NYこりんご歯科医院

口腔内老化シリーズ① (歯の根っこが溶けるですって?!)

投稿日:2022-05-28 10:14 更新日:

 

久々に、NYこりんご歯科医院オープンします。

 

アタシ、自分の恥も全て捨てて、

このブログ書いてますw

 

今日も恥を晒していくわよwww

 

自分が抱えている問題を、

ここでシェアして、

同じような境遇に人に役立てば幸いです。

 




 

ではズバリっ!

 

 

貴方、口の中の老化に

気づいているか?!

 

 

えっ、口の中も老化するの?

 

さぁ、こりんご歯科医院へようこそ!

 

 




 

では、今日のキーワードは、

 

    • 審美歯科(矯正歯科)
    • ストレス(歯軋り)
    • 加齢(歯肉歯骨後退)

アラフィフのアタシが今抱えている問題を突き付けて、

皆で考えようっwww

 




 

普段、患者様には、

年に2回の歯科クリーニングと歯科検診を受けましょう!

 

なんて言っちゃってますが、

 

歯科医院で働いているアタシは、

患者優先で、歯科クリーニングなんかやってもらえないよね。

 

たぶん、数年はやってませんでした。

 

(良い子はマネしないように!

半年に1度は歯科クリーニングを!)

 

でも、アタシ、自分の中で口腔管理は一般の人より出来ていると自負していたんですよ。

 

それほど歯石もたまらない人なんで、

デンタルフロスも毎食後やってるし、

過度な歯周病にはならないと思っていたし、

 

自分の口腔内、問題点も把握していたので、

 

だからまぁ、そんなに頻繁にクリーニングしなくてもって思ってたのよ。

 




 

逆に、アタシの同僚の受付ゲイちゃんは、

頻繁にクリーニングをしてもらってて、

 

彼は歯石がつきやすい体質なのと、

ゲイの美意識で、ズルイなって思うくらい

クリーニングしてもらってる。

 

先日も、ゲイちゃんは、

ちゃっかり自分のクリーニングの予約を入れてたので、

 

たまたま、その日は、いつもより予約が少なめだったので、

アタシも歯科クリーニングして欲しい!

 

と、ボスに頼んだら、

アタシがいつも遠慮してクリーニングしてないの知ってたので、直ぐにOKが出た!

 

そして、その日は、アタシのお気に入りの歯科衛生士の日だったので、

安心してクリーニングを任せた。

 




 

これ、アタシのFull Mouth X-ray なんですけれど、

 

 

😓😓😓🤣😓

 

歯科業界にいるのに、

恥ずかしいくらい処置歯が多いよね。( ̄∀ ̄)

 

仕方がないよ、歯科衛生士になる前に、

子供の頃の虫歯とかもあったしね。

 

(子供出来たら、子供の歯は守るわよ!)

 




 

でも、自分の問題は、よく把握してる。

 

ここに、1箇所デカイ虫歯があるんだけれど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、虫歯あるんだから、

治療した方がいいんだけれど、

 

今、痛みが出ていないのと、

この処置やったの、もう20年も前なのよ。

 

だから、痛み出てないなら、

寝た子を起こしたくない!

 

これを無理に開けて、ちょっと削り過ぎて、

神経治療になるのもイヤだし、

 

ここ5年くらい、ちゃんとレントゲンだけは撮って、

この虫歯は進行していないので、

経過観察で治療しないことにしたの。

 

(素人はマネしないように、即処置して下さい!)

 




 

それから、その隣の隣の小臼歯。

 

 

(注意・このレントゲンは古いもので、

現在、30番の第一大臼歯はインプラン入ってます。)

 

第二小臼歯の根っこが異様に短いでしょ?

それに加えて、骨も吸収されて下がってしまっている。

 




 

まず、一つ一つ説明すると、

上下左右にあるアタシの8本の小臼歯、

全部、根っこが短めです!

 

新しいレントゲンを見せよう!

(と言っても1年前だけど)

 

右下、第二小臼歯の根っこ短っ!

 

 

こちら、左下の第二小臼歯も、

 

 

じゃあ上はどうだ?

 

ゲッ!

 

右上の第二小臼歯も、やっぱり短っ!

 

 

左下上は、第一第二と揃って短いっ!

 

 




 

もうアタシの小臼歯、

本当に根っこの先っぽしか骨に埋まってないのよ!

 

 

その上、骨も水平に吸収されちゃってる( ̄∀ ̄)

 

 

 

これが、口の中の見えない老化だ!

 

これについては、後で詳しく説明するが、

 

骨にこんな先っぽしか埋まってない根っこ状態で、

歯周病にでもなってごらんなさい!

 

一発で抜けちゃうわよ!

 




 

でもさ、こりんごちゃんの小臼歯、

なんで、そんなに根っこが短いの?

 

よくぞ聞いてくれましたっ!

 

じゃあ、本日のキーワード、最初に掲げた、

 

審美歯科(歯科矯正)

 

行ってみましょう!

 




 

今でこそ、日本でも、矯正治療はポピュラーになりつつありますが、

 

アタシが、中学生だった頃は、

矯正治療なんて、誰もやってなかった。

 

アメリカでは、子供に矯正治療を施すことは、

一種のステイタス!とまでは言わんが、

 

矯正もしないで歯がガタガタの子供がいると、

矯正治療もやって上げられないほど貧しいのか!

貧しい家庭に生まれて可哀そうに!

