とんでもアメリカ生活

もう感謝祭?(ファミリーホリデーに思いをはせる。)

投稿日:2019-11-25 05:46 更新日:

 

 

じゃじゃんっ!

 

 

一足お先に感謝祭ディナー!

 

 




 

 

と言っても、🦃ターキーではなくて、ハム(ポーク)ですけれど。

 

 

感謝祭を5日前にして、お友達の家でディナーパーティーだったんです。

 

来週に入ると、感謝祭ウィークで、沢山の人が帰郷します。

 

仲良しの、ティム君、カーリーちゃんカップルも、

 

 

各々の実家に来週は帰るそうで、

 

その前に、ディナーパーティーを開いてくれました。

 




 

 

ジョンさんはフロリダ出身ですけれど、ホリデーシーズンに旅行とかしたくない人で、

 

人混み、交通渋滞、飛行機チケットの跳ね上がりと、

ホリデーに出かけることを嫌がる人で、

感謝祭に、一度もフロリダに帰ったことのない人です。

 

アタシは日本人で、感謝祭とかないから、日本にまで帰国しないし、

 

だから、感謝祭に、帰省とかしないウチらで、

かと言って、2人でターキーとか焼く玉でもありません。

 

なんか、アメリカの文化行事なのに、ちょっと寂しいよね。

 




 

 

「でも、子供とか生まれたら、感謝祭とかちゃんとやるんだろうね。」

 

そんなことをジョンさんが言うので、

 

あぁ、やっぱり家族とか作りたいなと思った。

 

「こども出来たらターキー焼いちゃうかもっ!

それで、ジャパニーズカルチャーもふんだんに取り入れちゃう!

 

1月は、正月

2月は、豆まき

3月は、ひな祭り

4月は、お花見

5月は、こどもの日

 

あ、ジャパンって、スゴイ文化行事年中てんこ盛りだな。」

 




 

 

「今年は、クリスマスツリー飾ろうか?」

 

そう、ウチラは、クリスマスツリーすら飾らないズボラカップルでして・・・。

 

「小さいころ、Mom がクリスマスツリーを飾ってくれて、飾りつけを楽しんだ思い出がある。

ウチは、プラスティックの毎年使いまわし出来るツリーでさ。」

 

「ウチも、キリスト教でもないのに、そのプラスティックのクリスマスツリー毎年飾ってた!

日本じゃ、ほとんどの家がプラスティックのクリスマスツリーだよ。」

 

そう、アメリカでは、生のもみの木を使う家がほとんどであるので、

ジョンさんの家は、プラスティックで珍しい。

 

「ウチのMomは、働いてからね、忙しくて生の木を世話する暇もなかったんだよ。

 

俺はプラスティックのツリーで育ったから、生の木じゃなくても十分!

 

リアルツリーの、あの木の香りがいいんだけどさ、

生の木だと、水をやったり、クリスマス終わった後の処分とか大変じゃん?

 

だから、今年は、プラスティックのツリーを飾ろうか?」

 

「でも、12月は、アタシの誕生日やら、なんやらで、

ほとんどNYにいないから、無駄じゃない?」

 

こういうね、文化行事を、無駄とか、そういう姿勢が、ダメだよね~。

 




 

 

NYは、感謝祭を控えて、ホリディーシーズンが本格的にやって来る。

 

やっぱり、このホリデーシーズンって、ファミリーホリデーだからさ、

 

子供のいない、家族もいないカップルにとっては、

割とスルーしてしまうシーズンでもあるのよ。

 

だから、やっぱり、ここで子供授かって、家族が出来たら、

 

感謝祭でターキー焼いて、

クリスマスツリー飾って、

サンタクロースに手紙書いて、ミルクとクッキー用意してって、

 

いいよね~。

 




 

 

なんか、家族を作りたくなるシーズンでもありますよ。

 

日本では、恋人たちのクリスマスって、

カップルに焦点当て過ぎな気もしますが、

 

アメリカでは、断然ファミリーのためのホリデーです。

 

子供が欲しいなぁと、再確認するシーズン到来でもあるな。

 

 

本日のNYこりんごラジオ、過去放送ピックアップは、

クリスマススペシャルだった、恋人たちのクリスマス、

純愛を貫き通した、国際Gayカップルの純愛を語ってくれた Dukeさん

クリスマスに、いろんなご縁があったDukeさんです。

 

    

 

 

-とんでもアメリカ生活

Copyright© NYこりんご , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.