなんだけど。」

 

アメリカでは、年齢で求人を拒んではいけないと言う法律があるのだが、

実際には、雇って、すぐに定年されても困ると言う雇用主側の思いもある。

 



 

しかし、複雑だ。

 

やはり、それなりに年齢が上がれば、

人生経験も職歴も豊富で、責任感も増すような気がする。

 

いまどきの若いものはと言いたくはないが、

今回の、就職面接事情を見てきて、

本当に、仰天な若者たちだったので、

ある程度の人生経験は必要で、

 

ちょっと驚きだが、運が悪かったのか、ウチに面接に来たほとんどの人が、信じられない面接への態度だったので、

やはり若者はこんなもんなのかなと思わざるを得ない。

 

これは、コロナで巣ごもり生活が長かったゆえに、

リモートワークに慣れてしまって、

働く意欲を若者が失ってしまったのが原因なのか?

 



 

散々、迷ったあげく、

ウチのボスが下した結論は、

 

やはり、年齢よりも、経験と信頼の60代を採用することに決めた。

 

そして、やっとアタシの引継ぎアシスタントが見つかったのだが、

 

ここからまた、怒涛の問題の始まりであった。

こりんご危機一髪!

 

つづく。

(続かんでえぇって!)

 

そんなワタクシのベイビーレジストリー出来ました!

こりんごベイビーレジストリー

 

 



 

遂に明日です!!!(日本は今夜!)

オンラインBaby Shower!

 

ジャジャン!

 

 

ほら、日本では、まだベイビーシャワーが、そこまで浸透してないと思うんですけれど、

 

文化交流を兼ねて、

こんなイベントもあるんだねってことを配信するのと、

 

現在、妊娠中に皆さんをお祝いして、

妊娠後期のこりんごが、自分と妊娠中の皆さまの為に、

オンラインBaby Shower を開催いたします!!!

(アンタ、やっぱりイベント好きねw)

 




 

ワタクシと妊婦の皆さんの安産を願って!

我が子自慢大会!妊婦クイズ、ベイビーシャワーギフト抽選会などやるよ!

 

9月17日(日)NY時間朝9AM、日本時間10PMより

 

 

ぜひ、参加してね。

 



 

そして、久々の、NYこりんごラジオが返って来る!

 

こりんごの出産も迫って来ていますので、

なんと、ニューヨークの病院で働く日本人産科ナースの Miho Kazamaさんをゲストに迎えて、

こりんご出産直前スペシャル!

 

産科ナースに聞いちゃおう!

日米出産事情をお届けいたします!

 

今回は、Miho さんのお仕事の都合で、月曜日ではなく、木曜日の配信ですが、

なんと、忙しい中、ライブ配信で登場して下さいます!

 

9月21日(木) NY時間9AM、日本時間10PMより

 

現在、妊娠中の方、また出産したばかりの方、育児中の方も、

Mihoさんは、日本でナース、助産師をしていまして、

ニューヨークで産科ナースにもなりましたよ!

 

日米両刀で、質問に答えていただけます!

質問のある方は、振ってライブ配信にご参加ください!

 




 

今月の目目玉イベント!

 

NYこりんごラジオPresents

12人産んだ助産師HISAKOさんと対談 (かも)

 

 

9月25日(月) 多分、午前11時か、午後1時ごろ、

ブルックリンブリッジの下で対談が叶うといいなぁ。

 

 

そして、チャンネル登録もよろしくお願いします!

 

 




 

妊娠後期でも、ずっと突っ込んでるこりんご、

なかなかオンタイムでブログやYouTubeは、

更新遅れてますが、

 

Instagram やTwitterでは、サクっとポストしてるので、

よかったらフォローしてみてね。

インスタ @koringoradio

Twitter @nykoringoradio

 




 

 

卵子提供についてのブログnoteは、丸一年になりました。

 

こりんご卵子提供の部屋で!

 

遂に妊娠に至ったので、こちらのブログを閉めることとなりました。

 




 

discordで、卵子提供を目的とした参加者同士で

情報交換の場所は、引き続き行っております。

 

 

参加条件は、卵子提供を検討している、

実際やってる、既にやった方のみです。

 

参加者を批判したり、

輪を乱すような発言の方は退会して頂きます。

 

参加希望の方は、招待状送りますので、

直接、nykoringoradio@gmail.comまでご連絡下さい。

 

本当に情報の少ない卵子提供の現場なので、

有意義な場所になることを願っております。

 




 

それでも、プライベート厳守の人は、

アタシと差しでトークも可能です。

 

歯のお悩み、妊活プライベートTalkありましたら、

こちらも、ぜひどうぞ!

 

こりんごとプライベートTalk

(Zoom 1時間45ドル)

妊活の愚痴や、歯の悩み、海外生活、エトセトラ、

なんでも、プライベートでお話したい方、

お申し込みは、nykoringoradio@gmail.com まで。

 

情報提供のある方は、有料Talkでなく、

どんどんメール送ってください。

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人へのインタビュー以外にも、

ニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

 

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

 

 

    

 

 

-That’s New York!, とんでもアメリカ生活

Copyright© NYこりんご , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.