世界のニュース

ここは本当に自由の国アメリカか?(妊娠中絶が違法なわけない!)

投稿日:2022-05-05 01:37 更新日:

 

 

自由と権利

男と女

赤と青

 

これ交わらないもんなんですかね?

 

 




 

 

火曜日朝、

ジョンさんが驚き隠せず、

 

「人工中絶がアメリカ全土で

全面的に禁止になるかもしれない!

That’s really Fu*ked up.」

 

「えぇぇっ!!!

でもテキサスのハートビート法を、

バイデンも猛反対してたじゃない!」

 

「バイデンが何でもできるわけじゃないよ。

最高裁で決まりそうだよ。」

 




 

慌ててニュースをググってみれば、

 

Roe v Wade: US Supreme Court may overturn abortion rights, leak suggests(BBC)

 

どうやら、1973年、まさにアタシの生まれた年、

つまり48年前に決まった人工中絶の合法判定を、

連邦最高裁が憲法違反だと判定する意見草案が、

月曜日に漏洩したらしい!

 

こちら、BBCの日本語版も貼っておくわ!

アメリカで中絶権認めた判例覆す最高裁の多数意見草案、異例のリーク(BBC)

 




 

このニュースは、

なんで今更、憲法違反ってひっくり返すのか?

が大きな衝撃なんだけど、

 

連邦最高裁の意見草案が外部に漏洩したことは、

かつて前例がない異常事態で、

そっちに驚きが半分フォーカスされている。

 

そのリークした文書の内容を簡単に言うと、

 

最高裁判事は9人で、現在の内訳は、

6人が保守派、3人がリベラル派と、

保守派寄りなわけよ、

 

それで、何度も言うけど、

アタシが生まれた1973年に人工中絶は合法と認められたのに、

この中絶合法は憲法違反と言うことを争う投票が、

2月にプライベートで行われていたらしく、

 

最高裁判事9人の評決は、

5対4で中絶は違法とみなしてる文章で、

 

それが今回、漏洩したらしいわけよ!

 




 

中絶を合法で保ちたい民主党やリベラル派、

女性人権グループは、黙っちゃいられない!

 

何やっとんねんって、抗議殺到!

 

逆に、中絶を違法にしたい保守派共和党たちは、

 

誰が漏らしたんだっ!

最高裁の情報が漏れていいのかっ!

 

と、必死に機密を漏らした者の追求を急いでるみたいなんだけれど、

 

そんな追跡より、

ポイントはリークしたしないじゃなくて、

 

中絶の撤回ってどう言うことやっ!

 

ってツッコミたいよね。

 




 

そのリークした人は、本当に勇敢だよ、

自分が漏洩したことがバレたら、

とんでもない裁きを受けるだろうに、

 

だけど、身を張って、この案件をリークしてくれたことで、

中絶禁止反対派も、してやられる前に、

なんらかの手立てが打てるわけだから。

 

バイデンも、中間選挙が11月に控えてるし、

ここは全力で中絶の違法を退けなければよっ!!!

 

中絶が憲法違反になったら、

アメリカ恐ろしいことになるに違いない!

 

中絶と言う選択肢を違法にしたら、

どうなると思いますか?

 

治安の悪化、貧困、犯罪、憎しみ、悲しみ、

そう言うのは増加するでしょう!

 




 

え、なんでって思われたかと思いますが、

 

望んでいない親から、

望まれていない子供が生まれてくるんですよ。

 

子供は生まれてきた環境で、

良くも悪くも育つんです。

 

実際に、過去の歴史からも、

そう言うデータは出てるらしい。

 

昨日は、子供を亡くした母たちの

International Bereaved Mother’s Dayをご紹介したばかりですが、

 

国際遺族母の日
国際遺族母の日って知ってますか?

    International Bereaved Mother’s Day  こんな日がある事、今更知った・・・     毎年、5月の第2日曜日は、ご存知の ...

続きを見る

 

母になる権利と、

中絶をする権利は、大きく違っている。

 

だって、母にならないと言う選択もそこにはあるから、

望んでいない妊娠をしてしまった時に、

 

法律で、母になるしか選択肢がないなんて、

どんな世界やねんっ!

 

その選択が出来ないのは、

本当に女性の権利を奪う事であるっ!

 




 

もう、このブログの書き方から言って分かるように、

アタシは、中絶禁止反対派なんですけれど、

 

あんまり政治のことをブログすると、

叩かれて突っ込まれるから、

中立な立場で配信する人も多いけど、

 

アタシは、速攻Twitterに呟いた!

 

 




 

でも、Facebookは、さすがに知り合いや、

身内(ジョンさんのお姉さん従順なキリスト教徒で、

プロライフ(中絶大反対派)なんですよ。

 

友達や家族との争いまでに発展するので、

Facebookには、投稿出来なかったわ。

 

このブログですら、

前回の大統領選の時は、

トランプ支持の方から、

結構なコメントを頂きましたよ。

 

怖いね〜

 

本当に政治って怖いよ、

人格変わるからね。

 




 

おっと、また話しがそれるけど、

 

アタシの個人ブログなので、

思ったことを書こう。

 

(報道ブログじゃないので、

個人の意見として聞いて下さいよ。)

 

誤解しないでね、中絶禁止を反対と言うと、

まるで中絶することを推奨しているように思われるかもしれないが、

 

それ誤解ね。

 

アタシは、妊活中で、

もう子供を授かるための努力を押しまず、

大金までつぎ込んでるわけですよ。

 

もう年齢から言って、妊娠が厳しいので、

中絶なんて、アタシの世界ではあり得ないことです。

 




 

中絶がいいか悪いかではなくて、

中絶を出来ると言う選択肢があると言うこと、

 

その権利の問題を言っているんです。

 

中絶と言う選択肢は、

女性の権利でありますから!

