とんでもアメリカ生活

Tax Return(税金還付金)で不妊治療費捻出!

投稿日:

 

 

昨日の日曜日に、フェデラル(連邦)から

Tax Returnの還付金が入金されてました!

 

ウレシイ臨時収入!

 

いえ、それ臨時収入じゃなくて、

多く払い過ぎた税金を返してもらってるだけだから!

 




 

今回のTax Returnは、去年結婚したので、

夫婦合算で申請するか、別々に申請するか、

 

どっちがより多く還付金が返って来るか、

会計士さんに見てもらったんですよ。

 

なんせ、NYCで、独身の男女が一番、税金を払わされるんでね。

 

2020年度の還付金は、いつもの倍返って来たんです。

それは、不妊治療を含めた医療費が、250万円ほどあったからで、

少し期待してたんですけれど・・・

 

なんと、計算してもらったら、夫婦合算でも、別々でも、

さほど変わらないことが判明!

 

えっ、せっかく結婚したのに、

税金控除に影響なしかよっ!

 

 

2021年度の医療費は、100万円ちょっとだったんですけれど、

100万円くらいだと、そんなに控除されないのかな・・・

 

 




 

ウチラは、結婚しても、財布は別なので、

会計士を使うと、会計士費用がかさむので、

 

ジョンさんは、いつも通り、TurboTaxと言うソフトを使って、

自分で申請すれば、会計士費用だけは押さえられるんですが、

 

ほら、3月末に、ジョンさんの誕生日旅行に行ったので、

 

 

もう、納税の締めきり間近!

 

納税の締め切りは、毎年4月15日で、

今年はイースターに被ったため、締め切りは、4月18日まで3日伸びたんですけれど、

 

(ちなみに、コロナピークの時は、1ヶ月くらい締め切り延期されたんだけどね。)

 

そんなんで、もう締め切りも2週間くらいしかないから、

お金払ってでも、確実に会計士さんにやってもらうってことで、

夫婦合算で、申請してしまいました。

 




 

多分、アタシの方が医療費がかかっているので、

還付金は多いはず、

 

多分、俺の方が、残業多かったから、

還付金は多いはず、

 

とお互い思っていたんですけれどw

 

夫婦合算の場合、当たり前ですけれど、

2人分一括で戻ってくるんですね。

 

まぁ、夫婦になったから、財布は別ですが、

イーブンに分けることにしました。

 




 

去年よりは、少ない還付金ですが、

(いや、去年が多すぎた!)

 

戻って来た税金は、全て、

不妊治療の頭金に回ります。(苦笑)

 

全然、足りないけれど~。

 

(ちなみに、2022年度は、350万円以上の医療費が見込まれるので、

夫婦合算ではなく、セパレートで税金の申告しようと思います。笑)

 

2023年は、新しい扶養家族が増えることを望みますw

 




 

と言うことで、今、納税シーズンのアメリカより、

日本でも、遂に4月1日から日本でも不妊治療が保険適用になりましたね。

 

アタシは、還付金を不妊治療にぶち込みますが、

日本の皆さんは、保険適応で、不妊治療に臨めるようになるのか?

 




 

本日、これから始まる、第254回NYこりんごラジオでは、

その日本での不妊治療保険適用について

 

まだ始まったばかりで、

ちょっととまとってる人も多いと思いますが、

 

NY日本人不妊相談センターSTORK TALKSの山野辺千沙さんと

明日、日本の不妊治療保険適応についてのライブ配信いたしますよ!

 

 

4月11日(月) NY時間9AM、日本時間10PMより。

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

 

    

 

 

-とんでもアメリカ生活

Copyright© NYこりんご , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.