 

と哀れみに思われるので、

親の方が恥をかかないように、子供に矯正治療をさせる。

 

もうそれはやって当たりまえの世界になっている。

 

ですから、子供の矯正は保険でカバーされることが多い。

 




 

ところが日本では、

アタシが、中学生で矯正治療を始めた時、

 

その矯正をしていて学校中の笑い者にされたもんだ。

 

でも、今考えてみれば、

あんなド田舎の中学校で、

バリバリ昭和の最中、矯正治療だなんて、

 

アタシ、めっちゃハイカラさんで、

ウチは、めっちゃお金持ちって思われてもよかったのにw

 

アタシを指さして、笑いものにした八重歯のお前たちは、

矯正治療も出来ない貧乏人なのに、(ウソウソ)

 

国が変われば、対応がこんなにも変わるとは・・・

 

いえ、ウチは、決して金持ちではありませんでした。

 




 

片親で、今考えても、母は、何で矯正治療させてくれたんだろうと、

思いつつも大感謝している!

 

しかも当のアタシは、思春期真っただ中で、矯正なんてやりたくないと、

泣いて嫌がったのに・・・

 

当時は、学校中から馬鹿にされて、

恋心も芽生え始めた年頃なのに、

 

ギラギラ矯正装置にチンキャップで登校したんだよ。

 

好きな人の前に行くのが地獄だったと言う

散々な思春期を送ったがwww

 

(今となっては笑い話w)

 




 

あの時の母の決断は、

アタシの人生を大きく変えたけれたんだよね。

 

もし、あの時、矯正治療をしなかったら、

アタシの顎は、アントニオ猪木の様に伸びて、

受け口のしゃくれ顔になっていた。

 

それがコンプレックスとなって、

こんなに社交的にはなれなかったかもしれない。

 

今でも、アタシの顔は、ややしゃくれているが、

そこまで目立ってないのは、矯正治療のおかげである。

 




 

矯正治療がキッカケで、歯科衛生士になり、

アメリカに移住出来たのも、

歯科衛生士と言うキャリアのおかげで、

 

今でも、辛うじて食っていけるのは、

このスキルがあるからだ。

 

しかも、アメリカに住んで、

歯並び治しておいてよかったと、

事あるごとに思う。

 

今でも、日本のタレントさんの八重歯とか見ると、

お金あるなら、矯正やればいいのにと、

大きなお世話目線になってしまう。

 

あ、今日は、アタシの思い出武勇伝じゃないんだけどさw

 

 




 

えっと、なんの話だったけ?

 

あ、そうそう、アタシの小臼歯が何故そんなに短いのかだったよね。

 

そうなんです、アタシ、武勇伝のように中学生の時、

歯科矯正治療をやったんですね。

 

矯正治療ってのは、歯並びを綺麗に並べ替え、

噛み合わせも治して、虫歯や歯周病予防にもつながると、

いい事ずくめなんですが、

 

この世は、メリットがあれば、必ずデメリットもある!

 

そう、矯正治療のデメリット、

矯正治療のリスク、サイドエフェクトには、

 

 

歯根吸収があるんです!

 

 

根っこが溶けるなんてホラーですか?

 

 




 

必ず矯正した全員に発生するとは限りませんが、

 

えぇ、矯正治療は、無理やり歯を動かして、歯並びを直すので、

歯に大きな圧力、負担がかかっているんですね、

それによって、歯根吸収と言うリスクが発生するのです。

 

よって、アタシの小臼歯は、

完全なる矯正治療によるサイドエフェクトで、

根っこが短くなってしまったのです。

 

 

今後、矯正を考える人は、

そう言うリスクも踏まえて進まれてください。

 




 

でも、根っこが短くなっても見えないし、

何か不都合でもあるのかと言えば、

 

先ほども言ったように、根吸収があると、

根が短くなった分、頭が大きくなるので、

 

歯周病や加齢によって骨が吸収すれば、

抜けやすくなってしまうんですね。

 

だから、アタシは、絶対に歯周病になったらいけんのですよ!

 




 

ちなみに貴方、歯周病がどんな病気かご存知よね?

 

何だか知らんが歯が抜ける病気とか思ってないでしょうね?

 

ちょっと長くなったから、次回に引っ張るわ!

えっ、ここでかよっ!

 

 

次回、歯周病の再確認と、

残りのキーワード、

 

  • ストレス(歯軋り)
  • 加齢(歯肉歯骨後退)

のお話しするわよ!

 

ただでさえ、矯正治療の影響で短くなった根っこなのに、

老化で下がった歯茎や骨が覆いかぶさって来たら・・・

 

 

ギャ~!

 

 

口の中の老化、侮れませんよ!

 

貴方の知らないうちに、根も骨も溶けてたなんて!

 

老化は定めですけれど、

知ってると知らないとじゃ大違いだから。

 

知っておこう!

 

 

では、明日からアメリカは、メモリアルディーウィークエンドで3連休!

 

アメリカに住む皆様、素敵なホリデーをお過ごしください。

 

(そして、こりんごブログも読み忘れないようにw)

 




 

もう少し専門的ご意見聞きたいなって方は、

お気軽に、プライベートTalkにお申し込み下さい。

プライベートなので有料だけどw

 

こりんごとプライベートTalk

(Zoom 1時間45ドル)

妊活の愚痴や、歯の悩み、海外生活、エトセトラ、

なんでも、プライベートでお話したい方、

お申し込みは、nykoringoradio@gmail.com まで。

 

 

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人へのインタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

 

    

 

 

-NYこりんご歯科医院

Copyright© NYこりんご , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.