 

それを法律が奪うってどう言うことですか?!

 




 

日本人の感覚から言ったら、

中絶って、若気の至りで、

妊娠しちゃって、子供下ろす?

 

の感覚が多いかもしれませんが、

 

まさかですが、

避妊もしないで妊娠してしまう本人の責任

とか思ってる人はいないでしょうね?

 

本人の責任とか言ってる場合じゃない。

 

アメリカでは、

いや、最近は日本も増えているけど、

 

 

幼児性的虐待!

レイプ!

 

 

この問題が後を絶たない!

 

これ、本人の問題とかじゃない、

犯罪だからっ!

 




 

未成年が性的虐待にあって、妊娠してしまった時

今度は、中絶する権利まで奪われて、

 

まだ子供である被害者が、

強姦された人の子供を身籠るって考えられますか?

 

なんなんですか、この世界わっ!

 

大人が子供を強姦して、

大人が法律を決めて、

 

子供のこと無視かよっ!!!

 

もちろん、未成年だけでない、

成人した女性だってレイプの危機は、

すぐ身近で起こってる。

 

強姦されたこと自体が精神的ダメージなのに、

妊娠して、そのレイプ魔の子供を妊娠するって、

 

どんだけ精神的、肉体的に苦しめられるわけ?

 

被害者は、いつも女性!

 

 




 

これから生まれて来る子供が、

もしくは、自分の子供が、

誰かにレイプされ妊娠してしまった時、

 

そんな目にあっても、

妊娠おめでとう!なんて言えるの?!

 

アタシはキリスト教徒じゃないので、

よく分からんが、

 

キリスト教徒の方、自分の子供が、そんな目にあった時、

子供にどう対応するのか、

ご意見聞けたらありがたい。

 

 

すみません、ヒートアップして、

ブログ書きなぐっちゃった・・・。

 




 

未来を創る子供たちのことを考えて世界を作れば、

絶対にいい世界になるはずなのに・・・

 

戦争とか、幼児虐待とか、起こるはずないのに、

 

そこにはいつも、金、政治、宗教、etc・・・

大人の事情が絡んでるよね。

 

 

共和党が、48年も前に判決下った中絶の権利を、

今になって蒸し返すのか?

 

うん、これは、今に始まったことじゃないんだと思う。

 




 

なんで、今更、中絶を憲法違反にしたがるんだろうか?

って疑問にも思うよね。

 

あれは、メガチャーチの陰謀って言われてるよね。

 

教会の陰謀と、政治家の欲望!

 

どういう事?

 




 

これは、あくまで噂で、何か正式な証拠があるわけではないですが、

 

チャーチにはに、ものすごい莫大なお布施や寄付金が入って来る。

しかも、それには税金かからないから、協会は大儲け。

それで、金を政治家に回して、中絶禁止を煽ってるって言われてる。

 

でもさ、そんなことがあったとしても、

ジョンさんのお姉さんみたいに、従順なクリスチャンは、

毎週チャーチに通い、莫大な寄付を、

心から純粋にジーザスの為にしているんだよね。

 

それを、弟のジョンさんは、

何とも納得のいかない思いでみてるわけよ。

 




 

あぁ、政治と宗教、最もタブーとされてるサブジェクトに、

今日は、どっぷりつかっちゃったけれど、

 

自由の国アメリカで、

意外にも。女性への権利を今更争ってるニュースを、

緊急ニュースと共に、お伝えしました。

 




 

明日は5月5日子どもの日

 

こどもが住みよい世界になることを祈ります!

(祈るだけじゃなくて、大人のお前、行動しろよっ!)

 

それでは、5月5日に、またまたNYこりんごラジオ、

ゴールデンウィークスペシャル第2弾やります!

 

5月5日こどもの日(木)

NY時間9AM、日本時間10PM

 

チャンネル登録ぜひしておいてね!

 

とにかく、楽しんでもらえるような配信になるよう務めるので、

ぜひ見に来て下さい!

 

(すみません、アメリカ在住の方から、

平日の朝は仕事で見れないとコメント頂いてますが、

5月5日こどもの日にこだわって縁起担ぎます!

ライブ見れない人はアーカイブ残るので、

録画で見てね。)

 

 




 

 

 

こりんごとプライベートTalk

(Zoom 1時間45ドル)

妊活の愚痴や、歯の悩み、海外生活、エトセトラ、

なんでも、プライベートでお話したい方、

お申し込みは、nykoringoradio@gmail.com まで。

 

 

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人へのインタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

 

    

 

 

-世界のニュース

Copyright© NYこりんご , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.